猫の皮膚病の主な症状には、痒み、脱毛、フケ、皮膚の赤みや腫れなどがあります。

猫の皮膚病には、アトピー性皮膚炎、飛び火、アカラス、ヘルペス、乾癬、真菌症など、実に様々な種類と症状があります。
多くの皮膚病は痒みを伴うため、猫は何度も痒い部分を噛んだり、引っ掻いたりするため、皮膚を傷付けてしまいます。
それによって、傷口からウイルスや細菌などの病原菌が進入すると、二次感染を引き起こし、ますます治り難くなる事があります。


人にも猫にも優しい光触媒ミスト

猫の皮膚病に
猫の皮膚病に

猫の皮膚病(膿皮症)

 

膿皮症は、皮膚の表面に常に存在している黄色ブドウ球菌が原因で起こる皮膚病です。

 

この黄色ブドウ球菌は、どの猫にも存在している常在菌ですが、免疫力や抵抗力が低下すると、細菌が異常に増殖し、膿皮症を発症します。

 

膿皮症を発症すると、皮膚が部分的に赤くなり、それとともに痒みが生じるようになります。

 

最初のうちは、毛の根元の毛包だけに菌が増え、小さな赤い発疹が発生します。

 

その後、症状が進行すると、病変部が丸く広がり、中心部に色素が集まり黒くなります。

 

膿皮症は、痒みが非常に強い特徴があるため、痒い部分を何度も舐めたり、引っ掻いたりして、1日のうちに広い範囲で毛が抜け落ちてしまう事もあります。

 

特に夏になると起こりやすく、症状が進行すると、病巣が皮膚の深部にまでおよび、患部の腫れや膿、痛みや発熱が生じる事もあります。

 

猫の皮膚病に!光の力で細菌やウイルスを撃退する光触媒ミスト

猫の皮膚病の多くは、痒みと脱毛が起こります。
皮膚病の治療は、すぐに治す事が難く、また慢性化すると二次感染を起こしてしまい、ますます痛々しい容姿になる事もあります。
そのため、なるべく猫の体や生活環境を清潔に保つなど、普段から皮膚病の予防に努める事が大切になります。