猫の皮膚病の主な症状には、痒み、脱毛、フケ、皮膚の赤みや腫れなどがあります。

猫の皮膚病には、アトピー性皮膚炎、飛び火、アカラス、ヘルペス、乾癬、真菌症など、実に様々な種類と症状があります。
多くの皮膚病は痒みを伴うため、猫は何度も痒い部分を噛んだり、引っ掻いたりするため、皮膚を傷付けてしまいます。
それによって、傷口からウイルスや細菌などの病原菌が進入すると、二次感染を引き起こし、ますます治り難くなる事があります。


人にも猫にも優しい光触媒ミスト

猫の皮膚病に
猫の皮膚病に

猫の皮膚病(カイセン)

 

疥癬(カイセン)は、猫ヒゼンダニというダニが寄生する事が原因で起こる皮膚病です。

 

発症すると、最初のうちは顔や耳介の皮膚に、脱毛や赤い発疹ができ、フケが多くなったり、かさぶたが目立つようになります。

 

これにともない、激しい痒みが生じるようになるため、皮膚が肥厚していき、顔や耳がシワシワになっていきます。

 

時間が経つと、他の部分にも寄生し、背中や脚、腹部などへ病変部が広がる事もあります。

 

この猫ヒゼンダニは、接触によって簡単に感染を起こすため、多頭飼いしている場合には、全ての猫に疥癬(カイセン)が蔓延してしまう事があります。

 

また、この猫を人間が触ると、人間にも感染し、腕や胸、腹などに小さな発疹がいくつもでき、激しい痒みを生じるようになります。

 

治療には、ダニを殺すための薬浴、内服、注射などを組み合わせて治療がおこなわれます。

 

また、これと平行して痒みを抑える薬や、皮膚の回復を助ける薬、シャンプーなどが用いられます。

 

猫の皮膚病に!光の力で細菌やウイルスを撃退する光触媒ミスト

猫の皮膚病の多くは、痒みと脱毛が起こります。
皮膚病の治療は、すぐに治す事が難く、また慢性化すると二次感染を起こしてしまい、ますます痛々しい容姿になる事もあります。
そのため、なるべく猫の体や生活環境を清潔に保つなど、普段から皮膚病の予防に努める事が大切になります。