「飲尿健康」

無病息災になりたいなら尿を飲め




決してふざけていませんし、なんかのプレイでもありません。


大マジです。


この健康法、結構有名でしたが誰もやったという人を聞いたことがないのはなぜでしょう。

あるとするなら、アニメ「ちびまるこちゃん」の原作者、さくらももこぐらい……かな。

その話を聞いたとき、あの人なら確かに飲みそうだな、と妙に納得してしまった記憶がある(失礼)。

そもそもなぜに排泄された尿が体にいいのか?

それは尿の考え方のニュアンスが違ってくることになります。

尿はたしかに排泄されるが、糞便と違って体に必要のないものではない。

この尿自体、普段は血液の中を巡回し、血液の濃度を一定に保つため頑張っているのだ。

つまり、尿の回数が多い人は、血液濃度が薄いということになる。

尿が排泄されるのは、いわば緊急避難のようなものと考えていいだろう。

けっして無駄なものではない。

粗末にジョビジョバ〜している場合ではないのだ。

本来血液の中を巡回しているということは、尿は体のさまざま情報がつまっていることになる。

その捨てられたはずの情報源(尿)を飲むことにより、体にどこが悪いのかをダイレクトに教えてくれる。

まさに聖水と言える存在だろう(笑)。

尿を飲む習慣をつけることで、自然治癒能力を高めることができる。

この人間の自然治癒能力と言うのは凄いもので、不治の病さえ治したこともある報告がある。

嘘ではない。デマでもない。

マジなのだ!信じてくれ!!

人間が、しかも生まれたときから持っている奇跡の力。自然治癒能力。

これを高めてくれる尿がいかに凄いか、皆さんもわかるはずだ。

しかも、自分自身からいくらでもでるので無料である。

無料で奇跡を起こせる。

なんてすばらしいんだ尿ってやつぁ!!



さぁあとは、勇気と根性だけです。

最初こそ、妙な生暖かさと、においが気になりますが、

それも慣れてしまえば大丈夫。

グイっといっちゃって下さい(笑)。

ただ、注意点ですが、あまり外気にふれすぎた尿は飲まないこと。

どうしても菌が発生しやすい(当たり前だが)ので、採りたてしぼりたてを飲みましょう。

あと、人の目にふれないように。

目撃されれば、確実にキチガイと思われますので。


さあ、みんなでLet,s 尿 PLAY!