ヌーダ・ヴェリタス

  

Musee des beaux arts 

chercher la beaute 

みなさま、気づいてましたか?

ヒロミの部屋は、諸般の事情によりブログに移ってます。実写版M家もアール・ヌーヴォーな家に引っ越します。遊びに来てね!

てなわけで、ここをクリック

joubert interieur cinema
 glasgow paris paris2 nancy nancy2 voyage
kyoto belgium livre entrez le tigre
1998-2010
architecture musee vancouver

2010年3月24日

てなわけで、京都に行って来ました3日間。保護者ちはるちゃん。

3月21日 有鄰館/東華菜館
3月22日 学位授与式
3月23日 旧西尾家 吹田市に初めて行きました。

きょうもお休みだったけど、仕事に行こうと思っていました。しかし。だめねええ。もう若くない。疲れてやる気なし。午前中は、録画してあったミラノサンレモを見ました。もう、フィギュアの季節は終わって、サイクルロードレース。298kmも走る。この時期はF1もそうだけど、選手の所属チームが変わっちゃったり、チームのスポンサーが変わっちゃったりしていまいちわからない。ランスのチームができた。そこに別府が入って、急遽出場している。新城はブイグテレコムのまま。(ふたりもでてる!)で、ヒロミの好きなカンチェラーラはサクソバンクのまま、でも彼はスイスチャンピオンジャージだから、赤地に白十字でわかりやすい・・と思ったらデンマークジャージの人(ブリッツェン?)と間違いやすい。(去年もだったけど)で、優勝争いは、カヴェンディッシュ?と思ったけどずるずるいなくなって、オスカル・フレイレ。顔はヒロミの好みじゃないなあ。オスカルなのに・・・ま、そこに絡んできたのはペタッキとボーネン。今年もいろいろ楽しみです。深く見ることはできない。ヒロミの楽しみは、かっこいい人が活躍することと、ステキな街の中を走ること。それから、ちょっと面白いものが登場すること。きょう見た中では、犬ちゃんがいっしょに走っていてちょっと危険だけど、なんかほほえましかったところ、でしょうか。海に近いリゾート地なのね。アマルフィみたいな。

午後は、いかにキムヨナアイスショーのチケットを手に入れるか?格闘してました。Gマーケットという日本のイープラスみたいなのに入会しちゃったよ。でも韓国在住以外は4月以降じゃないとチケットとれないみたい。(ハングルわからんし、英語もわからんけどなんとなくそんな感じ)でも!ブライアンにあいにいくよ!1泊2日で行けるかな?1日までにチケット売り切れそうだけど・・・

 Counter

ヒロミの予定

4月10日 スターズオンアイス東京+森村泰昌展+レンピッカ展

4月17日 スウィチェン・フェスタオンアイス ソウル

 

2010年3月16日

よかった!ジュベール出れるよ!世界選手権。こんな低レベルなことで喜ぶなんてだめなんだけど。それでも。1か月前の衝撃的な敗北を考えれば・・・投げやりにならないでよくがんばったね、とほめてあげたい。しかし、テストスケートにつきあったプレオくんすなまいね。ぽんちゃん何で来なかったのかな?なんだかチームメイトに支えられて生きているね。(原田さんといっしょかな)

俺様キャラなのに実は小心者・・・ヒロミもそうなのよ。打たれ弱いんだ。だから応援しちゃうのだろうか。友達が彼氏になって、うまくいかなくなって、友達にも戻れなくなってしまうってよくあるけど悲しいことよ。好きになりすぎて、もう他の選手なんか見向きもしなくなって、その選手がいなくなったら、その競技も見なくなっちゃう・・・ジャンプのことね。(F1もマンセルがいなくなったら興味なくなったんだ)

だから!!ジュベール!2014ソチまでがんばれ!その次の2018オリンピックはフランスかも知れない!ヒロミはついていくよ!

ああ、それにしても久々に訪れた小さな幸せ・・・今日は言わなければ!極楽の(天国の?)おじいさん、おばあさん、おかあさん、どうもありがとう!いつもヒロミの無茶なお願い聞いてくれて本当にありがとうね!いつもお門違いと思ってるよね?でもこれからも続くの。ごめんなさい!なんとかかなえてね。

ユーロのエキジビジョンも見ました。ああ、これって、ヤグディンのオーバーカムなんだなあって思ったよ。要するに、今までのプログラムの名場面集、みたいな。そして、今回の結果はフィジカル面で、メンタル面では負けない自信がある・・・と言ったとか。ばか!ばかばか。今になってみれば、いちばん弱かった。

でも。スケートが好きすぎてやめられない、というあなたが好きすぎてファンやめられません。わずか0.7秒で砕け散った夢は、また0.7秒で取り戻すことができると信じてます。

バンクーバーの男子は恐ろしくてフリーは見てません。いつか笑って見たいよね。原田さんのリレハンメルみたいに。

2010年3月15日

マンション相談センターというところに電話してみた。ヒロミの今年の計画を達成するために!ヒロミの今のアパートでは収納が限界。年取って、老人ホームに移ることになっても、この荷物を全部持って行けまい。でも捨てたくない。自分の家がないと保存できない。ヒロミの財産(他人に価値はない)は大量の写真と大量のビデオ(現在ビデオからDVDに日夜ダビング中)と数々のオリンピックの思い出の品物と、美術館のチケットとチラシ、それから少女のころのコバルト文庫とか大量の図書。

てなわけで、ヒロミの願いは長野駅まで歩いていけるところ。都市ガス希望。低層階希望(だめならエレベーター希望)。セキュリティ厳しくないところ。新聞とか牛乳とか荷物を部屋の前まで配達してくれるところ。中古でいいの。内装を全部変えさせてくれるところ。8畳2間と、収納にする6畳のお部屋がほしい。駐車場も必要。

無理かなあ〜。センターの宮下さんに、「長野駅前」と言った瞬間に高いですよ、と言われ、その後の希望は何も言えず・・・すごく古い物件か新築しかないって・・・すごく古いと修繕が大変って。ううう。でも何か掘り出し物があったら、連絡くれるって。来るかなああ・・・お金はないんだよ。 

2010年3月14日

世間はホワイトデーだけど、ひとりでディナーに行ってしまったりする。2000円の食事券。期限は今月末。もよりのレストランがホテル信濃路だったりする。ヒロミはタダ酒飲もうと思ってるので、雨天順延。で、今日は春の感じなので決行。家から徒歩10分のはずが途中で迷う。橋渡らないとたどりつけなかった。ヒロミはひとりでもレストランに入れる。酒も飲めるよ〜(これって自慢なんだろうか?ただのさみしい女ね)日曜日の夜のホテルのレストラン。貸し切り状態です。やたらと観葉植物が多くて、ついたても多い。造花も多い。一昔前のわびれたレストランの雰囲気を醸し出しているな〜。

しかし。グラスワイン赤(300円!すばらしい)をお願いしたら、ボトルがロレーヌ十字のラベルでした。普通の十字架より横のラインが一本多い=カタカナの「キ」みたいなの。ロレーヌはガレの活躍したナンシーあたりです。(逆だ!ロレーヌ地方のナンシー)ちょっと気に入ってお代わりしてしまいました。デザートに、季節のコンポートって何?って聞いたら、りんごという答えが・・・今ってりんごの季節なのかなあ?やや疑問。

2010年3月7日

世間は春。ツールドカタールは砂漠の中を走るレース。アラビアのお金持ちはレースがお好き?F1も砂漠でやっていたよなあ?で、ヒロミの好きなファビアンもちゃんと出てました!ちょっとこっちで気を紛らわそうか・・・

フランスでもサイクルロードレースが始まったよ!パリ−ニース。うららかな日差し・・・このように、フランスの人たちはブライアンをやさしく迎えてくれたのでしょうか?世界選手権がニースであるんだよね・・・今年はトリノだけど。そして来年は東京?じゃあいったいいつあるんだ?ソチ五輪より前?あああ結局気を紛らわせない。 

2010年3月1日

今年もあと10か月。

ヒロミは年度当初、以下の目標をかかげたのでした。

× ブライアンジュベールの金メダルを見る

○ 大学院を卒業する

? ウィーンに旅行する

? マンション購入して引っ越す

? 原田雅彦の伝記を自費出版する

アイスダンスオリジナルが見れなくて悔しかったので、パソコン買っちゃいました。マック→ウィンドウズへお引っ越しできるのでしょうか?いまはまだ、これをマックで作っています。

でも、新パソコンもインターネットには繋がるようになったので、ユーチューブも見れるよ!原田さん伝記もきっと進むでしょう・・・

あああ、次の勝負は3月15日ね。ブライアンが立ち直って、フランス予選勝ち抜いて、ワールドでリベンジできますように!

2010年2月5日

先週の、ミラクル・ジュベール見た?すばらしい番組ねっ!NHKすばらしいいいい!

見ることができなかった人たちのためにヒロミが教えてあげるっ!(でも2月14日にスペシャルがあるのよっ!)ブライアンの4回転のすばらしさを分析!!フィギュアスケートの未来は4回転にかかっている=ジュベール様のおことば。

N杯のときも小塚、高橋、アボットとか多くの選手がチャレンジしたがみんな失敗した。

1日に100本ジャンプを練習する。できないときに吠えてくやしがる。壁にやつあたりする。

「彼は僕たちの目標です」インタビューに応じたのに、なにげに「後輩選手」としかテロップがでなかったプレオベール・・

ポワティエの練習場に特殊ハイスピードカメラを設置。1発で4回転を成功。滞空時間0.7秒。

ポワティエ大学・運動力学のラクチュール教授。

必ず同じ角度で跳び上がる。その角度は42.5度。

4回まわるには、高さと距離が必要だが、いちばん遠くにとばせる角度が45度である。

(それって・・・高い飛び出しの原田さんは遠くに飛べないってことかしら・・・)

爆発的な踏切の強さで、60cmも飛び上がる。強靱な下半身がうみだす力。

本田武史の分析。手をすばやく締めることによって回転が速くなる。細い軸の方が早くまわる。背中がまっすぐな姿勢。 

胸囲97cm。すばらしい肉体はミケランジェロのダビデ像のようだ。

人口9万人のポワティエ。筋肉がつきやすい体質だから、ウェイトトレーニングとかそういうトレーニングはしない。バランスを保つ機械でインナーマッスルを鍛える。

4回転を飛んでいるときは特別なすばらしい感覚で、雲の上をまわっているような感覚を味わっている。だから4回転が大好きですって。

(雲の上をまわるイメージ合成画像がメルヘンチック)きゃあああああ、すてき。

次はアマン。顔は好きよ〜。しかし、ジュベールのあとに体をさらすとちょっと貧弱・・・?でもふたりとも眼鏡かけるとハリー・ポッターだよなああ。

2010年1月23日

勝手にジュベールの気持ちを代弁する。やまとくんも言ってくれた!いいひとよっ!

自分が4年間がんばって4回転跳び続けて引っ張ってきたのに、なんで戻ってくるんだ、ぜえええっったい負けたくない。

でもこれって、4回転なしのワールドのチャンピオンを許してしまった自分の責任。それを力でねじ伏せられなかった。だからプルシェンコは孤立無援の4回転ジャンパーへの助け船なのかもしれない。でもこれって、ミイラ取りがミイラになる?助っ人に金メダルかっさらわれる?いとも簡単に4回転も3回転半も跳んでしまう。でも、なんかプルシェンコってなんか面白くないプログラム。ただ機械的に難しい技をどんどん詰め込んで、それで勝っちゃう。それって、ジュベールが求めていたものかもしれない。ジャンプで世界をねじ伏せる。今回だって、人は人、自分の持っている技をパーフェクトにしていたら、たぶん、負けなかった。5コンポーネンツでは勝っていた!

そこにもまた、でもね、がついてしまう。2位はランビエール。これもまた自分とは違う世界の芸術家。すごく踊れちゃって、スピンも上手。それで4回転なしならば、バトルやチャンとかと変わりなく。しかし、ランビエールはフリーで4回転をふたつ決めて高得点を出してきた。

トリノオリンピック1位=プルシェンコ、2位ランビエール。このふたりを4年間かけても超えられない。いったい何をしてきたんだろう。自分の最強の武器だと思っていたものを、あっさり行使してくるふたり。ほかにもいろんな武器を持っている。悔しい。

だけど、このままこのまま負けるわけにいかない!自分にできることを全てできるようにして、自信を持って、バンクーバーに乗り込むことが大事。

2010年1月19日

ユーロピアン始まるっ!去年は現地入りしていた!タリンに行きたかったな〜・・・

現ユーロチャンピオンのジュベール38番滑走・・・ってなんてたくさんでるのかしら。ライバルプルシェンコ21番。あと、ヒロミが見たい人が一同に会している。すばらしい。ベルントソン、ミハル、ポンちゃん、ランビエール、トマシュ、プレオ、ブライアン。超ごーか。ここで一発がーんとライバルをやっつけて、バンクーバーへはずみをつけて乗り込もう!!

2010年1月18日

最近ヒロミは節約&腰痛モードで引きこもりテレビ&読書生活。全米男子が終わったり、メモリアルオンアイス通知があったりで興味深い1日でした。(取り巻く人たちが!)

全米 優勝アボット=4回転入り、パーフェクトな演技で、ヒロミは徹夜というか早起きというか、がんばった価値がありました!しかし。全米生中継なのに全日本は録画なあほな日本・・・まあいいか。2位ライサ、3位ジョニー。この結果をともこさんに速報したところ、これでバンクーバー代表決定!やった!(彼女はジョニーファン)というレスが。しかし。選考は主要6大会を考えて発表は1時間半後とテレビで言ってるとお返ししたら、今になってそんなこと言ってるんですか!という怒りのメール・・・で、何度か決まった?って聞かれたけど、もう放送終わっちゃったもん・・・昼過ぎJスポーツの速報で決定してました!この3人に。おめでとうございます!

ゆうこさんもジョニーのファンだったと思ったけど、アボット絶賛したら高橋のメダル獲得に危機感を持ったようで・・・本田くんの無念を晴らせ!みたいに気合い入ってますね。アボットも高橋も崩れることが多い・・・?そしてアサヒビール缶が欲しいとか。ううう、うらやましいです。ヒロミには、バンクーバー旅行の追加募集のお手紙が届きましたが、Bカテゴリー60万円、一人部屋追加12万円、燃油空港税別、だという。これならフランスに移住して、そこで一丸?となって応援した方が幸せかも!ないのかな?コマーシャルとか?ラリックはジュベールを応援してます、みたいな。がんばれフランスキャンペーン!

さて、きょうは日本選手団の結団式だそうで、そこに出場している方々も。で、そこで職質うけてカバン見せろといわれたらしい○○さん・・・って暴露してもいんだろか?でも原田さん見かけなかったらしい。うう。で、ヒロミは日本ジャンプ選手団がきていた白いふわふわフリース欲しい、と言ったら、デサントでは、と教えてくれた人あり。中野がモデルのやつ・・・ってHPで見たらちょっと違う・・・記者会見よくみたらフェニックスってついてるよ〜・・・全日本スキーチームウェアなのかな?

メモリアルオンアイスの先行予約にスタンド席しかないことを不審におもったヒロミはまた某ファンクラブに電話してしまいました。会員予約ないんですか?そしたら、土曜日に発送したって。遅いのよ〜一般発売よりあとってどうゆうことよ〜、などと言ってるそばから郵便やさんが配達してくれましたけど。

で、ヒロミは宮部みゆき読みました。「誰か」。先週はエイミー。ヒロミの理想とする大人っていうかこういう風になりたい人って聞かれたらポンちゃんだよなあああ(註:ヤニックではありません)

2010年1月14日

岡部代表入りおめでとう。スキー最年長だって。葛西も6回連続出場おめでとう。ほんとうに、このひとたちは「原田なし」のオリンピックでがんばっていただきたい。それにしても。「原田代表入り」という見出しを見てときめいてしまうヒロミはアホです。リュージュにも原田さんがいるのね。

ヒロミは、2002年のジャンプ大会のビデオを見ているよ。1998年につくったバッケンレコードを4年ぶりに更新した原田選手が、オリンピックでも期待してください!と叫ぶのを見て、拍手するヒロミはアホです。結末は知っているよ。でも、それでも心ときめかせるヒロミは、エンドレスで幸せなときを過ごせるかも。

でもっ!!バンクーバー代表ユニフォームの白いふかふかフリースがかわいいよ〜。原田さんも着ていた。おそろいしたい。 

2010年1月9日

札幌ワールドカップ見ました?シュリー来ないんだ・・・さみしい・・・モルギー来たけど、なんとなく原田さんを彷彿される失敗をやらかしているんですけど。でもこれで葛西がラッキーな2位ですね?シモンは大人になったな〜と思ったけれど、なんかヘンなキャラじゃない?もしかして?あのサングラスは〜!ガッツポーズもおやじくさい?と思ったのはヒロミだけでしょうか・・イメージが・・・あああ

きょうのSBCハウジングパークのチラシ見ました?メモリアルオンアイス長野!このタイトルは!バンクーバーでブライアン・ジュベールが金メダル取ったら凱旋公演?というよりも、長野で銅メダル取ったろろさまが来そうな予感。どっちでもいい!両方希望!でも最悪どっちも来ない・・・・まあいいか。本田くんとやまとくんでもいい!

2001熊本では、ジュベールがエントリーしていて、パンフレット探し出したら名前も載っていた。残念ながら写真はなし。ヒロミはアリーナで見ていたけど全く記憶なし・・・しかし。初ドタキャンでした。ヤグディン&プルシェンコもドタキャンで、本田くん優勝、初出場のバトルがそのころも変わらぬ堅実な3回転の演技で準優勝でした。

そのときは、アイスクリスタルの交流会もとっても豪華!でアニシナ/ペイゼラーとかドロビアツコ/ヴァナガスと写真撮った記憶があります。ああああ、今は交流会もなし。くう。

 2010年1月3日

まだまだ2001年の世界フィギュア見ています。ゴールデン・エイジだったね。いまのアイスダンスはわかりやすいエレメンツと採点だけど、リフトなんて、工夫しすぎでポジション変化多すぎで、美しくないように思えてしまう。だから若手がすごい伸びていて、ちょっと違う競技になってしまっている。

てなわけで、エキジビの、アニシナ/ペイゼラのスザンナをみちゃいました。あああ、すてき。(このとき優勝はフーサルポリ/マルガリオだけど)そして、カナダの新星として、エマニュエル・サンデュがでていました。バトルなんて、影も形もない・・・そしてこの10年後にもいないっていうのは・・・月日は短いような長いような。そう、次の年、金メダルをとるサラ・ヒューズは3位でした。

1位のプルシェンコは、伝説のエキジビってやつで、あのセックス・ボムをやってます。上半身は肉襦袢着て、下半身は生?でどんどん脱いじゃうやつ・・・品がないというか面白すぎるというか・・・またバンクーバーでやっちゃうのか?ジュベールもよく裸すがたがテレビにでてるけど、アレに対抗できるのはアレしかない・・・とか思ったりする。

あああ、だらだら生活を3日もしてしまった。今日やったこと、洗濯(でも洗濯機がやったのだ)と、ふみえちゃんと原田さんに年賀状書いたことと、ビデオの録画・・・(これはえんえん続行中で今は2001年スケートカナダでヤグディン優勝でサンデュぼろぼろみたいな。ちなみにジュベールはアメリカ大会で9位・・・映らなかった)しかし、さらに衝撃の事実が!!!

2010年1月2日

お正月、駅伝をだらだら見るのが、いい感じ。箱根駅伝いいよね。柏原すげー。期待されて、それに応えてしまう力が。でも簡単じゃないに違いない。みんな必死なんだ。最近ひしひしと思うよ。ヒロミも応援できる大学に行きたかったな。(それだけのために!)きのうは、スカパー!でジャンプ週間を見ようとしたけど、電波が届きません・・というエラーがでた。むむ。壊れちゃったの?2010問題なんて聞かないぞ?でも多分雪のせいでした。今日最初の仕事は、アンテナの雪を払うこと。映りました。よかったです。

2001年の世界フィギュア。バンクーバーです。男子は、ほとんど2回4回転に挑んでいました。トーループは当然で、サルコウも入れていました。やまとくん、4回転2回、本田くんも4回転2回と3アクセル。ロシアは最終グループにヤグディン、プルシェンコ、アプト3人も送り込んで。フランスはエース、スタニック・ジャネット、アメリカはエルドリッジ、ゲイブル、そして中国のユンディ・リ。ストイコは29歳、もう最終にも残れず、4回転も成功できない。初優勝がプルシェンコ、10年後、バンクーバーでよみがえるとは誰も思わない・・・プルシェンコこそ、必死には見えないんだけど。憎らしいくらいにね。でも、必死だった。ヤグディンというライバルに勝つために。ヤグディン=革命のエチュード、グラディエーター。プルシェンコ=ボレロ、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ。いもにいちゃんのヤグディンも、つけっぱなのプルシェンコもかっこよくみえた年でした。

ぼーっとテレビ見ていたら、ガス漏れ警報機が作動しました。初めてです。ガス使ってないのに・・・空気が悪くなっています、喚起してください、ってしゃべるのね。余計なお世話よ〜止め方わからんから、電源きりました。

2009年12月31日

今年もあとわずか。昔から、年末には何が何でも大掃除しよう、という強迫観念にかられて掃除する。年のせいか、エンジンかかるまで時間がかかる。集中力が続かずすぐやだくなる。やる気はあるのに体がついていかない・・・昔はアパートの外壁までやっていたのに、今年は断念・・・しかしとりあえず目標はクリアーしたので、おもち買いに行って、お花とかワインとかもカード払い、そして正月はひたすらお雑煮とおでん生活。おでんに卵をいれるんです。これも毎年おんなじことしてる。が、ゆでたまごの殻がまったくうまくむけませんでした。ゆでたまごの殻で来年の運勢を占う、とかいうのがあったとすれば、最悪よ。なんでかなあ〜。ちゃんと水で冷やしてからむいたのにぼろぼろ。招福卵だったのに、しくしく。

まあいいか。みなさまのおかげで今年も無事生きて来れました。感謝です。メルシー。

これから年賀状つくります。ごめんなさい。

来年も今年がいちばんよかったと思える年でありますように!

2009年12月28日

世間は全日本。いやがおうでもやってくるオリンピック。4年に1度はやってくる。でも、ヒロミは1998で人生終わっちゃったんだよなあ。きょうは、日本中が注目する女子フリーなんだけど、ヒロミは裏番組の原田さんがでるらしい?という情報を得たNHKのスポーツ大陸を見ていました。

ここから抜け出せません。ごめんなさい。ありがとう。西方には、それしか言えません。なんでわたしが言うのかわかりませんが、ほんとうに、なんて恋したんだろう、ってドリカムの歌のタイトルだけどさ。

ま、NHKも、まさか、女子フリーをけって、この番組を見る人がいようとは思わなかったかもしれないけどね。

2009年12月27日

バンクーバー・オリンピックのフランスチーム

Men
Florent Amodio
Brian Joubert

補欠
Yannick Ponsero

Pair
Vanessa James / Yannick Bonheur

補欠
Adeline Canac / Maximin Coli

Ice Dance
Isabelle Delobel / Olivier Schoenfelder
Nathalie Pechalat / Fabian Bourzat

補欠
Zoe Blanc / Pierre Lou Bouquet

女子フリーの最終グループは、いつもいつも息詰まる展開。まあ、テレビで、しかも生じゃないから、緊迫感薄いですが。だれもガッツポーズしなくて、いまいち浮かない表情なのね。そこそこ失敗しないけれど。渾身の演技とは言えないんじゃないだろうか。しょうがない?そこで力使い果たしちゃうのも困ったもんで。安藤と織田は消化試合?だったのかな?あ、安藤の衣装は、寅年ですか?それとも、ラムちゃんかしら?あんまりクレオパトラっぽくないけど。まあいいか。消化試合だから。

すばらしいのは鈴木明子だけ?めちゃくちゃ踊れてましたね。まおちゃんは会心の出来ですかね?迫力ありました。トリプルアクセルだけじゃない。ぼろぼろになってから立て直した感がありますね。化粧も薄くなって、怖くなくなったけど、田舎からでてきたいもねえちゃん風か?この方がいんじゃない?

↓客席のすごいいい場所に松岡いない?ずるいっ

テロ朝の松岡からは解放されたが、こんどは国分というひとがでているのね。オリンピックって、BSで全部やるんだよね。民放禁止にしてもらいたいね。いまごろ98年の民放の放送見て(ぶつぎり・順番いれかえ?)あまりのひどさに抗議の電話しようと思ったわ。

すぐりちゃんが転んじゃったのでちょっとかなしい。みんなオリンピックに行かせてあげたいけれど、そうなっちゃえば、価値がないんだよね。闘って勝ち取らなければ、意味がない。好んで、闘っているんだから。ヒロミの好きな格言は。ほんとは英語なのよ。

用意周到でこずるいパーフェクトよりも、誠実なエラーの方が許せる。

これを意訳すると、こじんまりまとめた3回転だけの演技よりも、4回転に挑戦して、例え転んじゃっても、その方が価値がある。もちろん転ばないのがいちばんいいんだろうけど。

2009年12月21日

郵便追跡サービスでみたら、修論ちゃんと大学についていたよ。とりあえず安心ね。

きのうは、もうすっかりゆるんじゃって、ジョニーのDVD見たよ。ともこさんが、問題作だって言ってたけど、意外にもヒロミは楽しかった!

そして、あんなちゃらちゃらした!(失礼な)買い物趣味のジョニーでも、切実に真剣にオリンピックでチャンピオンになりたいと思っているんだ。誰もがそれだけのために。胸が痛くなるほどに。その席は、ひとつしかないのに。

それを決めるときは必ずやってくるとわかっている。わかっているけれど、来てしまったら、くらくらする。わかっているよ。長野でも、ソルトレイクでも、トリノでも苦しかった。この一瞬のために、苦労してきたのに、失敗なんてできない。それがプレッシャーになる?脚が動かない。のどがかわく?ジョニーのDVDみて本当にそう思ったよ。こういうの見ると、本当に金メダルとらせてあげたいと思ってしまう。(一瞬よ。ブライアンごめん)

そのときが来たら、胸が張り裂けそうになる。そのことを思うだけでも。今でもね。

↑代々木の歩道橋でばったりジョンと会ってしまいました。すてき!ほんとにナイスガイね。
なぜ旗を持っていたんだろう?もうアイスダンスは終わっている日なのに。

2009年12月4日

ジュベールなきヒロミの幸せは、インフルエンザでも来てくれた、ベルネルだったんだけど、やっぱりちょっと不調だったみたい。ファイナルでないでお休みしていた方がよかったのかもしれないけれど。でも、来てくれてありがとう!!きっちり、4回転をきめてくる集中力はさすが。でも、あとの自爆もベルネルらしい、っていうのはひどいかな?パンフレットにジュベールでてたのは嬉しいけれど、追加になったベルネルのページをはさんでくれなかったのは、ほんとに申し訳ないです。

高橋も、ライサも、法外な点数がでました。それはもう、減点しようのないすばらしい演技でしたけど、4回転なしで、あんなに高得点なのはちょっと、納得できないわ〜!

2009年11月30日

また、ろこちゃんに教えてもらいました!フランスエリート(全仏選手権)のポスター!!
ジュベールと、仲間たちで20日にエキジビションということに・・・

怪我の前のポスターだろうけど。日本では、さすがに「まおちゃんとその他大勢」なポスターは作るまい。で、フロランくんのブログによると、ジュベールはすでにバンクーバー決定で、あと1枠をヨーロッパ選手権後に決定するらしい。

ああ、マルセイユ!ちょっと行ってみたい。全日本よりも、気になるわあ〜

しかし、ファイナルにジュベール来ない、かわいそうなヒロミのささやかな願いは、プログラム差し替えがまにあわなくて、ジュベールさまがのってることよっ!

 

2009年11月29日

ろこちゃんに教えてもらいました!

ジュベール怪我詳細情報(※追記あり)

フランススケート連盟ディティエ・ガヤエ(Didier Gailhaguet)会長は、手術は成功し、損傷したじん帯の修復が行われたとしている。

 NHK杯優勝後、ジュベールはトレードマークでもある4回転ジャンプで6位に終わったトリノ五輪の借りを返すため、バンクーバーに照準を合わせていた。ガヤエ会長は「ただならぬ負傷だ。ブレードが骨まで達した。ブライアンは骨が見えたと言っていた。これは初めてのことではない。技術的なミスで、新しいスケート靴を履いた彼には時々起こることだ。彼は調子が良かったことで、自分のテクニックに隙を見せた」と語っている。

 ジュベールのコーチを務めるローラン・デュプイー(Laurent Depouilly)氏は「腱を縫合し、骨に多くの影響がないことを確認するつもりだ」とコメントし、けがの範囲について初期の懸念を明かしている。

AFP News 11/27

(※追記)

日本時間11/27 icenetwork & レキップ情報まとめ

- ルッツ練習中に変な転倒。左のブレードで右足を刺し、骨にまで届いた。

- 新しい靴にしたばかりで、まだ十分に慣らしていなかった。

- 検査の結果、骨折はしていなかった。

- 腱の縫合手術は成功した。

- 現在足が腫れあがっている。メソセラピーという治療を来週から始める。

- ブライアンの気持ちは既に氷に向いている。

- 2007年の世界選手権の1ヶ月前にした怪我と似ている。2007年の時はその後の世界選手権で優勝した。

 

2009年11月23日

ファイナル・・・アイスダンスは全部見ることができそうです。

デイビス/ホワイト バーチュー/モイア ベルビン/アゴスト カッペリーニ/ラノッテ ペシャラ/ブルザ カー・カーです。ロシアチームなし!信じられん。シャバリン怪我なのね、とっても残念です。でもまあ、見たところ、どのチームもものすごい技を編み出しているので、すっっごおおおおおく楽しみよ!カッペリーニどうかな〜って思ったけど、フリーがすげーです。レクイエム・フォー・ドリーム。去年ジュベールがどたんばで変えた後の曲です。ドラッグに犯されていく人々の苦悩・・・とか。カッペリーニがきっと悪魔なのよ。チャーリーのファントムも、カーズのブルース?も見れなかったので非常に期待!しちゃいます。そして、ナタリーのおしゃれなぱんつとかね。おっぱいも露出はげしそうだけど・・・で、ベルビンは、アヴェ・マリア?なんとなく、みきちゃんのショートに似てる感じですが。オリジナルがかわいいのでそっちを注目。あとは?テッサはなんか好きになれないんだけど、きっと技がすごくて1位なんだろうな〜って感じ。でもフラメンコなのよね。曲から好きになれるかも?

男子は、織田 ライサ ジュベール ウィアー アボット 高橋。アメリカ3人、日本2人。ううう。このメンバーで4回転ちゃんとしたのはジュベールとアボットだけ?クワッドいれないとディダクションとってほしいわねっ!男らしくないわよ!ジョニーはいいけどさ〜
日本人2人が表彰台にあがれないとどうなっちゃう?全日本盛り上がる?まさか!アメリカ3人で独占?全米選手権状態もやめてもらいたいけど。ジュベールの希望・・・4回転を3回いれる。ステップ王子に勝つにはそれしかないと思うけど。ライサに勝つには?両手をあげてルッツ飛ぶとか。(リッポン攻撃!)アボットはジュベール以上に2本そろえられない!

で、ペアは、すごいですよ、チャイナパワー。復活シェン/ツァオ パン/トン ムホルトワ/トランコフ サブチェンコ/ゾルコビー カヴァグチ/スミルノフ ジャン/ジャン 中国3組、ロシア2組、ドイツ1組ですね。いいのか!アメリカ、カナダは?ゆうこちゃんの4回転見れるかな?そして復活シェン/ツァオはプルシェンコと同じで全然大丈夫なのが恐ろしい!デススパイラルの形がすんごくすばらしいです。彼らは、跳躍系がすごいのはもちろんなんだけどね。サブチェンコ組ははやりのピエロ!衣装がかわいいよねえ。エキシビか?と思いました。ジュベールと同じ!1国だけになっちゃったのでがんばれ世界チャンピオン、って感じ。

女子は、なんか興味が薄い今日この頃ですが。まおちゃんでないというのはテレ朝ざまあみろ、みたいな。まおちゃんばっか特別扱いして他の人をないがしろにした罰よ!!!で、キム 安藤 ロシェット レオノワ ワグナー 鈴木。国のバランスとしてはいちばんばらばらですか。日本2人いるけど。ヒロミ的にはレオノワがいちばん好き。元気はつらつで、何もかも初めてで失うものはないって言ってる。今年のシカゴはめちゃめちゃヒロミのツボですねえ。振り付けも。ロシェットは安定しているし、いつも曲がとってもスタンダード。今年はラ・クンパルシータとかすてきです。キムヨナちゃんはなんといっても、007、顔がすごく変わるのよ。ふだんはなんかもっさりしたねえちゃんなのに。最後のキメポーズ、銃をぶっぱなしたあとの快感、みたいな表情をぜひ生で!安藤も表情が変わったと言えば変わったが。なんかあごを、突き出しすぎじゃない?ちょっと、一歩間違うとゴリラ的・・・クレオパトラの、ステップに入る前の小悪魔的表情はいいと思いますが・・・髪型もおかっぱにしてみてほしい。鈴木さんは去年がピーク?ちょっとお疲れなのでは?ウェスト・サイド・ストーリーの衣装があんまり好きじゃないなあ。アシュリーは、だったん人の踊りだったっけ?髪飾りがとてもかわいい〜美人よね。みらいちゃんはちょっとかなわないかな?顔は・・・?

 

2009年11月9日

まだ続く・・・

月曜日です。ふつうの観客はもう帰っているはず。(または、仕事だよね)

ヒロミは日曜仕事だったけど、月曜休みなの。で、駅前のお医者さんに予約してある。(8時50分という朝早くに)で、チャリで、スタバ前を走行していたら、向こうの方から、ボーン・チッパーとカナダのペアの人が!(まあさほどテンションは上がらないが)しばらく行くと、ともこさんが!

その後ともこさんもスタバに行き、チッパーとペアの人のサインをもらい、会話を楽しんだという。ホテルはすごく快適で、大会の運営もすばらしいと言っていったそうです。

ヒロミは、通院ののち、こりもせず、オフィシャルに行きました。すると、カーズがいて、ファンと交流中・・・ヒロミもつい、混ざってしまいました。きのうはジョンからサインもらったので、今日は、シネイドからサインもらって、ツーショットも(なぜかカメラもってる)お願いした。またしても、ヘルシンキにいってあなたたちの演技を見た、すてきでした、みたいなことを言いまして。そしたら、おお〜サンキュー、いつもありがとう、みたいな・・・

ジョンは相変わらず、マイプレジャーな人でしたが、やがて帰る時間で、オリジナルの時の帽子かぶって、Tシャツで帰っていきました。みんなで手を振ってお見送り。ありがとう、さようなら!を日本語で何度も言って去っていきました。プラトフさんもサングラスで登場して、スターのように去っていきました。

ジュベールさまは?きっともう帰ってしまったのね。まあいいか。See you next,Tokyo GP Final!!

2009年11月8日

仕事でした。12000円もしたのに。でも、ものすごくがんばって、ジュベールのエキシビまでに駆け込みましたよ!もう、絶好調!な感じでぐるぐるぐるぐるまわり、ヤグディンステップも全開でしたね。芸術性はないかもしれん。でも、ライズがとってもすきよ!去年のハートをもって愛をふりまくのも好きだったけどね。ファイナルエキシビでは、3階のとおお〜い席から愛を贈るから。

フィナーレでは、みんなヘン振り付けで、男子はあやしげな白鳥風スパイラルとか、エグザイルみたいな1列にならんで螺旋状に踊るとかね。笑わせてくれたよ。

ハイテンションなヒロミとともこさんは、その勢いでオフィシャルに突入。べつに、普通のホテルだもんね。お茶しても大丈夫ね。車を地下にとめて、1階に上がるとびっくりよ。ファンがいっぱい。しかも、ロープで仕切られていて、そこからでてはいけないという、なんか檻に入れられている状態でもがんばって待っている感じ。

われわれは、ロビーが見渡せるカフェでコーヒータイム。そこでいろいろ観察するのもなかなか楽しく。しかし。コーヒー来る前に、ジョンが帰って来ちゃったので、そこに荷物放り出して、檻に入っちゃう!わりと気取った格好で、職場から直行だったヒロミは、パンフレットすらも持ってこない軽装ですが、なぜかかばんには、カーズの、ヘルシンキで撮った写真とサインペンが・・・

ジョンはすごくいいひとで、サインをお願いしても、写真を頼んでも、my pleasure なのです。喜んで、ってことよね。ともこさんが、sure(もちろん!)ならともかく私の喜びとまで言うんかい、と感動していました。そして、われわれも檻に入って(というか出て)ジョンにサインをもらい、写真も撮りました。もう、ぜったい変な顔・・・でも、I went to Helsinki、あのときの演技はすばらしかった!とか話すと、すごく反応してくれて、そう、あのコンペティションは最高だったよ、と答えてくれました。(ヒロミがサインをもらったのはヘルシンキでとった写真)きゃあああ、なんてすてき。近くで見ても、本当に顔が整っていて、気さくで、オーラがあって、アクターみたい(というふたりの意見)でした。

その後、またカフェに戻りましたが、コーヒーがまだきてなくて(いったん来たが、下げてくれた?)、席に着いたら持ってきてくれました。すばらしいサービスね。で、ハイテンションな私たちはしばらくそこで休憩し。ヒロミはコーヒーおかわりまでいただき。そこへ来たのは、サラで、髪の毛を下ろしているとなんだかまた別人ね。そこに、アメリカチームが現れ、アダムとアシュリーの若手が勢揃いで記念撮影。みんなこれからバンケットなので、ちょっとおしゃれなの。でも本命(ヒロミ=ジュベール、ともこさん=ウィアー)は現れず。ジョニーはきっとめちゃめちゃおしゃれなんでしょうけど、ブライアンはきっといもにいちゃんなんだろうなあ。フランスなのに。でもいいのっ、そこがっ。

そこにモロゾフコーチ現れ。

そうこうしているうちに、2階になんとなく、ロングの金髪の頭が見えました。もしやっあれはチャーリー?そして、隣に決めているのはジョニーでは?2階は盲点。行けるのか?とりあえず会計を。で、なにげに2階の中華と和食は営業してます?とか聞いて。バンケットは3階らしいので、いったん外に出て、車が入る地下までまわって、そこからエレベーターに乗ろう、とばかなことを考え。エレベーターは、確かに外国の香りがしました。2階で降りたら、ノーマーク。だがもはやジョニーの姿もなく。中華のメニューをチェックし、和食もなんとなく見る。が、エスカレーター3階に何気なく乗る。しかし上がったところで、(なぜ部屋の中じゃない?)パーティーな感じで、ID持ってますか・・・?ととめられました。我々は、あれ?レストランは何階でしたっけ?みたいなしらじらしいリアクションで下りましたけど。

その後、2階の中華でヒロミはスーラータンメンみたいな酸っぱいラーメン、ともこさんはあんかけやきそば食べて、駐車券ももらって、満足して帰りました。

ほんとはこれでNHK杯の日程終了なんですけど。

ちなみに昼間、ともこさんは、善光寺に行って、ラウラに会ってサインもらってスタッフが大喜びで、ツーショットの写真も撮ってくれたって。さらに、駅付近でアボットにも会って、サインもらったって。物腰が王子様、だそうです。(わかるっ)

2009年11月7日

興奮していてよく眠れませんでした。午前中なにしていたのか思い出せません。午後から来るまでビッグハットに行きました。

アイスダンスもあるのです。オリジナルダンス、今年のテーマはフォークです。ゆうこさんに、「ディズニーランド状態」(イッツアスモールワールドね)と言われてしまい、むっとしたヒロミとともこさんですが。ヒロミのお気に入りはカー姉弟で、めちゃめちゃ陽気なプログラム。後方の人も、スコットランドの国旗持っていて、しかもユニオンジャック柄のシャツ・・・(ちなみにヒロミはパリのマップ柄で、エッフェル塔や凱旋門がデザインされてます・・・)プレゼント2個投げたけど、花拾いの子どもにぶつけました・・・(いつもね)

そしてペアで、ゆうこちゃんは転んで脱臼してまたはめたらしいです。すごい。

そして男子で、ヒロミは心臓がとまりそうでした。

もう、もう、みんな王子様なのよっ。

でもジュベールは王子様というよりも、ナイトね。っていうか、ジョニーがナリス様なら、ジュベールはゼノンとか(地味かなあ・・・)とにかく武将の感じ。

衣装が変わってました。胸に花火のような刺繍があって、あとは黒のレースですけすけ・・・。6分間練習の緊迫感がおそろしかった。みんなものすごくスピード出して、ジャンプをあちこちできめて、それぞれのファンが拍手、声援。負けるもんかって思いますね。息苦しいほどの闘いで。でも実はここでみんな力尽きちゃったのね。

みんなぼろぼろ。パーフェクトなのはミハルだけか?もちろん最終ジュベールは、フランスのぼろぼろ状態からすばらしく修正してきた。4回転はひとつだけ。でも、みんなぼろぼろだから、勝つにはそれで十分すぎで。まだまだプルシェンコには及ばなかった。でも。ファイナルに行くにはこんなところで冒険もできず。いいんだとりあえず勝てば。

席を立って、キスクラ近くまでがんばって行きました。フェルスタッシオン!ブライアン!!と叫んだら見てくれました。プレゼントは緑色のカエル。トリコロールのリボンでメッセージを結んで、がんばってジュベールまで持っていけ!と命じて投げました。ちゃんとキャッチしてくれた!点数がでる間は、椅子の、ジュベールのとなりに置いていてくれたけど、その後すぐインタビューと表彰式でちゃんともってってくれたのか?ちょっと心配。

でもまあ、よかったです。ほんとうに、ステキな夜になりました。疲れました。この息苦しさが、またグランプリファイナルまで続くのか・・・(でもチケットないの)

2009年11月6日

ジュベール!わたしもとてもハッピーよ!6分間練習では全然ジャンプができてなくて、何度も何度もアクセルと、4回転の確認をしていた。1度もうまくいかなかった・・・ほんとに、ほんとに、祈っていたよ。でも。そんなこと関係なくて。ほんとに強い。本番で決めるところが強い!ああああでもまだ明日もある。ロングプログラムでは全く1位になれていない。おそろしいです。でも、きっとまた、彼は自分の道は自分で切り開くのでしょう。

会場の席でみつけて、係員の制止を「sorry!」(どこの国のひとだあ)と振り切り、さいんもらってしもたよ。でも、目的は、ヒロミのことばを伝えるため。You will win tomorrow,I am sure.do your best!サインをしているときはなんだか機械的な表情だったけど、言葉を伝えたら、にこっとして、握手してくれました。きゃああああすてき。

ちなみに、ジュベール演技終了後のヒロミのばかな様子がジュベールのバックに映っています・・・

Brian Joubert of France captured the Men’s Short Program with U.S. skaters Jeremy Abbott and Johnny Weir following in second and third.

Joubert nailed a strong quadruple-triple toeloop combination and a triple Axel in his fast-paced routine to “Rise” by Safri Duo, but he did a three-turn out of his triple Lutz. The European Champion went on to complete two level four spins and level three footwork. Only the combination spin got a level two. The Frenchman earned 85.35 points (46.80 element score/38.55 program component score), significantly improving over his score from the Troph仔 Bompard. “I am very happy with today’s performance. It was difficult for me after my first Grand Prix. I was very disappointed there, and it was important for me to do this kind of program today. This gives me confidence for the rest of the competition”, Joubert told the press.

会場で、ひとりでうまくバナーをつけられなくて、苦戦していたら、持ちましょうか?とふたりのガールが手伝ってくれたよ!ほかのブライアンのバナーの横につけようとしていたので、それを見ていた人かな・・・わたしの手作り切り張りを見て、よくできてますね〜この顔はブライアンだ、などといいつつてきぱきひもを結んでくれました。すばらしいっ!ジュベールファン!

低予算ですてきな花束をつくってくれたマツヤのおねえさん、バナーとりつけを手伝ってくれたジュベールファンのやさしき人々、きょうはほんとにありがとう!!

2009年11月4日

ヒロミはきのう働いたので、今日はお休みでした。ブライアン様に会う前に、美容院に行こうと思ったのに、店長休みだったので、断念・・・なので、午後は、のりを買いに平安堂に行きました。テレビで見るようなすばらしいバナーは作れそうもないけれど、手作りで紙を切り張りしてがんばってます。で、のりが必要なの。自分ではがんばった・・・マッキントッシュ風のデザインにしてみました。これ、卒業制作にしてくれないだろうか・・・?でも、いろんな紙を再利用なんだよなああ。ま、遠目にはわからんだろう。ブライアンにメッセージが伝わればよしとしよう。

そして、駅に「歓迎! Brian」って感じで行ってみたのですが。来なかった・・・。で、しょうがないから、オフィシャルホテルでお茶しました。おとといも酔っぱらって出没してたのですが。きょうは、怪しくないように、品のいい服装で、高尚そうな本持って行きました。(でも挙動が不審?)

しかし。そこでも発見できたのは、アダム(かわい〜)、小塚、佐藤夫妻、ゆかさん、高橋トラン組だけでした。アメリカチームらしき人々も見ましたが、アボットもウィアーもなく。

小塚にはファンが駆け寄り、写真撮ってましたけど。ヒロミはちょっと遠くから呪いをかけてしまった。

佐藤有香はヒロミがお茶してたカフェで、同じイチゴのケーキ食べてました。

一応、勉強もしたのよ。論文補足で1ページくらい進んだかな・・・

しかし。

ジュベール

アボット

リッポン

テン

ボロドリン

ブルジナ

ベルントソン

なんてステキなメンバーなんでしょう。↑ヒロミのおきにいり。

もしや、ここにマキシムなんて入っちゃったらどうする?きゃあああああ王子様だらけ。そういえば、ジョンもきちゃうううう。(去年の地味な感じとえらい違い)

2009年10月24日

テロ朝エキシビの手抜き編集?・・・「特別に」現地音声のみでお送りします・・・っていつも「特別に」そうしてほしいわねっ!フランスの入賞しない選手もみんな放送してくれたのですばらしい・・・と思っていたら、そこはやっぱりテロ朝のいじわるなところで。必ず気に障ることしてくれるのね。だって、最初は全部放送して、4位の選手も放送して、中野の次に浅田になったんですけど・・・浅田の後ろになんか、フランスのプシャラブルザの後ろ姿が見えたので、いやな予感がしたのですが。

男子の3位リッポンと2位ベルネル、アイスダンスの3位カー姉弟と2位のプシャラブルザをカットしている・・・ありえん!ジュベールはもちろんうつってるけど、納得できないなああ〜ばか。

なんてさ、浅田をぼろくそ言ってるけど、フランスではジュベールも大変なんだよね。期待が高いのでしょうね。アモディオくんは放送もされない・・・

どうしたらいいの?ヒロミは何もできない。

本人がプレッシャーに勝つしかない。

後世になって歴史的に、今を振り返ると、ジュベールのピークは、ワールド東京だった、とかさ。ヒロミはいま、2001年シーズンのジャンプ見てるけど、原田さんきっちりW杯で表彰台なのに、翌年苦戦するとは誰が思っただろうか。あああ、本人はお客さんに調子のいいこと言ってるけれど、わかっているのかなあ?ほんとは。自分の調子が。

でも、プルシェンコだって、できるんだから、まだまだ!よね。時が教えてくれる?いまはわからないけれど。トリノのリザルトは変えられないけれど未来は変えることが出来るよね?

で、ロシアは日本人対決!のはずが3位と6位なのね。みきちゃん化粧が地味になって大人になったなあ。浅田の衣装をぼろくそに書いたら↓どピンクに変わりましたが。うう〜?タラソワピンク?むかし大ちゃんも着ていた?

2009年10月17日

浅田のピンクと水色衣装は、なんか渡辺/木戸組の衣装をほうふつさせるよ。品のない感じの色合いで・・・・ってジュベールよくなかったから機嫌わるくって、ぼろくそに言っちゃうけどね。あああん、もう自転車レースみよっと。もう今年最後かな。ウィンターシーズン到来をさみしく思う気持ちもあるなんてね。もうグランプリファイナル行けなくたって、別にいいや〜って感じね。(なげやり)

しかし。キムヨナの007かっこいいわ〜!最後のストレートラインいいよね?ポーズが決まっている!この曲が好きなだけかもしれないが・・・ジュベールよりショートの点が高いんですけど・・・くう。

でも、明日は祝杯あげられるように、フランスワイン買ってきたよ!

2009年10月10日

おお、東京オリンピックの日なのね。(さみしー)

でも、世間はバンクーバー。アイスクリスタルの観戦ツアーに申し込んだけど、キャンセル待ち159番。ファックスで申し込みなんて信じられないっ!でも、そんな人々といっしょに行っても、

呉越同舟

のような気がする。日本なんて応援しないもん。

でも、ヒロミは1999年のビデオなんて見て満足しちゃってる。ヒロミも人生の折り返し点を過ぎて、あと半分の人生は、いままでためてきたビデオ見て過ごせば幸せかも・・・ジャパンオープンの本田くんがアランフェスだったのね。見に行けばよかった・・・アボットもすてき。

しかし。

ジュベールの金メダルを見ずに死ねるか!

その前に、エリック・ボンパールが!

今年のジュベールは、

Choreographer: Albena Denkova, Maxim Staviski  きゃあああああっ

Music Short Program / Original Dance as of season 2009/2010

Rise by Safri Duo  今年もセクシー路線

Music Free Skating / Free Dance as of season 2009/2010

Ancient Land  ヤグディンのオーバーカム?

2009年9月15日

ブエルタに夢中になっているうちに、フレンチマスターズってやつがあって、ブライアンさまは、フロランに負けちゃったよ・・・・あうあうあう。フリーは3位で、ぽんちゃんにも負けた模様。まだ、アイドリング状態よねっ。しかし、ことしの衣装はキラキラ忍者だって・・・・もっと、普通にかっこいい王子様衣装はないのね。あれで長野にくるんだろか?ちなみに曲は、ヤグディンがソルトレイクの年のエキジビに使っていたオーバーカムとか?振り付けはデンコワ/スタビスキ?長野についてきてっ!!ブライアンとマキシムにはさまれて写真撮りたい!きゃあああ

2009年9月7日

電話代のムダとわかりつつ、アイスクリスタルに泣きの電話を入れるのだ。キャンセルされちゃったチケットのキャンセル待ちはないんでしょうか・・・?ありません。一般発売に回されますって。きいいっ

このお金を貯金して、タリンにいっちゃおうかな〜?もはやバンクーバーは断念している。その旅費で、ヨーロッパ選手権とろろさまツアーに行けるのでは?と真剣に検討中よ。

ブエルタでカンチェラーラが勝ったのでちょっと機嫌なおした。カンチェラーラとキャンデローロって似てる?

2009年8月29日

葛西勝ちました。船木も4位で、最近1998年サマージャンプのビデオを編集しているヒロミには、何の違和感もなく。っていうか、夏男原田さんがいないのはとっても違和感なんだけど。♪きみがいない〜とか歌いながら観戦してしまった。でも、原田さん引退後、勝負に命かけてない(かけていたんかい?)ので、心静かに鑑賞し、観戦位置も安易な場所で、旗も持っていかないし、これでいいのかなあああ?

ルールが難しくなっていて、ゲートが勝手に変えられる。全員同じじゃなくていいの。あとで8がけとか9がけにするみたいよ。で、風も換算される。だから、見た目でいちばん遠くに飛んでも優勝じゃないのよ・・・これは誰よりも遠くに飛んだ原田ファンとしてはいまいちな改正だよな〜。しかし。日本びいきの変更?葛西優勝、湯本2位、アマン3位。アマンなんて、136も飛んだのに、3位なんだよ〜。葛西は低いゲートから飛んで127.5だから勝っちゃった・・・ちょっと納得できないが。せっかくスイスから来てくれたのに!上位10人のうちで一人だけ来てくれたのよっ。そんなことを考えるヒロミは大人になったのかな〜?船木4位だったけど、表彰台に上がらせてあげたかった・・・・って思うわたしはヤキがまわったってやつ?あれほどきらいだったのにね。ヒロミは強くない人に勝ってほしいんだ。だから、高橋尚子もきらいだったわ。今は、まおちゃんとか、Pちゃんとかきらい。(ヒロミにきらいっていわれた方が強いっていうことでうれしかったりして)

2009年8月22日

今年は長野でNHK杯フィギュア、ジュベール来る!きゃあああああ。トリコロールのマントも買った!

しかし。アイスクリスタルの先行予約は惨敗でした。金曜日しか当たりませんでした。しかも、ゆうこさんは全滅で、イープラスの先行予約も全滅で、「もぅっ、もぅっ、これって絶望的」とまで言わしめました。で、一般発売、10時からの電話予約は5分で終了。絶望感ただよう・・・でもお昼ころ、キョードーなんとかに電話してキャンセル待ちできません?って聞いたら、まだ売ってますよ〜って。

どこに?

平安堂です。全日程あります。

ヒロミは平安堂更埴店に走りました。ありました。2枚しか売れていません。アリーナもある・・・

しかし。現金払いでお願いします、と言われ。急がなくても大丈夫ですよ、店員さんはとても悠長な感じで。

でも、ヒロミはベイシアに走りました。ここのATMはどこにあるのか初めて知りました。

戻ってきても全く売れていませんでした。

短い方ですが、ちゃんとアリーナ席確保できました。

それにしても、ファンクラブ先行のチケットが、ネットで大量に売り出されています。1枚12000円のチケットが、3万円です。これって許せない!

結局、どうしても行きたい人はなんらかの入手方法を経て全員行けるのでしょう。でもそこにモダンなダフ屋が介在する。アイスクリスタルではそういうひとをお断りできないのでしょうか?チケット当日渡しにして指紋認証するとか。

 

2009年8月10日

ヨーロッパでも使える携帯電話にしようかな?と思って機種も決めて買う気まんまんでお店に行ったのに、なんとそれはヨーロッパでは使えないことが発覚してすごすごと帰るヒロミ・・・使えるメーカーはソニーか東芝。ヒロミの欲しかったのはカシオなの!

何でも、今使っているものに愛着がありませんか?いっしょに苦楽を共にしてきたものを、簡単に捨てることはできません。何でも、捨てるときには心が痛みます。いちばん痛むのは車です。だからエコじゃなくても死ぬまでいこうと思ってます。

で、携帯も、今カシオなの。で、小鳥が集まってくるところがいとおしくて、愛着があるから、その後継機種と思われるのにしようと思ったのに。グローバルパスポートって書いてあるからいいと思ったのに。それはアメリカとか中国とかでは使えるけど、ヨーロッパでは使えない・・・(そのほかは行く気がない)

変えても意味がない・・・どうしよう。またレンタルかな〜?

2009年7月29日

今年は落車もせず完走しました、という感じです。自転車ロードレース、去年から見ているけれど、今まではワンデーレース中心で、3週間も見続けるという集中力がなかった。今年はちょっと気合いの入れ方が違ったかな。ジロを最後まで見た。そこではまりました。連続ドラマを見るような。毎日同じ登場人物で、前半のゆっくりな展開、きれいな景色、そして最後1kmだけ(ではないんだけどね)で勝負をかける選手・・一生続くといいのにね。ひいきの選手が1位を保っているのはすてきなことね。

ヒロミの好きな競技、ゴールドゼッケンがある、ヘルメットをかぶる、個人で勝負する。

ツールドフランスに日本人が13年ぶりに出場。しかも2人も。そして完走。今年はモナコから、ゴールは毎年シャンゼリゼ。解説者の方々はずっと日本人の苦労を見てきた人たち。だからほんとうに出場した新城・別府の苦労はわかる。ヒロミは日本人だからといって応援しないひねくれものだけど、なんだか創世記を見ているようで感動しました。

最終ステージはほとんどパレードみたいなもので、あまり勝負はしない。もう総合優勝は決まっている。そこまでの長い距離を完走できたという幸福感で充ち満ちていて、こちらもすごく幸せな気持ちになりました。日本人と言うことで「アリガトウ、スシ、ゲイシャ」とかマイク向けられた新城は「ハラキリ」とか

ベルシー体育館を通って(毎年エリック杯するところね)ルーブルとオルセーの間の橋にやってくる。そこからが真剣勝負、9周する。リヴォリ通り、ヒロミが毎日通った道、なつかしいやらうれしいやら。そしてなんと別府の逃げが成功して、ずっと先頭集団を形成する。このあたりで、放送している人たちの興奮が最高潮!で見ているこっちもその様子がほほえましいというか。

2009年7月26日

そんなわけで、小川村のレースを見に行ってしまいました。初めてです。どんなところで見ていいのかもわかりません。役場か学校に車をとめて、シャトルバスに乗るようにと、電話で聞いたときに言われましたが、その付近に行っても係員も誰もいません。一応シャトルバス停留所という看板はありますが、3〜40分に1本と書いてあっていつくるのか?ほんとにくるのか?アバウトなのでした。

でもちゃんと来ました。山岳コースなのね。ものすごおおおく登りました。到底自転車で上れるとは思えない・・・しかも4回も。で、とりあえず平地で見て上り坂で見て、下りで見ました。下りがものすごいスピードで、いちばんかっこよかった!でも写真はきびしいですね〜F1と同じで追い切れないです。

車の窓が壊れちゃって、後ろの窓を開けると閉まらなくなります。強引に手で引き上げてしまいましたが、これではオープンカーにすると元に戻せないかもしれない・・です。

2009年7月25日

今日はヒロミのバースデイで、夕ご飯はスペシャルメニュー・・・なすとトマトを好きなだけ食べる!デザートはメグミルクの杏仁豆腐。

で、アヌシーの個人タイムトライアルでも見るか、といって見てたのですが。ヒロミはTTじゃない方が好きよ。ひとりずつ走ってもつまんない・・・と。しかし。2018オリンピック招致、というキーワードに反応し。

さらに・・・ランスのTTバイクがスペシャルで、奈良美智デザイン!奈良さんはツールのファンなんだって。ブログもちょっとのぞいたら、モナコでこの自転車使ってもらえなかった、とか一喜一憂しているのがなんかいいね。趣味いっしょ?しかも、なんだかいかついランスが奈良さんのファンって、どういうことだ〜?かわいい女の子の絵が入ってるバイクでトライアルしているの。TTバイクは後輪がディスク状で、そこに絵を描くスペースがある。ガン撲滅運動で、あとでチャリティーでバイクもオークションだって。欲しいよ〜

LIVE STRONG!

そしてひろみにはさらなるサプライズ・・・ろろさま来日?でもヒロミはロンドンよ。

いや、ヒロミも日本にいるが、前の日も休んじゃっていいかなあ〜?いっしょに飛行機に乗れるかなあ〜(泣)エールフランスにすればよかったのかも。

2009年7月7日

ツールドフランスのモナコステージに右京くんがゲストにでていました。モナコだからねえ・・・そして、優勝ファビアン!!!ツールドスイスに続いてかっこいいいい!(いまはフィギュアがないんで別のところに王子さまをみるわたし)

2009年6月7日

ドーフィネリベレの1日目はなんと、ナンシーでした。ぜんぜんアール・ヌーヴォーじゃなかったけど、でもこの道は、へろへろになって歩いた、とか、このみどりの公園は、ペピニエール公園、あの広場は・・あの門は・・・、と行ったような気持ちになるのがおもしろい。晴れていて、とても明るい。また行きたいね、晴れているときに。(なにせヒロミは雨女。しくしく)ぜんぜん自転車の話がでてきませんが。個人タイムトライアルなので、熱がはいんなかった。あしたからが楽しみよ。

2009年5月31日

今日は県立図書館に行った。ひとつ宿題を出してきた。(世間ではレファレンスという)「ハート」のマークというものはいつから日本にあるのか?

入口に、20年前(昭和64年・平成元年)のおもなできごとがあった。

3月 世界選手権パリで、伊藤みどりが初めて優勝した、と書いてあった。

20年前なんだ。いま滑れなくても当たり前なんだろうね。

そして!!!

09/10年のGPシリーズのアサインが来た!!ってM山さんからお祝いのメールが。

NHK杯。すごい、豪華メンバーよっ!(去年のさみしい感じとは大違い)

ジュベール来る!!長野にっ!きゃあああああ

さらに、カナダのジェレミー・テン、アメリカのリッポン、ロシアのボロドリン、チェコのブルジナという時期王子様?がいっぱい!きゃあああ。そしてアボットとベルントソンも!あ、ウィアーも・・・すばらしい。日本は高橋と小塚だそうです。これって、表彰台希望、優勝ジュベール、2位アボット、3位ボロドリン、4位ベルントソンとか。できれば日本の方には活躍して欲しくない状況・・・だってエキシビに見たい人がそうなんだもん・・な非国民状態。

栗本薫しんじゃったよ・・・切ない。まだ若いでしょう。グインの未来はどうなるの?リンダは?イシュトの野望は?イシュティは?全て謎のままなんてっ!教えて教えて。あああ、困る。

で、うちに万年青があるんです。読める?「おもと」です。植物です。緑色の葉っぱが生えているだけです。数年前、このアパートに引っ越してきたときに、前の家から連れてきた生き物は、カナリアちゃんと、この植木鉢だけでした。両方とも、おじいさんの形見です。おじいさんが動けなくなって、ヘルパーさんが訪問してくれるんだけど、(ヒロミはそのとき2階の部屋で眠っていたりする)おもとに水をあげて、って頼んでいて、ヘルパーさんが何のことかわかんなくて、えんえん会話を繰り返しているので、ヒロミが起きていって水をあげたという・・・間抜けな経歴を持つ。(すまん)で、カナリアちゃんは死んでしまった。が、万年青は、週1回の水くれだけで(植え替えもなく。肥料もなく。←1回だけ当館の人がかわいそがってやってくれたが)ほそぼそと生き続け。

今日、実が付いていたよっ!!!

2009年5月24日

人生やりなおせるならば。

浜田省吾のうたに、もし15のあの夏に戻ってそこからもう一度やりなおせたらどんな人生を選ぶだろう、というのがあるんです。はましょうは、選べるとしても同じ人生を選ぶと歌っています。ヒロミも基本的にはそうなんだけどね。いつもヒロミがいちばん幸せって思っているもん。しかし、巻き戻したいところもある。

ヒロミがもういちど戻りたいポイントは、言わずとしれた長野オリンピックなんだけど。ホントは2月11日に戻って、原田さんの金メダルをなんとか手に入れたいけれど、そうすると、その後の成績も微妙に変わってしまうだろうから、それはあきらめる・・・

で、今、アイスダンスのコンパルソリーをビデオ→DVDにしているんだけど、全部放送されていない!BSは全部やるって言ったのにうそつき・・・

課題が2つあって、ひとつめはゴールデンワルツ、ふたつめがアルゼンチンタンゴ。なのに放送はアルゼンチンタンゴから始まって、しかも24組のうち、12組やって放送が終わっちゃったっよ・・・なんで?

ここまで執着するのは、何かすごい豪華メンバーなのよ。今にして思えば。「今にして思えば」なのは、アイスダンスがすごく好きになったのは多分大人になった(年を取ったともいう)からなんだけどね。

一番滑走が、カメルレンゴだった。イタリアの、今は高橋の振り付けとかしてる。

で、チャイト/サフノフスキー、ドロビアツコ/ヴァナガス、デンコワ/スタビスキーときた!スタビスキーは途中までビリだった。この人たちが、世界チャンピオンになるとは思うだろうか・・・で、クリロワ/オブシニアンニコフはオリンピック2位ですね。さらに、アニシナ/ペイゼラはのちのオリンピックチャンピオン、そしてナフカ/モロゾフはウクライナ代表?のちにナフカはロシアからでて、トリノで金メダル。で、モロゾフはいま日本人のコーチしてるけど、このとき一緒に出場していたボーン/クラッツのコーチになって、しかもボーンと結婚して離婚(?)するなんて、誰が思うだろうか・・・?いまのモロゾフはストライプのスーツなんか着て、マフィアのようだけど。しかも田中康夫に似ていると思うのはヒロミだけだろうか?

などと、さまざまな人間模様があったのに、後半12グループうつらないなんて!!っていうかオリジナルとかは録画してるような気がするけど、コンパルソリは、意外と好きなんだ。(これも年取ったから?)その頃に戻って、席がらがらだったから、見に行って、写真撮りたい・・・

2009年5月19日

日本でも、あしたは南信州ステージなのよ。飯田にいるころ、これに目覚めていればねえ。道パト車でとおりそうなところを走るんだよね。行ってみたいね。でも、やっぱりジロとかツールとか、ベルギーの石畳とかね、実際に見てみたい。いつかは・・・

で、今日は、トリノ近郊、ジャンプ台!って、ヒロミも行ったことあるところだ。シャトルバスでだけど。景色の色合いが違う!緑がとてもきれいな季節ですね。小さな集落があるんですが、それだけでも絵になるところ。山は砂漠だ!と思った記憶があるのだけど。夏は違うのね。

2009年5月11日

5月5日プリンスアイスワールド3年ぶり?新横浜の駅がすっかりきれいになっていて、マリオットなんてできたのね。で、パリのようなすてきなサロン・ド・テがありました。ル・クラスとかいう。そこでワイン飲んで、ランチ食べてコーヒー飲んで優雅なお昼。隣の男のひとは、テーブルにマオちゃんの本。で、店員さんに、ボクはスケート見に来るときはいつもここに来るんだよね、とか言ってました。見た感じふつうのオタク(?)ぽい水色のセーターでしたが、実はセレブなひとなのかしらん?(ってヒロミがセレブというわけではないが)

で、衝撃の伊藤みどりだったかも。だって、滑れない飛べない伊藤みどりだったもん。でもこんなもんでしょうか?短かったな〜、スペシャルゲストなのに。

ゆきなちゃんは、美しかったです。ジョニーが滑りそうなアヴェ・マリア。ジャンプ、じゃなくて何気ないポーズのところで拍手が起こる。

本田くんはスローな曲が多い今日この頃。昔の映像見ると、ティコティコとか、ライエンダとか、テンポのいい、ステップの早い曲の方がかっこいいんだよな〜・・・これももう、ないものねだり?かなしー

ふみえちゃん!すばらしい!とってもヒロミの好みだわ〜。アイスダンスの1920〜40年代を見るようです。なんか退廃的なパリの酒場の女を演じている。と思って調べたら、エディット・ピアフのパダンパダン。1951年でした。たばこを吸うスタイルがかっこよかった!!

 

ヒロミは、ろこちゃんのブログを愛読していますが、そこにストイコの話がでています。彼はカナダ人なのに、4回転にこだわるジュベールの側にいつもついて、4回転なしで優勝したジェフとかPチャンがいる国なのに強気の発言しちゃってる!すばらしい!さすが、ラストオブモヒカン仲間!!

2009年4月19日

駒場東大までおでかけしました。そしたら、赤門のほうに行かなきゃね〜、と突っ込まれ。まあいいか。ヒロミはその隣の前田侯爵邸に行ったのでした。あれですよ。鎌倉別邸にも行きましたが、幽霊のまんがなんてはっつけてあって怒っちゃった・・・のの、本邸?ですか。ゴシックでしたね。ヒロミ的には片倉館みたい、と表現しておきましょう。

で、渋谷でお花買っていたら、お昼食べる時間がなくなり、腹へりのままガラに突入。しかし花渡し禁止。うう。

滑る順、前半にペシャラブルザ、カー姉弟、ジュベール。もう後半見なくてもいいかな??ていう感じ。しかしお花をエンディングで渡すんだから!!

ナタリーめちゃくちゃかわいいプログラムに変わっていた。いままでの、ミイラみたいなのはあんまり好きじゃない。こんどはキュートな「アンディ」、ラブラブカップルで、キスするところ、じらすところ、おこっちゃうところ、みんなすてき。衣装も色がポップで美男美女が着るとさらにセンス良くみえますねええ。

ジュベールは、マドレーヌじゃなかったけれど、同じ路線、恋するジュベール、I’m yours、ボクはキミのもの、なああんて言われたらもうどきどきしちゃうよね?歌いながら滑るジュベールがすてき。ハートのクッションを抱きしめる(大量にハートクッションをもらったベルネルからもらったのでは?ヒロミもトリノで投げたけどさ)ジュベールが愛おしい・・・とか書くとやばい人だけど。最後にハートのクッション客席に投げた。けっこう近所のお客がもらっていた。前半ジュベールで終了。強奪しようと振り返ったときにはもはや姿がなく、もちろんクッションも。

フィナーレでは選手がなにかお土産を投げるという状態にパニックになり、写真をどさくさに紛れて撮ろうとしたのも忘れ、お花なんて当然係員にはばまれ、でもすり抜けて、シニードにはプレゼント渡しとハグに成功。ジュベールは無理だった・・・まあいいか。ヘルシンキでそうゆうことしてたもんね。 

2009年4月17日

朝ご飯ゆっくり食べて、汐留のヴォーリズ展に行きました。建築三昧ねえ。立面図を見るのが好きなのよ。何の知識もないくせに。見た目よりも住みごこち、と言うことで。ヒロミは、見た目が半分くらい必要だと思うんだけどね。車だって、動けばいいっていうひとがいるけれど、ヒロミは多少不便でも、美しいプジョーに乗りたいっ。でも、ヴォーリズは十分美しいと思います。

原宿のゴディバのチョコレートしたたるお店も見に行きました。貸し切り状態で、やりたいほうだい。お昼は表参道で食べました。またちょっと飲んじゃって。オムレツ食べて。ジュベールがよく見えるように、眼鏡も新調しましたよ!原宿の、ヒロミがすきなおしゃれで安価なめがねやさん、Zoff。

今日のスケート、最初はペア。第1滑走がフランスなのでいきなり盛り上がり。(ヒロミだけか?)キスクラではチームみんなが横向き1列で前後に動く電車?パフォーマンスがうけました。ジュベール先頭なのですが、ひとり一拍ずれるんですが・・・面白すぎるうう。

次の種目はアイスダンスフリーダンスでした。ペシャラ/ブルザのときに東京オリンピック視察ご一行が来ました。ヒロミはフランス国旗で歓迎!(当然よね!)フランスのフリーは、元気のないファビアンが好きなのです。そして後半のサーカスちっくなところ。それから、ナタリーのおっぱい・・・。最後の振り付けで、自転車こぐみたいなのがあるんだけど、キスクラではそれを再現?さっきの電車と似ているが、微妙に違う。今度はジュベールキャプテンが最後尾。みんな異常にハイテンションで、酔っぱらい???

しかし。男子フリーでヒロミのテンションは下がることになる。やっぱりマトリックスは息苦しいプログラムだ。シリアスすぎる。まだ慣れないせいかな。でもジュベールは4サルコにも挑戦した。こんな、テロ朝のしょうもない大会なのに。本気で滑ってくれたことに感謝しよう。(というのはM山さんの名言)シーズンベストなのよっ!!!

そして、キスクラ。フロランくんにはラテンのギターがよく似合う。このときはジュベールキャプテンはいなかったけど(リズム感のいいメンバーのみ?)みんなラテン系の踊りを披露。

ジュベールのときは?なんだか、くらあい〜雰囲気で戻ってきた彼に、チームのみんなは腕組み、強面なかんじで取り囲み。でもグエンドリンちゃんが、ジュベール人形持ってきて(これがまた、似てない!足が嫌みなくらい長すぎ!)彼の顔の横で遊ぶので、ものすごい、ヘンな表情作ってくれた。(あれって、驚きの表現?)

ヒロミはゴールドのダルマ・・もう両目もいれちゃったよ!とユーロのガッツポーズした彼の写真・・自分の写真は捨てるまい)をリンクに投げたのですが。ヘルシンキに続いて、こんどは花拾いの女の子に直撃してしまいました。

中学のころ、「応援優勝」とかなかった?クラス対抗体育祭みたいなのがあって、クラスごとに優勝競って、そのほかに応援がいちばんすばらしかったクラスに賞がある・・・そんな雰囲気を感じましたよ。(フランスチームにあげたいっ!!)

2009年4月16日

午前仕事に行って、そこからタクシーで駅まで行って、新幹線に乗って、ぎりぎりたどりつきました。3時から開会式で、アイスダンスが45分からなのでそんなにがんばらなくてもいいんだけど。ジュベールキャプテンを見ないとね。フランスがコールされて、中央で円陣くんで、ファイト!一発!!みたいな結団してたのがよかったよ。君が代うたった秋川っていうひと有名?お歴々があいさつしてるとき、ジュベールは腰の横に手をあててなんだかウルトラマンポーズ・・・(テレビにも映ってます。そういえば、4回転サイボーグから、4回転アーティストに変わっている・・・アーティスト??アスリートだよなああ)

さて、会場で配られたスターティングリストを見て、衝撃を受けてしまいました。きょうはアイスダンスと男子と女子というスケジュールのはずなのに、ペアの滑走順がプリントされています!近くにいた係員のおにいちゃんに聞いたら偉い人に聞きに行ってしまいました。で、もめている、というか混乱していると言う返事!えええ〜、アイスダンス見に来たのに〜!そのうち「偉い人」がきて、今日はアイスダンスです、といってくれたのでよかったですけど。

各国選手席がひな壇のようにリンクサイドに作られています。いちはやく席に着いたのが、ジュベール&アモディオで、ナタリーとファビアンがコールされると激しくフランス国旗を振っていました。ヒロミもいっしょに頑張ったけど(この際だから、客席も国別にしてくれればいいのにねえ)遙か遠くでわかってくれたか?

ナタリー&ファビアンはあまりに美しく・・・美しかったです。で、キスクラに応援団乱入!したかったけど、なんか拒まれてました。そのあとからはよくなったのに、ひどい!でも階段のとこでもりあがっていたけど。(地上波で放送されていない!!)

男子です。フロランくんはよかったです。若気の至り、情熱から回り?になりそうなところを抑えてちゃんとやっていました。マスクオブゾロなのね。かっこよかったですね。第2グループ、緊張です。ジュベール最終滑走なの。Pちゃんが最初のアクセルで転んだのはヒロミの呪いかもしれません。(もう1回転んでましたが・・)

ジュベールは、このSPには全く不安を持ってないです。すごく楽しんでいます。とってもいいプログラムだよね。はじけちゃってる!当然4回転もゆうゆう決めて、トップに立ちました。(でもいつもほどの差がないのが気になるんだ)

男子はワールド終わって、もう終了モードに入ったひとと、まだ続いている人に分かれたみたい。女子はもう見なくてもヒロミは満足なんだけど、応援席にジュベールいるので帰れない。でも日本女子の前には退場していたけどね。(ヒロミは一応まおちゃんの作戦みましたけど)

泊まりは青山です。RIZEというビルで、パスタとワインでお祝いしてご機嫌で帰りました。

2009年4月13日

Dear Brian,

あなたの強いスケートに惹かれます。今回は来日してくれて、とても嬉しいです。なかなか会えないので、わたしはヘルシンキまで行きました。あなたの優勝は素晴らしかったです。”RISE”ではとても楽しんで滑っているように見えます。Matrixは、闘うあなたに似合っています。でも、今シーズンは、マドレーヌがわたしのお気に入りなのです・・・もうすぐオリンピックですね。あなたに、日本のダルマをプレゼントします。厄を祓い、幸運を呼ぶものです。4回転を決めて、文句なしのゴールドメダルを願っています。

To Mr.Chan,

今年の躍進ぶりには目を見張るものがありますね。若いのにそつのない演技を感じさせます。今シーズン、ステップでレベル4を獲得したのはあなただけです。だけどあなたのスケーティングはきれいなだけで、華がないように思われます。日本の雑誌のインタビューで「スケーティングの質があまりよくなく、コンポーネントが伸びない選手が埋め合わせのために4回転を入れる」とあなたは答えています。でも、あなたには逆のことが言えるのではないでしょぅか。4回転ができないから他の要素で補っている、と。4回転練習中だそうですね。がんばってください。

こんな、やーな感じがうまく訳せるといいんだけどね。

Dear Nathalie & Fabian,

今年のヨーロピアンは大接戦でした。わたしはその場にいました。あなたたちのオリジナルダンスはとてもしゃれていて、最後のポーズまでも完璧に美しいものでした。そして、フリーダンスのときの、会場の興奮はあなたたちにきこえていたのでしょうか?きこえていたのでしょうね。ナタリーのガッツポーズがとても印象的でした。すばらしかったです。元気がでます。また、日本で、そのプログラムを見ることができてとても幸せです。これからも、期待しています。あっと言わせるサプライズなダンスを待ってます!

2009年4月2日

あーあ、4回転に挑戦しなかったら減点すればいいのにねっ。

ジュベールは日本に来てくれるけど、コーチ変えるみたい。心配よ。トリノの前のあらかーさんみたいにうまくいくといいのだけれど。スケートシーズンは一応終わりで、これからはF1とサイクルロードレース。なぜ?ホンダじゃなくなったら1−2なのかしら?わからん・・・

2009年3月30日

ジュベール、最後に転んじゃって、ぼうぜんとしている姿に心が痛むんだ。でも、ここで満足しちゃうと進めないから、きっとこれでいいんだよ。満足して引退されると困っちゃう・・・。6分間練習にでる前にリンクサイドで人それぞれ。アボットは心静かに目をつむり、瞑想している。しかし。ジュベールすげー。シャドーボクシング?っていうんでしょうか?ばしばし殴るファイティングポーズ。あらかーさんも言ってたけど、勝ちたいというオーラがいちばんでていた。そういうとこが好きなのよ。

エキシビは「ハレルヤ」だった。やや手抜き?でもいつも違うプログラムをやってくれるから楽しみです。ドムシャバはマトリックスだった。サングラスかけて、かっこいい!けど、シャバリンはちょっと、Mr.マリックみたい・・・?ジュベールはフランスではこういうのやってるみたいなの。見たいねえ。でも、4月には「マドレーヌ」希望よ。

2009年3月26日

世間では、WBCで盛り上がっていたけど、日本がいちばん強いなら、メジャーリーグなんて、行かなくたっていいんじゃないの〜?とか思ってしまうけど?なんで憧れるの〜?

という場所と同じところでフィギュア世界選手権。ジュベールぎりぎり1位だけど、あまり差がない。チャンは意外と点数伸びなかった。というか、4大陸が出過ぎよねええ。地味だもん。解説でやまとくんは、ジュベールの演技はエキジビみたいで、観客をおちょくってる(失言か?)、いや楽しんでる、と言ってました。去年のエキジビなのよ。いろんなのやってたから知らないかもしれないけど。で、出来はユーロの方がよかったけれど、悪くても1位なんだからよしとしよう。最後のポーズがまともなときは、いまいちなときなんだ。てきとーに終わるときはそのあとガッツポーズが入るんだけどね。クワド決まらなかったから気に入らないんだろうね。問題は今季はフリーなのよ。でもがんばっているんだから、結果はついてくる!4回転2回やれ!!ぽんちゃんまたしてもショートだめなの。でもきっとあしたは爆発するはず。するとベルネル今日はよかったから、明日は自爆?滑走順・・・ジュベール最終滑走になっちゃった。どうかな?今年は手抜きとは言わせないぞ。

2009年3月9日

春ですね。きのうから、花粉症が発動しました。ウィンターシーズンも終わってしまう。これからは、またF1とサイクルロードレースかな・・・気がつけば、こっちにホームページつくって1年過ぎている。この、下の方にスクロールすると、ジュベールのガッツポーズ。ことしもこの衣装に戻りました。ヒロミはショートの曲が入っているCDを注文したのに、「同じ日に発送した商品が届いていないという連絡を多数いただいています。まとめて行方不明・・・・代品を発送しますが、2週間くらいかかります」って。なんでなくなるのよ〜

2009年2月28日

それで?なんなんだ?ということで、ヒロミも原田さんと結婚できたらいいよね?みたいな。しかし。彼らとは状況が違う。昔恋愛関係にあったわけじゃないもんねえ・・・でも、ろろさまよりは確率高いと思うんだけど。

こんな本買いました。ほしいひとは左のアマゾンから注文するとヒロミにポイントがたまる・・・ジュベール様のお言葉・・・

すべてのことがすんなり進んだら、誰も僕にはかなわない。

だそうです。でもいつもすんなり進まないのよ!でもヒロミは願っているよ。あなたのために、世界が回りますように。

2009年2月20日

某ファンクラブのホームページをのぞいたら、ファンクラブのつどいのようすがでていました。で、最後に、このページの写真も、ファンクラブのみなさんが自分のカメラで撮影した写真も、転載・転売を禁止しています、ってわざわざ書いてあるんです。すげー。せちがらい世の中だねえ。海外では試合の写真とっても何にも言われないのに、そんなパーティーの写真ですらとやかくいわれる。「転載」ってさー、例えばお友達に写真もあげたり、年賀状に使ったりするのもだめなのかしら?もちろんヒロミのようなの↓はもってのほかよね。ますます海外観戦になりそ。中国とかちかいところにジュベールきてくれれば、近くの長野より絶対いく!

ちなみに

10月15〜18日 フランス エリック・ボンパールトロフィー
22〜25日 カップオブロシア
29〜11月1日 カップオブチャイナ
5〜8日 NHK杯 長野
12〜15日 スケートアメリカ
19〜22日 スケートカナダ
12月3〜6日 ファイナル 東京

だとするとフランスとロシアかな?2週連続はきびしいと見ればチャイナ?ファイナルで日本にくるんだから長野は来ないよね?そこでファンクラブのつどいがあるよりも、試合の写真撮れたほうがうれしいぞ。

2009年2月9日

95年ころは、ショートの構成が3アクセル+3ループ、3ルッツ、2アクセルが基本だったのね。女子のスパイラルは異常に短く見えるし、ダンスにはスピンもツイヅルもなく。14歳の本田くんはほんとにはつらつとしてスピードあって3アクセルも軽々とんでいた。4トゥーループもね。これはヒロミが好きだったのもわかるよ〜。伊藤みどりのエキシビはなんとトゥーランドット。めちゃくちゃ明るいエキシビでしたが、復帰して26歳なのに3アクセルとんでた。3−3もいれていた。すごい。こんなんみていれば、またエンドレスに楽しめるねえ。

2009年1月26日

ヘルシンキでの最大の収穫はもちろんジュベール優勝だけど、彼のサインもらって、いっしょに写真撮って、握手してもらったことね。そしてろろさまにも会えた!しかし、ヒロミは緊張のあまり目の焦点が定まっていないっていうか・・・

2009年1月19日

08年中のスケートビデオをやっと全部みて、ダビングし終わった。激しくDVDを消費した。いまたまっているのは年明けから始まったジャンプの国内大会。岡部すごいね。圧勝だ。きのうは葛西だったけど。世界では?ソルトレイクの時のアマンかな?あとシュリーツェンバウアー?名前がよくわからない・・・そして、これからユーロの大会もちゃんと生放送だ。全米もね。またフィンランドで状況わかんなくて日本に電話しそ。携帯もってるから、電話もメールもそのまま使えるのよ。さみしくなったら電話するよ。

2008年12月31日

GPシリーズのビデオをひたすら見ていて、なんだかさみしい気持ちよ。ずっとアイスダンスをみています。今年のオリジナルは、1920・30・40年代で、衣装が楽しいし、リフトもすごい。しかし、ヒロミが夢中だった(今もだが)ころの選手がみんなコーチになっている・・・プラトフさんは前からカー姉弟のコーチだったけど、そのほかに、クリロワも、クラウツも、チャイトもコーチなんだなあ・・・。モロゾフだって長野にでてたんだ。ペアの、カザコワ/ドミトリエフもコーチだよ。日本だって、本田くんが沢田亜紀と浅田舞のコーチで、岳斗くんもいろんなひとのコーチ。

長野オリンピック組だったら、原田さんもコーチだった。月日がたつのは悲しいねえ。ヒロミはあのころがいちばん幸せだったのかなあ。ううん、今も幸せよ。原田ジャパンになったら、またジャンプも応援に行くよ。

2008年12月27日

女子フリーに行きました。大変でした。疲れました。最終グループ息苦しかったです。後ろの席の某K泉さんの子どもがうるさくって、えらそうなこというならしつけちゃんとしろよ〜!と思いましたが。

鈴木→村主→武田→安藤→中野→浅田でしたっけ?ヒロミはふみえちゃんで力尽きてしまったです。今回の大会のヒロミの願いは、ただ、ふみえちゃんに素晴らしい、いい演技をしてほしいということでした。6分間の練習でなかなかジャンプがきまらなくて、安藤さんと接触したりして、しかも会場は、今まで死んだみたいだったのに、誰かがジャンプしただけで拍手喝采で、息苦しかったよ。

鈴木はすばらしい出来で、パーフェクト!黒い瞳。最後のストレートラインでは、大喜びで滑っていくのがわかりました。花束と、拍手の嵐で、早く拾って!ふみえちゃん滑るんだから!

ひとつひとつのエレメンツがあるたびに、息を飲んでみていました。最初は3ルッツ−2トゥーループ。いつもこれは大丈夫。次の3フリップが最近うまくいかなくて。でも、OK。イーグルからの2アクセルは今年取り入れた難しい技。これも大丈夫。スピンは、難しいポジションにしようとしてちょっとスピードがない。でもなんとか。ステップはちょっと安心してみていられる。スパイラルも大丈夫。後半のジャンプは、ロシアでは失敗してファイナルを逃した。でも今回は、3−2−2も入れてきた。フリーの曲は「秋に寄せて」これはジョニー・ウィアーが日本で衝撃デビューしたときの曲。衣装も似ている・・・と思っていたら、今回ピンクのかわいいものに変えてきた。それがすごく似合っていて。今まで水色が多かった。ピンクなんてなかったよね。しかし、よかったです。最後まで、転ばなかった。ミスなかった。すばらしい。そして得点も素晴らしかった。よかったよ!(もうあとはどうでもいい)

ヒロミ的にはプレゼントも柵を越えてよかった。土壇場の村主。フリーは浅田も超えて1位だった。ワールドに出れる。ああ、ハッピーエンド。

2008年12月25日

全日本男子ショートに行きました。特段応援してる人はないのですが、とりあえず長野だし、と思って行きました。しかし。空いている。なんか辺鄙な席でよく見えないぞ。あんまり手拍子もなく。盛り上がりに欠けてるなあ。小塚と無良がいきなり最初のグループで、70点台だったけど、途中中だるみで、解説の本田くんとかもいなくなっちゃうし、気が抜けた感じ。その、小塚も今季ヒロミは初めてみた(エキシビは名古屋で3回みたか)が、地味なのね〜。やはり盛り上がりに欠ける。ジャンプもいまいちだった。こんなんにジュベール2回も負けちゃったん?と思うとかなしいなあ〜。織田は、ノーミスの仮面舞踏会。でも表情がずっと同じ。モロゾフっぽいけどさ〜、4回転なくても86点かあ〜?コンビも2個目は2回転に見えたけど?ううーん?また文句ばっかね。ついでに、滑走順のプリントもないんだよ。エコか?けちくせ〜

2008年12月21日

ジュベールナショナル欠場・・・腰いたいらしい。韓国の針治療が、キリストの磔刑のように痛かった、とコメントしています・・・ちなみにデロベルも韓国で怪我したらしい。うううユーロの楽しみは?で、ポンちゃんがフリーで逆転して優勝ですって。プレオくんはショート1位からフリー3位でだめだったそうで。2位の人、すごいみたいよ。ちょっとみてみたいね。ユーロにでる?(そのせいでブライアンこなかったら嫌!だけど)

2008年12月14日

もう、機嫌悪いよ。ロシアのSPは素晴らしい出来だったジュベールは、なぜか腰が痛くなって、なんか最下位?と思っていたら、実は放送でウィアーとベルネルをカットしていた。信じられない。ろくでもないおしゃべりしてんなよ〜。いろんな選手が具合悪くなったのは韓国の食事?Pちゃんはヨーグルト?とか。フリーで、ジュベールでないってきまってんのに、小塚の最大のライバルはジュベールとか、期待させないでよっ。しかし、女子フリー見てた↓安藤の4回転もどき。しかし、なんの感動もなく腕組み。うしろで写真撮る人は安藤とってんのかジュベールとってんのか?(うらやまし)

エキシビの放送で、今滑る人をカットしてまでなぜ過去の映像を流すんだ!(キャンデロロは許す)アイスダンスがカットされてるんですけど。デロベルショーンフェルダーは優勝だから放送したけどアンコールがない。過去のエキシビ、予告編みたいなところにはでているのに、結局でないのはいったいなんなんだ!松岡も草薙もいらないんですけど。フィナーレで、なんか面白そうなことやってるのに、浅田しかうつんないのは・・・何やってるか見たいのに、画面変わって国別対抗の宣伝するな!ばか!(これってひぼうちゅうしょうかな?)

2008年12月13日

1997年白馬W杯ラージヒル。ヒロミは行ったのかすら思い出せないよ。プレ大会なのに、ノーマルヒルは大雪で中止だった。早くも1年後の予兆があったんだ。そして、札幌W杯は全くの不調で2回目にすら進めなかった原田選手は、1回目117m、2回目130mで突如復活するのです。そして、「何回でも復活します。応援してください」という名言を残しました。次の週、NHK杯、岡部と同点優勝、さらに世界選手権ラージヒルで圧勝「やったー、金メダル持って帰るからね」これもまた、長野の団体戦でわけのわからない言葉を発した伏線、というか雰囲気を持っていました。あああ、幸せでした。

2008年12月7日

ロシア大会のエキシビ見た。ジュベール優勝なのですが、また違う曲で滑っていた。真っ白衣装。曲はハレルヤ。中島みゆきのヘッドライト・テールライトに曲調が似ているぞ。ウィアーのアヴェ・マリアに対抗してるん?マドレーヌの方が好きかな。まあ、かっこいいからいいけどね。しかし、ちょっと気になるところを見てしまうのだ。あまりにぴったり衣装で。

2008年12月1日

細長い濃い紫色の花はライラックだけど、薄青はアジサイだったんじゃないかな。葉の形から見て。 でもそうなると 「美しいけれど冷淡なあなた」(あじさい)への「愛の芽生え」(紫のライラック) とか 「初恋」は「移り気」 とかとんでもないことにww

ジャック・ブレルの歌の通りにしてるんなら、ライラックで合ってる。 歌詞でマドレーヌが好きなライラックの花持って彼女を待つっていうとこがあるから。

エリック杯のエキシビ真剣に見た。ジュベール4位なのに2回でていた。しかも優勝のチャンのあとだぜ。フィナーレもチャンのあと、優勝のデロベル/ショーンフェルダーの前。まあいいか。ヒロミ的には問題ない。でもまおちゃんが妙にうつっているのはテロ朝の陰謀と見た。

で、マドレーヌっていうプログラムなのよ。赤い、アーガイルのセーターきて、髪を七三にわけて、ださ〜い感じの青年なのよ。で、マドレーヌという女性が好きなライラックの花(あじさいに見えるけど)持って彼女に捧げようという。ほんとにむちゃくちゃもっさりした青年で、もしかして、これがジュベールの素顔?!って思えてしまうんですが。笑えます。氷にのの字かいいたりして、情けない男なのよ〜。でもあの花ほしい。

ぽんちゃんのスキーエキシビもへんだったけど。フランスからスキー板もってきた?N杯フリーと同じ日がエキシビだったよね。あんなん持ってったらこいつ、本気でエキシビに出ようとしている、というプレッシャーを与えた、とかジュベスレに書いてあって笑ったよお。

2008年11月28日

世間はNHK杯なんだけど、ヒロミはまだエリック杯だねえ。ジュベールのフリーもそんなに悪くなかった。でも、彼は4回転いれないと、プログラムが決まらないんだろうね。曲の盛り上がりがたりないんだろうか?これは、ステップのうまさではカバーできない・・・誰優勝したんだっけ?このとき。そうか、カナダのひと。バトルと同じでスケーティングのきれいさでクワドなしでも勝てる人。こづかにも負けた〜そしてプレ男にも負けたんだった・・・プレオベール、すごいです。絶好調。クワドもトリプルアクセルもパーフェクト!ノリノリだったよ!観客スタオベで、プレ男もガッツポーズだった。このあと滑るのはジュベールだったけど、すんごくやりづらかっただろう・・・

女子はまおちゃん2位でも絶不調とかいわれちゃっているけど、いいじゃん、2位だよ?仮面舞踏会は似合わないと思うが。去年、アボットがすごく優雅な仮面舞踏会だった。で、ドムニナ/シャバリンもロシア貴族〜〜〜と言う感じのダンスだった。しかし。まおちゃん激しすぎ。ワルツが感じられないぞ。タラソワがいかんのか?しかも織田くんもこれなんだよねえ?なぜ?

エリック杯エキシビのジュベール見た。日本でワールドで優勝したときのエキシビの衣装だった。曲は違うけど。すごい真面目に滑っていた。笑顔がないのはしょうがない?でも、順番が最後の方だったような?2位の人よりあとだったりして?見間違いかしら?早送りして見たから。

2008年11月25日

すごい懐かしいジャンプ大会見ています。もう泣きそうになるよ。原田選手でていない、と思っていたけれど、ワールドカップに転戦している選手と電話が繋がってます、とかで、ちゃっかり声聞けました。95年W杯初優勝なのね。そんなころに戻りたい。あいかわらずのお調子もんで、メンバー年齢高いとか(13年前ですでに?ちなみにメンバーは原田・西方・斎藤・須田)言ってるし。そんなことやってるうちに生中継で葛西がとびおわっちゃったりしてるんだけどいいんだろか?船木が鮮烈デビューした次の年、です。吉岡がまだ高校生、東3兄弟がいたりして、たくぎんが廃部の年。

1995年12月1日

原田選手がワールドカップで3位に入った。

1995年12月8日

原田選手がワールドカップで初優勝した。

1995年12月17日

原田選手がワールドカップで3位になった。伊達公子がミロのコマーシャルに出ている。

2008年11月16日

中国男子フリーみました。(現実逃避)ベルントソンの機械じかけみたいな動きがいいね。腕のボタン押すと動き出す、みたいな。彼こそサイボーグではないか?(ああ、思い出してしまった)しかし、ジャンプがいまいちで得点伸びず。ロシアの若者、ボロドリンって、動きの激しさがプルシェンコみたい。末恐ろしいなあ。ショート失敗で4位のベルネル、タンゴですばらしい4回転をいれてきた。振り付けも美しいよ。衣装も去年の勇名トラよりもずいぶんいいし。そして、アボットはヒロミ好みのスケーティングで、ヒロミ好みのクレーメルのエイトシーズンで、ジャンプも完璧だった。すてき!

しかし。カップオブロシアは、今言ったメンバー全て横滑りで、ジュベールに勝っちゃったフランスのプレ男くんもきちゃう・・・あうあう。

(また現実逃避)アイスダンスとペアのアメリカ大会、今頃放送されるので、テロ朝にやつあたりした。スポーツって生放送が基本よね。いまごろ放送されたって、テレビの前で応援できないわっ。だからジュベール負けちゃったのよっ!

で、ペアのサブチェンコ/ゾルコビーのショートの衣装すごいよ。カー姉弟の宇宙人に匹敵するかも。曲も面白かった。エキシビ地味なのに、こっちの方が派手〜な感じでよいです。オリジナルダンスの今年の課題は1920年代〜40年代というアバウトなもんだけど、アメリカの景気いい感じをみんなだしてきてます。アメリカン・アール・デコという服装が多いかな?いかにも、デロベル・ショーンフェルダーがやりそうだけど、驚くような設定を持ってきた。オリビエがおじいさんなのよ。普通のカーディガンで顔も老けてて白髪なの〜。で、腰曲げた演技ってあり?イザベルははつらつとしたお嬢さんというか、軍服なんだけど。これはおじいさんが昔を懐かしむという設定?

2008年11月15日

やっと中国の映像がきましたね。なんて言ってる場合でなく、エリック杯の結果だけ見て発熱してしまった。37.5度。これって全日本でふみえちゃんがだめだったときに名古屋で具合悪くなったんと同じ感じ。

Joubert planned a quadruple-triple toeloop combination in his routine to “Rise” by Safri Duo, but when approaching the jump, he suddenly hesitated and just did a single toeloop. The reigning World silver medalist recovered instantly to produce a triple Axel, a triple Lutz and two level-three footwork sequences as well as two level-four spins. The Frenchman picked up 73.75 points (36.20/37.55). “I’m very disappointed. I don’t know what happened. I was ready for this program, I was confident. I had a great warm up, but then I couldn’t jump. I couldn’t do even a triple toe. My left foot was like blocked”, Joubert explained. “But I’m happy, because the rest of the program was clean. I lost 14 points, and I think I could have a very good score with this program and it gives me a little confidence for the rest of the season.”

何が起こったかわからない。準備万端だった。ちゃんとウォームアップしたのにできなかった。3回転トゥーループさえもできなかった。左足がブロックのように固まってしまった。でもそのあとは完璧だった。14ポイントは失ったけど、それさえなければいい点数だ。今後戦っていくうえでちょっと自信がわいてきた。

大丈夫だよ。すごくかっこよかったよ。くらくらしたよ。エキシビの曲を転用するなんてありなんだ〜?手のしぐさと視線で、もーヒロミはダメ。

2008年11月15日

中国男子、高橋でないから誰が優勝するかわかんないってことね。しかし、アボット好きなのよ。アイスダンサーっぽいよね。ものごしがすごく洗練されている。舞踏会のナリス様っていう感じよ。選曲もいつも好ましくて、去年は仮面舞踏会だった。今年のショートはアルビノーニのアダージョで、うっとりさせる。フリーはなんとクレーメルのエイト・シーズンズ。ヒロミと曲の好みがいっしょだよなあ。

2008年11月14日

スケカナ男子フリーみんなどっこいどっこいっていうか、ライサの点数が低すぎのような気がするんだけど。パトリック・チャンはきれいすぎっていうかおもしろみにかけるような。いつもぼろぼろになるポンちゃんは4位だったけど、そこそこ最後までできたのでよかったです。女子は、ふみえちゃんを見ているときのはらはらドキドキ感は末期の原田さんを見ているような・・・。でもエキシビがすごくなごやかで、アットホーム(ホームセンスっていうスポンサーがついているんだけど。)男女カナダが優勝で、(アメリカとは大違い)トリをどっちがする?ってコインの裏表で決めてるんだけど。

2008年11月9日

スケカナSP女子。ふみえちゃんの衣装がかわいいねえ。ヘアスタイルもいい感じ。ジャンプはちょっとぎりぎりで怖かった。イーグルからのダブルアクセルはよかったです。スピンのバリエーションを求めるあまり、スピードがなくなっちゃってるのはしょうがないのかな?高速スピンは得点低いんだよね?なんて言うといいとこなくなっちゃうけど。失敗なくてよかったのかな?

コストナーどうしてだめだったか?やっと映像見た。とっても美人でスタイルいい上に、衣装のセンスもいい。黒地にカラフルな花を配置した服はハイセンス。曲はタンゴ。しかし、とんでもないところですっころんだ。最後はダブルアクセルとんでフィニッシュなのにそこでも派手に転んでしまった。3−3は2フット。ああ、もったいない。ストレートラインのステップは、めちゃくちゃかっこいい!ユーロ女子は見ないと思ったけど、見にいっちゃおうか?という気にさせるよね。

2008年11月8日

スケカナSP男子。ウスペンスキー兄弟ってなんかいいねえ。ここには弟出場。兄は日本にもきたけど王子様みたいな衣装で、曲もクラシックで、なんだけど弟はちょっとやんちゃな感じで、見た目はプルシェンコっぽい。曲はビバルディウインターのモダンアレンジだったけど、シマウマのランビエールを思い出した。カナダのジェレミー・テンがライエンダを滑った。本田くんが昔滑っていた。すごくステップがかっこよかったのよ。テンはまだグランプリ初出場でいまいちだったけど、今後注目のプログラムかもしんない。

とかなんとか言っていたら、ブラッドリ、ヴォロノフ、ポンセロみんなクワドいれてきた。すげー。ぽんちゃんはなんかイメージチェンジだ。高橋のヒップホップの影響かしら?でも今までの深刻そうなやつよりあっているかも。服装もTシャツだし。曲はベートーベンの運命なんだけどね。

2008年11月4日

てなわけで、スカパーフジテレビやめてテロ朝チャンネルでフィギュアを見る。ので、時差があります。だってリアルタイムで放送してくれないんだもん。地上波の、画面の四隅にいろんなキャッチフレーズとか現在順位(中野現在1位・・・このあと安藤登場、とか)がなくてすっきりしているのはいいけれどね。なので、いま見てるのはスケアメショート男子。ライサのボレロは良かったです。とってもダイナミック・・・彼の場合はいつも怒濤のラスト、とゆー感じなんだけど、この曲の感じと合っているような。まだすこしぎこちないけれど、シーズン進んでこなれればすごいのでは、と書きつつ、すでにスケートカナダの結果を知っているわたしは悲しい。もはやファイナル絶望的だよねえ。

スロバキアのチャンピオン、マチプラというひとを見ましたが、顔がベルネルに似ているねえ。チェコとスロバキアは昔は同じ国だったから、地理的には近いのでしょう。ベルネルよりちょっと整っているかも。ちょっと気になる選手だ。フリーもちゃんと放送があった。アダム・リッポンってイリヤに似ている。アメリカ人だからもっと明るいようには見えますが。イリヤはシニカルな表情もしていた。(「にているもんさがし」という課題に取り組んでますけど、フィギュア界だったらすぐできちゃいそうね)カナダのレイノルズって4回転2種類簡単に跳んでました。顔は子どもだけど、なんか将来おそろしいね。かんたんに飛びすぎてありがたみがないが。ジュベールのライバルになる?ヒロミはやっぱり4回転する人が気になる。それは、原田選手が、ジャンプで、いかに遠くまで飛ぶか!というところにも繋がるのだ。原田さんいわく、ホームランか、三振か、という世界なんだけど。フィギュアも転んじゃったら元も子もないよね。

2008年10月27日

前の日に、ショートやったでしょう。またおさらいしなくたっていいんだけど。しかも、安藤が4回転しないって結果分かり切っているのに、今年はやりますっていう前置きが長いこと。

アメリカ、4種目全部勝てなかった。アメリカのフィギュア人気が落ちるのはドルが落ちるのとともに困るんだよ〜。女子なんてアジア勢表彰台独占だ。安藤と中野はジゼルで、衣装までそっくり。中野の方がかわいいかな?安藤は、微妙なドーナツスピンをみせたけど、あれは、中野の後にはやめた方がいいのでは・・・?あんどーなつっていうマンガがあったような?

2008年10月26日

放送時間2時間。ショートプログラムより当然フリープログラムの方が長い。なのに男子フリー30分。女子ショート1時間半。小塚優勝したのに。そして、去年のグランプリファイナル女子を振り返る・・・フジテレビのF1地上波もうっとおしい。しかし、その前に生中継でスカパー!で放送する。そこが好きよ。放送内容もちゃんと、マニア向け。しかし、テロ朝は、絶対地上波よりもずうううっとあと。しかも地上波でやったのは同じ内容。結果わかっちゃうと地上波見ないから?けちくさい!スマップのへんな歌もかえてくれないかなあ。松岡もいらん。しゃべるぶん、他の選手を映してほしい。何で荒川は「特別」解説なんだ。

まあいいか。ライサチェックも、ウィアーも、なんで小塚ごときに負けちゃったのかわからない。解説のひと、喜んでないで教えてくれ〜。小塚だって4回転成功していない。地味なロミオとジュリエットで、滑りは美しいけど、ハイライトがないっていうか。アメリカなのに空気読めないヤツか?と思ったけど、滑走順はジャンプと同じなのね。ショート悪い順に登場する。だから、小塚はふつうに滑っただけなのに。

ウィアーはノートル・ダム・ド・パリ。(アナウンサーはダムをぬかしとった)おちついて滑っていて、きれいだったよ。着地がぎこちないところもあったけど、ウィアーにあった振り付けだよね。ドラマチックで。クワドにも挑戦していた。両足になってたけど。最後のスピンが女子みたいだった。ライサチェック、ラプソディー・イン・ブルー。この音楽でイリヤを思い出すのはヒロミだけでしょうか?イリヤのふわあっとした演技を思い出す。衣装が、ジュベールの007を彷彿させるが、微妙ににあわんなあ。髪型七三だし。しかし、クワドいれてきましたよ。転んだけど。最後のステップは相変わらずパワフルでかっこよかった。点が出なかったのは、コンボがひとつになっちゃったから、なのね。最初の4回転の後ろにつけられなかったのと、3−2−2が回転不足だって。(いまスケートスレで見てきた)

表彰式の写真が、お父さんとお母さんと子ども、だって。う〜ん、美しいお母さんだ。

渡辺木戸組なき今、へんな衣装のデザイナーは安藤に移ったのか?きつい青とピンクってどうだろうか〜?そういえば去年もピンクのへんな衣装だったぞ・・・でもボレロはヒロミ好きよ。

2008年10月8日

もう秋ですねえ。今週F1。今月末はスケートGPシリーズが始まりますね。ジュベール今年は元気にしてるといいのですが。たまにフィンランドのユーロのHPをチェックしていますが、きのう見たら、もう入場券売ってた!ので、ヒロミのも買えるか試してみました。日本におけるぴあみたいなのがあって、簡単に買えるのね。しかもメールでチケットが届いて印刷できる・・・でもバーコード読むから、いちばん最初に会場入りしたひとのチケットが有効と書いてある(ように見える)。今ユーロ安い!と思ってつい購入しちゃったけれど・・・ヘルシンキ。これでジュベールドタキャンしたらどうしよ。

2008年8月30日

諏訪の美術館で、ボランティアのO野さんといっしょになった。こっちのほうはいいですよね、北京オリンピックで盛り上がって、と言ってみたら、すごい話をきいてしまったよ。岡谷は言わずとしれた陸上短距離の塚原直貴選手の出身地。で、垂れ幕なんかだしちゃってお祝いムードなのですが、なんと、彼女の近所に住んでいたらしい。夜中にトレーニングしてたとか。で、彼女に子どもが生まれたときに、塚原母が、これ使ったものですけど、と積み木をもってきてくれたって・・・すごい。ちなみに、その積み木で遊んだ子どもは、今は体操の教室に通っているとか。ちなみに彼女は学芸員の資格も持っていて、結婚する前は、デザイナーだった。これって、ヒロミの夢見た人生?とか思っちゃったよ。

ヒロミの夢見た人生(もはや手遅れ→芸術系の大学を卒業→学芸員として美術館に就職→結婚して原田選手の近所に住む→子どもにジャンプを習わせてオリンピックに出場させる)

2008年8月21日

新聞の見出し 原田銅メダルってなんかなあ。

体操のエキシビ見た?トランポリン上山&外村ペアは1回失敗しちゃってリラックスとかアナウンサーに言われていた。でもいいよね、かっこいいよお。

ハンブッヘンの鉄棒すごかったよ!今頃すごく絶好調な感じ。離れ業の連続コバチ!コバチ!イエーガー!×3みたいで、すっげーよ!エンディングでも得意の投げキッス(ピースの形の指にキスして投げる!きゃー)

リューキンの平均台、最初ほとんど上らないで台のまわりで踊る。長い手足、のばしただけでも絵になる。あんな細い台で宙返りするなんて信じられないのに、すずしい顔してひねりもいれたりして。

これから、新体操?中国雨降っていて、ずっとソフトボールの中継がのびてしまったみたい。(録画が全部ソフトボールなんだけど。)金メダルなのね。団体競技にはあんまり興味がわかないなあ。

2008年8月19日

民放で録画したのが失敗だった。ほかの国が演技してるのに、平気で前日のビデオ流したり古田がなんかコメントしたり。コマーシャルもいっぱい!

シンクロフリールーティーン。カナダのペアが使っていた曲は、マキシム・ロドリゲス作曲とアナウンサーが言った。これを聞いておお!と思うあなたはフィギュアファン。かのキャンデロロのダルタニアンも作曲しました。最近はフィギュアのツアーにもついてきて歌うたってます。ロシアのふたりが後半に使った曲は、はげ山の一夜、これは、ホフロワ/ノビツキーがものすごいアイスダンスを踊った曲。はやり?っていうか、すごく強烈で、ゲテモノ感をだすところがポイント・・・

男女でやったらもっとダイナミックになりそうよ。シンクロしなくてもいいんだよ、水泳フィギュア・ペアみたいな競技が見たい。リフトとか、投げ技とかが入ると面白そう。

2008年8月18日

女子トライアスロンという今までに見たことないような種目を見たよ。長いなあ。水泳→自転車→マラソンとこなすのですが、ぜんぜん差がつかなくて、マラソンだけで勝負が決まったような・・・日本が3人でていて、意外といい位置にいるので、もしや?と思わせる展開。しかし。5位だった。残念ね。

中国がでない跳馬。ドラグレスクがすばらしい技を見せたのに2本目で失敗して4位だった。ヒロミはそういう人がすきなんだよなあ。女子の段違い平行棒、リューキン美人ね。(こればっか)ホルキナなき今、こういうひとがすき。同点なのに中国のコドモに負けちゃった。

2008年8月16日

きょうは休みなのに、これといった種目がない。しかし、会場に流れている音楽の選曲が気になるんですが。なんか「さくら〜さくら〜今舞い上がる」って森山良子の息子のうた?今日は、レスリングの会場にカルミナ・ブラーナもかかっていたし、ボン・ジョヴィの曲もかかっていた・・・?

レスリングの女子の人とか、陸上の女子の人とか、みんな髪型がこっている。編み込み、というか、きっとばらばらにならないようにしているんだろうけど、時間かかりそ。

2008年8月15日

体操個人で銅メダルとったのは、フランスの選手なのよ。でもなんだか美しくなかった。最後の種目床だけど、華がない・・・けどポイント高いんだろうなあ。これなら、富田の方がいいのでは?といつもと違う感想なわたし。水泳とか柔道とかにもフランスの選手いっぱいでてるけど、ジュベールほどすてきなひとはいないわね。

札幌オリンピックジャンプ金銀銅の、銅メダリスト、青地選手が亡くなってしまった。まだ67歳。雪印のひとだった。原田さんもお葬式にいっただろうか。ご冥福をいのります。日本ジャンプ陣に力を貸してください。

2008年8月13日

谷本の一本は絵になるねえ。絵というか、写真うつりがいい!躍動してる!投げられてるドコスの足もすごく伸びていて、美しいんだよなあ。で、スポニチ買ったら、正面からとった写真もでていて、迫力の表情。柔道って写真禁止じゃないよね?ちょっとトライしてみたくなった。

で、スポニチ買ったのは、原田さんがでているからで、「メダリストは見た」という特集。リレハンメルと長野オリンピックの団体と、アテネと中国の体操の団体を比較するという、ちょっと切ない企画。銀から金、と金から銀。両方とも、日本が勝ってからルールが変わった。原田さんは、弱点を克服するよりも、長所を伸ばせというすてきな言葉を寄せています。原田ジャパンって実現するかしら?そしたらまた、ヒロミは応援にいくよ!

2008年8月12日

今日はやすみなのに、仕事がやばいのよ〜。もうやめたい。あううう。リカバリーできるかなあ〜。

とはいっても、気になる体操男子団体。中国のスーガイは子どものような顔でものすごい離れ業をするのね。でもヒロミのお気に入りは、アメリカの背の一番高い人。名前もわからないよ〜。演技も1回も見れなかったけど、顔とスタイルでは金メダル!あとはドイツのハンブッヘンという選手がかっこいい!カメラに投げキッスとかしても〜すてき。個人総合にでるらしい。応援しなきゃ。

日本は、だめだめでも銀メダル。みんな着地が決まらない。昔はもっとピタリ、という感じだった?鹿島はメリーゴーランドやらなかった。アメリカの最後のひとのほうが、かっこよかった。富田は予選の吊り輪で点がでなかった技をカットしてきた。沖口は跳馬にでれもしなかった。ううーん。ちょっと悲しい。(でも手堅くやったということね。ジュベールが4回転1回しかやらなかったのをせめるのと一緒。ということは、ヒロミは今の体操のファンじゃない、っつーことか?)

2008年8月11日

北島つよい。WRで優勝。みじんも弱さを感じさせなかったけど、終わった後のインタビューで、ことばにつまったところは、ジャンプ団体の原田さんを思いだしたのはヒロミだけでしょうか。13日のスポニチ買ってね。でてるから。

2008年8月10日

ヒロミが楽しみにしていたのは、サイクルロードレース。こんなにいきなり終わってしまうとは思わなかった。しかも、ものすごい優先順位ひくい。一応、長野出身の宮沢選手がでてるんだけど・・・下から5番目だったのね。まあいいか。実は豪華メンバー出場。ツールドフランス制覇のサストレとか、バルベルデ、シューマッハー兄弟、レッベリン、カンチェラーラ、サンチェスとヒロミにはおなじみのメンバーなのさ。しかし、国の代表。いつもはチームサポートがあるけど、どうなんだろー?自転車って、どれでもおなじなのかしら?例えば、F1をオリンピックでやるのは無理。車が影響するから。水泳界ではそういうことが起こってるんだ。

まあいいか。朝の5時半に始まりました。マイナーなため、誰が勝ったかもわからないまま、見ることが出来ましたよ。でも、選手にとってはオリンピックなんてどーでもいいのかもー。楽しそうに走ってました。中国の万里の頂上付近をはしってるみたいですが、あまり風景が美しくなかった。いっそのこと期間中ずっと走ってツールドチャイナにしてくれれば2週間楽しめたのに。しかし、最後の10分くらいは白熱しました。カンチェラーラの飛び出しは、かっこよかった!勝ったのはサンチェス、2位レッベリン、3位カンチェラーラでした。

そういえば、夏のオリンピックに男女混合の種目ってないのかな?フィギュアのペア、アイスダンスって珍しいのね。ある?ミックスダブルスってある?トランポリンって男女?

体操男子ってやばくない?沖口けがしてるんだ。跳馬のスペシャリストなのに、ロペスに挑戦できない?鹿島は得意の(この種目で選ばれたのに!)鞍馬で失敗した。メリーゴーランドって技があるのに。富田、なんだか調子悪そうだった。吊り輪でもっと得点出るはずがぜんぜんだめ。(でも技を留めてる時間が短いような気がした・・・フィギュアにおけるスパイラルみたいにね)いちばん若い内村がいちばん安心してみられそうな気がする。

女子は、新竹がかわいいよ〜。村主章枝ちゃんに似ているなあ。

 

2008年7月27日 THE ICE名古屋公演

ザ・アイスでヒロミ大興奮。ジュベールいなくても、こんなに楽しんでしまった自分が悲しい。4回公演のうち、3回も見たなんて、ろろさま公演以来かも・・・でもやっぱりスケート好きなんだなあ・・・とは思いましたね。まあ、メンバーによるんだろうけどさ。

最終公演は2万5千円の氷上席でした。いちばん前でみるのはやっぱりすてき!3回も見ると、最後のみんなで踊るダンスもすっかり覚えてかなり派手に踊っちゃう!(お手本はシニード)そして、このときのためにきのう丸栄にプレゼント買いに行きました。カー姉弟に何をプレゼントしようか・・・日本の扇とかがいいかな、と思ったけど発見できず、花火の模様に染めたすこし渋いエプロンにしました。シニードには胸当て、ジョンには前掛けみたいなかたちのものを。お手紙かくのに悪戦苦闘しました。ヤフー翻訳!がないと英語出来ない・・・さらに、「シニード」ってどういう綴りだっけ・・・リストにあるからいいやと思っていたらカタカナだった!そして、よーく考えたら、会場で、カー姉弟への花輪(?)があって、携帯で写真撮った!そこに、ちゃんと書いてあった・・・すばらしい。

そして、フィナーレでまわってきたジョンに、ジョン!ジョン!プレゼントフォーユー!!!みたいに叫んで、紙袋をわたすことが出来ました。すこし遅れてきたシニードにも、「シニード〜!!!」と叫んだら来てくれて、「サンキュー!アリガトウ」と受け取って、ハグしてくれました。ジョンにあげた袋がかなり大きかったので、他のファンのプレゼントも収納できてよかったかも・・・

で、さらにカメラをだして構えていたら、またジョンが帰ってきて、「カメラ!OK!」とヒロミの前に来てくれた。ヒロミはあわててしまって、なかなかシャッターが押せなくて、すごく彼を待たせてしまったよ。しかも、キルトスカートをとればよかったのに、ズームにしてあったので、ピントすらあってない・・・ばか。

今思うに、ヒロミは彼らが踊っているときから相当目立っていたに違いない・・・終わったときも派手にスタンディングオベーション!だったし・・・ひとりで何してるかな〜。でもとっっても幸せな気分よ。帰りの電車で、シニードの香水がすごーく香ってましたが、これはとっておけなくて、残念ね。

 

 

ひろみにとっての2回目公演(世間では3回目)は、アリーナ1列目(氷上席ではない)ですがとってもはしっこの席でした。とはいうものの、やはり大騒ぎ!(一人で来ているのにねえ)で、となりのバトルファンのひとに、すみませんが、バトルのときだけは、少し下がって、静かにしてもらえませんか?と言われてしまった。すまん。ひろみがうるさいのは、カー姉弟のときだけよん。バトルは、大丈夫です・・・って答えたけどそれってどうよ〜。(興味ありません・・・ファンの質問コーナーがあったら、今季は4回転しますか?って聞いてみたかったけど)しかも、すでに酒飲んでも盛り上がってたりして。ヒロミはやばい感じ?

インターバルに、インタビューのコーナーがあって、毎回同じ(浅田姉妹)じゃあ芸がないと思っていたけど、なんと、イケメン3人という組み合わせでした。しかし、小塚がはいるのはどうだろうか。あとは、バトルと、ライサチェク。いいよね、ライサ好きなのよ。ベルビン美人だけど。マイケル・ジャクソンの、ビリー・ジーンがとっても好き。めちゃめちゃ踊れてる。去年の東京の世界フィギュアのエキシビは地味で、さみしかったよ。でも、ことしは、ホリデー・オン・アイスかなんかでみて、すげー!かっこいい!と思っていた。見れてうううれしい。で、大須にみんなでいったようで、ライサは、サングラス買ったみたい。で、寿司が好き、中落ち好きみたいね。「ナカオチ!」とか叫んでいた・・・

バトルは、日本のファンがいつも応援してくれてうれしく思っています・・・とか優等生な答えで。好きな女性のタイプとか聞かれてたけど、ううーん、よくわからなかった。小塚に耳打ちされて、「アイシテル」とか日本語で言ってましたけど、ああ、ジュベールここにいてほしかった。I wish you were here!

サーシャ、なんか去年くらいから、胸が大きくなったのはなぜかなあ〜?

バトルの曲は、彼しかできないと思った。やっぱりワールドチャンピオンは違うね。らららららら〜♪とハミングがはいるところを簡単に、ステップで表現するなんて、ジュベールには到底できないさ。でも、ジュベールだって、彼にしかできないことがあるし。しかし、人気ナンバーワンでしたよ。バトルの人気は、昔NHK杯で優勝したときがピークかと・・・ストイコってチャンピオンになったっけ?で、カナダの国旗だらけだ。そのなかに、なぜか、スイスの国旗の人がいたんだけど、なんか間違ってる!国旗の区別ができないのか?それとも、バトルとランビエールの区別ができないのか?ちょっと聞いてみたかった・・・ヒロミはわざとフランス国旗でもだそうかと思いましたけどね。

ミキちゃんのボレロ、好きよ。人生に疲れた女っていうか、すさんだ感じがよくでてる。髪の毛を、下の方で束ねると大人の女。七分袖で、裾が赤いワンピースも、ボレロっていう雰囲気。手をぶんぶんするのも気にならなくなった。

ヤグディン、ジュベールの代役だけど・・・このプログラムを滑るたびにファンが去っていくのではないか?とわたしは心配。多分、病気のボクサーで、ナース(コーエン)に試合にでるのを留められている、という設定?でもジャンプもできないし、ステップもいまひとつで、見るのが悲しい〜もともとなにもしなくて盛り上がるキャラのろろさまならいいけど、やぐさまは、華麗なるステップ、だよなあ。

しかし、それを、今タラソワに教わっているまおちゃんがタンゴでやってくれている。

2008年7月26日
そういえば去年も行った。去年のゲストはバトルとランビエールだったか?ジマーマンもいたんだな〜。リニモカードにジュベールいて気をよくしたわたしは、パンフレットにもいるかも?と思い、中を見せてもらったらヤグディンが・・・(ジュベールの代役ヤグディンなんて豪華だと思ったけど、しかし・・・)で、わたしはいらないってほっぽりだしたのですが、買おうとしていたM山さんが、その指紋ついたやつがボクに来るの?と言う感じでちょっとヒンシュク?(でも下の方から取ってもらっていました)というわけで、1回目は、氷上席じゃないけどロングサイド中央の素晴らしい席で。

舞ちゃん。シェルブールの雨傘。これを聞くと自動的にやまとくんの青い服が思い浮かぶのですが。あ、去年は、カナダのヴァーチュー/モイヤがすごい高得点出したんだよね。あたしゃ好きじゃないけど。(サレ/ペルティエも現役のころは好きじゃなかったからそのうち好きになるかもしれないが)
てなわけで、舞ちゃんの衣装がとても美しく、長い手袋がにあっていて、巻いてアップにした髪型もすてきで、貴婦人のようでした。しかし、ジャンプがいまいち〜。最後のポーズは決まってました。

期待の子どもというわけで、村上佳菜子、という普通の名前に好印象なヒロミ。いまどきの、れおちゃん、とか、キティちゃんとか、かんべんしてくれよ〜と思ってしまうよ。なんとなく、ななちゃんが踊りそうな、ノリのいい曲で、よいですな。曲に負けてないというか、自分のものにしているようで。

曾根さん。101、ですが、曲のセリフがうるさすぎ〜、で、パフォーマンスは面白いですが・・・ダルメシアンをいっぱい集めて毛皮を作りたいおばさん?去年の大奥よりは好きになれそうだけど、3回見るのは疲れる。

鈴木明子、表現力がすごいのね、去年から復活?でも太田由希菜路線・・・?まあいいか。タンゴです。顔の表情(ちょっとこわいけど)も、手や足のさばきも、衣装も、いかにも情熱のタンゴで、いい感じです〜まおちゃんとかぶっているのかしら?ショートのプログラムっぽいけれど。女子も、全員タンゴで勝負だったら、それはそれで面白いのかも。

そして、カー姉弟!去年の、オリジナルで、スコットランド民謡です。ジョンはキルトスカートなのよ。日本語で言ったら、蛍の光、っていうメロディですが。も〜すばらしい。かっこいい!ステップが、ひとつひとつ凝っていて、それでいて、のりのりで、曲にもあったふりつけで、リフトもびっくりしちゃうようなことをいつも見せてくれる。エキシビヴァージョンで、リフトは、シニードが、ジョンを持ち上げちゃうんだよね。アニシナのように。なによりも、滑っているのが楽しそうで、わたしも、とっても楽しくて、ひとりで大騒ぎしてしまいました。も〜これだけであとは見なくても満足・・・・

と思ったのですが、あともみんな楽しかったよ。

小塚くんは、ラストダンスフォーミー、なのですが、はにかみ王子?のようなしぐさが気に入りましたよ。おでこに掌をあてて、ちょっと上を向く。まいったなあ、もうっていう感じで。いいよねええ。初々しいかも。本田くんにやってもらいたいけど(しつこい?)

そして、Frash、ってなんだっっけ?と思ってたら、映画ブレードオブグローリー(日本では、俺たちフィギュアスケーター)の男子2人のペアの再現だった!最初のへんてこりんな振り付けも、上手で、スロージャンプもやっちゃうの?と思ったらそれはさすがに形だけだったけど、受けました〜衣装も変えてやってほしいな〜、みたい!モデルは、マイケル・ワイスとウィアーか?と思ってるけど、いいよね〜こういうの好きなんだよ〜おもしろすぎ。

浅田姉妹の、ドリームガールズ、も去年に比べたらすごくそろっていて、かわいかった。おねえちゃん、もうちょっとがんばれ、というのは見えてしまいましたが、前髪短い浅田姉妹っていうのがちょっと興味深く見てました。まおちゃんちょっとへん・・・見慣れればかわいいのかもしれないが、昔ひろみの地方では、オンザ眉毛とよんでいた髪型だ・・・

2008年6月30日
ドリームオンアイス見た。テレビでだけど。(テレビでっていうところが、もう年取っちゃったっていうか、情熱ないよなあ。だって写真とれないんだもん)
けっこうみんな意外なプログラムでよかったっていうか・・・ふみえちゃんのパントマイムは、なんとなくM山さんから聞いていましたが、曲が数年前のシンデレラのやつに通じるものがあるなあ。で、ピエロなのね。かわいい〜。実物見たい。おしゃれな(って死語?)洗練された感じが好きよ。
帰ってきた織田くんは、ライサチェクにかぶっちゃうトスカ。衣装もにているぜ。顔は違うが。ふりつけが去年の安藤美姫っぽい。あたりまえか。モロゾフだもんね。
高橋はタンゴなのか?宮本くんの振り付けいいかもしれない。
小塚のラストダンスはわたしに、って本田くんにやってもらいたいとつくづく思った。まあ、小塚くんでもいいけど。
安藤のボレロ、つかれた感じでなんだかいいかも、と思ったりして。カルメンに似ているが。衣装と髪型が気に入った。最後の倒れるポーズはトーヴィル・ディーンのまね?
浅田姉はなんでいないのだろうか?妹は赤と黒の衣装でタンゴね。ステップがヤグディンだ、とおもったらタラソワだったっけ。おとなになったねえ。顔がほっそりするともっといいねえ。
メグミルクがスポンサーだったが、会場で牛乳もらえたのかしら。
そういえば、ウィアーも男らしくなったなあ。ワンスアポンアタイムインアメリカのプルシェンコみたい。黒い服だからかな?ランビエールのフラメンコはあきてきた。ファンじゃないからか・・・ジュベールならそうは言うまい。

2008年6月23日
白馬にいったのに。雪印合宿中なのに。代車も借りたのに。つゆなのね。ものすごい大雨で。でも前の日も次の日も晴れたのに、なんで月曜日お休みの日だけこんな洪水警報なんてひどい。ジャンプ台に誰もいなくて、体育館にも人影はなかった・・・

せっかく原田さんにひさしぶりに会えると思ったのに。ううう。今度いつ会える?白馬サマージャンプってあったっけ?

2008年6月13日
バッテリーが終わってしまったよ。そんなに真剣に見ていたわけではないが。最終回なので録画して、あとでゆっくり見ようと思ったのが裏目に出て、タイマーがずれていてラストシーン最後の3分くらいが切れている。(よくあることなのだ)ヒロミ好みの青春スポーツドラマだったなあ。続編希望。その前に、再放送希望。

車の調子がわるいなあ〜と思っていたらクラッチがしびれるようになって、見てもらったら壊れてる!ので、急に代車もなく、また電車通勤生活。自転車15分、電車15分、徒歩30分。遠い。もうこれだけで朝疲れちゃうのだ。なおるかな?なおらないと言われても、新車はむり。愛しのプジョー、早く帰ってきて〜

2008年6月9日
日本テレビは、テレビ信州の系列ね?フィギュアの放送もないのでいままで無縁の生活を送っていましたが。雪印のページで、原田さんが「タイムマシン」とかいう番組に出ることを発見。6月9日、13:30日本テレビ。しかし、当日新聞見るとやらないじゃないですか〜。で、テレビ信州に電話したら留守番電話。日本テレビに電話したら、系列局の放送日は把握してませんと言われ。しかたなくテレビ信州に行ったら、やーな感じの警備員しかいなくて。でも駐車場にはいっぱい車が止まっていて。局の人をだせといっても、土日は働く必要がないとかいって、かんじわる〜い。視聴者のこと考えていない!不親切!いじわる!ばか!それで結局長野では見れないんだよね。上田ではケーブルで日本テレビが映るのに!どおお〜しても見たいときはどうしたらいいのか?って聞いたけど、どうしようもないって。ばか!上田にひっこしたら?とか。上田のケーブルうちまでひいてくれよ〜

2008年6月5日
バッテリーというのは青春ドラマね。ヒロミはNHKしか見ない。いつの時代の話なのかしら。どこの方言なのかしら。○○じゃけん、とか。原田タクミという強烈な球を投げるピッチャーが現れる。マユきりりとこくて、(やまとくんみたいよ)意志つよい顔立ち(がんこものともいうが)で、ほかの部員から嫌がらせもうけるが先生にも言わない。でもタクミのまわりの友達がみんなめっちゃいいやつばかりなんだ。素朴というか。どんなにわがままだろうと受け止めてくれる。バッテリーのゴウくん。ほんといいやつだわ〜。弟のセイハ(どんな字書くのかもわからん)も兄を慕っていて将来好青年まちがいなし。タクミに好意をよせるまいちゃん(尺八部?)の純情ぶりもいいわ〜。

で。最近までみてたんは、ジロデイタリア、せっかく登場人物がわかったのにね。イタリア縦断自転車レース。毎日急勾配の山を登る山岳ステージ目白押し。毎日夜10時からはじまって、1時過ぎまで。ヒロミはJCBポイントで得たワインと生ハムで酔っぱらいながらだらだらみるのよ。だって最後の10kmくらいまではだらだら走ってるっていうか、駆け引きしてるんだもん。街並みがすてきだからいいんだけど。3週間もチャリではしるんよ。総合1位のひとは、マリアローザというピンクジャージを着るんです。なぜピンクなのだ?6月はツールドスイスね。

2008年4月27日

リエージュ−バストーニュ−リエージュ。これでフランドルのクラシックレースは終わりなのだそうで。さみしいなあ〜。リエージュはベルギーの南の方で、ヒロミは行ったことないけど、牧草地と森の緑がとてもきれい。すごい坂道はない。駆け引きが続く。途中でがんばったのは、地元のジルベール。名前がジュベールに似ている!というつまらん理由でちょっと応援した。が、脱落。最後はシュレク兄弟とバルベルデ、レベリンの駆け引き。すげーですね勝ったのはバルベルデ。経験の差?でしょうか。

5月は、ジロ・デ・イタリア。イタリアの街もよいですね。飯田はどうかな〜?でも生で見てみたい。聖火リレーで不満が残った写真撮影ができるとよいのですが。どこに問い合わせればいい?

2008年4月26日

中国オリンピックを見に行って、中国人が優勝しちゃったような雰囲気を味わうことができましたよ。気に入らないが。気に入らないなら、行かなきゃいいのにね〜。

オリンピックマニアとしては、意地でも聖火の写真とったるって思って、脚立持って(なのにミニスカで行ったのですごーく寒かった)自転車で、チアホーン持って追いかけましたよ。ふん。

そもそもなんでこうなってしまったんだろう?

秋にヒロミが応募したころは、平和な感じだったのにね〜。

中国人の、日本へ留学している方々が、なぜか長野に集結。

ヒロミは政治なんて考えてない、ただのノーテンキで、長野オリンピックを愛してるから、純粋に、聖火リレーが堪能できなかったことに、ご機嫌ななめ。

しかし。それなりに楽しかったのだ。貴重な冒険ができたような。とりあえず、中央通りに行ってみた。テレビで見たら、既に早朝から勤福にチャイナが集結しているらしい。ママチャリで籠に脚立入れて行きました。おお、テレビと同じ、みんなでかい赤い旗持っているのね。ポールが長い。F1に通じるものがあるっていえばある・・・フェラーリならいいのだけれど。なぜか善光寺への道を聞かれる。普通の日本のおばさまで、大きな荷物持っていた。

トイーゴの、少し北で待ちかまえる。昔ながらの金物の置物とか売ってるお店の前よ。警察のひとに、ここは誰が走るんでしょうか?と聞いてみたけどわからない。ヘリコプターはハエのようにいっぱい飛んでいる。(表現が美しくない!)青いロープが沿道に張られたけど、頼めばいくらでも通してくれるし、民間の車も平気で通っているし、ゆるい警備。

脚立で場所取っていたらもっと前に出ても大丈夫だよ、と言われました。どうせみんな前に出て来ちゃって、ロープ押すから、お腹で押しちゃって、とかね。

車から、旗を出して通り過ぎる車には何かポリシーがあるんでしょうか?F1の、パレードラップみたいやけどね。ヒロミもオープンでフランス国旗で走れば気持ちいいかも!

で、やってきたのは、スケルトンの越選手。脚立2段乗れば見える!しかしものものしい。

通り過ぎたらすぐ移動。聖火は中央通り下って駅前で折り返して長野大通りにくる。ヒロミは昭和通り交差点に移動する。

やってきたのは橋本聖子会長。まあ、スケート関係者だからあたりということにしよう。けっこうよく見えた。中国人に埋もれていたヒロミをみつけて手を振ってくれた。(と思いたい)

ほんとはこの先に早田とか荻原がいたのですね。しかし、とうてい自転車で走れる状況じゃなかったね。

雨降って大変だったけど、若里公園近くにいました。少し前にいざこざがあったらしくなかなか来ない。雨がひどくなって、なめくさった格好のヒロミは寒い。H部さん発見。そしてヒロミはM選手と写真とったけど、掲載許可がでなかったのでこんな感じ。

 

その後さらに雨がひどくなって、自転車で脚立と傘を同時にもてなかったので、悲惨な状態で家まで帰りました。うう。おうちで野口みずきを見ましたが。長野関係者じゃないのがいまいちよ。最終ランナー原田さんにしてほしかった。(それはそれで、見れないと怒っちゃうんだけどね)

2008年4月20日

アムステルゴールドレース。えんえんと6時間くらい走り続けるそうだ。同じコースを3周する。たった3周!しかし1周70kmとか。うーむ。今日は最初に1時間を見ることができなかった。DVDの回線でスカパー見てるので、録画中は違うチャンネル見れない〜。何録画してたか?フィギュアのジャパンオープン。主役まおちゃんの番組ね。まあいいか。

で、今回は、オランダです。みんな半袖で応援してたけど、暖かいのかな?ベルギーよりも北ではないのか?7月にコート着ていたベルギーはいったい何なんだ!先週まで活躍していたクイックステップの主要メンバーは出ていないそうです。ので、感情移入するまもなく、終わってしまい、今回勝ったのはイタリアの選手でした。レースではいろんなことがあるのね。飲み物のバッグほかの選手の頭にぶつけちゃったり(わざとではないと思うが)、コース間違えそうになったり、チームカーがショートカットしちゃったり。来週はまたベルギー!リエージュ(行ったことないけど、ワッフルで有名?デルヴォーの出身地かな?)です。

2008年4月13日

パリ−ルーベ。今日もまた石畳(パヴェという)の連続のレース。フランスの田舎町もやっぱりかわいい。屋根が赤くて、煙突がある。教会の尖塔がすてき。農地の緑がきれい。ポイントポイントに大きな人形が置かれている。(ちょっとこわい?)マックもあったなあ〜。家がきれいなだけではない。街として、整っていて総合的に美しい。

観客の応援がすごい。「ボーネン フリッツ NO.1」っていう横断幕が・・・?フリッツってベルギーのフライドポテトのことなんだけど?フランス領土なのに、ベルギーの応援がすごかった!タイヤがパンクしたら渡そうとするマニアなおじさんがいっぱい。チームカーはプジョーだったりする。

なぜかベルギーに感情移入するわたし。最後3人、ボーネン、カンチェラーラ、バッラーのマッチレース。ひとりが仕掛けても、ほかのふたりもついてきちゃう。競技場で勝ったのは、ボーネンで、ベルギー、クイックステップ2連勝よ!デヴォルネルも魅せてくれました。脚力強い!来週は?オランダ?アムステル・ゴールドレースだって。生放送ってどのくらいの日本人が見ているんだろ?あたしゃ、夜行バスで京都行って、夜行バスで帰ってきてそのまま仕事行ったのに、早く寝ろよ!(今、夜中の12時過ぎ)

2008年4月6日

ツール・デ・フランドル。地元ではロンド・ファン・フランデレンというらしい。264kmを自転車で走る。しかも石畳の細い坂道を上る。17カ所もある・・・おそろしいレースです。さらに、雪降ってました。ベルギーの天候は変わりやすい。最初がみぞれ、雪で、それから雨、最後は晴れてました。石畳が滑りやすくて、みんな落車したり、畑につっこんだり、どろどろでレースして、駆け引きして、すげーかっこよかったよ。しかもベルギー。でも地名がマイナーすぎて全然わからん。ブルージュから、ブリュッセル方面だったようですが。赤い屋根の家がかわいい。緑の草原、森、小路、石畳、景色が美しい。空からの映像がすばらしい。そして応援の人たちがめちゃくちゃエキサイトして、選手にべたべたさわるし、旗ふるし、押しちゃったりするし、いい感じですねえ〜。やばい、行きたくなっちゃうよ!

勝ったのは、ベルギーのデヴォルネル、28歳。チーム(クイックステップというチームなのね、覚えたぞ〜)で、先行して他の選手を引っ張ったり、壁になって行かせなかったり、いろいろ作戦があるようです。彼は、他の選手のサポート(やっぱりベルギアンのボーネン、こっちの選手の方が写真はかっこよかったけど)で、もうエネルギーをかなり使っていたはずなのに、最後まで追撃を振り切って優勝した!ボーネンは伸びなかった。自転車ってすごくタフなレース。第92回って言ってたけど、92年前からやってるのかな?自国のチャンピオンジャージ(?)着て、それで優勝しちゃうんだからすげーね!

毎週生放送あるのね・・・あ〜あ〜はまってしまった。飯田にも来るのかな?みにいっちゃおかな?

2008年3月22日 

夜中にインターネットでフィギュア世界選手権の男子SP結果を見たらなんだか体調をくずしてしまった。症状は、村主章枝ちゃんが2年前に全日本で調子悪かったのを見たときと同じで、頭痛がして、腹痛がして、食欲がなくなる。(これって、更年期障害でしょうか?)人気の女子と違って、男子のSPは放送がない・・・(あるけど、上位しか放送されそうもない・・・)で、ヒロミのジュベールは6位。ディダクションが2もついている!ということは2回転んだの?

ジュベール2点の減点は、ルッツで転んだのと、音楽にヴォーカルが入っているからだって・・・なんで?スケートカナダとユーロではだいじょぶだったのに?せっかく病気から復活しているのにバッシングされるんだ!仕事に行ったけど、なんとなく具合悪くてただ座っているだけだったりして。

帰ってきてショート見た。ちょっと安心した。4−3は美しく決まっていたよ。All for youはとてもビューティフルでセンチメンタルなプログラムよ。ステップもすてき、スピンも早く回れていた。3ルッツでこけちゃったんで6位でもしょうがないよ。これを見れただけでもヒロミは幸せよ。1位バトルとてもきっちり滑っていた。2位ウィアーエレガントさが復活。3位高橋ランキング1位なのに微妙に緊張。4位勇名トラ洗練されプロでヒロミは好き。5位タマネギ(と2ちゃんねるではよばれておる)トリプルアクセル最近成功していないね。ヒロミはジュベール愛しているから彼のことは守る。

3月23日未明

第3グループから起きてみた。地上波は本田くん解説、あらかーさんゲスト?スカパーは田村くん解説です。スウェーデンなのに、ベルントソンだめだった。去年東京でやったんと同じノリノリプロだったけど、そのときの方がよかったかも。そして、東京の方がよかったひとたち続出。最終グループ、1番、ベルネルは微妙に中国でも日本でもない服装のグリーンディスティニー。めちゃくちゃジャンプがだめだった。ひとつもうまくいかなかったのでは・・・?ひところの高橋状態。1回こけると全部ダメ、みたいな。ユーロチャンプなのに〜これでみんなわる〜い空気になっちゃったよ。2番、ウィアー、去年の美しくないプロ(でもアニシナなの)に比べればとってもすばらしい。でも、GPシリーズで優勝したときや、全米の方が素晴らしかった。あまりに慎重になりすぎ?わるくないけど、よくもないって感じで、点も伸びませんな。3番、高橋。普通にやれば、ダントツで優勝だったと思うよ。でも、調子を持って来れなかったらしい。やはりピークはフォーコンチネンタルだったのでは?2回目の4回転でこけた。そのあともなんとな〜くいつもよりキレがない。1回余分にコンボやっちまった。(田村くんが冷静に指摘)もうこの時点で2位・・・あかんわ〜。4番、ランビエール。ジャンプがぜんぜんダメ。苦手なのはアクセルだけ?と思ったけどほかのジャンプも決まらない。去年、目を見張った素敵なフラメンコも、ちょっと・・・残念でした。そして!

ジュベール!わたしはあなたが出場するだけで幸せだったのに。ここまでみんながだめだと、ちょっと期待してしまうじゃない?いままでソファでだらりんと寝て見ていたのですが、モニターの前に正座して、応援の犬も連れてきて、一緒に見たよ!

要するに前の人たちは今季最悪の演技だった。解説のやまとくんも言っていた。彼の敵は彼だけ(高橋に)って。ジュベールは、スケートカナダはそこそこだったけど、そのあとウイルス性の病気で、地元のエリック杯までも欠場して、国内選手権だけはへろへろでも優勝して、やっとやっとヨーロピアンにでた。ショートは2位だったけど、フリーはぜんぜんジャンプができなくて、切ない内容だった。体力きびしい感じだった。だから、今季最高になって当たり前、でも、すごくやせちゃって、顔色も悪くて、とても優勝ねらえるとは思えなかった。

それなのに、ヒロミは、胸の締め付けられる思いを久々にしました。最初のクワッドはパーフェクト!やまとくんは、この状況なら4回転は1発で十分・・・と言ったのに。あうあう。申告では4回転3回を予告していた模様。でもサルコウは3回転にしてきた。トリプルアクセルもだいじょうぶ。ステップもすごく上手。キレがあって、動きがきれい。(サイボーグというひともいるけどね。ヒロミはすきなの!)
もう、ひたすら、願うわ。失敗しないで。スピンも回れ回れ、はやくはやく!と願うけれど、音楽にあっていて、とても上手よ。スローパートは、ヒロミは去年バージョンの方がすきやった。しかも、また改良(?)されていて、なんか、演技中断しちゃった?スケート靴のひもとれちゃった?リンクにゴミ落ちてた?とか心配したのだけど、そうゆう演技だったみたい・・・調子いいときは、このあと4−3をいれるんだけど、3フリップ−3トーループのコンボにしてきた。フリップにはいつもeマークがついちゃう。そうそう、あと2つコンビネーションもいれて!3アクセルもいれて!スピンは1ポジション3回以上回って!とすごくどきどきする。でもジャンプは淡々と全てクリーンにこなして、スカパー!の樋口先生とやまとくんはめちゃほめ!ストレートラインステップの前に、ガッツポーズしていた。これが、またひんしゅくかってるんだ。いいじゃん、こんなによくできたんだから。最後のダブルアクセルとシングルループ?になってしまって、これも手抜きとかいわれている。もー、もともとここはダブルアクセルとぶところだったの!まあ、も1回トリプルアクセルしてほしかったけど、そんな体力なかったと見た方がいいのだわ。終わったときのガッツポーズにヒロミは狂喜乱舞阿鼻叫喚でした。深夜なのにアパートの人ごめんなさい。会場スタオベ。50万円で行きたかったね、スタオベしに。ありがとう、ジュベール。あとひとり昨日までトップのバトルがいたことを忘れていた(または4回転できないからなめくさっていた)あなたは、アホだけど、愛してるよ!

去年のバトルも最終滑走で、高橋が滑った後ですごくやりにくかったと思うのね。今年もヨーロッパでジュベールの後って、同じ状況だけど、学習したのね。パーフェクトだったよ。今年は、あなたがチャンピオンにふさわしい。でもその直後のジュベールはものすごくむっとした顔だった・・・正直ね。当然チャンピオンがいいに決まってる。4回転もなしに勝つなよ!っていう気持ちもわかるよ。そういうんだったら4回転3ついれてから怒れよ!という2ちゃんねるも見た。リンクに水吐くな、とか、さまざまなバッシングがあるけど、なんで?ちゃんとやったひとが叩かれるの!原田選手は失敗して叩かれた。そういうことでいけば、叩かれるべきは高橋の調整不足とベルネルの精神力、じゃないのだろうか。もちろんファンのひとは、面白くないからほかの人にやつあたりする。それはヒロミも同じことするけれど。だから、ヒロミはジュベールを守るの!

大会のレベルは去年の東京の方が高かった。今年は自滅しなかった人が勝った。もう、来年は文句言わせないように、クワッド3発で勝ってくれ!ヒロミはエリック杯に応援に行くよ!NHK杯も希望しているんだってね。日本に来て!そこで高橋ヲタってやつをぎゃふんといわせてくれ〜

2008年3月1日

最近けちくさく、アリーナ最前列に座ることもなかったですが、今回はなんだかいちばんいい席に座りたかったです。裏側だけど、長辺だからよしとするか。日赤横の駐車場は空いていて、やっぱり人気のなさを物語っていました。4時開場で4時頃行きましたが、混雑もなく。しかしクレイマーのヒロミはとりあえず文句つけるんだよね。滑走順を配ってくれない。(メディアには配っていた)アリーナへの入場口がわかりづらいし遠い。きのう会った中庭くんファンのひとが、バナーだしたいというのにも加勢しましたが、しょぼい係員にだめだと言われたぞ。

まあ、最初はメモリアルっぽかったです。サマランチの、シティ・オブ・ナガノ、から始まって、聖火をつけるところまで。これなら伊藤みどりちゃんにやってもらいたかったね、なんてゆうこさんと話す。ちなみに、久々にゆうこさんと一緒に来ました。でもいちばんいい人選ですね。だって、10年前もいっしょに見た。男子フリー。思い出を語ることができる。

スターズオンアイスを踏襲しているオープニング。2年前に、静岡で見た、ムーランルージュ。アイスダンスのグリシュク/プラトフと、グルシナ/ゴンチャロフは、優雅な貴婦人と紳士といった風情であくまでも美しい。(ホントは、アニシナ/ペイゼラと、ドロビアツコ/ヴァナガスがやっていたのよ、うううつくしすぎる〜)それから、カップルがいっぱい出てきて、その中で女王様はやっぱりあらかーさん。で、本田くんとヤマトくんが彼女を争うというなかなか我々には興味深い展開で、高価な宝石をプレゼントしたヤマトくんに彼女はなびく・・・

そんな感じで始まって、前座の中庭くんと、鈴木さん。それから、ヤマトくん、噂には聞いていましたが、オリンピックと同じ、シェルブールの雨傘を、同じ衣装で滑る・・・ヒロミは、10年前に、オリンピックカレンダーの裏側にマジックで書いたちいさいバナーを持ってきたよ。「ファイト一発!田村岳斗!」(by A部さん)またまたゆうこさんとふたり、懐かしがって見ました。ああ、手の動きはこんなんだった、とか、ここで回る、とか。サビの部分、たらら〜ら〜ららららら〜ら〜という音楽が始まるとほんとに10年前に戻ったみたい。ブルーのシャツに、ネクタイがついている、衣装が着れてよかったよ。2回もころんじゃったけれどね。ゆうこさんんの楽しみはもうこれで終わったとかですが・・・2回はでる、あと1回はXジャパンの網タイツ希望!だけど・・・

本田くん、ちょっと太ってしまったが、プロになってからの芸のないプログラムからは脱却したステキなプログラムです。彼の魅力は、秘めたる情熱とステップの美しさ。なんていうと、高橋みたいだけどね、本田くんには品があるのよ。手の差し出し方とか、王子様だったなあー。よくできたときの(あんまりないが)後半の盛り上がりがとっても好きだった。で、ミッション・インポッシブルのフラメンコの音楽にのせて、踊る本田くんは久々にほれました。

心配してしまったのは、金メダリスト、ペアのカザコワ/ドミトリエフ。パーティーでみたときすごおくドミトリエフが太っていて、だいじょぶか?と思ったのですが、なんとかだいじょぶだった。力技はだいじょうぶ、スローな音楽でなんとか持ちこたえた・・・ゆうこさんいわく、ジャンプとスピンがなかった・・・そうね。そして、アイスダンスのパーシャとプラトフは、もう、全く問題なしでした。おしゃれなバラード(エキシビでよくマドンナやってたんだ)がよく似合う。パーシャ、髪を長くして、とてもすてき。現役のときの得意技だった、リフト、ステップ、そしてショートトラックみたいな振りがみれて、ヒロミは幸せでした。

後半、カザコワ/ドミトリエフは、やっぱりなつかしい!ろろさま公演のときによくやっていた「マトリックス」カザコワが操り人形なのに、自由を求めて飛び出しちゃって、最後は壊れちゃう、みたいな。で、ろろさま公演最後にそのブランコがバキッっていう音がして壊れたのよ。だけど、またなおしたのか、大丈夫でした。

ヤマトくんの2回目は、ロッキーで、ゆうこさんいわくほとんど滑らない・・まあ、いいじゃない、かっこいいから。ジャンプで転ばなかったし。本田くんは、なんか日本のドラマの主題歌で、ゆっくりした曲。ヒロミはあんまり好きじゃないが、動きがよくて、日々、進歩しているんだなーとは思いました。章枝ちゃんは、長野オリンピックにでれなくて悔しかったひとだけれど、きょうもかわいくセル・ブロック・タンゴだった。章枝ちゃんは、いつも最後のあいさつまで凝っていて、退場の仕方もとってもキュート。

最後は、また、ムーラン・ルージュに戻る。ヤマトくんと本田くんがけんかして、結局あらかーさんは本田くんをとるという。(宝石は返す!)で、そのあと、ラブラブなふたりのジャンプとかスピンとかがあるわけですが、これはもう、ヤマトくんにはできないから本田くんでよかったとかいうゆうこさん。

ああ、終わってしまうのね。ヒロミは、久々にプレゼントを用意してきた。プレゼントは、預かり所に、というのを無視して持ってきた。(ななちゃんと由希奈ちゃんのは渡してきた。エンディングに5つ渡すのはムリ!と思ったから)1周目にはわたせなかった。でも、2周目にはプラトフさん、それからパーシャに渡すことができた。パーシャは、なんかすごく喜んで、サンキュー、と言ってハグしてくれました。(きのうの、抽選会で、13番と叫んでいた着物の女だと理解しているだろうか?)やっぱり最後まで残るのは義理堅い章枝ちゃんで、ひとりひとりちゃんと声を聞いてもらってくれる。でも、あまりに遅いので、キャストが迎えに来ちゃって、しかもおしまい!と宣言してました。あああ、終わり。

ちなみに、ろろさまは、ビデオ出演。(銅メダルのひとだけ出るっていうのもどうかと思いますが)今は、フランスで自分の「ハロー&グッバイ」とかいう引退公演をしているからこれないそうです。自分の演じてきたプログラムを全部振り返る・・・って5年前もやっていなかった?いいけど、見たい!どうせ日本じゃ写真も撮れないから、フランスにいくかなあ・・・ダルタニアン、ゴッドファーザー、ナポレオン、オースティン・パワーズ・・・いろいろ見たい!そこにジュベールでてくれれば最高なのにね。(ろろさま以外は有名スケーターは誰もいないらしい)

2008年2月29日

まさに、10年前の幸せな日々を思い出しました。昔できて、今できないことはたくさん、ある。なんとなく、古き良き時代のフィギュアスケートな生活。長野オリンピック期間中の超ハードスケジュールな毎日。仕事していたのかな?毎日、重いカメラとレンズをしょって歩いていた。

10日、アイスホッケーに行った。

11日、ジャンプノーマルヒルに行った。けど、ヒロミは泣きながら帰った。

次の日はとりあえず仕事に行ったような気がするけれど、みんな腫れ物にさわるようだったような・・・しかし、夜フィギュアの男子ショートに行った。終わるのがほんとに夜中で、新幹線の人が帰れないとかいう話もあったよ。

で、13日は、11日がジャンプ台がものすごく混雑して、シャトルバスが役に立たなかったとかで、会場から徒歩40分。

そして14日はアイスダンスの公式練習みて、それから男子フリー。いま写真を見ると、ヒロミはとんでもない格好で見に行っている・・・ろろさま。夜中に帰って、15日は朝5時集合ね、とか。

15日は胸がいたくて死にそうだった。白馬の神様にヒロミはいつも祈っていたよ。そう、こういう胸の痛みはないので、それは今、幸せなのかなあ?(不幸です!)長野に戻ってきて、表彰式を見ようと、セントラルスクエアに何時間も並んだ。

17悪天候で吹雪で大変だったのよ。でも駐車場は第3駐車場にとめられることが発覚して、歩くのは楽になった。でもK点まで走っていたね。あああ白馬に響いたばんざいが忘れられない。

そんな日々を過ごしていました。でも、その間に、写真の現像に行って、リンクに投げる花束注文して、お手紙書いて、そして新聞チェックしてビデオ2台でできる限りの予約をする。おお、なんて充実した世界。

前置き長すぎ?

フィギュアがマイナースポーツだったころからヒロミはずっと好きだったので。ニワカファンは許せんという近親憎悪ですか。マオちゃんとかミキちゃんとかの人気がありすぎて、ファンクラブが異常に人数が増えてしまったようです。弊害。チケットがとれない。とれても辺鄙な席。ファンクラブの集いをやるとものすごい人数が応募する。出席できても選手から遙か彼方。そして。インターネットの普及もあると思いますが、会場で写真が撮れなくなりました。ヒロミの最大の不幸です。さらに、ものすごい数のファンがプレゼントを投げるので、(審査員の機械をぶちこわすとか)それも禁止になりました。主催者はものすごい高飛車な態度です。まあ、あとは、チケットが値上がりしたとか、グランプリシリーズがテロ朝に乗っ取られたとかいろんな不都合はありますが。

ああ、さらに愚痴ってしまった。しょせんヒロミはセルフィッシュなファン。

長野メモリアルオンアイスは、人気がなかったです。世界選手権組がでないからです。そう、ひさびさに、マオちゃんとかミキちゃんとか大輔とかがいない平和なフィギュアの大会。ヨーロピアンとかアメリカが強くて、日本は、がんばれば、もう少しで表彰台、というレベル。これが程良いですな。まさに、10年前。

アイスクリスタルのパーティがあるなんて、すごく久しぶりのような気がします。世界選手権ではランチョンパーティあったっけ?2007仙台のNHK杯ではなかったような。06は長野だっけ?そのときも記憶にないな。その前は?大阪?リーガロイヤルに行ったような気がするけれど・・・何も覚えていない。タクシーから見たライトアップされたレトロな公会堂がすごくステキだったことは鮮明に覚えているのだけど。

とりあえず、長野では高級なホテル国際21なので、着物着てみました。そんなひと誰もいなかったよ。選手はカジュアルだし。50名募集して34名!すばらしく競争率がひくい。だから選手にすこしは近づけると思ったのに、それはだめでした。ひとり一言しゃべって抽選会したらそれで終わり。しかもTシャツとサインのボードのみ。ヒロミが章枝ちゃんのスケート靴をもらったことなんて昔のことね。少しは写真も撮りました。一眼レフを使うのは1年ぶり(去年のノルディック世界選手権以来か?)ですか。望遠も持っていきましたがそんなに広い会場ではありませんでした。ほかの人たちに、ヒロミの写真を見せたら、写真が撮れたのか?と驚かれました・・・ってことはみんな最近のファン・・

ヒロミのお目当ては、グリシュク/プラトフです。長野のあとすぐ解散しちゃって、パーシャに会うのはほんとに10年ぶり。ふたりのダンスが見れるなんてとっても幸せ。マリリン・モンローのように短めだった髪を伸ばして、ゴージャスな金髪で、すらりとして、細いロングブーツを履いている。ブーツは黒いけれど、靴の底は赤いのがとてもおしゃれ。

すこしだけ、プラトフさんとお話ししました。と言っても、写真を見せただけですが。これはオリジナルのロックンロール、こっちは、東京のゴールドメダリストだね・・・とかすぐわかる(あたりまえよ!)わたしは、あなたのフリーダンスの「メモリアル」がすごく好きだった、とかいっしょうけんめい言ってみましたが通じたかなあ。

パーシャは、最後までパーティに参加していて、ロビーで待っていたら、葡萄の皿を持って、ふらふらやってきました。そこでつかまえて、写真撮って、サインしてもらった。ああ、美しい。ほんとにアクトレスになってしまったのか。ううーん、ビューティフル。こういうことしたのは久しぶりだなあ〜。

パーシャ!!なんて美しい!彼女は、長野オリンピック・アイスダンス金メダリストです。ちなみにリレハンメルでも金メダルです。(原田さんとちょっと違う・・)長野の後、ぱっとやめちゃって、ハリウッドで女優・・・とかいう話をききました。だから、10年後に滑れるのか心配でしたが、とても大人のダンスをプラトフと見せてくれました。あああ、素敵です。10年前、エキシビションで、マドンナのしっとりとした曲で滑っていたのを思い出しましたよ。エンディングの時、プレゼント(100金で買ったの)を渡したら、サンキュー!!と言ってハグしてくれました。きゃあ。でも、温泉入浴剤なんだけど、間違えて飲んじゃったりしていないか、ちょっと心配よ。

次の日、写真を現像にだして、その後、プレゼント買いに行って、お手紙書いて、そういうことするのが、やっぱり好きなんだなあ、と実感しました。(ただ、昔はゴージャスな花束投げていたのに、今は100円ショップだよ〜)

2008年2月25日

てなわけで、今日は大学院へ願書をだす締め切り日でしたが、写真撮ってなくて、美容院に行ってからにしよ、と思っていて、ものすごくぎりぎり出したのでした。でも、ぜんぜんうまく撮れなくて、しかも中央からすこしはずれていて、これのせいで落ちたりしないよねえ。研究テーマを手書きで書くのもすごい大変だったんだから。2000文字くらい書いたよ。ぺんだこできた。(軟弱)しかも前日ひさびさによっぱらい研究所やったら、もー記憶なくなっちゃって、自分のカラオケボックスの部屋にかえれなくなってもぅたわ。あほやわ〜。しかも、原因不明のあざが足についておる〜。

でだ。ヒロミのスポーツ名場面は。

1位 原田選手 1998計測不能の大ジャンプ
2位 原田選手 1998ジャンプ団体金メダル
3位 原田選手 1997ノルディック世界選手権ラージヒルで優勝

1位 キャンデロロ 1998長野フリーのダルタニアン
2位 ジュベール 2007東京の007
2位 本田選手 2002ソルトレイクのドンキホーテ
3位 伊藤選手 1988カルガリーのフリー
4位 村主選手 2005全日本のフリー

1位 雨の鈴鹿 マンセル対アレジ(優勝はヒルかな?)
2位 鈴鹿 フェラーリ最後のマンセルがリタイアするまで
3位 モナコ マンセル対セナ
4位 シルバーストーン 本田1−2−3−4

あってる?

ちなみに原田選手の名言集・・・
1位 何度でも復活します
2位 絶・絶・絶好調です
3位 辛かったよ〜またみんなに迷惑かけるんじゃないかと
4位 白馬の空に日の丸7本