犬や猫のペット用サプリメント、動物用健康補助食品によく使用されている成分・原材料に関する豆知識

犬や猫の病気予防、健康維持に広く用いられている、ペット用サプリメントや動物用健康補助食品に含まれている、様々な有効成分、原材料の性質、効能、効果、有効性、必要性などに関する参考情報サイト


犬の皮膚病について - 病気の種類

犬の皮膚病、痒みの克服について

猫の皮膚病の種類と症状について

コンドロイチン


コンドロイチンは、皮膚、筋肉、関節、脳など、体中のあらゆる組織中に存在している、ムコ多糖類の一種と言われています。

 

ムコ多糖類


ムコ多糖類は、細胞の周囲で水分(体液)を蓄える働きのある物質で、細胞や組織へ栄養分を運んだり、老廃物を送り出したり、みずみずしい状態を保つ事で、生体の運動機能をしなやかに保っている軟骨を保護する働きがあると言われています。

 

ムコは、粘液性を意味する言葉「mucoid(ムコイド)」の略称で、多糖類は、デンプンなどで知らていれる単糖が複数(多重)結合した糖質の事で、ムコ多糖類は、ゲル状の粘液性の分泌物とされています。

 

ムコ多糖類を多く含む食品は、牛、豚、鶏の軟骨、ウナギ、カレイ、魚のヒレ、山芋、サトイモ、納豆などがあります。

いつまでも長く一緒に暮らしたいからこそ、きちんと知っておきたい、犬と猫のサプリメントの成分・原材料について
※掲載情報は、効果、効能を保障するものではありません。