犬や猫のペット用サプリメント、動物用健康補助食品によく使用されている成分・原材料に関する豆知識

犬や猫の病気予防、健康維持に広く用いられている、ペット用サプリメントや動物用健康補助食品に含まれている、様々な有効成分、原材料の性質、効能、効果、有効性、必要性などに関する参考情報サイト


犬の皮膚病について - 病気の種類

犬の皮膚病、痒みの克服について

猫の皮膚病の種類と症状について

ヒアルロン酸


ヒアルロン酸は、皮膚、関節、眼のガラス体(硝子体)、脳など、体中の広い範囲に存在している、ムコ多糖類の一種と言われています。

 

グルコサミンのように軟骨を再生する働きはありませんが、保湿物質としての働きに優れており、関節内でクッション作用を持つ軟骨の構成成分として、重要な役割がある事が知られています。


また、皮膚の大部分を占めている真皮に多く存在しており、皮下の水分を保持して、皮膚のハリや弾力を与える役割なども担っていると言われています。

 

ヒアルロン酸は、水分保持能力が非常に優れており、ヒアルロン酸1gに対して、水6Lを保水する事ができ、その保水力は約6,000倍にもなると言われています。

 

関節炎や角結膜上皮障害の治療薬や、白内障・角膜移植手術時の前房保持剤として利用されています。

いつまでも長く一緒に暮らしたいからこそ、きちんと知っておきたい、犬と猫のサプリメントの成分・原材料について
※掲載情報は、効果、効能を保障するものではありません。