Warmingtouch(ウォーミングタッチ)

〜ごあいさつ〜

今日、あなたはどんな一日を過ごされましたか?

 

どんな風景を目にしましたか?

お昼ごはんはどんな味でしたか?

道端に咲いている花はどんな香りがしましたか?

頬にかかる風は、雨のしずくは冷たかったですか?

 

感じること・・・。そこから私達の身体は動き始めます。

何か大切なことに心を奪われ、痛めている時。

忙しく日々を過ごしてあっという間の毎日。

そんな時、普段無意識に受け入れていた刺激にちょっと目を向けるだけでも

あなたの呼吸が、細胞が、動きだすかもしれません。

 

 

はじめまして、鈴木と申します。ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

オイルトリートメントってちょっと贅沢なもの。。。そう思ってらっしゃいませんか?私も昔そう思っていました。

自分のために数時間、時間を作って受けるトリートメント。そういう点ではとっても贅沢なものです。でも、ずっと苦しんでいた痛みが氷がとけるように少しずつなくなっていくと気持ちまで軽くなります。身体や心が楽になるということは本当に嬉しくて、ワクワクすることです。オイルトリートメントにはそれを実現する可能性が無限に秘められています。サロンオープンの際、私はそんな喜びを感じていただける様なサロンにしたいと思いました。

 

ちょっとだけ日々の生活を離れて、自分自身を取り戻す。

つらい痛みやコリが軽くなって、素敵な笑顔で家族や同僚と向き合える。

 

”特別なご褒美”だけでない、健やかな毎日のお手伝いになるサロンとして精進したいと思います。

どうぞお気軽にご利用くださいね。

 

セラピスト   鈴木 美穂

 

48歳。江東区冬木出身。(幼稚園は双葉、小学校は数矢でした。)良くも悪くもマイペースなB型のふたご座です。

ちょっと長くなりますが、、、サロンと私についてすこし触れさせて頂きたいと思いますm(__)m

 

学生時代は心理学を専攻していました。コミュニケーションについてとか集団の心理/行動学などに興味がありました。(実験でうそ発見器にかけられたり^^おサルさんの飼育当番などもしていました)

心と身体のつながりについて考え始めるきっかけにもなった時期でした。

卒業後、システム開発の会社へ就職。疲労回復、ストレス解消にマッサージやリフレのお世話に。そこで言葉ではない、手の平からのコミュニケーションが身体や心に与える影響を自身で感じ、31歳で退職→転職しました。

 

最初に仕事としたのはリフレクソロジーでした。大手の学校で勉強し、2002年より直営のサロンで働きました。技術はもちろん接客についても初めての中、社員さんや先輩スタッフに支えられての厳しくも楽しい職場でした。リフレクソロジーの魅力にはまり、アルバイトという立場でしたがこの仕事は独立するまでずっと続けました。その間に更に別のリフレクソロジースクールへも通いました。

 

リフレサロンで働くようになって2年ほど経った頃、縁あって都内のスパ内サロンで働くお誘いを頂きました。当時スクールをされていた先生にほぼマンツーマンの特訓(?)を受けロミロミやフェイシャル、ストーンセラピーなどのボディートリートメントなどを行いました。スパを退職後、スポーツジム内のボディケアルームに勤務。そこではスパ時代以上に身体のことを聞かれたり、痛みやトラブルへの対処を目的とされる方も多く、個人で整体の指導をされている先生に学び、オイルトリートメントにも取り入れるようになっていきました。

 

漠然と自分でサロンをやりたいと思うようになった頃、個人サロンでフリーで働かせていただくことに。看板のないマンションの一室を使ったサロン、ゆっくりと濃密に過ごせる環境でのトリートメントはまた違った楽しさや難しさがあり、自分がやりたい事も見えてきたように思います。また、サロンオーナーさんがカイロプラクターだったため、更にクリニカルな勉強やメニューへの取組みが出来ました。

 

当時は常に2〜3つサロンやスクールを掛け持ちしている状態でした。身体を壊す、、、とまではいかないものの、こういう仕事をしていながら自分自身がいつも痛みや疲れと戦っていました。もうちょっと要領よく働けたのかもしれませんがそんな経験も心と身体についての更なる探求につながった気がします。

 

訪問サロン活動と平行してサロンオープンの準備を行い、2007年4月東陽町にWarmingtouch(ウォーミングタッチ)をオープンしました。サロン名については、自分は「手当て(てあて)」という言葉が好きでそんな人の手のぬくもりが感じられるような名前を選びました。今よりも駅からも遠く小さなサロンでしたが本当にありがたいことに少しずつお客様にも恵まれていきました。

 

その間もハワイのロミロミの先生のワークショップや復習会に参加したり、足の更なる深い勉強をしたり、東洋医学療術系のNPO団体に所属、セミナーに参加したりと充実した毎日、、、でしたがプライベートでは再び独身に。サロンが手狭になったこともありましたが、それも1つの後押しになり2008年6月にサロンを門前仲町へ移転、現在も同じ場所でトリートメントさせて頂いております。

東陽町時代のお客様にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、今でもお付き合いさせて頂いている方も多く、いつも温かく見守っていてくださり本当に有難く思っております。

 

現在もご近所さまやお仕事帰りの方、いろいろな皆様にご利用頂いております。年齢も20代から60〜70代の方まで本当に様々でとりまく環境も違いますが、日々時を細かく刻むように過ごし、様々な役割や立場の中で走り抜ける女性ばかりです。私自身も成長していかなければ、と刺激を頂いています。

近年ではハワイ式の断食プログラムや、タッチングの探求のため花巻への泊り込み合宿、新たなフェイシャルトレーニングへの参加など、更なる身体の理解とトリートメントの質向上へ取り組んでおりますが、何より自身の経験から30代とは少し違った目で心と身体を見れているかな〜、と勝手にいい方へ解釈しています。年齢では決してくくれませんが、確実に身体は変化し受け止める私達の心も変化していくものですね。

 

最後に。。。サロンのモットーは

 

 『確かな技術とおもてなし』 

 

です。これは開店当初より掲げたもので、今も変わりなく自分の旗印としています。

ホテルのスパのような洗練された豪華さや利便性はありませんしワンルームの小さなサロンですが、日頃の鎧を脱ぎ捨てて、安心してお身体を預けてもらえるようなサロンとセラピストでありたいと思っています。

 

鈴木 美穂

 

主な経歴(☆:修了★:職歴)

☆2002年3月日本リフレクソロジスト養成学院卒業(西洋式リフレクソロジー取得)

★2002年4月養成学院直営サロンにて勤務(〜2008年)

☆2003年12月フットセラピースクール卒業(東洋式リフレクソロジー取得)

☆2004年6月「Mahalo」ロミロミスクール修了

★2004年8月スパ内エステサロン勤務。ロミロミ/フェイシャル/ホットストーンを担当(〜2005年)

★2005年8月スポーツクラブ内ボディケアサロン勤務。ロミロミ担当(〜2006年)

★2006年4月カイロプラクティック内にてロミロミ/リフレクソロジー担当(〜2007年)

☆2006年10月神泉整体院内整体スクール修了

☆2006年12月マカアラ・イエィツ氏のロミ1クラス修了

★2007年4月東陽町にて「ウォーミングタッチ」をオープン

☆2007年4月より手技療術指導協会入会。東洋医学的なアプローチを学ぶ(〜現在)

★2008年6月「ウォーミングタッチ」を門前仲町に移転(〜現在)

☆2009年2月カサハラ式フットケアポディスト取得

☆2010年1月プライベートサロン&スクール「櫻香壮」フェイシャルトリートメント修了

★2010年8月自身のサロンと併行し「櫻香荘」にてトリートメントスタッフとして勤務。ボディートリートメント/フェイシャル/タイスタイルを担当(〜2012年)

☆2010年12月「心で触れるボディーワークスクール」ボディートリートメント修了

☆2014年11月よりオイルトリートメント従事者向けの身体均整法勉強会に参加(〜現在)

☆2017年10月アロマ・リンパセラピスト協会/福場美知留会長による解剖学・栄養学セミナー修了