なぜ髪が抜けるのか?

私達のヘアは、1つの毛孔から3本、この次は、5本生えているのですが、毎日感情に脱毛と発毛が繰り返し行われていて、約3年〜6年間お櫛は伸び続けると言われています。

そして、抜け毛の本数が約一日に50〜60本であれば、正常な脱毛です。

では、なぜお櫛は抜けるのでしょうか?御櫛は常に成育を続けているのではなく、一様期間育ちを続けると、次回は退行期や休止期をむかえます。

退行期・ストップ期の間に毛根の角化が進捗していき、毛根が完全に角化する事で、毛が抜け落ちていくのです。

これが発毛一回りという物です。

若い頃には生育期のヘアーが85%を占めており、停止期の御櫛が15%の確率を占めているのですが、30〜35才のピークの時節を過ぎると、年を重ねると一緒、化生期の御櫛の確率が減っていきます。

次回、成長する期日も3〜6年ではなく、堅調と短くなっていくので、髪筋の質も太い物から柔らかい物へと大流行し、毛量が薄くなった印象を受けるのです。

以前はモット伸びたのに、なかなか伸びなくなったなんて事もあるようです。

これは年をとっていくのにつれて現れる正常な影響です。

デモンストレーション、他の動機によって抜け毛が見られることもあります。

例えば、業務などで緊張が溜まり、血流が悪くなってしまうと、ホルモンや皮脂が過剰に分泌されるようになります。

そうなると、髪の毛の発育サイクルもバランスを崩してしまい、異例な脱毛を起こす事があるのです。

再度、ホルモン・皮脂の分泌だけでなく、ビタミン不足なども非常脱毛の理由になることがあります。