頭髪の役割とは?

頭髪は抜けたり生えたりが感情に行われていますが、実質どのような役割を果たしているのでしょうか。

まず一つ目は、外部からのインパクトから頭皮や脳を守る使命をしています。

直射太陽が当たるのを防いだり、有害な紫外線から頭皮を守ることで、皮膚ガンの発症を防いだりすることもあるでしょう。

温気や冷たさから頭顱を守るだけでなく、何か物がぶつかった時に頭髪がある事でクッションになり、大きな手疵になることを防ぎます。

種族の行為や言語、命活動などを司る本分をしている脳は印象を受けると、身体全体の生バランスそのものが崩れてしまいかねません。

その協力を保つ理由にも、頭髪が脳を保護することしているのです。

二番目は、感覚受容器や触覚器などとしての機能です。

放射状に付着している知覚神経のおかげで、弱いインパクトにも影響することが出来るので、物騒を避けることすることが出来ます。

三つ目は、内部にとって有害なサブスタンスを体外に放出する原因の重要なオルガンとしての役割です。

有機水銀、カドミウム、無水ヒ素、アルミニウムなど、種族の体にとって有害な物体は、日頃地味に生活しているだけで、いろいろな所から体内に入ってしまっています。

ある程度までは大丈夫ですが、ある一様の量を超えてしまうと、健康上にとりどりな課題が生じてきてしまうでしょう。

そうならないためにも、日常から汗と一緒体外に流出したり、頭髪からその有害な物を体外に流出しているのです。

頭髪の少ない方の事例は、有害なサブスタンスを排泄する場所が少なくなるわけですから、体への迷惑が頭髪の多い人よりもかかりやすくなってしまうでしょう。