Home > インドカレーのルーツと種類

カレー粉を発明したのはイギリス人!?




カレーと言えばインドカレーと答える方も多いでしょう。

しかし、実際にインドには日本人が食べているようなカレーは存在しません。

一般的に日本でカレーと呼ばれるものはインドでは香辛料やハーブを使用した煮込み料理になります。

タミル語で食事意味する「カリ」が語源となっている説が有力です。

イギリスでガラムマサラなど香辛料を取り入れた料理をカレーと呼んだ事が始まりと言われています。

カレー粉を発明したのもイギリス人で、やがて日本にも伝えられ、今のような料理となりました。

このようなルーツを持つ現在のインドカレーですが、様々な種類が有ります。

北インドと南インドでは、特徴も異なります。

北インドでは、トロッとしていてクリーミーものタイプが多くあります。

生クリームやナッツが含まれている物が多く、ナンやパンととても良く合います。

ガラムマサラをたっぷり使用した物が多いのも特徴です。

タンドリーチキンやチャイなども北インドの定番です。

南インドはココナッツなどを使用し、バナナの葉の上に乗せて食べます。

水っぽく、ご飯との愛称が良いタイプです。

豆、野菜、マトン、チキンなど色々な組み合わせとスパイスやハーブの種類や配合を変えるだけでいくつもの種類のインドカレーを味わう事ができます。



<!-- Mirrored from foodpia.geocities.jp/kare_ryouri/kare06.html by HTTrack Website Copier/3.x [XR&CO'2014], Sat, 15 Dec 2018 12:48:45 GMT --> </html> <!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><link href="../../bc-geocities.yahoo.co.jp/js/sq.css" rel="stylesheet" type="text/css"><script language="javascript">var jps=382116062;var jpt=1544877884</script><script language="javascript" src="../../bc-geocities.yahoo.co.jp/js/sq.js"></script><script language="javascript" src="../../bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script>