マラセチアとは、真菌(カビ)の一種の事で、犬の皮膚にもともと寄生している常在菌です。

マラセチアは皮脂の多い場所を好み、その皮脂を栄養源にして増殖していく特徴があります。
マラセチアが皮脂を分解すると、その分解産物である脂肪酸が作られるため、それらが皮膚を刺激する事で痒みや炎症を引き起こす原因となります。



微細な細菌、ウイルスを徹底分解!

犬のマラセチア感染症に
犬のマラセチア感染症に

犬のマラセチア皮膚炎の原因

 

健康で免疫力の高い犬は、皮膚のバリア機能も正常なため、皮膚にマラセチアが常在していても、皮膚トラブルが生じる事はありません。

 

しかし、アトピー性皮膚炎などで慢性的な痒みがあると、皮膚を何度も引っ掻いたり、掻きむしるため、皮膚のバリア機能が低下して、マラセチアなどの細菌の影響を受けやすくなります。

 

また、栄養の偏り、ストレス、加齢などから皮膚のバリア機能が低下すると、マラセチアが繁殖しやすくなります。

 

皮脂を栄養源としているマラセチアが急に増えてしまうと、皮膚に受ける刺激が多くなるため、新陳代謝がさらに活発化して、皮脂がさらに多く分泌されるようになります。

 

そのようにして皮脂の分泌が多くなると、マラセチアが異常繁殖を起こしやすくなるため、マラセチア感染症(脂漏性皮膚炎)を起こす原因となります。

 

もともと寒冷地が原産の犬種は、厳しい寒さや乾燥から身を守るため、皮脂が他の犬種に比べて多く分泌する傾向にあります。

 

そのため、高温多湿な時期になるとマラセチア感染症(脂漏性皮膚炎)を起こしやすくなります。

 

マラセチア感染症(脂漏性皮膚炎)を起こした犬は、皮膚のバリア機能が低下している事が多いため、他の球菌や細菌感染なども併発しやすくなります。

 

犬のマラセチア感染症(脂漏性皮膚炎)に安心安全な光触媒ミスト

マラセチアは真菌(カビ)の仲間ですが、形に由来して酵母菌(マラセチア酵母菌)と呼ばれる場合もあります。
人間の皮膚にも常在しており、頭や顔などの皮脂の多い部位に多く存在しています。