マラセチアとは、真菌(カビ)の一種の事で、犬の皮膚にもともと寄生している常在菌です。

マラセチアは皮脂の多い場所を好み、その皮脂を栄養源にして増殖していく特徴があります。
マラセチアが皮脂を分解すると、その分解産物である脂肪酸が作られるため、それらが皮膚を刺激する事で痒みや炎症を引き起こす原因となります。



微細な細菌、ウイルスを徹底分解!

犬のマラセチア感染症に
犬のマラセチア感染症に

犬のマラセチア皮膚炎の症状

 

マラセチアは皮脂を好む性質があるため、皮脂のたまりやすい脇の下、内股、指の間、耳の中、下あご、お腹、肛門周辺などで増殖しやすい傾向にあります。

 

マラセチアが犬の皮膚で増殖すると、患部の皮膚が赤く腫れ、周辺がベタベタと脂っぽくなっていきます。

 

また、独特な臭いを発するとともに、犬は体を痒がる様子を何度も見せるようになります。

 

慢性的に症状が続くと、病変部の皮膚は次第に厚くなっていき、皮膚が黒ずんだり色素沈着が見られるようになります。

 

また、耳の中でマラセチアが増殖すると外耳炎を引き起こし、耳の中が赤く腫れ、黒っぽい耳垢が多くたまるようになり、耳の中からも独特な臭いを発するようになります。

 

犬は外耳炎を引き起こすと、耳の中の痒みから何度も頭を振ったり、耳の周りを激しく掻きむしるなどの様子を見せるようになります。

 

犬のマラセチア感染症(脂漏性皮膚炎)に安心安全な光触媒ミスト

マラセチアは真菌(カビ)の仲間ですが、形に由来して酵母菌(マラセチア酵母菌)と呼ばれる場合もあります。
人間の皮膚にも常在しており、頭や顔などの皮脂の多い部位に多く存在しています。