マラセチアとは、真菌(カビ)の一種の事で、犬の皮膚にもともと寄生している常在菌です。

マラセチアは皮脂の多い場所を好み、その皮脂を栄養源にして増殖していく特徴があります。
マラセチアが皮脂を分解すると、その分解産物である脂肪酸が作られるため、それらが皮膚を刺激する事で痒みや炎症を引き起こす原因となります。



微細な細菌、ウイルスを徹底分解!

犬のマラセチア感染症に
犬のマラセチア感染症に

犬のマラセチア皮膚炎の治療

 

犬の皮膚で異常繁殖したマラセチアは、放っておくと皮脂を栄養源にしてどんどん増殖していきます。

 

そのため、皮膚炎の症状はその後もどんどん悪化していきます。

 

治療には、シャンプーや耳掃除などで皮膚や耳の中を清潔に保つ必要があります。

 

耳の垂れている犬や、耳の中に毛が生えている犬は、耳の中がジメジメと蒸れやすいため、こまめな耳の洗浄や耳の中の毛を抜くなどの処置が必要です。

 

ただし、頻繁な耳掃除によって耳の中を傷つけないよう、十分注意しておこなう必要があります。

 

アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の犬には、投薬によって炎症を抑えたり、低アレルギーのフードを与えて体質改善をおこなうなど、皮膚の基礎疾患に対する治療も必要になります。

 

また、マラセチアが増殖しにくいよう、衛生的に環境改善をおこなう事も大切です。

 

犬のマラセチア感染症(脂漏性皮膚炎)に安心安全な光触媒ミスト

マラセチアは真菌(カビ)の仲間ですが、形に由来して酵母菌(マラセチア酵母菌)と呼ばれる場合もあります。
人間の皮膚にも常在しており、頭や顔などの皮脂の多い部位に多く存在しています。