トップページ>平成29年度関西広域連合製菓衛生師試験問題
平成29年度関西広域連合製菓衛生師試験問題

衛生法規
 
問1 製菓衛生師免許に係る事項について、正しいものを一つ選べ。 
 1 製菓衛生師免許は、本籍地の都道府県知事が与える。 
 2 免許の取消処分を受けた後5年を経過しない者には免許を与えない。 
 3 住所地の変更が生じたときは、名簿の登録事項の訂正を申請しなければならない。 
 4 麻薬、あへん、大麻又は覚せい剤の中毒者には、免許を与えないことがある。 
  
問2 衛生関係の法律とその目的の組合せについて、誤っているものを一つ選べ。 
 1 食品衛生法 ― 飲食に起因する衛生上の危害の発生防止 
 2 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療
         ― 感染症の発生予防とまん延の防止 
 3 健康増進法 ― 食料自給率の向上 
 4 食品表示法 ― 食品表示の適正確保による一般消費者の利益の増進 
  
問3 食品衛生法における営業の定義について、含まれないものを一つ選べ。 
 1 農水産物の生産 
 2 食品の調理 
 3 食品の輸入 
 4 食品の運搬 

公衆衛生学 
 
問4 1986年にWHOが示した「人々が自らの健康をコントロールし、改善することがで
  きるようにするプロセス」と定義される、健康観について、正しいものを一つ選べ。 
  1 プライマリ−・ヘルス・ケア 
 2 ワイマール憲章 
 3 アルマ・アタ宣言 
 4 ヘルスプロモーション 
  
問5 地域保健法により規定されている保健所の業務について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 栄養の改善と食品衛生に関する事項 
 2 母性及び乳幼児、老人の保健に関する事項 
 3 衛生上の試験及び検査に関する事項 
 4 家畜の感染症予防に関する事項 
  
問6 環境衛生に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 「シックハウス症候群」の原因となる代表的な化学物質として、有機スズがある。 
 2 水道法により水道水の水質基準が定められており、大腸菌は検出されないこととされている。 
 3 食品リサイクル法に基づき、食品に関しても、食品廃棄物の発生抑制などが推進されている。 
 4 ねずみや衛生害虫(ハエ、ゴキブリなど)は感染症を媒介するので、予防上、これらの駆
  除は重要である。 

問7 生活習慣病に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 生活習慣病とは、長年の生活習慣に起因して発症する疾患である。 
 2 悪性新生物(がん)、心疾患、糖尿病の三大生活習慣病で、我が国の死亡率の半数以上を占
  めている。 
 3 悪性新生物(がん)の発生の原因として関わりが深いのは、喫煙と食事である。 
 4 心疾患の原因として、食生活の洋風化や運動不足が考えられる。 

問8 感染症に関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 感染症は、感染源、感染経路及び感受性の3つの条件がそろったときに発生する。 
 2 感染症にかかっていても、症状がない人からは、感染が広がる可能性はない。 
 3 腸管出血性大腸菌は、感染症の原因菌ではない。 
 4 感染症の病原体は多種多様なので、予防接種は特に必要ない。 
  
問9 病原体と感染症の組合せについて、誤っているものを一つ選べ。 
 1 ウイルス  ―  エイズ 
 2 細菌    ―  コレラ 
 3 原虫    ―  つつが虫病 
 4 細菌    ―  腸チフス 
 
問10 感染症の感染経路対策に含まれないものを一つ選べ。 
 1 手洗い、うがい 
 2 害虫の駆除 
 3 輸入検疫 
 4 清掃、消毒 
  
問11 下水や産業排水の汚染度を示す項目として、誤っているものを一つ選べ。 
 1 COD(化学的酸素要求量) 
 2 PM2.5 
 3 BOD(生物化学的酸素要求量) 
 4 pH 
  
問12 労働基準法に規定されている労働時間として、正しいものを一つ選べ。 
 1 原則として、休憩時間を含め、1日につき8時間を超えてはならない。 
 2 原則として、休憩時間を含め、1日につき7時間を超えてはならない。 
 3 原則として、休憩時間を除き、1週間につき30時間を超えてはならない。
 4 原則として、休憩時間を除き、1週間につき40時間を超えてはならない。 

栄養学 

問13 炭水化物(糖質)に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 炭水化物(糖質)は、エネルギー源として利用され、1gで4kcalを産生する。 
 2 ショ糖、麦芽糖、乳糖は単糖類に分類される。 
 3 でん粉、グリコーゲンは多糖類に分類される。 
 4 炭水化物(糖質)を体内で代謝するには、ビタミンB1が必要である。 
  
問14 無機質(ミネラル)とその欠乏症の組合せについて、誤っているものを一つ選べ。 
 1 鉄    ― 貧血 
 2 カリウム ― 筋無力症 
 3 ヨウ素  ― 虫歯(う歯) 
 4 亜鉛   ― 味覚障害 

問15 「血糖値を下げる働き」があるホルモンとして、正しいものを一つ選べ。 
 1 インスリン  
 2 グルカゴン 
 3 アドレナリン 
 4 サイロキシン 
 
問16 消化酵素とその酵素により消化される物質との組合せについて、正しいものを一つ選べ。 
 1 唾液アミラーゼ ― たんぱく質 
 2 膵リパーゼ   ― 脂質(中性脂肪) 
 3 ペプシン    ― でん粉 
 4 ラクターゼ   ― 麦芽糖 
  
問17  次の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に関する文章の(  )に入る語句の組合せにつ
  いて、正しいものを一つ選べ。 
 1 歳以上の全ての年齢において、「エネルギー産生栄養素バランス」の目標量は、たんぱく質
  が( A )%、炭水化物が( B )%、脂質が( C )%である。 
    A    B    C 
 1 13〜20  50〜65  20〜30 
 2 20〜30  50〜65  13〜20 
 3 50〜65  20〜30  13〜20 
 4 13〜20  20〜30  50〜65 
  
問18 食品とそれを食べることにより摂取できる主な栄養素との組合せについて、誤って
 いるものを一つ選べ。 
 1 魚・肉・卵・大豆  ― たんぱく質 
 2 牛乳・乳製品・小魚 ― カルシウム
 3 緑黄色野菜     ― ビタミンD 
 4 果物        ― ビタミンC 
  
食品学 

問19 糯米を原料にした米製品(米粉)として、誤っているものを一つ選べ。 
 1 上新粉 
 2 白玉粉 
 3 道明寺粉 
 4 寒梅粉 
  
問20 大豆にほとんど含まれない成分として、正しいものを一つ選べ。 
 1 たんぱく質 
 2 脂質 
 3 でん粉 
 4 カルシウム 
  
問21 ナチュラルチーズを製造するときに使用する酵素として、正しいものを一つ選べ。 
 1 レンネット
 2 アミラーゼ
 3 スクラーゼ 
 4 リパーゼ 
 
問22 ロングライフミルク(LL牛乳)の殺菌方法として、正しいものを一つ選べ。 
 1 63〜65℃、30分間 
 2 75℃、15秒間 
 3 120〜135℃、2〜3秒間 
 4 140〜150℃、3秒間 
  
問23 小麦粉に加水して練ると形成される粘着性のあるたんぱく質について、正しいもの
 を一つ選べ。 
 1 グリアジン 
 2 リシン 
 3 グルテニン 
 4 グルテン 
  
問24 牛乳に最も多く含まれるたんぱく質として、正しいものを一つ選べ。 
 1 コラーゲン 
 2 ラクトグロブリン  
 3 ラクトアルブミン 
 4 カゼイン 
  
食品衛生学 

問25 食中毒に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 食中毒とは、食中毒菌や有害・有毒物質が含まれている飲食物を摂取することによ
  って起こる健康障害をいう。 
 2 食中毒又はその疑いのある患者を診断した医師は、ただちに保健所長に届け出る義
  務がある。 
 3 自然毒食中毒は、感染型と毒素型に分類される。 
 4 食中毒調査の目的は、原因を明らかにし、事故の拡大、再発を防止することである。 
  
問26 ノロウイルスに関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 人から人へうつる感染症の原因ともなる。 
 2 低温でも牡蠣(かき)などの食品中で増殖する。 
 3 消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効である。 
 4 食中毒の主な症状は、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱などである。 
  
問27 サルモネラに関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 サルモネラ・エンテリティディスによる食中毒の原因食品は、豚肉やその加工品が多い。 
 2 食中毒の主な症状は、腹痛、嘔吐、下痢、発熱などである。 
 3 ネズミ、ゴキブリなどの駆除が食中毒の予防になる。 
 4 菌は熱に弱いため、食品等を十分加熱すれば安全である。 
 
問28 カンピロバクターに関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 比較的少量の菌でも発症する。 
 2 食中毒の原因食品は、鶏刺しなどの生肉料理が多い。 
 3 他の食中毒菌と比較して、潜伏期間が短い。 
 4 細菌性食中毒のうち発生件数が最も多い。 
  
問29 動植物と有毒成分の組合せについて、誤っているものを一つ選べ。 
 1 ムラサキイガイ ― テトラミン 
 2 じゃがいも   ― ソラニン 
 3 フグ      ― テトロドトキシン 
 4 テングダケ   ― ムスカリン 
  
問30 消毒に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 煮沸消毒は、沸騰した湯の中で煮る方法で、ふきんなどの消毒に適している。 
 2 逆性石けんは、消毒薬であるが強い洗浄力を持っている。 
 3 紫外線消毒は、光線が照射された表面だけが殺菌される。 
 4 次亜塩素酸ナトリウムは、飲料水や野菜などの消毒にも使用される。 
 
問31 食品添加物の用途、物質名と対象食品の組合せについて、誤っているものを一つ選べ。 
 1 漂白剤   ― 亜塩素酸ナトリウム  ― さくらんぼ 
 2 防カビ剤  ― ジフェニル      ― レモン 
 3 甘味料   ― サッカリンナトリウム ― つくだ煮 
 4 酸化防止剤 ― ソルビン酸      ― 清涼飲料水 
  
問32 HACCP(危害分析重要管理点)に関する記述について、誤っているものを一つ
 選べ。 
 1 危害分析は、工程ごとに生じる可能性のある危害要因を分析する。 
 2 衛生上の危害には、物理的危害、化学的危害及び社会的危害がある。 
 3 重要管理点では、科学的根拠に基づく管理基準を定める。 
 4 HACCPの12手順の最初は、「HACCPチームの編成」である。 
  
問33 食品中の異物に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 異物の混入により人の健康を損なうおそれのある食品の販売は禁止されている。 
 2 鉱物性異物とは、土砂、木片、糸くずなどをいう。 
 3 動物性異物とは、ネズミのふん、昆虫の破片などをいう。 
 4 毛髪混入対策として、作業前の整髪や作業中の帽子着用を行う。 
 
問34 食品取扱者の衛生管理に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 検便を定期的に実施し、病原菌の保菌者でないことを確認する。 
 2 作業前に手の爪は短く切り、指輪や腕時計を外してから手洗いを行う。 
 3 下痢などの症状がある場合は、直接食品を取り扱う仕事を避ける。 
 4 手の傷口は、救急絆創膏で応急手当をすれば、直接食品を取り扱ってもよい。 
  
問35 原材料として使用した場合に、表示が義務付けられているアレルゲンを含む食品の
 組合せについて、誤っているものを一つ選べ。 
 1 卵  ― 乳 
 2 小麦 ― 大豆 
 3 そば ― 落花生 
 4 えび ― かに 
  
問36 食品の保存法に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 砂糖漬け法は、水分活性が低くなることにより、微生物の増殖が抑えられる。 
 2 放射線照射法は、じゃがいもの発芽防止に使用が認められている。 
 3 くん煙法は、ホルムアルデヒドなどの煙の成分を防腐に利用する。 
 4 低温貯蔵法は、-15℃に冷凍して細菌を死滅させる。 
  
製菓理論 
 
問37 糖類に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 砂糖は精製工程の少ないものほど味が濃厚複雑になる。 
 2 黒砂糖は含蜜糖の代表製品で、大島糖などがある。 
 3 和三盆糖はお盆の上で3回揉むことからこの名前が付いた。 
 4 ショ糖を酸、または酵素で分解すると等量のぶどう糖とデキストリンが生ずる。 
  
問38 ぶどう糖に関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 多糖類である。 
 2 還元基をもっており、たんぱく質やアミノ酸と加熱するとメイラード反応を起こす。 
 3 甘味は砂糖と同等程度である。 
 4 常温以下での溶解性は砂糖と同様である。 
 
問39 色素に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 食用タール系色素は、油溶性であり2〜10%の溶液として使用する。 
 2 アルミニウムレーキ色素は、水にはほとんど溶けないので岡混ぜて使用する。 
 3 色素は金属イオンが共存すると変退色を引き起こしやすい。 
 4 天然色素と食用タール系色素は、食品添加物として指定されている。 
 
問40 でん粉の原料とその含有成分の比率に関する組合せについて、正しいものを一つ選べ。 
 1 糯米    ― アミロース 17% ― アミロペクチン  83% 
 2 粳 米    ― アミロース  0% ― アミロペクチン 100% 
 3 小麦    ― アミロース 24% ― アミロペクチン  76% 
 4 じゃがいも ― アミロース 78% ― アミロペクチン  22% 
 
問41 非糖質甘味料に関する組合せについて、正しいものを一つ選べ。 
 1 甘草         ― 人工甘味料  
 2 サッカリンナトリウム ― 天然甘味料  
 3 ステビア       ― 人工甘味料  
 4 ソーマチン      ― 天然甘味料 
 
問42 鶏卵に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 乾燥卵は加熱乾燥されているため、凍結卵よりもたんぱく質の変性が著しい。 
 2 殻つき卵は産卵直後から品質の低下が始まる。 
 3 卵白は62〜65℃で完全に凝固する。 
 4 卵黄は脂質が多く、卵黄固形物の約63%を占めている。 
 
問43 バターに関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 バターは、牛乳にラクターゼという酵素を加え、熟成させて作る。 
 2 発酵バターは、クリームを乳酸発酵させて作ったものである。 
 3 一般的に脂肪分が約25%、水分約65%である。 
 4 製菓原料としては通常食塩添加バターを使用する。 
  
問44 油脂に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 ココアバターは、可塑性範囲の狭い油脂である。 
 2 ミキシング前後の容積重を測定し、含まれる気泡量を油脂に対する割合(%)で表し
  たものをクリーミング価という。 
 3 油脂の変敗を促進させるものとして、熱、光、金属などがある。 
 4 水と油脂が均一分散することを油脂のショートニング性という。 
 
問45 牛乳に関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 乳糖は牛乳特有の甘味が少ない糖質で、ぶどう糖と果糖からなる。 
 2 牛乳には、ビタミン類は含まれない。 
 3 牛乳の主要成分は脂肪、たんぱく質、乳糖、灰分である。 
 4 練乳は牛乳をそのまま乾燥したもので、酸敗など劣化しやすい性質を持っている。

問46 チョコレートのブルームに関する記述で(  )に入る組合せとして、正しいものを一つ選べ。 
 ( A )が分離し、固結化した( B )ブルームと( C )がチョコレートの表面に浮て固結
 した( D )ブルームがある。 
   A      B    C    D 
 1 脂肪    シュガー  砂糖  ファット 
 2 カカオマス ファット  砂糖  シュガー 
 3 脂肪    ファット  砂糖  シュガー 
 4 脂肪    ファット  粉乳  シュガー 
 
問47 核果類に分類される果実として、誤っているものを一つ選べ。 
 1 もも 
 2 うめ 
 3 びわ 
 4 あんず 
 
問48 「濃厚糖液中に果実そのままか、または果実の切片を入れて煮詰めたもの」として、
 正しいものを一つ選べ。 
 1 いちごジャム 
 2 アップルプレザーブ 
 3 ブルーベリーフルーツソース 
 4 オレンジマーマレード 
 
問49 凝固材料のうち、原材料の主成分がたんぱく質であるものとして、正しいものを
 一つ選べ。 
 1 ペクチン 
 2 カラギーナン 
 3 ゼラチン 
 4 寒天 
  
問50 乳化剤に関する記述で(     )に入る語句の組合せとして、正しいものを一つ選べ。 
 親油性の強い乳化剤は( A )型の乳化状態を呈し、親水性が強い乳化剤は( B )型乳
 化状態をつくりやすい。 
 グリセリン脂肪酸エステルは熱水と乳化しやすくアルコールや植物油によく溶け( C )
 型の乳化状態をつくるのに適している。 
    A     B    C 
 1 油中水滴   水中油滴   油中水滴 
 2 油中水滴   水中油滴   水中油滴 
 3 水中油滴   油中水滴   油中水滴 
 4 水中油滴   油中水滴   水中油滴 
  
問51 香料、香辛料に関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 辛味性香辛料にはハッカ、シナモンなどがある。 
 2 粉末香料は揮発性があり、高熱処理をするものには不適当である。 
 3 水溶性香料はそのままではにおいを感じないが、水に溶かすと強くにおいを感じる。 
 4油性香料は水にほとんど溶けず、高熱処理する菓子に適する。 

問52 膨張剤に関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 イスパタは炭酸水素ナトリウムと炭酸水素アンモニウムを混ぜたものである。 
 2 炭酸水素アンモニウムは炭酸ガスとアルコールを発生し、分解後は弱アルカリ性を呈する。 
 3 ベーキングパウダーには速効性、中間性、遅効性の3種類がある。 
 4 炭酸水素ナトリウムを多量に使用すると、製品は固くなる傾向がある。 
  
問53 ペクチンに関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 主成分はアガロース、アガロペクチンである。 
 2 高メトキシルペクチン(HMP)は、通常はカルシウムやマグネシウムイオンがペクチンと
  結合してゲル化する。 
 3 低メトキシルペクチン(LMP)は、一定濃度の糖と酸があるとゲル化する。 
 4 果実が完熟するとペクチナーゼによりペクチンが分解され、ペクチン酸となる。 
  
問54 酒類に関する組合せについて、正しいものを一つ選べ。 
 1 醸造酒 ― 果実 ― ブランデー  
 2 蒸留酒 ― 麦  ― ビール  
 3 醸造酒 ― 米  ― 清酒  
 4 蒸留酒 ― 蜂蜜 ― ミード  

製菓実技(和菓子)

問55 練羊羹の製法に関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 寒天と水を一緒に鍋にいれて火をかけ、寒天が完全に溶けたらグラニュー糖を加える。 
 2 餡が完全に溶解したら水飴を加える。 
 3 羊羹が焦げないようにヘラ数を多く使い練り上げる。 
 4 羊羹は、ヘラですくうと山になる程度に練り上げる。 
  
問56 餡とその製造方法に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 小豆並餡は、小豆生餡1kgに対して砂糖600〜700gを入れる。 
 2 黄味餡は、白生餡1kgに対して砂糖600〜700g、卵黄3〜40個を入れる。 
 3 小豆最中餡は、小豆生餡1kgに対して砂糖1,200〜1,300g、水飴50〜400g、糸寒天
  2〜3gを入れる。 
 4 練切餡は、白生餡又は小豆生餡1kgに対して砂糖300〜350g、牛皮400g、水飴200g
  を入れる。 
  
問57 和菓子の分類とその製品の組合せについて、誤まっているものを一つ選べ。 
 1 生菓子  ― ういろう 
 2 半生菓子 ― 最中 
 3 干菓子  ― 州浜 
 4 干菓子  ― 懐中汁粉 

問58 生餡1,000gに対して砂糖600gを加えて練り上げた餡1,500gの配糖率として、正しいものを一つ選べ。 
 1 27% 
 2 40%  
 3 60% 
 4 67% 
  
問59 長崎カステラのオーブン温度について、最も適切なものを一つ選べ。 
 1 80〜100℃ 
 2 130〜150℃  
 3 180〜200℃ 
 4 230〜250℃ 
  
問60 どら焼きの皮の製法に関する材料投入手順の組合せについて、正しいものを一つ選べ。 
 1 上白糖 → 卵   → 薄力粉  → 重曹 → 水    → はちみつ 
 2 卵   → 上白糖 → はちみつ → 重曹 → 薄力粉  → 水 
 3 薄力粉 → 卵   → 上白糖  → 水  → はちみつ → 重曹  
 4 上白糖 → 薄力粉 → 水    → 卵  → はちみつ → 重曹 

製菓実技(洋菓子)

問55 国や地域と代表される(発祥した)菓子の組合せについて、誤っているものを一つ選べ。 
 1 ウィーン ― ザッハトルテ 
 2 パリ   ― サントノーレ 
 3 ドイツ  ― バウムクーヘン 
 4 スペイン ― マドレーヌ 
  
問56 テンパリングに関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 水冷法とは、溶かしたチョコレートをボールに入れ、水にあてて冷却する方法である。 
 2 タブリール法とは、溶かしたチョコレートの一部をマーブル台に取り出し、冷却す
  る方法である。 
 3 テンパリング後も、チョコレートを適温に保つことが大切である。 
 4 チョコレートの溶解温度は、ダーク、ホワイト、ミルクに限らず、55℃である。 
  
問57 菓子とそれに使われる生地の組合せについて、誤っているものを一つ選べ。 
 1 ガレット・デ・ロワ ― クレーム・ダマンド 
 2 パリ・ブレスト    ― シュー生地 
 3 ポワソン・ダブリル ― サブレ生地 
 4 オペラ        ― ビスキュイ・ジョコンド 

問58 生地の焼成に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 スポンジ生地は、160〜180℃のオーブンで焼成する。 
 2 ロール生地は、下火が強すぎると、底にも焼き色がつき、巻くときにひび割れしやすくな
  る。 
 3 バター生地は、亀裂を作るため、最初から上火を強くして焼成する。 
 4 シュー生地は、最初下火を強くし、上火の温度を下げる。 
  
問59 凝固剤に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 ペクチンの融解温度は80〜90℃である。 
 2 ゼラチンの溶解温度は20〜30℃である。 
 3 カラギーナンの凝固温度は40〜60℃である。 
 4 寒天で凝固したものは著しく融けにくいが、冷凍には不適である。 
  
問60 洋菓子の製法に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 パイ生地の製法で、練り込み式をフィユタージュ・ラピドという。 
 2 カスタード・プリンは、卵の熱凝固を利用して製造する。 
 3 タルトの製法は大きく分けてパートを空焼きする方法と、パートにクリーム類を入れた状
  態で共焼きする方法がある。 
 4 シュー生地を作るときの代表的な製法は、シュガーバッター法である。 

製菓実技(製パン)

問55 小麦粉に関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 小麦粒の皮部の混入が少なく、いわゆる胚乳純度の高いものほど、白度も高く、加工性に
  優れ、上級の小麦粉である。 
 2 小麦粉の主成分はでん粉であるが、小麦粉の性質を左右するのはでん粉の量と質である。 
 3 小麦粉のたんぱく質はアルブミン、グロブリン、プロテオーズが主成分で 80%を占めてい
  る。 
 4 小麦粉は用途別に分類され、食パン用には薄力粉が、スポンジケーキには強力粉が使われ
  る。 
  
問56 製パン原料貯蔵庫に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 温度20℃、湿度65%を保てる場所が最適である。 
 2 空気の密閉性が良いことが大切である。 
 3 直射日光を受けない場所であることが大切である。 
 4 昆虫類の混入を防ぐ配慮が必要である。 
 
問57 フランスパン「バタール」の生地分割重量について、正しいものを一つ選べ。 
 1 650g 
 2 550g 
 3 350g 
 4 250g 
 
問58 製パンにおける中種法の特徴について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 機械耐性に優れ、機械化に適している。 
 2 計画生産ができ、量産化に向いている。 
 3 製品の保存性が良く、老化が遅い。 
 4 設備スペースの規模が小さく、工程所要時間が短い。 
  
問59 パン酵母に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。 
 1 生酵母とドライイーストでは、パンの風味が異なる。 
 2 ドライイーストは十数%の死滅酵母からのアミノ酸、糖質等が生地発酵に影響を与える。 
 3 ドライイーストは焼成時のメイラード反応を促進させて香ばしい風味のパンになる。 
 4 生酵母の溶解水の最適温度は68℃前後である。 
  
問60 デニッシュペストリーに関する記述について、正しいものを一つ選べ。 
 1 油脂包みのポイントは、油脂の硬さと温度であり、油脂とリターダーで休ませた生
  地の硬さは基本的には同じ位であることが望ましい。 
 2 油脂包みの後、生地を折りたたむが、折りたたみの回数は四つ折り×4回が一般的であ
  る。 
 3 生地の捏上温度は29℃、ロールイン油脂の量は、対生地10〜15%が一般的である。 
 4 ホイロ条件は、温度38℃、湿度85%で60分が必要である。