人は必ずいつか死に至ります。それは明日かもしれません。
それぞれ人の人生は筋書きがあって、楽しい人生であったか、悔いの残る人生であったかは本人の生き方次第で変わるものと私は信じています。
 理想と現実は違いますが、理想に近づける努力を続けることで公私ともに現実になるのではないでしょうか?

 私は学生時代より将来自分の店を持つことを人生最後の理想図とし、二十七年半サラリーマン人生を歩みここに至りました。
若い頃に喫茶店等でアルバイトから雇われ店長、喫茶学校卒業の経歴はありますが、もう何十年前の話なのであまり役にはたちません。

 お酒も もともと呑めない人だったんですが、(今私を知っている人は うそつけ!と言われますが・・・)当時は飲めなくても皆と一緒に騒いで楽しい時間が過ごせるとストレス解消にもなるし、色々な方との交流もでき二日酔いのマイナスはありましたが、それ以上のプラスはあったと思います。
今でも、ビールコップ1杯で顔が真っ赤になるのは変わらない。(笑)
ある時、焼酎なるものを飲んでと言うより飲まされて、翌日に二日酔いにもならず、スッキリ目覚め爽快な気分で仕事に行くことができ、もしかして飲めない自分も焼酎なら飲めるのでは?  
 当時焼酎と言えば、麦(いいちこ)ばかり飲んでいました。今ではちょっとした居酒屋さんであれば数種類焼酎も置かれていますが、当時はあまり種類も置かれて無く、麦焼酎はこういう味のもの芋は臭くて無理みたいな感覚でした。
 ところが、ある時知らずに麦と思って頼んだ焼酎が美味しく、もう一杯頼もうとメニューをよく見ると芋と書いてあり目を疑いました。
あれだけ、芋は臭くて絶対飲めないと思っていたのに、芋臭くない芋焼酎もあるんや・・・ それから芋にはまっていき、 
黒糖、米、泡盛等色々試していくうちにそれぞれ銘柄で色々な味があることがわかり体にも良いし、美味しいし 今では焼酎は飲むものではなく、味わうものと思っています。
そういう経験から、細かいうんちくは抜きにして焼酎の味の幅広さ美味しさを皆様にお伝えしたいと思うようになりました。色々飲んでみると、香りの良いフルーティーなワイン、吟醸香の日本酒、高級ウイスキー、ブランデー等に匹敵する焼酎もあり、焼酎の概念が必ず変わります。

 音楽は中学の時にちょうど井上陽水、吉田拓郎が全盛期で、クラスにギターの上手い友達がいました。ただ彼はちょっと太めで、運動は苦手でどうみても女性から好かれるタイプではなく、クラスでも暗い感じでいつも一人でいるので、可愛そうだと思い話かけるようになったのですが、ある時フォークが好きでギター持っているという話から (当時ギター自体を持っている人はお金持ちか、その当時の某テレビ番組で白いギターを貰った人か ぐらいでしたので驚きでした。)一度見せて欲しいと言うと翌日学校に持って来て昼休みに弾き始めたところ、女子生徒が集まり出し、一躍有名人に・・・・・
 それから彼はモテモテの中学生活を送るようになり、私は 「そうか〜 モテるにはこれや!」みたいなスケベ心で始めたのがきっかけです。
 そんな不順な動機で始めたギターですが、やっているうちにモテることはどうでもよくなり、それ以上に面白くなり現在に至っています。
 年季は長いですが、最近の若い方のようなテクニックはありませんし、上手くはありません。(悲)
 ただ、現在でも社会人バンドは続けており、お客様に楽しんで頂くことをコンセプトとして活動中です。
 なので、同じ一社会人バンドとしてこういう場所があればもっと気楽にライブも発表できるのでは?のコンセプトで営業することに決めました。
 ジャズ、ロック、コーラス、民謡、三味線 等ジャンルは問いませんが、しっかりしたライブハウスのような対応はできませんので、ご了承下さい。
 音楽だけに拘ってもいませんので、こんな趣味で使わせてもらえないか等、できるだけご協力致しますので、お気軽にお尋ね下さい。

 最後に、ここまで長々とお読み下さった方ありがとうございました。
まだまだ到らない点は多いと思いますが、ご賛同していただける方は是非一度ご来店を心よりお待ち申し上げます。
 
 店主
 
我楽遊人
 人生はただ一度 我の道を信じ、苦しい時も明日を見て楽しく過ごし、遊びの心を持って人生を終わらば悔いなし。
 
TOP