らーめん日記1月


食べたラーメンの感想+味玉トロトロ度
ラブラブ 愛しさを感じるラーメン 大トロ トロトロ〜
かいしんの一撃 非常においしかった! 中トロ ちょっとトロトロ
レベルアップ 以前よりおいしくなった 赤身 半熟
ベホマ いっぱい食べちゃった 中おち 半熟じゃなかった
イオナズン 衝撃的       
キメラの翼 また食べたい       
ルーラ 何度でも食べたい         
メダパニ ちょっと難しい味        
バシルーラ 自分好みじゃなかったみたい         
ふっかつのじゅもんがちがいます 営業してなかったとき    

ラーメンはフィーリングだと思ってます。
その日の自分・その時のご主人・その時のラーメン...そういう要素がいろいろ重なり合って
自分なりの感じた気持ちに評価をつけてしまっています(ナマイキでごめんなさい)
私がおいしいと思っても他の方には当てはまらないかもしれないし、その逆もあると思います。
もちろん、1回食べただけでは決められないし他のメニューの方がおいしいかもしれない。
新しい出会いやフィーリングを感じたくラーメンを求めていきたいです。

2007年1月計:31杯(うち自作3杯)

いつ 1/28(日)
どこで 神:横浜市「魁」
神:横浜市「翔ぶが如く」
神:横浜市「吉田製麺店」
神:横浜市「凛」
何を 魁:らーめん
翔ぶが如く:らーめん
吉田製麺店:つけそば小盛
凛:支那そば
自己評価 魁:らーめん:かいしんの一撃
翔ぶが如く:らーめん:かいしんの一撃
       デフォの味玉:中トロ
吉田製麺店:つけそば小盛:おいしかったけど特になし
凛:支那そば:おいしかったけど特になし
タイトル 横浜めぐり
コメント 今日は横浜で食べ歩きの計画を立てました。
その前にずっと行きたかった、首都圏の讃岐うどんでNO.1と言われる綾へ。
10時半の開店シャッターしました、10番目ぐらい。ラーメン仲間Dさんに遭遇。
開店してからもご主人がうどんを打ってる真っ最中でちょっと時間がかかるかも、シャッターしてよかった。
こちらは琴平の宮武系で、ひやひやの大を注文。

今日は4軒ラーメン食べる予定だったから小にしようかと思ってたんだけど、滅多に来れないから
小にしたら後で後悔しそうな気がして大にしちゃった。
弾力溢れるコシの強い麺がたまらない!生姜もらうの忘れちゃった。

1軒目は元久保商店というラーメン屋さんの跡地にオープンしたお店。
二郎インスパイア系の久保商店は未食で終わってしまいました。12時過ぎに到着。
入り口のドアはとても重い!
つけめんがオススメぽい感じでしたが、冷たいうどんを食べたせいかラーメンの気分だったので。

ジャンルでいうと和風豚骨ですが、魚粉投入系ではないところがポイント高いです。
泡が立つほどねっとりとしたスープに極太麺を合わせてます。タピオカ入りの麺ではないですが、椿@西新井とか
好きな人なら気に入りそう。

2軒目は、石神本に載ってた翔ぶが如くというお店へ。
お店は大通りから1本入った通りで、さらに通りに面してないので迷いはしなかったけれど非常に分りづらい店構え。
13時に到着、らーめんを注文。

らーめんといっても、スープは醤油と塩との中間のような優しい色合い。
魚介系ベースのスープは奥行きがありながらも、すっきり感があっておいしかった。
細縮れ麺はスープとの絡みもよくて、水菜も合ってました。先客0だったけれど、後からどんどんお客さん入ってきました。

3軒目が、実は今日の食べ歩きのメインのお店。
金沢文庫駅前の吉田製麺店という店名で、店名にそそられてやってきました、それだけ。
14時到着、メニューを見るとつけそばオンリーでつけそば専門店のようです。
入り口には製麺室があります、もちろん自家製麺じゃなかったらひどいよね。
並盛は200gだったかな?小盛(150g)があったので小盛にしちゃった、でも値段は変わらない。

小盛は本当小盛ですね〜
麺はうどんのような極太麺で、固めでつるつるしてて食べ応え満点。
つけダレが、白濁した豚骨に魚粉直接投入系でがっかり味付けは甘め。もうこのタイプは食傷気味なのです。
悪くはなかったけれど、つけダレがもうちょっとレベル高かったらなあ。
地元茨城にこの手のタイプがきたらうれしいのに。

4軒目、酒菜凛というお店に時間をあけて17時半頃到着。
こちらも石神本掲載で、掲載メニューは味噌で悩んだけれどノーマルの支那そばにしちゃった。

名前の通り、シンプルテイストが光る支那そばでした。
魚介×鶏がらベースのスープは飽きのこない味わい。
麺は細麺で、かいわれ大根じゃなくて白菜になってました。かいわれ大根の苦味の方が
好みだなあ。
最近食べすぎだよね、少し節制しないと...
いつ 1/27(土)
どこで 茨:牛久市「大和」
茨:牛久市「太昇亭」
何を 大和:豚骨しょうゆらーめん
太昇亭:太昇亭ラーメン
自己評価 大和:豚骨しょうゆらーめん:おいしかったけど特になし
太昇亭:太昇亭ラーメン:おいしかったけど特になし
タイトル 牛久の新店
コメント 21日にオープンした牛久の新店、大和へ行ってきました。
場所は元、福家があった場所。お昼時だったのでほぼ満席で、混雑してました。
お店のウリは坦々麺なのかもしれないけれど、ノーマルの豚骨しょうゆを選びました。その他味噌やチャーハンもありました。
オープンしたばかりのせいか、厨房はかなりオペレーションが慌しく、先に頼んだ人より早く出てきたりしました。
私がその立場だとかなり頭にくるので、悪いなあと思いながらも悪いのは私ではないのでお先にいただきました。

丼は浅めでとても大きく特徴ありました。
スープは濃い目の味付けの豚骨醤油ベースで、切り胡麻がかかってました。
麺は歯ごたえある中太ストレート麺を合わせてました。メンマはコリコリしててなかなかいい感じ。
化学調味料はきついけれど、全体的になかなかまとまってました。

2軒目は久しぶりに太昇亭へ行ってみました。
13時少し前入店、中で2人待ちでした。ここはそんなに何回も来てる訳ではないけれどHPを開設する前からずっと好きなお店。
味はもちろん、良心価格で地元の人気店。半チャーハンセットが650円で茨城で半チャーハンといえばこちら。
ノーマルの太昇亭ラーメンを注文。今どき450円ですよ!

魚ダシが前面に出た豚骨鳥ガラベースのスープに特製ゴマがかかってます。
麺は私の苦手な木島製麺なんだけど、太昇亭の木島は気にならないんですよね、なぜか。
ワカメが乗ってるのも苦手でいつもぶつぶつ言うんだけど、太昇亭の場合気にならないんですよね、不思議。
後味はイマイチだったりするんだけど(笑)ずっと変わらずおいしくて安心して食べられるお店。
いつ 1/24(水)
どこで 埼:川越市「頑者」
何を つけめん大盛り
自己評価 かいしんの一撃
デフォの味玉:赤身
タイトル 予定外パート2
コメント 今日は午後から柏で用事があったため有休でした。
柏といっても野田寄りだったので、春日部まで行ってお昼を食べようと計画してたら、春日部に10時頃到着しちゃって。
行こうと思ってたお店どちらも11時半からだったので、思わずそのまま川越まで行っちゃった。
どこも混んでなくて、10時50分に頑者に到着。まだ誰も並んでない!
平日はやっぱりすいてるみたい、少し時間潰してから並ぼうかとも思ったけど座って時間を潰すことに。
5分後に後客が来て、10分後には10人ぐらいの列が出来てました。よかった並んでて。

最近辛つけが続いたのでノーマルのつけめんを大盛りで。

ここ2年ぐらい頑者へ前よりリピートしてて、頑者にもブレがあることがわかった。
麺よりつけダレの方かな。今日のももちろんおいしいんだけど、動物系がおとなしめだった。
もっともっとおいしい時を知ってるという感想。食べながら、日曜に当分つけめん食べないって思ったばかりだったのを
思い出しちゃった。今日はここ1軒だったのでスープ割りもお願いして飲み干して帰りました。
いつ 1/21(日)
どこで 東:板橋区「いっこく」
東:板橋区「中本」
何を いっこく:地鶏塩らーめん
中本:冷やし味噌ジャンボ
自己評価 いっこく:地鶏塩らーめん:かいしんの一撃
     デフォの味玉:中トロ
中本:冷やし味噌ジャンボ:ベホマ
タイトル 予定外の冷やし味噌ジャンボ
コメント 今日は友人と4人で中本へ。
友人Hちゃんが週刊現代を見てくれて、辛いもの好きだというのでじゃあ連れてってあげるということになって、他に中本好きな友人Mも誘って。
その前に1軒大山にあるいっこくへ。新座にあったわっしょい(未食)というお店が移転してリニューアルした模様。
12時ちょうど頃到着、場所は駅前商店街の一角で店内は8割ぐらいの入りでなかなか盛況でした。
はんつさんのラーメン本に掲載されてた地鶏塩らーめんを注文しました。

味付けは穏やかで鶏のコクがつまったスープ、でもすっきり感もあっておいしかった。
シャキッとした細ストレート麺もおいしいし、コリコリした鶏肉と糸唐辛子も非常にいいバランス。
つけめんはパワフルな極太麺に変わるらしい、そっちも気になってます。


中本へ12半頃到着、表で20人弱並んでました。
並んでる最中、友人Mが今月から始まってる冷やし味噌ジャンボを食べるつもりだと言い出す。
え、ウソでしょう??彼女は赤いハイネックのセーターを着てて、そのためにこの赤いセーターを着てきたって。
何そんなに気合入ってるのー??と超びっくり!!
「私が頼んだ冷やし味噌ジャンボ写真撮ってもいいよ」なんて言われて、「やだ!私も頼む!」となって頼んじゃったんだよ〜。
ラーメンのことになると、ムキになってしまうんだよー。

冷やし味噌ジャンボは麺5玉で750g1100円。制限時間はなし、1人で食べきったら3ポイントもらえるというもの。
ポイント集めて丼が欲しい私は、3ポイントが魅力。

冷やし味噌ジャンボ登場!
つけダレの入れ物が通常の丼サイズです。
今回は水を絶対飲まないように食べ始める、食べ初めて10分ぐらいした頃お店の人がやってきて
食べ始めた時間を覚えてますか?って。測ってないので大体しか覚えてないし、完食者ボードに名前書かなくてもいいと思ったので
断っちゃった。もうこの時点で食べきれないだろうという気持ちにもなってたし。

最初はやっぱり辛かったけれど、1/3ぐらい食べたところでつけダレが薄まっちゃって辛さはなくなっちゃった。
半分ぐらい食べたところで「もう、当分中本は来ない」という気分になる...。

ジャンボはさすがにたくさん肉が入ってた、でも今日はそれが余計に感じた。
残り1/3がつらくてつらくて、やっぱりいっこく寄らなければよかったと、大後悔。
ていうかこんなの挑戦しなければよかった、全部友人Mのせいにする私。
最後の方は「もう当分つけめんも食べたくない」気持ちになってしまった...。


なんとか食べきりました、所用時間40分から50分ぐらいかかってます。
トップの方は6分だって!!画像汚くてごめんなさい。ちなみに友人Mも食べきりました、結構大食いなのね知らなかったよ。
自分のことで頭いっぱいで、初中本で蒙古タンメン食べたHちゃんはほったらかしでした。気が付いたら食べ終わってた。一応気に入ったみたい。
いつ 1/20(土)
どこで 東:築地市場「虎杖南店」
東:幡ヶ谷「不如帰」
東:新宿三丁目「しろ八」
東:小川町「つじ田」
何を 虎杖南店:特製らーめん
不如帰:牡蠣そば
しろ八:醤油らーめん
つじ田:つけめん
自己評価 虎杖南店:特製らーめん:おいしかったけど特になし
       デフォの味玉:中トロ
不如帰:牡蠣そば:ラブラブ
しろ八:醤油らーめん:かいしんの一撃
つじ田:つけめん:かいしんの一撃
タイトル 都営1日乗車切符
コメント この間つくばエクスプレスに初めて乗った時、TXの往復と都営地下鉄1日乗車券がセットになったお得な割引券があることを知ったので早速使ってみました。販売場所によって価格は変わるのですが、私はこの間と同じ研究学園駅からで2380円でした。でも新宿から幡ヶ谷の区間が当てはまらなかったのでまあまあかな。

1軒目は築地市場の中に新しくオープンしたお店。
築地に行くのも初めてだし、今回初めて知ったのですが虎杖と書いていたどりというお店で築地で有名なカレーうどんと海鮮丼などを経営してるお店のラーメン専門店だそうです。

左:特製らーめん、右が外観市場の一角にお店があります。
朝10時から営業してるので、早めに行きました。到着したのは10時半頃。
メニューは特製ラーメンのみで、他にはライスとビールのみ。特製ラーメンを頼みました。
味は塩と書いてあるけれど、見た目は塩と醤油の中間のような色合い。
ベースは和風ダシ+魚ダシ+海老だけどかなり薄かった。ぽよぽよした食感の太い縮れ麺はおもしろかった。
味付けは柚子胡椒を使用してるみたいだけど(表面は赤い香辛料が浮かんでた)、ベースが薄かったので
辛味に支配されちゃってる印象でした。無化調って書いてあって確かに後味はよかったです。
うーん、ネットでいい評判ばかりだったので私の時がたまたまブレだったのかな。

せっかく築地に来たので少しブラブラしました。
2軒目は不如帰へ。今日で3回目なんだけど、前回2回とも車で来たので駅から徒歩は初めて。地図を逆さに見ちゃったようで
思いっきり逆方向に行ってしまったりして、辿り着くのにすごい時間がかかってしまった。
12時過ぎに到着、店内で2名待ちでした。今日は限定の味噌らーめん牡蠣そばがお目当てでした。
去年の初めにオープンした時続けて2回行った以来なので、1年ぶりかも。

今シーズン食べた味噌の中でけんけんの味噌香麺がマイヒットだったのですが、こちらも負けないぐらいすごい好みでした。
ものすごいコクに溢れてて、自然な甘さで、ほんのりとした辛さで全体が引き締まったスープ。
臭みやクセがないので食べやすいので牡蠣をそんなに意識しないで食べられます。牡蠣で躊躇してる人にも大丈夫じゃないかな。
麺も歯ごたえがパワーアップしてました。白髪ネギと玉ねぎがぴったりでした。

3軒目は新宿御苑のしろ八へ、新宿三丁目から歩きました。
13時過ぎに到着。
目立たない路地裏にあるこじんまりとしたお店、私が持ってるラーメン本にはこの辺りは再開発予定地区なので移転が開店当初から予定されてるって書いてありました。
醤油らーめんを注文。

優しくて穏やかな味わいのスープがとてもおいしい。
厳選された季節の野菜が具に使われてて、このスープに野菜は合わないんじゃないかと
最初思ったけれど、もやしはすごいシャキシャキしてて、しいたけはプリプリで、青菜もみずみずしくて
とてもおいしかった。麺は歯ごたえのある中太麺でおいしかったけれどこのスープにはちょっと主張が強かったような、
もうちょっと細めんで食べてみたい気もした。
わさびやゴマを入れるとまた違った味わいが楽しめるって書いてあったんだけど、わさびが見当たらなかった。

4軒目はつじ田の2号店へ。14時過ぎに到着したら表に結構並んでたので近くのTULLY’Sで休憩してから行くことにした。
季節限定のバニラプディングラテHOTでまったり。甘くてバニラのいい香りでおいしかった。


ちょうど超ナビの限定がつじ田だったけれど、今回はつけめん目当てだったので超ナビの限定が残ってたかチェックするの忘れちゃった。
あつもりはあまりそそられないんです、例え真冬でも冷たい麺の方が好きです。
という訳で通常のつけめんで。

ここにはちょうどオープン初日に来た以来です。
つけダレは変わらず動物系×魚介系の濃厚でパワフルです。
麺が噂どおりパワーアップしてました。ちゅるちゅるつけダレとの絡みもよくて喉ごしも満点。
製麺所がカネジンから、三河屋製麺に変わったという話で断然こっちの方が好みでおいしかったです。
カネジンの麺悪くもないけどよくもない印象なんですよね、ラーメンだとまだ気にならないけれどつけめんだとうーんって感じ。
いつ 1/14(日)
どこで 茨:牛久市「すずや」
何を らーめん
自己評価 特になし
タイトル 祝☆再開
コメント ずっと休業してた牛久のすずやが再開したようで早速行ってきました。
一時は貸地みたいな看板も出てたので閉店してしまったのだと思ってました。
18時半ごろ入店、今のところ22日まで夜営業のみになってます。
ラーメンを注文。

見た目モロ家系ですが、スープは超濃厚な動物系スープに節系ががっちりきいてます。油も多めで
インパクトはすごかったけど、私にはくどすぎでした。濃ければいいってものじゃないような。
さらに麺が柔らかすぎで、とろんとしたスープには余計負けてました。
具の海苔が、あまりパリッとしてなくてなくてもよかった。
休業前も、構成が家系チックでしたが、丼は和風の丼だったのにどうしてこういう丼にしたのかが疑問。
やっぱり見た目も大事だと思うんだけど。家系なら気にならないんだけど..和風豚骨系だと...
厳しい感想になってしまったけれど、再開したばっかりのブレの範疇かもしれないので是非次回に期待。
いつ 1/13(土)
どこで 神:鎌倉「海鳴」
神:由比ヶ浜「HANABI」
神:本鵠沼「渦」
神:辻堂「OHANA」
神:辻堂「めんめん亭」
何を 海鳴:和風温麺塩
HANABI:らーめん
渦:塩らーめん
OHANA:牡丹らーめん
めんめん亭:つけめん小
自己評価 海鳴:和風温麺塩:ラブラブ
HANABI:らーめん:かいしんの一撃
渦:塩らーめん:かいしんの一撃
OHANA:牡丹らーめん:かいしんの一撃
めんめん亭:つけめん小:かいしんの一撃
タイトル プチラーメン紀行
コメント 詳細はプチラーメン紀行-湘南編-でアップしました
いつ 1/8(土)
どこで 東:浅草「はっかい」
何を 和風豚骨つけめん
自己評価 かいしんの一撃
タイトル 初詣
コメント つくばエクスプレスが開通してから、もうずいぶん経ちますがようやく乗りました。
つくば研究学園都市駅から乗って(駐車場代が安いという理由で)初詣がてら浅草へ行きました。


同行者と別行動して、ラーメンはつじ田出身のはっかいで食べました、飲んでたので何時ごろか忘れてしまった。
つくばエクスプレスの浅草駅からすぐの場所にありました。
店内はラーメン専門店というより中華料理店のような雰囲気で一品料理もそろってました。
メニューを見ると、味噌とかもあったけれど、和風豚骨らーめんと和風豚骨つけめんというのがあって
「これだな」と思い、つじ田のつけめんが好きなので和風豚骨つけめんを選びました。つじ田と同様黒七味も設置してありました。

つじ田ほど豚骨はヘビーじゃなかったけれども、豚骨と魚介の調和もよく歯ごたえある太麺がおいしかった。
後半すだちを絞って食べると、また清々しさも加わって2通りの味わいが楽しめるところも同じ。
本家にはかなわないけれど、観光地浅草でラーメン食べるなら選択肢に入るかな。
本家の麺も変わったらしいから行かないとなあ。

いつ 1/7(日)
どこで 東:東久留米市「丸め」
埼:新座市「うえだ」
埼:富士見市「凪」
何を 丸め:らぁ麺
うえだ:鬼麺王
凪:ら〜めん
自己評価 丸め:らぁ麺:かいしんの一撃
うえだ:鬼麺王:かいしんの一撃
凪:ら〜めん:おいしかったけど特になし
  デフォの味玉:中トロ
タイトル ばったりパート5
コメント 1軒目は東久留米市にオープンした新店、丸めへ。
この辺り来た事あるなーと思ったら以前石神本に掲載されてた竹屋の2軒隣りに位置します、その竹屋の2軒隣りにもラーメン屋さんがあるしラーメン屋さんが並んでますね。
13時頃到着、ノーマルのらぁ麺を選ぶ。席の目の前には鏡が設置されてます。なんなんだろうこの鏡は??
隣のお客さんが髪のセットをしてたので、私もつられて前髪を整えたりしました。まさかこのためじゃないよねえ??

しっかりとした煮干の風味に、濃い目の醤油味は、たけにぼを彷彿させるテイストでした。ビジュアルもたけにぼぽい。
煮干+柚子はとっても好み☆
ただ、麺はたけにぼの歯ごたえあるのになめらかな喉越しのあの麺の方がいいなあ。
最近豊作続きでうれしいです。

2軒目は最初は、井の庄へ行く予定だったんだけど、前日テレビに出たのでパスしました。パスして大正解みたい、マイミクさんによると行列してたそうです。
富士見市の凪というお店へ向かうも、お昼の部14時20分に間に合わなかったので諦めました。
志木辺りでどこか代替を探す、久々うえだに行くことにしました。到着したらMさんに遭遇!Mさんとは本当よくばったり遭遇するんですよ、これでなんと5回目!ご一緒させてもらいました。
うえだは特濃を前に食べてて、鬼麺王がまだ未食だったので鬼麺王にしました。Mさんはのんびりしてました。

ニンニクはデフォルトです。全体の構成は二郎インスパイアなんだけれども、1つ1つのパーツは二郎とは一味違うなという印象です。
スープは、特濃のスープを少し使用してるみたいでしっかり豚骨の風味を感じます。具にはキャベツもやしの他に炒めた玉ねぎも。
二郎よりも極太麺だけど、弾力あって食べやすいし量も180gでした。チャーシューは煮豚ではなく焼き豚だけど脂身が苦手で残しちゃった。味付け濃い目でしっかりとした二郎インスパイアと思った。


時間をあけて、凪の夜の部へ。
凪というと渋谷の凪がラーメンフリーク的には有名ですが、こちらは石神本掲載の富士見市の凪です。
なんとノーマルのラーメンは550円と、今時びっくり価格。

魚介ベースのあっさりした和風スープでした、麺は中太の縮れ麺。この値段で味玉付いて、チャーシューも大きくて文句を言ってはいけない気がします。しかもご主人の接客も丁寧で心地よかったです。底の方に沈んでた背脂のかたまりみたいなのはなんだったんだろう?
いつ 1/6(土)
どこで 東:板橋区「元」
東:板橋区「中本」
何を 元:和風塩つけめん
中本:北極+ネギ
自己評価 元:和風塩つけめん:ラブラブ
中本:北極+ネギ:ラブラブ
タイトル カプサイシン補給
コメント 今日は雨だっていう予報だったので家でおとなしくしてようかと思ったんだけど、やっぱりもったいないと思い夕方から車で出かけました。家を出た頃はまだ雨が強かったけれどかえって道がすいててよかった。
1軒目はOさんのブログを見て、高島平の元というお店へ18時少し前。つけめんがウリのお店のようです。
初訪問ですが、いきなり限定の和風塩つけめん!

こちらのご主人は一本気@朝霞出身なんだそうです、一本木の象徴(?)のような海苔で巻いたほうれん草がちょこんと乗っかってました!別皿におろした生姜と柚子。つけダレはあっさり和風ダシ×鶏ベースに油と香辛料でスパイシーさが加わって柚子がバッチリ合ってました。なんといってもつるつるピロピロ多加水麺が喉越しもよく、おいしかった☆後半生姜も加えてみたらまた清々しさが加わっていい感じでした。他にもいろいろメニューが豊富なので気になります。

続いて、今年初中本♪
クリスマスイブの北極の超の時はファミリーマートの辺りまで列は伸びてなんと90人ぐらいの大行列だったそうです!
18時半頃到着。外に待ちはなくすぐ店内に入れました。
ちょうどいいタイミングだったみたいで、雨もやんで外に待ちがどんどん出来てお店を出る頃には外に行列が伸びてました。

今日はネギ(50円)をトッピングしました!辛味噌にネギが合わない訳ないので、もちろんおいしかったんだけど1回でいいかな。
だって50円は高いよ。今日のは十分煮込まれた感じでドロドロスープがおいしく、最高でした。お肉も多かった☆
麺5玉の冷やし味噌ジャンボなるものが登場してました。達成者の名前に中友の名前がちらほら、みんなすごいなあ。
いつ 1/2(火)
どこで 千:松戸市「兎に角」
何を らーめん
自己評価 ラブラブ
タイトル 7連チャン
コメント この日で7日連続ラーメン。いつも週末メインにラーメン食べ歩きをしてるので、私にしては珍しい。
13時頃兎に角へ、13人ぐらい並んでました。
前から思ってたけどみんなお正月から結構ラーメン食べるんだねー。
並んだ時はつけめんの気分だったのに、寒い中並んでたららーめんの気分に変わっちゃった。

でも、つけめんのおいしいお店のラーメンも大好きなんだ。
泡が立つほど豚骨が濃厚で、むせかえるほどの魚ダシで、油も強烈で加わってダイナミックな1杯でした。
駅の反対側に行ってサーティーワンでアイス食べました。

どうしてラーメン食べた後アイス食べたくなっちゃうのかな?
12月、1月限定のブルーベリージンジャーブレッドを食べました。おいしかった♪
いつ 1/1(月)
どこで 千:成田「福一」
何を 鶏塩ラーメン+味噌ラーメン
自己評価 鶏塩ラーメン:ラブラブ
味噌ラーメン:おいしかったけど特になし
タイトル 初ラーメン
コメント あけましておめでとうございます、今年も1年よろしくお願いします。

初ラーメンは成田の福一に決めました!
でも、成田は成田山の参拝客でかなり混雑してるような予感。車で行くのは渋滞大変そう、駐車場もみつからなさそうなので
成田線の1つ隣の駅、下総松崎という駅まで車で行って、そこから電車で行く計画を立てました。
自分でも用意周到、頭いいなー私なんて思ってたら
駅へ到着してびっくり、すごいさびれた駅でした。
無人ではなかったけれど改札はありません、というかあれが改札だったのかもしれないというのはありました。
でも、Suicaはありました↓こんなSuica初めて見たよ〜。

そして、時刻表見てびっくり!次の電車が来るまで30分待ちでした。ローカル線の本数まで頭に入れてませんでした。
でも、やっぱり成田駅前は大混雑で電車で行って正解だったと思います。
福一に11時半に到着、すぐ着席出来たけど出てくるまで30分待ち。
あいかわらず回転は遅いです、おいしいからしょうがないけれど。
通常メニューの鶏塩と限定の味噌を頼みました。
まずは鶏塩から

実は、鶏塩は初体験です。前に食べようとした時品切れだったの。
鶏系だと、鶏魚介の塩と鶏魚介の醤油どちらも食べたけれど、この鶏塩の方が
野菜の甘みや、舌触りがダイレクトに伝わるし、麺との絡みもいいなあ。
ほどよい塩気とキャベツや玉ねぎがぴったりです。鶏チャーシューはちょっと臭みがあった。

続いて、先月の限定メニューの味噌をアレンジしたというもの

すき焼き風に煮込んだ豚肉と、卵黄が乗って徳島風スタイルだとか。
スープは、油が多めで背油もびっちり浮かんで福一らしくない感じ。
甘いラーメンは苦手なんだよね、唐辛子を借りて投入しちゃいました。
歯ごたえのある固めの太麺を合わせてました。味付けはしょっぱくないし
もやし、キャベツ、玉ねぎ、キクラゲが入ってて食べやすかったです。
でも、そんなに好みではなかったかも。