ウキウキラーメン紀行-秋田編-


「saita」の次世代ご当地ラーメン特集を見て「秋田へ行ってみたい!」と思い立ち日帰りで計画しました〜。埼玉出身のSさんと一緒に行きました。
直前に新幹線の切符を買いに行ったため、上野発新庄までのつばさしかとれませんでしたっ新庄からレンタカーで動くことに決めました。
新幹線往復(指定席)+レンタカーで2万円ぐらいでした。

出発前に秋田のラーメンサイトをチェック!掲示板に思い切って書き込んだところ大曲市在住のJさんという方から「よかったら案内しますよ」というメールが届いた!!地元の方が一緒だと心強いし、すごいうれしいお誘いで「ぜひぜひお願いします」とメールでのやり取りをしてたんだけど、Jさんとの都合が合わなくなってしまって結局会えませんでしたが、アクセス時間やマップ等を頂きとっても役に立ちました。Jさんありがとうございました☆

行ったお店リスト

1軒目:湯沢市大町1−2−36「長寿軒」
2軒目:仙北群角館町金山下115−66「伊藤」
3軒目:横手市前郷2−9−30「サンQラーメン」
4軒目:平鹿群十文字町佐賀会字上沖田37−8「マルタマ」
5軒目:平鹿群十文字町
本町6−1「三角そばや」
6軒目:山形県新庄市沖の町2−24「一茶庵分店」

お店選びは
秋田のラーメンサイト「秋田ラーメンランキング」(閉鎖しました)
を参考にさせて頂きました。
一蘭@上野アトレでモーニングした後、つばさで新庄市へ。10時過ぎに到着!
レンタカーの手続きのおじちゃんがのんびりしててイライラしちゃった。
まずは1番北に位置する伊藤@角館を目指す。Jさんの情報だと下道で70キロペースで2時間で到着とのこと。渋滞も何もなく、平和に十文字駅の脇を通り過ぎた。この日はとってもいい天気で車に乗ってて暑かったよ、秋田だから関東より寒いかなーなんて心配してたんだけどね。
それからずいぶん走ったんだけど、また見たことのある風景が目に入ってきて「あれれ?」となった。
なんかナビの設定を間違えたらしく、なぜか湯沢市に戻ってた。
やっぱり純正のナビって使えないよね〜。
という訳で急に予定変更で1軒目に長寿軒@湯沢に行きました。
1軒目:長寿軒 食べたもの:ラーメン




ちょっと通りを入ったところにあって分かりづらかったです。
12時20分に到着。
メニューはラーメンとラーメン大盛の2種類のみ。

お昼時もあってか満席で合い席しました。

       



















らーめんを注文。
この辺の大きな特徴のお麩は、スープにひたされてなくぽよんと上にのってました。麺はやわらかめのストレート、油多めで熱々のスープでした。
ほどよいこってり感のあるスープにやわらかめの麺は絡みもよく、大満足!薄切りのももチャーシューは肉の旨みがつまってておいしかった。
スタートがいいといい気分♪おなかすいちゃいました。




2軒目:伊藤 食べたもの:そば

今回1番分かりづらくてでも1番食べたいお店の伊藤へ。十文字から高速を使って急いでゴー。
長寿軒の駐車場で、今度こそきちんとナビをセットして角館町を目指そうとしたけれど、なんと伊藤の住所がはいらなーい!「金山下」っていう地名が入力できないの。
でも、私にはJさんがくれた伊藤マップという味方があるから安心なのだー。
みなさんにもおすそわけ↓伊藤@角館へ行くときはゼヒ参考にしてくださいませ。
     伊藤@角館マップリンク

というわけで、伊藤@角館へ14時頃無事到着。
事前の情報どおり、看板ものれんもないお店。唯一の目印は「伊藤」という表札のみって話だったけど、表札もなかったよぉー。

店内に入ると質素な造り、カウンターにコショウが置いてあって「ああラーメンやさんなんだ」と分かる程度。ホントラーメン屋さんどころかお店にも見えないよー。
メニューはそば、肉そばのみ。
席に座ると隣の人に「よぉ!」って声を掛けられた。
びっくりして振り向くとKさんの姿が。
えええええーなんでこんなところにいるわけぇ??ってお互い様か。
いやーびっくりしました。ラーメン屋さんでラーメン仲間に遭遇することはあるけど、ここは秋田だし、しかも伊藤@角館だし。
しかも、Sさんは大阪のきんせい@高槻でもKさんに会ったんだって。
赤い麺で繋がってるみたい。












無化調。
麺はゴムみたいな弾力性があり、非常におもしろい食感。
猪太@柏の麺もゴムみたいって思ったけど、そこにもちっとした歯ごたえも感じる。
煮干・鰹・頭昆布のスープに、鶏の粒状の皮が表面に浮いてました。
具はネギのみというシンプルさもステキ。
もう最高においしかった、きてよかった〜おかわりすればよかった〜。

私のデジカメ技術もちょっと上達したような感じ☆











3軒目:サンQラーメン シャンコラーメン






ナビだけじゃ場所が分からなかったのでお店に電話して場所を確認しました。工業高校のそばです。
15時25分到着。
ヒマな時間帯のせいか、お客さんはいませんでした。
香娘麺とかいてシャンコと読む、シャンコラーメンがウリだそうなのでシャンコラーメンを注文。
中華料理屋さんにありそうで最近見かけない円卓がありました。でもラーメン専門店です。
女将さんが切り盛りしてるみたい。


















→をみても分かるように、油がすっごい多めでこてこてでした〜。
匂いもきつく、豚クサ系。
メンマは妙に甘く濃い目の味付け、長寿軒同様秋田のチャーシューは私好みでした。油が多くて歯の裏にもまとわりつく感じでした。
一歩間違えるとこのラーメンやばめかも。








4軒目:マルタマ たぬき中華




ようやく秋田のご当地ラーメンの地十文字へ。
16時20分到着。今まで役に立たなかったナビがようやく役に立ちました。

店内には有名人の(でも私は知らない人ばかり)サインや写真がいっぱい貼ってありました。前金制です。

メニューには、他に中国ラーメンとサッポロラーメンというのがありました。
サッポロラーメンは自家製麺ではなく製麺所の太い麺を使用した味噌ラーメンで、
中国ラーメンは、その辛い味噌バージョンだそう。なぜ中国?










↑たぬき中華                                                   ↑中華そば
たぬき中華は、揚げ玉が入った中華そば。中華そばと比べると醤油が抑え目、かまぼこはナルトに変わってました。なんか中華そばよりもさらにうどんに近く感じました。麺は極細縮れ麺、こういう麺初めて食べた☆細いのにコシはしっかりしてておいしかったあ

5軒目:三角そばや 中華そば






16時50分到着。
丸竹食堂の脇の路地を入ったところにありました。
おなか苦しかったので2人で1杯を頼むことにしました。
冷やしも食べてみたかったので
「冷やしまだありますか?」と尋ねたら、もう終了してました。
私の足元を指して「お姉さんがブーツ履いてるんだもん、もう冷やしあるわけないでしょー」と言われてしまった☆












結局、中華そばを1杯注文。
saitaを見てきましたと言ったら、まだ見てないというので見せてあげました。
なんか遠くからきたと言ったせいか、麺の量がすごい多かった。
サービスしてくれたのかな。
マルタマとはまた違った感じ。
まずかまぼこじゃなくてナルトでした、私はかまぼこの方がいいなー。
麺はやはり細めの縮れ麺なんだけど、マルタマよりは太め。
嶋田屋@八潮はこちらに近いかな。

すぐそばの丸竹食堂も行く予定だったんだけど、三角そばやの麺の量が多かった
ことと、19時13分の新幹線で帰らなくちゃならないので、十文字を後にし
新庄駅まで戻ることにしました。
途中、雄勝町にある五拾五番というところに寄ってみたかったんだけどナビで住所が出てこなかった、迷ってる時間もなかったのであきらめました。





6軒目:一茶庵分店 中華そば


新庄駅へ着いたら、まずレンタカーを返却。返却は拍子抜けするほどあっという間だった。もっと傷つけてないかとかチェックしなくていいの?


本当は本当は、一茶庵支店のぬるまらーめんというのが食べたかったっっでも支店は駅からちょっと離れていて徒歩では行く時間がなさそうで断念。
第2希望の一茶庵本店も終了してる時間だったので、駅からすごい近い一茶庵分店へ歩いて行きました。

19時少し前、入った時お客さんはいなかった。
後からパラパラ入ってきた。
メニューの最初に書かれてた一茶ラーメンというのは、鶏もつとおもちが入ってるそう。もつってそんなに好きじゃないのでノーマルな中華そばにしました。


















化調強すぎ、なんかかなりがっかりしたラーメンでした。隣の人が食べてたおそばがとてもおいしそうでした。やっぱりぬるまらーめん食べたかったっっ
半分ぐらい残しちゃった。
















↑記念に撮影♪ 新幹線乗ったの久しぶりでした


今回1番気に入ったお店:伊藤@角館
油こってり系と十文字繊細系の2種類を堪能してきました。
日帰りもいいけどせっかく秋田まで行ったのに観光が出来なかったのが残念。

田沢湖行きたかったなー。
2002年9月30日 22:31:50