本文へスキップ

刺繍ギャラリ− とんがりやまは、刺繍の匠、精緻の感動を皆様に!

刺繍ギャラリ− とんがりやま

FSグル-プ IMFS

   

創作の想い
京都は美術工芸品の宝庫です。
古代から奈良、平安の王朝貴族文化から室町、江戸の武家文化時代、それから明治へと移り、それぞれの時代から工芸品が生まれ発展して今日に至っています
京都には、世界で一の織物技術の西陣織、艶やか京友禅、極彩色の清水焼、繊細の象嵌・・等日本の伝統工芸を受け継いだ品々に囲まれています。

京友禅で創られた
きものは、単なる民族衣装ではなく日本民族が千数年かけた美術品です。
長年そのきものの仕事に従事してきました。
きものにたづさわり、京友禅だけではなくその着物に蘇州刺繍を入れる機会を得、蘇州に出かけ”
蘇州刺繍”に出会いました。
蘇州で『蘇州刺繍研究所』での両面刺繍、極細密の刺繍を見学しました。
日本刺繍とはまったく違った技術、一本の糸を手で裂いた極細の糸で縫われた刺繍の精緻さに
感動しました。
まるで写真以上に精細に描写された作品で奥行きがあり立体感があり、まるで実物と見違える作品でした。
 すでに、着物の一部に蘇州刺繍を使った作品がありましたが、その技術を使い日本の絵柄を描けないかと思いました。
玄関に掛ける額、和室に飾る扁額、床の間の掛軸、慶兆行事の格式を上げる屏風。 
 きものの制作に携ってきた経験を生かして
『日本の伝統的な作品』『蘇州刺繍』で表現してきました。   
            
その感動を皆様に!         


お問い合わせ・ご感想をお聞かせください

e-mail. tongariyama57@yahoo.co.jp
刺繍ギャラリ− とんがりやま 
  FSグル-プ IMFS


このページの先頭へ





刺繍ギャラリ−とんがりやま
FSグル-プ IMFS

e-mail:tongariyama57
@yahoo.co.jp