ヨークシャーテリアは、被毛がとても長いために夏の蒸し暑さに弱く、また繊細なシングルコートのために冬の寒さにも弱い傾向にあります。
そのため、夏場は室内の温度管理に注意して、冬場は保温対策をしっかりと行ってあげる必要があります。

ヨークシャーテリアは、ヨーキーという愛称で呼ばれるなど、愛玩犬としての人気が高い小型の犬種です。
長い被毛が特徴的な犬種で、体の中央から左右へ均等に分かれるようにして伸びる繊細な毛並みが美しく、とても高貴で可愛らしい雰囲気を醸し出しています。
そのような美しい外観や、成長するにつれてシルバーやゴールドなど、まるで絹のような眩い毛色が現われる事から、動く宝石とも呼ばれており、世界中で人気を博しています。



愛犬の皮膚病ケアに

光触媒テクノロジーの除菌ミスト

ヨークシャーテリアの皮膚病の痒み

 

ヨークシャーテリアは、長く美しい被毛が特徴的で、その気品のあるエレガントな容姿によって、昔から富裕層の間でも人気を集めている犬種です。

 

被毛はとても長く繊細なため、その美しい毛並みの維持や皮膚病の予防のためにも、毎日ブラッシングやコーミングなどのお手入れをこまめにしてあげる必要があります。

 

犬が皮膚病を起こすと、その大半において強い痒みに悩まされる事になります。


この皮膚の痒みは精神的な要素もあり、一度気になりだすと強いストレスを感じて痒みが増し、さらに痒い部分を掻き毟る事でますます痒みが増していくようになります。


そのため、おもちゃで遊んでいる最中や散歩中、食事中など、別の事に集中している時だけはしつこく掻き毟る仕草が治まる場合もあります。


しかし、ひどい場合にはおもちゃで遊ぼうともしなかったり、散歩や食事の最中であっても、しつこく掻き毟ってしまうケースもあります。

 

そして、痒い部分を何度も繰り返し、噛んだり、引っ掻いたりする事で、徐々に皮膚が傷付いていき、細菌による二次感染を起こしやすくなります。


そのため、皮膚病を放っておくと次第に治りにくくなり、慢性化する恐れがあります。

 

ヨークシャーテリアは、体が長い被毛で覆われていますので、皮膚の異常や脱毛などの病変に気が付いた時には、既に症状が進行している可能性があります。

 

そのため、毎日のブラッシングやスキンケアのお手入れの際には、皮膚の赤み、湿疹、傷、かさぶた、化膿、フケなどの異常がないかどうか、よく皮膚の状態を観察するようにして、なるべく皮膚の異常を早期に見つけるように努める事が大切です。

 

細菌、カビ、ウイルス、花粉対策に、人にも犬にも安心安全な光触媒の除菌スプレー

ヨークシャーテリアは、19世紀の中頃、イギリスのヨークシャー地方の工業地帯に住んでいた人々の家屋を荒らすネズミを捕まえる役割を担っていた犬種と言われています。
複数のテリア種やマルチーズとの交配によって誕生した犬種で、テリア種ならではのエネルギッシュで活発な性格をしています。
また、とても知的で感覚が鋭く、人とも目で話すと言われる程に、とても豊かな表情を持つと評されています。