ボトックス注射による美容整形

美容整形や痩身の手法として、ボトックスが活用されています。ボトックス注射によるプチ整形についてご紹介します。

Google

ボトックスとは何か?

ボトックスとは

 ボトックスはアメリカのアラガン社という会社の作った商品名です。元々は眼科や神経内科などで、眼瞼や顔面痙攣の治療に用いられていたもので、筋肉の弛緩効果があります。近年、二次的な作用としてしわ取りの効果が確認され、ボトックスをアンチエイジングに用いられるようになり、ボトックスの美肌効果が急速に拡大しています。

 ボトックスは、クロストリジウム・ボツリナム、クロストリジウム属菌のA型毒素が主成分となっています。ボトックスはアセチルコリンの分泌を阻害することにより、眉間や目尻、額などの表情筋に一過性の麻痺を生じさせます。その結果として、表情筋の収縮による顔面のしわが取れるということになるのです。ボトックスのしわ除去効果は、皮膚に付随する筋肉、つまり表情筋の収縮によるシワには非常に効果的なのです。

 表情筋によるシワの矯正は、手術などの従来の方法では難しいとされてきました。そういったしわの悩みに、ボトックスは非常に効果であることで、ここまでの人気を博しているのです。

ボトックスの副作用

 ボトックスの注入後、数時間は、頭痛、まぶたが重たく感じるなどの症状が表れることが多いようです。

 また、ボトックスの注入量が多すぎると、稀にまぶたや眉毛の下垂が起こります。ボトックスの効果は表情筋の弛緩効果。つまりボトックスにより表情筋が麻痺するということですから、必要以上のボトックス注入により一時的にまぶたが垂れ下がってしまうのは分かると思います。歯科の麻酔を思い浮かべてみれば分かりやすいですね。

 同じ理由から、ボトックスの注入後に表情が乏しくなることもあります。これはボトックスの注入量が多すぎて、表情筋の動きを必要以上に抑制しすぎることが原因でおこります。この症状が起こったときには、ボトックスを注入する量を減らすようにします。

 その他にボトックスの副作用としては、アレルギーやボトックス注入による内出血などがあげられます。

 また長期間に渡るボトックスの治療を継続することにより、体内にボトックスに対する抗体ができてしまい、ボトックスの効果がなくなる可能性があります。ボトックスは元々、体にとっては害のあるものですから、これも仕方のないことなのかも知れません。

カテゴリ
関連リンク