このページは、人工言語一般アウストラウダ言語(以下GALと呼称)の研究について記述したものです。


GALは、自然言語より簡単に、記述された概念を理解することを目的に作成された言語です。

直観的なf(x)=y風の関数表記で記述され、いわゆるウナギ文の解釈方針により、あらゆるタイプの文を表現します。


その特徴は、以下のようなものです。

・いわゆる文の構造が基本形1種類しかなく、それ以外はその省略形であること。

・文と文の繋がりに、ある種の単純な記号を用いていること。

・インデントを使用した分かち書きにより、文の構造が図として把握しやすいこと。

・文に使用する単語を記号化することで、一文が短くなり見易いこと。

・時制の扱いは、一種の場所の記述のようにみなされること。


以下のリンクをご参照ください。


言語仕様


PostgreSQL運用管理の学習について


ゲーデルの不完全定理


ツール


Go


C

モンティ・ホール問題を直観的に理解する