教員紹介

Top 教員 メンバー 研究室だより 研究概要 研究業績 研究室紹介
(3年生向け)
リンク


   専任講師  亀井 真之介 博士(工学)   [研究者情報はこちらを]

   〒275-8575
   千葉県習志野市泉町1-2-1
   日本大学生産工学部環境安全工学科 40号館3階312室
   Tel: 047-474-9004  Fax: 047-474-9759


【専門分野】

無機材料化学


【担当講義・実験】

2017年度

無機化学,材料化学,環境材料工学,インターナショナルコミュニケーション供ぜ主創造の基礎2,2年次ゼミ,環境安全工学実験掘ご超安全工学演習機ご超安全工学総合演習,ゼミナール機ぅ璽潺福璽覘供ぅ廛蹈献Дト演習,大学院生産工学特別演習,卒業研究

2016年度

無機化学,材料化学,環境材料工学,インターナショナルコミュニケーション供そ蘿次ゼミ,2年次ゼミ,環境安全工学実験掘ご超安全工学演習機ご超安全工学総合演習,ゼミナール機ぅ璽潺福璽覘供ぅ廛蹈献Дト演習,卒業研究

2015年度

無機化学,材料化学,環境材料工学,初年次ゼミ,2年次ゼミ,環境安全実験機ご超安全工学実験掘ご超安全工学演習機ご超安全工学総合演習,ゼミナール機ぅ璽潺福璽覘供ぅ廛蹈献Дト演習,卒業研究

2014年度

無機化学,材料化学,物理化学基礎,初年次ゼミ,2年次ゼミ,環境資源エコノミック,環境実験供ご超安全実験機ぅ┘優襯ー基礎実験,環境安全工学演習機ぅ璽潺福璽覘機ぅ璽潺福璽覘供ぅ廛蹈献Дト演習,卒業研究


【所属学会】

無機マテリアル学会
(社)日本セラミックス協会
蛍光体同学会
(社)電気化学会
応用物理学会
日本MRS
日本希土類学会
セメント・コンクリート研究会


【受賞】

1) “講演奨励賞”
  亀井真之介, 古川茂樹
  “無機マテリアル学会第129回学術講演会” (2014).New!

2) “Outstanding Poster Paper Award”
  Tadashi Ishigaki, Shinnosuke Kamei, Kazuyoshi Uematsu, Keniji Toda, Mineo Sato
  “The 12th Interanational Meeting on Information Display” (2012).

3) “優秀発表賞”
  亀井真之介
  “Japan-USA mini symposium on “Molecular simulation meets material science”” (2010).

4) “Student Poster Award”
  Shinnosuke KAMEI, Yoshiyuki KOJIMA, Nobuyuki NISHIMIYA
  “THE PHOSPHOR SAFARI” (2009).


【外部獲得資金】

●学外研究

1) 財団法人日本科学協会 平成24年度笹川科学研究助成(代表者 単独)
 “アラゴナイト構造を母体とした新規無機蛍光体の開発”
  2012年4月〜2013年2月

2) 財団法人新潟工学振興会 平成23年度助成(代表者 単独)
 “希土類フリー蛍光体の開発”
  2011年9月〜2012年3月

3) 財団法人佐々木環境技術振興財団 平成23年度助成(代表者 単独)
 “ケイ酸カルシウム水和物を母体結晶とした新規三波長型蛍光体の低エネルギー合成”
  2011年9月〜2012年5月

●学内研究

1) 日本大学生産工学部 平成29年度若手研究者支援研究費(代表者 単独)
 “環境浄化材としての超音波照射による高光触媒活性TiO2粒子の合成に関する研究”
  2017年度

2) 日本大学生産工学部 平成28年度若手研究者支援研究費(代表者 単独)
 “超音波照射によるドロマイトの連続生成に関する研究”
  2016年度

3) 日本大学生産工学部 平成27年度若手研究者支援研究費(代表者 単独)
 “ドロマイトの超音波合成および高付加価値化に関する研究”
  2015年度



企業・大学からの共同研究は随時募集しています.
興味があれば是非ご連絡ください.