宮古湾の藻場・干潟を考える会ホームページ

岩手県宮古湾奥部の藻場・干潟は様々な生物の生息場所です。
魚の産卵場となっていたり,稚魚の育成の場となっていたり・・・
「自然のゆりかご」である藻場・干潟を守るため,皆さんと一緒になって考えていきたい。
それが「宮古湾の藻場・干潟を考える会」です。


更新情報
 

最近の活動記録はこちら

「宮古うみのミルク」のページはこちら

 
 


メニュー

藻場・干潟を考える会について(考える会の説明)

活動状況(2011年からの活動記録、ブログ)

「宮古うみのミルク」(宮古湾のカキ直売場「宮古うみのミルク」のページ)

過去の活動記録(2010年までの活動など)

宮古の魚,こぼれ話(広報宮古で過去に掲載されていたネタ)

宮古のお魚料理コンクール(「宮古のお魚料理コンクール」のレシピ集他)

さいばい日記(宮古栽培漁業センターの飼育日記)

藻場・干潟の水中写真(宮古湾周辺の海水浴場ではこのような魚が見られます)

小さな魚達の大きな幼稚園(仔稚魚調査の結果から,宮古湾周辺海域で育つ稚魚達を紹介)

リンク(宮古湾・藻場干潟関連リンク)


問い合わせメールアドレス:sa.yamane@peace.ocn.ne.jp(@を半角に直してご使用下さい)


 



 
藻場・干潟の生物たちの紹介,その38
ホシガレイ Verasper variegatus

  60cm程度に成長する、美味しいカレイの仲間。マツカワの近縁種。
全国的に数が減っており、栽培漁業による資源回復が進められている魚。

全長約50mm 2010年8月6日撮影