いつまでたっても子供だなぁ〜(^-^;・・・と思えるあんこにも、3頭の可愛い娘がいます。
その娘達にはもう、新しい飼い主さんが見つかり、ばらばらにはなったものの、幸せに暮らしています。

しかし、その巣立ちまでには、いろ〜んなことがありました。(>_<)
初めての交配、初めての妊婦体験、初めての出産・育児・・・・・・
もぉ〜、さすがのあんこも、最後には体調を崩してしまったくらい。(T_T)

でも、かわいいかわいい〜っ、娘達のためだもんね。
がんばったあんこの様子を、見てあげてね♪(^O^)

1999年3月18日
9日にあんこ、めでたく2回目の、シーズン到来!ってことで、10日目の18日に、初交配。
2日後の20日に、2回目をして、万全を期す。

うちでは当たり前のことなのだけど、自然交配とは、なかなかいかないので、私を中心に、4人で押さえ
込んでの交配。
10日目というのは、実はちょっと早めなので、あんこにキャンキャン言われました。ごめん、あんこぉ〜。(T_T)
(12日目が、一般的な犬の排卵日)

・・・さて、ちゃんとできたかなぁ〜?(・_・?)
1999年5月9日
母の日のために作った、花かごと一緒に記念撮影。(笑)
予定日まであと9日。

犬の妊娠期間は2ヶ月と、人間と比べると、だいぶ短いの
で、ちゃんとできているのか、いないのか、寸前にならないと、わからないもの。
(確認に、レントゲンを撮れば、わかるけれどね)

でもさすがに、ここまでになれば、わかるかなぁ〜?
前の姿と比べると、だいぶ太ったでしょ?(*^-^*)



予定日から、出産当日まで・・・


1回目の交配から考えて、5月の18日が予定日でしたが、生まれる気配は、全く
なし。(T_T)
まぁ、2回かけているし・・・と、様子を見ながら、2日か過ぎ、3日が過ぎ・・・そろそろ、ほ んとにまずいのではないのか?(>_<)と思った、22日の夜7時過ぎ、あんこに異変が・・・。
陰部のところから、風船状態になって、赤ちゃんを包んでいるはずの膜が、出ていまし
た。(>_<)
羊膜は、破れてはいないものの、羊水が少しでていて、もしこれがやぶれたら、赤ちゃんは死んでしまうかも?!
と、慌てて獣医さんに駆け込みました。

診察の結果、あんこに力む気配がない、陣痛がない。
しかも、4日も遅れているということで、帝王切開に決定。即手術と、なりました。

妊婦なので、当然普通の麻酔は使えず、吸引麻酔となったのですが、これにあんこが、大 悲鳴。(T_T)
犬はみんなそうなのですが、自分の意志と反して、意識がなくなっていくというのは、ものすごい恐怖なのだそうです。

そのあとは、消毒をして切開。
間近で見たのは、初めてでしたが、もう、気持ち悪いとか、そういう問題じゃない。(笑)
 
あんこのお腹を開いた先生に、「子宮にひび入ってるぞ」・・・と言われました。(^-^;
運動はしていたのですが、ようは赤ちゃんが育ちすぎ。
あんこの小さい体では、とても産みきれない大きさなのでした。

とにかく一刻を争うので、すぐに子宮も切って、中の赤ちゃんを取り出し、膜を破って胎盤 がついたまま、お腹ぎりぎりの
ところを、かんしでとめられた仔犬を、私が受け取って、タオルでこすり、息をさせる。
泣いて、動けば、大丈夫。
しかし1頭が泣かずに、器官に羊水が詰まっている様子だったので、口で吸って出させ、頭と体を、両手でしっかり包んだ状態で、上下に大きく振る。
それでやっと、泣き出した赤ちゃんを見てホッ(-。-;)

仔犬の無事を確認してから、かんしで止めた部分のちょと上を、糸で縛ってから、はさみで切り、かんしをはずしてOK。
3頭、かわいい女の子でした。(^-^)

あとは、あんこのお腹を閉じ、麻酔をとって終了。
麻酔が切れて、意識が回復したところで、今度は痛さでまた、悲鳴。(T_T)
あんこには、何がなんだか、わからないからねぇ。

とりあえずその日は、傷口を仔犬に、さぐられてもいけないので離し、仔犬には犬用の粉ミルクで哺乳。

全てが終了したのが、夜の9時近く。
あんこと仔犬をつれて、無事帰宅。
よかった、よかった。(^O^)


1999年5月22日
帝王切開となりましたが、無事に3頭のかわいい女の子
を出産♪

まだ、目も耳も開いてないけれど、おかあさんをさがして、
もぞもぞもぞ・・・(>_<)
他の姉妹をかえりみず、一生懸命さがしてました。(^-^;;;

しかし結局見つからず(当然ね、この時はいないんだからぁ〜(^-^; )、3頭かたまって、寝てました。(^-^)



あんこの母性は目覚めるのか・・・?(>_<
)

翌日23日の朝、はじめての哺乳。(^O^)
・・・が、うまくいくわけもなく、私が押さえつけての哺乳となってしまいました。
 
初産で帝王切開だったため、あんこには母性、というものが全く見られない。
仔犬を見ても、ちょびっとにおいをかいで、ふんっ。
昨日から、私が仔犬につきっきりだったのが、さらに気に入らない様子。(-_-;)
 
それでも、3時間ごとにあんこを捕まえては、横倒しにしての哺乳を続けること2日、つ、ついに、あんこが自ら仔犬をなめ  にやってきた!!
ぺろっと、たった一舐めだったのだけど、大進歩!(^O^)

それから、どんどん気になり始めて、3日目にはちゃんと仔犬を抱けるようになりました。
 
いままではつねに、ゲイジの生活だったあんこも、この時だけは特別に、フリーで飼ってましたが、きちんと定期的に、仔 犬のハウスに入って哺乳をし、おしりの始末もし、一通り終わ ったら、出てきて部屋の好きなところで休む・・・という感じ でした。


1999年5月27日

生後6日目かわいい名前がつきました♪
(いつものように、相部屋の子が命名(笑))
女の子3頭なので、ぴん、ぽん、ぱん。
私がえ〜〜っ!(>_<)・・・と言ったら、じゃぁ〜、親があんこだから、こをつけて、
『ぴんこ』『ぽんこ』『ぱんこ』ネ♪
・・・これで、決まりました。(笑)(^-^;;;
左から、ぴんこ・ぽんこ・ぱんこです〜。(^O^)

1999年6月2日
生後12日目。
もうすっかり、おかあさんが板についてきたあんこ♪
この頃には、私は、新聞替えくらいしかしなくても良い状態にまでなってました。
最初のふんっ!・・・の態度とは、大違いだぁ〜!!(^-^;;;

赤ちゃんをとりあげると、どうするの?どうするのぉ〜???(T_T)・・・っていう、心配顔まで、見せるようになってました。(笑)
1999年6月3日〜5日

3日に、ぱんこのめが開いた。
それから2日かけて、ぴんこ・ぽんんこの目も開きました。(^O^)
ぱっちり目が開くと、もぉ〜かわいさ倍増!なのよねぇ〜〜〜っ!!(^−^)b
開眼が、13日目から15日目と、標準的なので一安心。(^−^)
(早すぎたら、栄養失調)

1999年6月11日
21日目の6月11日から、離乳食の開始。
今回は初めから、ドックフードのふやかしでの、離乳とした。(1日3回)
当然のことながら、食べないので、フードを1粒ずつ指でつぶしてペースト状にしたものを、あたえる。
初日は、5〜6粒食べれば良い方。

この写真は、とりあえず、食器を中に入れてみたときのもの。
全くっ、興味なしぃ〜。(-_-;)
1999年6月14日

あんこの育児生活も、24日目。
そろそろ疲れがでてきたかなぁ〜?(^-^;;;

仔犬ハウスに、『よいっしょ〜』って入って、『ふぅ〜。(-.-)』と、ため息をついたかのような、写真。(笑)
(↑上の2枚)

しかし、この頃からだんだん、仔犬たちは活発に動き始めてますぅ〜。(^-^;
あんこの快活さを、吸い取られているかのようだ。(爆)

この←写真、ちゅっ♪(*^-^*)と、やっているようで、か〜わいい!!(^−^)・・・でしょ?
・・・が、単にぴんことぽんこが、あう〜っと言いながら、口をかみ合って、じゃれているだけ。(^-^;;;

偶然撮れました。(笑)
1999年6月20日

父の日も、花篭を作ったので、記念撮影。(^O^)
今度は、仔犬バージョンもね♪

たった一月で、未知の生物から、りっぱな(?)わんこに、なりましたぁ〜!(笑)

1999年6月28日

生後38日目。
育児疲れを感じながらも、やっぱり子供は、かわいいのぉ〜。(*^-^*)
・・・という様子の、あんこの図。(左の写真)(笑)

人間にも、甘えることを覚えた、ぴんこの図。(右の写真)(爆)

1999年7月4日
44日目。
もう、3頭の性格が、それぞれ特徴出てきたなぁ〜という感じ。(笑)

わが道を行く・・・の、いつもちょっと、ほけら〜(笑)とした、ぱんこ。(←の写真。他の2頭は一緒に遊んで
ます〜(^-^;))

28日の写真のように、甘えん坊のぴんこ。
この2頭のちょうど中間のような感じの、ぽんこ。

おんなじお腹の子でも、違うものです。(^−^)

さすがにこの頃になると、あんこがいれば、おっぱいに吸い付きつつも、離乳食はしっかり、
自分で食べられます。(^O^)
まったく、いつまでたっても、甘えん坊なんだから〜。しょうがないわねっ。
・・・って顔のあんこかあさん♪(笑)


しかし、そんな甘えん坊さんな3頭にも、無事に飼い主さんが決まり、今日でぽんこがお別れ。(T_T)
3頭一緒の写真は、これが最後。
うれしいけど、・・・かなし〜。(>_<)(私がね。(笑) あんこは、どうだかなぁ〜???(^-^;)

1999年7月9日

今日でぱんこがお別れ。(T_T)
・・・なので、写真を撮ろうと思ったら、邪魔をするぴんこ。(笑)
こ、こいつは・・・・・。(-_-;)

気を取り直して、ぴんこ隔離で撮影会。(^−^;;;
ぱんこよ、一人でぽけ〜っとしてないで、飼い主さんにはちゃんと、なついてね。(笑)

1999年7月11日

とうとう、ぴんこともお別れの日。(T_T)
最後にあんこと、記念撮影。(^O^)
・・・しかしこの写真、撮るのにかなりの時間を要しました。(-_-;)
親子でじゃれあってて、じっとしないのよぉ〜・・・。
子供と同レベルなあんこ。(-.-)

1番の甘えん坊で、すき放題やっていたぴんこ。(笑)
出て行くときには、あんこお気に入りの骨を、奪ってかじってました。(^−^;;;
全く怒ろうとしない、あんこかあさん♪
さて、やさしいのか、気が弱いのか・・・?(-。-;)

とにもかくにも、これにてあんこの育児生活は、終了。
おつかれさま。(^O^)
















ちなみにその夜のあんこは・・・?(笑)
大切な大切な、娘達がみんないなくなって、必死で探すのかなぁ〜?
・・・と思っていたら、全くもって、甘かった。(-_-;)

これで私の天下ね♪(^O^)
って感じの、余裕綽々な、あんこさん〜・・・。(-_-;;;)

ちょっとは探しなさいよ・・・おいっ。(T_T)