トラちゃん去勢される 99.1.22

 

いよいよこの日が来てしまった。トラちゃん去勢手術 の日。わたしも一週間前から落ち着かなく、なんにも知らないで遊んでいる
トラちゃんを見ると、かわいそうでならなかった。

当日はごはん抜き!これが一番辛いんじゃないかと思う。大食らいのトラちゃんのこと、いつもならごはんの時間なのに、「くれー、くれー」といってもくれない、お腹すいたよーと思ってたに違いない。

何度かトラちゃんのごはんくれ攻撃を受け、不機嫌なまま病院へ。なかなかキャリーバッグに入らなかった。バッグがお、重い。ダンナと交代で持つ。

AM10:00くらいに病院に到着。健康診断を受け、耳にずっと黒い汚れが出ていたので、薬を入れてもらう。体重は3.5kgだった。重いはずだ。そして、そして、やはり、麻酔を使うので、一筆書かされる。ちょっとショック。でも、人間の手術でもそうだもんね。トラちゃんを預けて帰る。

家にいても、トラちゃんのことをずっと考えている。手術は午後からといってたから、今ごろトラちゃんはどーしてるかな、もう終わったかなと思う。

PM5:00ころ、「そろそろ迎えに行こう。」と、ダンナとともに病院へ向かう。電話なかったから、なんにも起こってないだろう
とは思っていたけど、姿を見るまでは安心できない。まだ麻酔から覚めたばかりで、ぐったりしてるだろう。

5:30に、病院に到着。「あの、トラ吉は、起きてますか?」と先生にきくと、「起きてますよ。」ほっ。トラちゃんがケージから出されて、診察台の上に。げ、元気!なんだ、思ったよりずっと元気 じゃーん。キョロキョロして、鳴いたりしてる。でもやっぱり眠そうだ。麻酔の前に眠くなる注射を打ったからかな。

気管に入るといけないので、今日はごはんはあげられないのだそうだ。か、かわいそー。丸一日以上ごはん抜き!!先生やスタッフの方たちにお礼を言って、帰宅する。

家に帰ると、少し歩き回るが、歩きかたがひょこひょこしてて、ぐっとくる。ごめんね、トラちゃん。夜中、「ごはんくれー」と鳴くので、とっておきのホタテ缶をあげてしまった。へんなところに入らないように、じーっと見ている。トイレもいつものようにして、ウンチもする。ほんのちょびっと。ちょっとぐっとくる。トラちゃん、受難の一日が終わる。

 

トラちゃん出血する 2000.1.25

去勢手術から3日経って、元気だし、もう安心かなー?と思っていた。そしてその日お昼、トラちゃんにごはんをあげて、掃除をしようと何気なくトラちゃんベッドを見ると・・・・・・敷いてあるタオルに血が ついてるではないか!

あわてて病院に電話すると、「それはまずいので、すぐ連れてきてください。」と言われる。急いでトラちゃんをキャリーバッグの中へ入れようとするけど、なかなかいやがって入ってくれない。手術の怖い思いを覚えていて、ここに入ると怖い場所に連れていかれる、とでも思っているのかな。

とにかく無理矢理押し込んで、病院へ。トラちゃんは3.5kgあるので、重い、重い。病院へ行くと、先生が、「なめちゃったのかな?」と言って患部を見る。「大丈夫、また薬を飲んでれば、いいですよ」ほっ。よかった、よかった。

薬をもらって帰宅したが、実は手術の次の日から、ウンチがゆるくなってたのだ。でも、血がついてたというインパクトが強く、下痢、とまではいかなかったので、そんなに気にしてなかったのだ。あとからこの時先生に言ってればな、と後悔する。

 

トラちゃん下痢になる 2000.1.28

この2、3日ウンチがゆるい のが治らない。ダンナと、飲ませてる薬のせいかな?と話し合う。前の日まで服用させてたので、あと数日して治らないようだったら病院に電話しようか、ということになった。

しかし、この日の朝、びちびちになってしまった。これはヤバイと思い、病院に電話。「おそらく薬のせいだと思いますが・・・この前言ってくだされば、薬を変えたんですが。そういうときは、すぐに連絡してください」それから、ごはんのあげかたなどおしえてもらい、今日明日下痢が治らなかったら、また連絡することになった。あちゃー、病院行ったのに・・・

薬は前の日までだったので、薬のせいならすぐに治ると思うけど、手術のストレスだったらどうしよう。ストレスで1週間もウンチゆるくなるんですか?と先生にきくと、一度お腹こわすと続いてしまう んだそうだ。もっとすぐに対処してたら、と思うと悔しくなった。

午後、ドライフードを変えたほうがいい ということで、近所のペットショップへ。いろいろあってよくわからないので、レジできく。「猫が下痢してるんですけど、どのドライフードがいいですか?」 そしたら、店員さんのひとりが、いろいろ説明してくれ、話をきいてくれ、「そうだ、サンプルをあげますので、それで試してみては?」と言ってくれる。悪いので、「じゃ、なんかおもちゃを買いますよ。」と言っても、「いーの、いーの」それで、サンプルをごそっと5、6袋もくれたではないか・・・

「うちも猫を飼ってるから。飼主さんは、図太くしないと、猫にうつっちゃいますよ」 前に、ブリーダーさんにも同じようなことを言われたなあ。店員さんにすっごく親切にしてもらい、今度はここで買おう!と決めて家に帰る。でも、その日の夜もトラちゃんはびちびちだった。あーーー。

 

 

 

home?

gallery?

friends?

how we met?

trouble?