野良猫の訪問

昔から、猫が好きだったけど、飼ったことがなかった 。だから、外で猫を見ると嬉しくて、ナデナデしていた。

ある夜、家の前の道路に大きめの子猫がうろうろしていた。とても人に慣れていて、そのままついてくるので、家に入れてみた

ミルクをあげてみたけど、飲まないし、だんだん、外に戻りたがってきたので、ドアを開けて外に出した。
あーかわいいなー、と、改めて猫の魅力にふれてどうしても自分の猫が欲しくなった

 

ネットで子猫を探す

それからすぐにネットで検索 して、子猫をわけてくれる人を探した。

猫の種類だけど、(よく知らなかったけど)アメリカン・ショートヘアはペットショップで見ていて、一番かわいくて、あの模様がいいなーと思っていたのでアメショーの子猫で探してみた

そのときは、2件にメールを書いた 。そのうち1件に電話番号が載っていたので早速、電話した。
それからはトントン拍子で、ブリーダーのTさんからトラちゃんを譲ってもらえることになった。

あとからきいたことだけど、1件目で猫を決める のは珍しいことで、すごい人は、『猫の手帳』とかの猫譲りますコーナーでかたっぱしから電話するんだそう。

 

親切なブリーダーさん

でも、結果的に、Tさんはすごく親切な方 で、猫を飼うのが初めてなのでとまどうことが多い中、いつも相談にのっていただいて、本当に感謝している。

それに、トラちゃんはとっても丈夫な猫 で、今まで下痢したことないし(プラスチックを食べちゃって、吐くけど)、よく眠り、よく遊び、たくさん食べる、とってもかわいい猫!!

これも、母猫の妊娠中からすごく気を使って育てているたまもの。ペットの衝動買いはしないほうがいいというけど、うちの場合はTさんのところでトラちゃんに出会えて、とってもラッキー だと思っている。

 

 

 

home?

gallery?

friends?

trouble?

diary?