ペットフードの「この話」知っていますか?

どんなフードを与えるのかは飼い主さんの自由です。
ただ「こんな話もある」と頭の片隅に入れておくだけでも良いと思います。

茶々丸が肺ガンとなりNETで病気を調べている時に、フードについて書いてあるHPを見て驚きました。
大切な家族のために食事管理をしていなかった。もっと真剣に考えるべきだった。
もっと良いフードを与えたかった、ととても後悔しています。

フードを選ぶ時「雑誌にも載ってる有名メーカー」「TVのCMでやっていた」
「獣医師推薦」「茶々丸がよく食べる」「一般食ではなく総合栄養食」
私もこれだけで今まで選んでいました。ペットフードについて深く考えることはしませんでした。
でももっと早くこの話を知りたかったです。

人間だって「添加物は身体に良くない!」私でもこの程度の知識はあったのに。
「もっと知りたい」と思った人はうちのリンクページ「病院・病気・お役立ち・素材・通販関連」で
「オススメ」と書いてあるHPも見てください。「危険なペットフードについて」詳しく書いてあります。
私はまだまだ勉強不足です。ただ、知らない人にも「話」として知って欲しいと思い書きました。

一部のフード会社でこんな表示があります。
BHA、BHT、エトキシキンは使用していませんと。
BHA、BHT、エトキシキン、検索にかけると出てきます。
ペットフードには人間のように規制はありません。どういうことでしょうか。
原料比20%未満のモノは表示しなくても良いそうです、
賞味期限も長い。色のついたカリカリ。強い匂い。
科学合成物質はガンの恐れがあります。油分の酸化防止のために入れるようです。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
発ガン性が高く、油脂の酸化防止剤に使用。ガソリンの酸化防止として使われていたものです。

BHT(ジブチルヒドロエキシトルエン)
主原料はクレゾール、麻薬作用があるイソブレチン。油脂の酸化防止剤に使用。

エトキシキン
人が作ったダイオキシン系の最強のガン物質。
ベトナム戦争で使われた枯葉剤の成分です。
日本で人の食品添加物として使用されたことがないようです。
除草剤、殺虫剤として利用される非常に毒性の高いもの。
その他、発ガン性物質である着色料保存料防カビ剤もあります。

廃棄肉4Dミートを知ってますか?人間には使われない4Dミート。

死んでいる、病気の、ケガをした、死にかけてる。
この人間には使用しない4Dミートを使うには、沢山の薬剤が必要です。
肉副産物(by-product meal)、副産物
とは尿、糞便、毛、膿汁、腫瘍、くちばし、
頭、足の先、羽、血液、動物の肺、肝臓、腎臓、胃、腸、骨、胎児、などです。

並行輸入品
正規輸入品
並行輸入品は安いけれどペットフードを運ぶ船便、
北ルートと南ルート地域を通るフードとどう違うのでしょう。
私はアフリカのケニアに海外駐在で行った時、現地で品物が少なく高い日本食を沢山船便にて送りました。
結果はほとんどダメでした。酸化、変色、とても食べられませんでした。
もちろんすべての船便がダメではないでしょうが。

長生きしていつまでもそばにいてもらいたい、かけがえのない家族です。
肉骨紛をはじめ、廃棄肉、発癌物質の合成保存料添加物、遺伝子組み替え作物などを使わない
安全なフードを与えたかった、と私は激しく後悔しています。
HP「我が家のワン・ニャン騒動記」の管理人さんが詳しく調べた結果を色々UPしています。とても参考になります。
フードは沢山あるのでもちろん迷いますが、現在NETを繋げてこのページを見てる方は、
自分の家族に安全なフードを選択できる環境にあると思います。

このページは獣医師のHP、ペットの健康に関するHPを参考に書きました。
他のホームページでは詳しく書いてありますので、
この機会に一度、大事な家族の為にフードについて考えてみることをお勧めします。
偉そうに書いてしまいましたが、そういう私もどこのフードが良いのかわかりません。

他にもありましたが、リンク切れとなってしまいました。
翻訳したAPI(アメリカ動物保護協会)レポートの「ペットフードの真実」を読んでください。
WMP


<< Home