アメディオとは?


Ans. 「母を訪ねて三千里」に出てくるサルの名前なんだよ。



世界名作劇場 「母を訪ねて三千里」

1976年1月4日〜12月26日放送 原作エドモント・ド・アミーチス 「クオレ」


イタリア・ジェノバっ子の少年マルコは、一年前出稼ぎに行った母、アンナからの 便りが途絶えたことを発端に、
一人アルゼンチンに渡ることを決心しました。
サルのアメディオと共に無謀にも快速船フォルゴーレ号に忍び込むのですが、 やはり見つかってしまいます。
しかし、マルコの母に会いたいという一途な熱意に、 父ピエトロはアルゼンチン行きを承諾、ついにマルコの
長い長い旅が幕開けるのでした。

リオデジャネイロ〜ブエノスアイレス〜バイアブランカ〜ブエノスアイレス〜
ロサリオ〜コルドバ〜トゥクマンという道のりを…

 移民船での貧しい人々、フィオリーナ、ペッピーノ一座との再会、インディオのパブロ、 フアナとの出会い、
大草原での一人旅…たくさんの人達との出会いやさまざまなつらい経験、 楽しい思いの中でマルコはたくましく
成長してゆきます…。
そして、やっとの思いで辿り着いた街、 トゥクマンで母アンナと会うことが出来るのですが、
彼女は病に伏せてしまっていたのでした…。

 そんなお話の中で、マルコを支え続けた大きな存在がアメディオと言うパートナーの存在でした。









これは(株)バンダイから売り出されている
「世界名作劇場」って言うぬいぐるみ付き
のおかしのおまけです。
でも、お菓子ってラムネ一個だけなんで、
本当はラムネ付きのぬいぐるみかなぁ(笑)










これが噂の“アメディオ”です。
しっぽの色は違うけれど、
ちっちゃい頃はこんな感じだっ 
たんです。肩にも乗ったしね。
       







BGM by WONDERJUNGLE
                    世界名作劇場へTOPへ