ボクシングの団体について

WBA
World boxing association.1921年に米国ボクシング協会の名称で発足。1962年にWBAに改称。最も古くからある歴史ある団体だが米国が影響力をもちすぎていて、ランキングも実力どうりとはいい難いし、チャンピオンも二流王者が多いのが最近の傾向?ドンキングの御用達団体(´ー`)

WBC
World boxing council.1963年に米国主導のWBAに対し、欧州・第三世界の意見を取りまとめるWBAの諮問機関としてメキシコで発足。しかし、1968年からは独自の世界王者を認定するようになった。現在もっとも妥当なランキングをしている団体と言えよう。会長のホセ・スライマンは、今の12R制や前日軽量を導入したことで有名なお人。

IBF
International boxing federation .1983年5月、WBAに対抗して、米国のグループが米タイトルの公認団体だったUSBA(全米ボクシング協会)の国際部を設立した。その後IBFと改称して独立。WBCのつぎに妥当なランキングをしていると思われる。一時は、金でランキングが買えるとまでいわれていたが現在はそんなこともない。(日本はこの団体を認めていないのでなじみがないかもしれない。日本というよりもJBCだが。日本には日本IBFというものもある)

WBO
World boxing organization.1988年プエルトリコ、ドミニカを中心とするカリブエリアのグループが、WBAに反発して独立。第4の団体といわれマイナー団体ではあるが、バレラやミハエルゾースキー、フレイタスなどの優れたチャンピオンもかかえている。いずれメジャー団体と言われる日もくるだろう。(当然日本は認めていない。)

コメント・・・チャンピオンって一人じゃないの?と思うかもしれないが、たしかにそうだ。現在1つの階級に4人のチャンピオンがいるわけだ。しかし、結局強い奴と強いやつはやることになるというのがアメリカやメキシコのボクシングなので見るほうとしては問題ない。タイトルに挑戦するチャンスがふえて良いが反面、二流三流のチャンピオンがでてきたり(例えば現在のライト級やSミドル級)ということもある。つまり見るほうとしては、チャンピオンだから強いと考えるのではなく、実際の強さを見極めなくてはならない。でも世界のトップクラスのボクシングをみていれば誰が(笑)二流かなんてすぐわかるでしょう。