フロイド・メイウエザー
PROFILE WBC世界スーパーフェザー級チャンピオン
25戦全勝19KO
年齢23歳(1977年2月24日 生)
身長171CM リーチ 183CM
ホームタウン ミシガン州グランドラピッズ
96年アトランタオリンピックフェザー級で銅メダルを獲得。
その後プロ入りし、98年プロ18戦目にしてあのへナロ・エルナンデスを8回TKO にくだしWBCスーパーフェザー級タイトルを獲得。その後も、エンジェル・マンフレディ、カルロス・リオス、ゴーヨ・バルガスら強豪を退け、2001年1月最強のライバル、ディエゴ・コラレスとの全勝対決で11RTKO勝利。次戦は、指名挑戦者へスス・チャべスを迎え撃つ。
ニックネームはスピードスターとかプリティーボーイとかよばれている。メイウエザー の武器は、なんといってもその異常なまでのスピード!相手がガードをかまえるより 速く、相手がパンチがくるのを認識するより速くパンチがとんでくる。(死)そして パンチだけでなくフットワークも速い、コーナーに追い詰められても容易に体をいれかえて、コーナーを抜けることができる。そしてパンチも全くといっていいほどもらわない。よけるよけるよける。パンチ力はないといっていいだろう。しかし、効くパンチと はパンチ力あるなし+ヒットするタイミングなのである。くるとわかっているパンチは ある程度耐えられるが、不意に食らうパンチは効くといった感じに。メイウエザーのパンチは軽いが、速すぎるために不意を討たれるのである。タフなコラレスが倒されたのもこれが原因。このまままじめに練習してこのスピードを維持できればボクシング史にのこる偉大なチャンピオンの一人となることだろう。