ペダル回転数計算式詳細


 一般的な自転車のメーターは前輪にマグネットなどを取り付け、1
回転のタイミング計測を行い、あらかじめ測定されている前輪周長と
の関係から時速に換算している。
 一方、ペダル回転数の測定もトレーニング上重要なファクターであ
るが、これを計るためにはペダル周りにも計測器が必要となる。両方
の計測が可能なメーターも販売されてはいるが高価である。
 しかし前後輪とも同一の周長を持ち、前後のギアを決めた値にしな
がら練習するという条件のもとで、フリーホイルが空回りしないペダ
リングを行っているときのペダルの回転数は以下の計算式で求められ
る。無駄な出費を抑えたい方はこの式を活用していただきたい。

P=(1/0.0006L)*(b/a)v [回転/分]

但し、L:タイヤ周長[cm]、b/a:後/前ギア歯数、v:時速[km/h]

例えばタイヤ周長213cm、ギア比2(上の式ではb/a=1/2)で後輪
をフリーにせず時速30kmでペダルを踏んで走っている場合
P=117[回転/分]となります。

この計算式の導き方はここをクリック!