自転車事故報告書

事後報告(!?)ですが、私の遭遇した事故について解説します。(^^;)
方々行っている割には事故が少ないと思いますが、下の表からも
わかるように事故に遭うときは期間が集中する傾向があるようです。
皆さんがこの話をもとに事故に遭わないように注意してもらえれば
幸いです。

事故発生日
と場所

事故の状況

説明図

反省点

1997/7/27

小海 Re-ex
駐車場

シマノ主催のMTBレース
終了後、車の後方へMTB
を横倒しにして休憩してい
たら、右側の車が左斜め後
ろにバックして踏まれた。
幸い、ハンドルバーの損傷
だけで済んだ。
 − 競技用自転車にはスタンドがなく
横倒しするのが普通なのでレース
の駐車場では他の自転車に注意。
私のMTBの色は灰色なので路面
の保護色になってしまった。
但し、駐車場を我が物顔のように
荷物を置くことも問題である。
レースの際自転車スタンドを持参
し立てかけるようにしましょう。
1997/7/5

国道141号
の高根町への
登り口

高根町から甲府方面への
大きな下り坂で転倒!
時速60km程で走っていた
と思います。
体は前方向へ投げ出されて
舗装道上スライディング、
自転車は反対車線へ転がっ
て行きました。
後ろからはバンが、反対車
線側からは大型トラックが
来ていましたが運良く車間
があいていたため、大事に
は至りませんでした。
進行方向に5mm程度の段差があり
無理やりその上を高速で通過しよ
うとしタイヤがリムから外れた。
リムセメントは1ヶ月前に塗った
(標準的には2ヶ月で塗り直す)が
ここの所雨の中を走ったり、猛暑
の中を走ったりしていたので劣化
が早かったと思う。
外れたタイヤ側に接着剤は付いて
いたがリム側は接着剤が残ってい
ない(浮いた)状態だった。


1.高速走行時路面に注意
2.リムセメントメンテ

1997/6/28

甲府市和田町
花園病院北側
の坂道

下り坂左カーブで転倒!
時速30km程で走っていた
と思います。(雨が降って
いたので減速していたつも
りだったけどなー)
カーブでタイヤが右方向へ
流れるスリップでした。
この道路は冬場路面凍結防止のた
め塩化マグネシウムを撒いている
せいで、雨が降ると路面に油が浮
いているようにみえる。
あと私自身、カーブで必要以上に
車体を傾けてしまう癖があって、
これも原因である。


1.塗れた路面走行注意
2.コーナリングの研究

1996/11/30

甲府市丸の内
1丁目
とある交差点

左折車に巻き込まれ転倒!
甲府市内へ自転車で買い物
に出かけた時のこと。夕方
だったので車は皆のろのろ
運転だった。同じ速度(時
速20kmぐらいと思う)で
ある車の左側を走っていた
が、その車が急に左折。
幸い巻き込まれなかったが
はじき飛ばされ左肩脱臼。
この道路は、対面側の道幅が広く
なっている交差点である。ゆえに
直進車も交差点へ出ると少しだけ
左へハンドルを切る。だからぶつ
かった車も直進するものと思いこ
んだのが間違いのもとであった。
(車の方もウィンカーを出さず、
後方確認を怠っていた)


交差点では減速、なるべく
車のすぐ左側走行を避ける

1996/3/10

国道140号
山梨市
万力公園北
約1km上り坂

集団走行し広瀬ダムへ向か
う途中、前を走っていた自
転車の後輪と接触し、左側
へはじかれコンクリート側
壁と自分のハンドルの間に
指を挟み小指骨折。
左側にはじかれたからよかったも
のの右側にはじかれていたら車に
はねられていたかもしれない。


一般道での集団走行は少し
余裕を持って走りましょう

1989/8/12

青森空港から
市内へ向かう
下り坂

時速約40km位で走行中、
右カーブの所で深い砂地の
路側帯にはまりこみ、脱出
できないまま側溝に落ちて
転倒した。
実家(当時は大阪)へ帰って
から気づいたが、フレーム
がお釈迦様(溶接部の外れ)
でした。
なぜか砂地の路側帯は右カーブの
所にしかできていなかったために
路面状況が読めなかった。


高速走行時は路面に注意

1986/2/19

大阪市大淀区
(現北区)
JR神戸線
ガード下付近

これは私が加害者の例。
大阪はご存じの通り路上駐
車が多い。この日、親戚宅
からの帰宅中、路上駐車の
隙間から出てきた自転車を
はねた。反対車線の大型ト
ラックに注意を払って減速
していたが、車は急に止ま
れませんでした。
(はねた人が実は自転車泥
ということで逃げてしまい
警察も事故扱いせず)
 −

自動車、自転車共に
路上駐車の陰に注意!

1985/12/20

大阪府吹田市
関大前西側の
下り坂

車は一方通行の下り坂で、
軽く左カーブとなっている
道路がある。この日も学校
へいつものように向かった
が、たまたま自転車で右側
通行で登ってきた高校生と
正面衝突。生まれて初めて
救急車に乗りました。
(気付くと病院のベッドの
上で、救急車に乗った時の
ことは覚えていない)
車が来ないからとスピードを出し
すぎた。こういう道は歩行者にも
配慮すべき所である。


見通しの悪い所では減速

1985/11/?

大阪府豊中市
阪急豊中駅前
の下り坂

ブレーキワイヤを張り替え
仮止めしただけで買い物に
出かけ、下り坂で強いブレ
ーキングをしたときに前輪
だけのブレーキとなって前
回りごけをした。
 −

出発前に体重をかけ、
ブレーキ点検を行う。