名馬鑑
ホームへ戻る 
 
ここでは近年の名馬を集めてみました。 
戻る 
進む
オグリキャップ 
公営笠松でデビューしたこの馬は四歳で中央入りをした。その後、秋天2着、JC3着、
有馬記念優勝を果たし<怪物>と呼ばれた。その翌年も活躍したが六歳時は衰えてきて成績も悪かった、しかし、ラストランとなった有馬記念、、馬体に以前の迫力は戻っていなかったがオグリは根性で優勝をして引退をする。
 
牡 1985年生 20戦12勝
ミホノブルボン 
この馬は故戸山調教師によりスパルタ調教させられた馬だ。だから、超筋肉質の馬体だった。スパルタ調教のおかげで短距離型のこの馬が 皐月賞、ダービーと勝ち菊花賞でも2着とすばらしい成績を残す。が、結局菊花賞後調教の重さがたたって現役続行不能の怪我を負い引退する。
牡 1989年生 8戦7勝
メジロマックイーン
芦毛の名長距離馬。安定感抜群でいつも期待通りの結果を残してくれた。春天二連覇、宝塚優勝など長距離では圧倒的に強かった。
牡 1987年生 21戦12勝