GO TopPage RankingSurfingGuestBookChat
ThemeSearchSendformBBS
E-mail
GO Colosseum
98 Season Standings

アメリカン・リーグ


チーム成績

東地区 チーム 勝率 打率 得点 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 防御率 完投 完封 セーブ 奪三振
ヤンキース★★ 114 48 .704 .288 965 1625 207 907 1025 153 3.82 22 16 48 1080
レッドソックス★ 92 70 .588 22.0 .280 876 1568 205 827 1049 72 4.19 53 1025
ブルージェイズ 88 74 .543 4.0 .266 816 1482 221 776 1132 184 4.29 11 11 47 1154
オリオールズ 79 83 .488 9.0 .273 817 1520 214 783 903 86 4.73 16 10 37 1065
デビルレイズ 63 99 .389 16.0 .261 620 1450 111 579 1109 120 4.35 28 1008
中地区 チーム 勝率 打率 得点 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 防御率 完投 完封 セーブ 奪三振
インディアンス★★ 89 73 .549 .272 850 1530 198 198 1061 143 4.45 47 1037
ホワイトソックス 80 82 .494 9.0 .271 861 1516 198 806 916 127 5.24 42 911
ロイヤルズ 72 89 .447 7.5 .263 715 1459 134 686 982 135 5.16 46 999
ツインズ 70 92 .432 2.5 .266 734 1499 115 691 915 112 4.76 42 952
タイガース 65 97 .401 5.0 .264 722 1494 165 691 1070 121 4.93 32 947
西地区 チーム 勝率 打率 得点 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 防御率 完投 完封 セーブ 奪三振
レンジャース★★ 88 74 .543 .289 940 1637 201 894 1045 82 5.00 10 46 994
エンジェルス 85 77 .525 3.0 .272 787 1530 147 739 1028 94 4.49 52 1091
マリナーズ 76 85 .472 8.5 .286 859 1553 234 822 1081 115 4.95 17 31 1156
アスレチックス 74 88 .457 2.5 .257 803 1413 149 755 1122 131 4.83 12 39 922

打撃/投手成績

●首位打者はヤンキースのバーニー・ウィリアムスが接戦の末、最終戦でレッドソックスのボーンをを振り切って初の栄冠を獲得した。
本塁打王は、オールスター以降深刻なスランプに陥り、記録更新レースから脱落したものの、終盤量産体制に入って結局56本を放ったマリナーズのグリフィーが2年連続キングの座に就いた。
盗塁王はアスレチックスのリッキー・ヘンダーソンがこのタイトル獲得の最年長記録を75年ぶりに更新する39才10ヶ月で獲得、なんと12回目の王座だ。今年は通算2000得点も達成している。さすがです。
投手部門は何といってもクレメンス。最多勝、最優秀防御率、最多奪三振と3部門を独占し、これで史上最多となる5回目のサイ・ヤング賞獲得もほぼ間違いなさそうだ。
打率 選手 チーム 成績 勝利 選手 チーム 成績
ウィリアムス ヤンキース .339 クレメンス ブルージェイズ 20
M・ボーン レッドソックス .337 コーン ヤンキース 20
A・ベル オワイトソックス .328 ヘリング レンジャース 20
デービス オリオールズ .327 P・マルティネス レッドソックス 19
ジーター ヤンキース .324 シーリー レンジャース 19
本塁打 選手 チーム 成績 防御率 選手 チーム 成績
グリフィー マリナーズ 56 クレメンス ブルージェイズ 2.65
A・ベル ホワイトソックス 49 P・マルティネス レッドソックス 2.89
カンセコ ブルージェイズ 46 ロジャース アスレチックス 3.17
J・ゴンザレス レンジャース 45 フィンリー エンジェルス 3.39
M・ラミレス インディアンス 45 ウェルズ ヤンキース 3.49
打点 選手 チーム 成績 セーブ 選手 チーム 成績
J・ゴンザレス レンジャース 157 ゴードン レッドソックス 46
A・ベル ホワイトソックス 152 パーシバル エンジェルス 42
グリフィー マリナーズ 146 ウェッテランド レンジャース 42
M・ラミレス インディアンス 145 ジャクソン インディアンス 40
A・ロドリゲス マリナーズ 124 アギュレラ ツインズ 38
盗塁 選手 チーム 成績 奪三振 選手 チーム 成績
ヘンダーソン アスレチックス 66 クレメンス ブルージェイズ 271
ロフトン インディアンス 54 P・マルティネス レッドソックス 251
スチュワート ブルージェイズ 51 *ジョンソン *マリナーズ 213
A・ロドリゲス マリナーズ 46 フィンリー エンジェルス 212
オファーマン ロイヤルズ 45 コーン ヤンキース 209

ナショナル・リーグ

東地区 チーム 勝率 打率 得点 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 防御率 完投 完封 セーブ 奪三振
ブレーブス★★ 106 56 .654 .272 826 1489 215 794 1062 98 3.25 24 23 45 1232
メッツ 88 74 .543 18.0 .259 706 1425 136 671 1049 62 3.77 16 46 1129
フィリーズ 75 87 .463 13.0 .264 713 1482 126 672 1080 97 4.64 21 11 32 1176
エキスポス 65 97 .401 10.0 .249 644 1348 147 602 1057 91 4.39 39 1017
マーリンズ 54 108 .333 11.0 .248 667 1381 114 621 1120 115 5.20 11 24 1016
中地区 チーム 勝率 打率 得点 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 防御率 完投 完封 セーブ 奪三振
アストロズ★★ 102 60 .630 .280 874 1578 166 818 1122 155 3.50 12 11 44 1187
カブス★ 90 73 .552 12.5 .264 831 1494 212 788 1223 65 4.50 56 1207
カージナルス 83 79 .512 6.5 .258 810 1444 223 781 1179 133 4.32 10 44 972
レッズ 77 85 .475 6.0 .262 750 1441 138 723 1107 95 4.44 42 1098
ブリュワーズ 74 88 .457 3.0 .260 707 1439 152 673 1039 81 4.63 39 1063
パイレーツ 69 93 .426 5.0 .254 650 1395 107 613 1060 159 3.91 10 41 1112
西地区 チーム 勝率 打率 得点 安打 本塁打 打点 三振 盗塁 防御率 完投 完封 セーブ 奪三振
パドレス★★ 98 64 .605 .253 749 1390 167 715 072 79 3.63 14 11 59 1217
ジャイアンツ 89 74 .546 9.5 .274 845 1540 161 800 1040 102 4.9 44 1089
ドジャース 83 79 .512 5.5 .252 669 1374 159 630 1057 137 3.81 16 10 47 1178
ロッキーズ 77 85 .475 6.0 .291 826 1640 183 791 949 67 5.00 36 951
ダイヤモンドバックス 65 97 .401 12.0 .246 665 1353 159 621 1239 73 4.64 37 908

打撃/投手成績

首位打者は昨年の本塁打王でリーグMVPだったロッキーズのウォーカーウォーカーが獲得した。
本塁打王は争いは記録を更新したマグワイアとソーサが最後までデッドヒートを演じた末にマグワイアが前人未踏、空前絶後の70本で獲得。自身3回目の王座で、ナ・イーグでは初めて。パドレスのボーンが最後の最後で50本に到達して、同一リーグで50本以上3人というメジャー記録が誕生、これもまたしばらくは破られないだろう。またロッキーズのカスティーヤが3年連続40本以上達成も偉業なのだが、それが霞んでしまうほどハイレベルな争いだった。
投手部門では、ブレーブスのマダックスが3年ぶり4回目の防御率1位。これでマダックスはカブス時代を含めて7年連続防御率2点台以下となった。
セーブ王争いもパドレスのホフマンが53S、カブスのベックが51Sと50S以上でしのぎを削る激しい戦いの末、ホフマンがタイトルをGETした。
打率 選手 チーム 成績 勝利 選手 チーム 成績
ウォーカー ロッキーズ .363 グラヴィン ブレーブス 20
オルルド メッツ .354 レイノルズ アストロズ 19
ビシェット ロッキーズ .331 タパニ カブス 19
ピアザ メッツ .328 マダックス ブレーブス 18
ケンドール パイレーツ .327 ブラウン パドレス 18
本塁打 選手 チーム 成績 防御率 選手 チーム 成績
マグワイア カージナルス 70 マダックス ブレーブス 2.22
ソーサ カブス 66 ブラウン パドレス 2.38
ボーン パドレス 55 A・ライター メッツ 2.471
カスティーヤ ロッキーズ 46 グラヴィン ブレーブス 2.472
ガララーガ ブレーブス 44 ダール ダイヤモンドバックス 2.88
打点 選手 チーム 成績 セーブ 選手 チーム 成績
ソーサ カブス 158 ホフマン パドレス 53
マグワイア カージナルス 147 ベック カブス 51
カスティーヤ ロッキーズ 144 ショー ドジャース 48
ケント ジャイアンツ 128 ネン ジャイアンツ 40
バーニッツ ブリュワーズ 125 J・フランコ メッツ 38
盗塁 選手 チーム 成績 奪三振 選手 チーム 成績
ウォマック パイレーツ 58 シーリング フィリーズ 300
ビジオ アストロズ 50 ブラウン パドレス 257
ヤング ドジャース 42 ウッド カブス 233
レンテリア マーリンズ 41 レイノルズ アストロズ 209
ボンズ ジャイアンツ 28 マダックス ブレーブス 204