施 肥

  作業方法

   粒状施肥

   手押し撒布機による撒布(芝生にストレスを与えない)

   肥料むら等をさける為ロープを張り撒布ピッチをきめる。

   機械撒布(ブロードカスター等)(短時間で行える為作業効率が良い)

   芝生に与えるストレスをさける為、急に発進、停止、旋回をおこなわない

   注意点

l 少量多数回施肥をできるだけこころがける   

l 肥料撒布後潅水をこころがける(肥料焼け防止)

l 過剰にやりすぎたり、こばした場合スイーパー等で回収し散水をおこない肥料分を洗い流す(多量に1回よりも、回数が多いほうが有効)

 

 液体施肥

  動力撒布機による施工

l 肥料吸収が早いので早急に結果(色等)がほしい時に有効(生育状況にもよるが4から7日必要) 

l 持続性がないので2〜3週間後再度作業が必要