GO TopPageRankingSurfingGuestBookChat
ThemeSearchSendformBBS
E-mail
GO Colosseum
Click
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
週刊メジャーリーグ
編集責任者/発送 momo(yankees@mail.goo.ne.jp)
編集/It’sGone! With 7IS
(Marcy/Cubもり/ともすけ)

毎日の最新情報をホームページでお伝えしています
It’s Gone!(../../Colosseum/5326/)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〓〓【松竹梅競馬予想 『ゴッチ新聞』】〓〓〓〓〓〓〓〓
   回収率&的中率のバランス抜群!!
 無料<松竹梅競馬予想>は【ゴッチ新聞】の中心サイト。
  <GOLF>はゴルフ好きの休憩所。
 <ステンドの魅惑>はステンドグラスの輝きをアナタに。
 http://www.lares.dti.ne.jp/~kentata/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ベイスターズファン待望のコミュニティースペース
       ★BayStars Community★
     誰でも簡単に無料でホームページを持つことができます
        http://www.simcommunity.com/sc/baystars
    8月31日までに入会すると、抽選でハワイ旅行が当たります
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━━
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
8月28日現在・MLB順位表
---------------------------------------------------------------
AL-East 勝 負 勝率 差 NL-East 勝 負 勝率 差
NewYork 78 49 .614 - Atlanta 81 49 .623 -
Boston 70 58 .547 8.5 NewYork 79 50 .612 1.5
Tronto 69 61 .531 10.5 Philadelphia 67 59 .532 12
Baltimore 57 71 .445 21.5 Montreal 53 75 .414 27
TampaBay 57 72 .442 22 Florida 51 77 .398 29
---------------------------------------------------------------
AL-Central 勝 負 勝率 差 NL-Central 勝 負 勝率 差
Cleveland 78 49 .614 - Houston 77 53 .592 -
Chicago 61 67 .477 17.5 Cincinnati 75 52 .591 0.5
Minnesota 53 73 .421 24.5 Pittsburgh 64 65 .496 12.5
KansasCity 51 77 .398 27.5 St.Louis 63 66 .488 13.5
Detroit 50 77 .394 28 Milwaukee 56 71 .441 19.5
Chicago 53 74 .417 22.5
---------------------------------------------------------------
AL-West 勝 負 勝率 差 NL-West 勝 負 勝率 差
Texas 77 52 .597 - Arizona 76 53 .589 -
Oakland 70 58 .547 6.5 SanFrancisco 67 61 .523 8.5
Seattle 63 64 .496 13 LosAngeles 59 69 .461 16.5
Anaheim 51 76 .402 25 SanDiego 58 71 .450 18
Colorado 57 72 .442 19
---------------------------------------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MLB Topix(〜8/28)

伊良部10勝目!(8/22)
●ヤンキースの伊良部が20日の対ツインズ戦に先発し、7回0/3を投げ
て7安打、3失点、7奪三振という内容で、今季10勝目を挙げた。ブリュ
ワーズの野茂がすでに今季10勝目を挙げているが、1シーズンで二人の日
本人投手が二桁勝利を挙げたのは、これが初めてのこと。伊良部が登板する
時は打線が強烈な援護をするのが定番となっているが、この日も初回からい
きなりレディが満塁弾を放つなどマウンドに上がる前に5点をプレゼント、
2回にも1点を追加してもらい、伊良部は快調な投球を披露。3回にヒット
4本を集中されて2点を失ったが、以降は球の走りが尻上がりによくなり、
7回は三者連続三振に仕留めている。8回、先頭のホッキングにライト線に
2塁打を浴びて降板、リリーフ陣がこの走者の生還を許した為3失点となっ
たが、9回にはティノ・マルティネスがトドメのタイムリー3塁打を放つな
ど3点を加えたヤンキースは、9−3で勝利、伊良部は今季24試合、先発
では20試合に登板して成績を10勝4敗とした。伊良部が登板したここ6
試合でのヤンキース打線は合計66得点、1試合平均11点をとっているこ
とを受け、伊良部は「自分の力だけでなく、ここ1ヶ月半くらい楽に勝てる
展開にしてくれた打線のおかげ」と話している。またこの日の投球について
は「ミスで高めにいったのが2球くらいしかない」と語った。しかしトーレ
監督は「絶好調だった7月に比べれば、高めにボールが浮くなど、まだ物足
りない」とより高いレベルでの注文を出している。注目されるポストシーズ
ンでの登板だが、現段階では先発の中で最も10勝到達が遅かった伊良部が、
今年も先発ローテから外れる可能性が高いと見られている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ロッキーズのゲッパートGMが辞任(8/22)
●20日、ロッキーズは成績不振の責任をとる形で、ボブ・ゲッパートGM
が辞任したことを発表した。今季は95年以来のポストシーズン進出を目指
し、球団創設からチームを率いたドン・ベイラー氏から名将の誉れも高いジ
ム・リーランド監督にスウィッチしテコ入れを図ったが、今季もここまで5
5勝69敗と低迷、ドジャースと地区最下位を争っている状況。ゲッパート
GMは91年に球団が発足してからGMをつとめており、今年コロラドの高
校で起きた銃乱射事件の際には予定されていた試合の中止を決めるなど、人
心を重く捉える人物という印象が強かった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
カミニティが左右両打席でホームラン(8/22)
●アストロズのケン・カミニティ内野手が、20日の対マーリンズ戦で左右
両打席でホームランを放った。故障欠場をしていた関係で、この試合の3回
に左打席では約4ヶ月ぶりの3号2ランを放ったあと、今季メジャー最長の
16回に、今度は右打席で4号決勝ホームラン。これで自身が持つナ・リー
グの通算左右両打席ホームラン記録を10回に伸ばしたカミニティは「いい
時間を楽しませてもらったよ」とコメントしている。この試合ではチームで
21三振、20残塁を喫したアストロズだったが、レッズが敗れた為、地区
首位に返り咲いている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
カンセコ復帰!(8/22)
●デビルレイズのホセ・カンセコ外野手が、20日の対ロイヤルズ戦で40
試合ぶりの戦線復帰を果たした。7月11日に椎間板ヘルニアの手術を受け、
今季の復帰は絶望と見られいたが、術後の経過も良好で、予想を遥かに上回
る早い回復を見せている。試合では2打数ヒットなし、四球3つという内容
だったが、ロスチャイド監督は「あと数打席立てば、実戦の勘が戻ってくる
よ」と話している。カンセコはここまで31本塁打を放っており、欠場する
まではア・リーグのホームラン王争いのトップを走っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グレースが、私費で報奨金(8/23)
●カブスのチームリーダー、マーク・グレースが、21日、ナ・リーグの中
地区最下位に沈むチームに喝を入れるため、自身のポケットマネーから報奨
金を出すことを決め、早速この日の対ロッキーズ戦から導入した。勝ち試合
であることを第一条件に、ホームランを打つと1本につき100ドル、1打
点と1得点につき50ドル、安打1本につき20ドルという内容とのこと。
この日のソーサは2本塁打で240ドル(ホームランとヒットはダブルカウ
ントするみたいです)、2打点で100ドル、2得点で100ドルの合計5
40ドルの荒稼ぎ。グレースは「サミーに給料全部もってかれそう」と早く
も弱気なコメント(^^;。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マホームズ7連勝!(8/23)
●メッツのマホームズが21日の対カージナルス戦に登板し、3回1/3を
投げて無安打、無失点の5奪三振と完璧な投球を披露して今季7勝目を挙げ
ている。この日はロジャースが先発のマウンドに上がったが、背中の痛みを
訴えて3回、4失点で降板、急遽言い渡されたリリーフだった。6回にヘン
ダーソンが勝ち越しタイムリーを放ったため、マホームズにラッキーな白星
が転がり込んできている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マグワイア49号!50号!(8/24)
●カージナルスのマグワイアが、ダブルヘッダーとなった22日の対メッツ
戦の第一試合で、49号、50号を放ち、再びカブスのソーサに1本差と迫っ
た。またメジャー史上初めての4年連続50本塁打以上の偉業も達成してい
る。マグワイアは、初回にメッツ先発のドテルから右中間に49号を放った
が、この打球がスコアボードを直撃、電工掲示版のライトを破壊する強烈な
一発だった。続いて7回の第四打席に、今度は2番手のマウンドに上がって
いたタムから左中間に50号を放っている。マグワイアの50号は昨年よ
り1試合早い124試合目に飛び出し、にわかに記録更新の期待も高まって
きた。ちなみに、昨年も50号はシェイスタジアムでの対メッツ戦、しかも
ダブルヘッダーで放っている。マグワイアは「個人のホームラン記録よりも、
ワールドシリーズで優勝することの方が価値があると思う。でも、まぁ50
号はやはり一つの目標の数字なので、達成感はある。ここ数年、ベーブ・ル
ースなど偉大な打者と比較され、そのことはすごくカッコいいことだと思っ
ている」と語っている。また「オレはオレ、ソーサはソーサ。人をコントロ
ールできないだろ?オレが次に狙うのは、51号だ」とコメントした。
●さてマグワイアの今季50号は、35才と326日で到達したがこれは昨
年自らが更新した50本塁打の史上最年長記録の再更新。スタンド最前列に
飛び込んだ打球は、グラウンドに跳ね返り、それをセンターを守っていたダ
ンストンがスタンドに投げ入れてしまった。ダンストンがこのボールが記録
を達成した物であることを知らなかった為だが、マグワイアは「子どもが拾っ
たからいいよ。大切にしてくれるさ」と語っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
3連発が2球場で(8/24)
●今年はマグワイアとソーサ以外にも、ホームランの面白い記録がいくつか
生まれている(1日で5本の満塁弾とか、1試合で4者が2本ずつホームラ
ン等々)が、22日は3者連続本塁打が二つの球場で飛び出している。まず
はジャイアンツ対ブリュワーズ戦の初回にジャイアンツのボンズ、ケント、
バークスが、またダイヤモンドバックスが対パイレーツ戦のやはり初回にゴ
ンザレス、ウィリアムス、デュラソがそれぞれ連続本塁打を放った。両試合
とも初回、というのがキーですよね。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
野茂6敗目(8/25)
●ブリュワーズの野茂が、23日の対ドジャース戦に先発し、6回を投げて
4安打、5三振、4四球、6失点、1自責点で今季6敗目を喫した。雨の為
2時間10分も待たされての登板だったこの日は、初回に1点を失ったもの
の、古巣のドジャース相手にカーブを織り交ぜるコントロール重視の投球で
4回までは失点を許さなかった。しかし5回、突然制球を乱し、先頭のビス
カイーノのショートゴロが悪送球でセーフになると、ドライフォートのバン
トを二封して走者交代となってから、四球を連発し、なんと押し出し二つで
2失点、ホワイトにライト線2塁打を浴びて3点を献上し、自責点は0だっ
たがこの回5失点となってしまった。6回に打席が回ってきた為にここで代
打が起用され、野茂は御役御免となっている。試合はブリュワーズが4−8
で敗れている。
この日の野茂は、精神的にかなりキツイ状況での登板だった。まず、雨の為
の試合開始遅延。2時間10分遅れということは午後9時15分スタートだっ
たということになり、その間集中力を切らさずにいることは難しかったと言
える。事実野茂も「試合開始が遅れるのは困る。始まるまで、他の選手と話
をしたり、音楽を聴いたり、ストレッチをしていたりして、気持ちを落ち着
かせていた」と語っている。また、古巣ドジャースとの対戦だったことも、
野茂の心境に微妙な影を落としたことも推測に難くない。昨年メッツに移籍
して以降、野茂の対ドジャース戦での登板は昨年の8月3日以来2回目とい
うことになったが、やはり「いい打者を抑えたいという強い意識」が働いた
ことを野茂は告白している。
●野茂にとって不運だったのは、正捕手で打線の要でもあるニルソンが右手
を痛めてスタメンから外れてしまったこと、そしてラフィーバー監督代行が
腕の手術を受けるためにこの日は欠場、代わってメルビン・ベンチコーチが
監督代行の代行(←ややこしい!)として指揮を執るなど、ブリュワーズ自
体求心力のない状況で試合に臨んでいたことも挙げられるだろう。野茂は
「5回はエラーで先頭打者を出してしまったので、抑えようと力が入ってし
まった」と突然の乱調を分析しているが、こうした状況を見るにつけ、この
日の敗戦を野茂のせいだけにするのは、少しかわいそうかな、というような
印象だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
木田、2/3回無失点(8/25)
●23日の対エンジェルス戦にタイガースの木田が3番手として登板し、2
/3回を投げて1三振、無失点とナイスピッチングを見せた。3−5と2点
をリードされた6回1死1塁で登場した木田は、ここで得点を許すことがな
かった。最近のタイガースはフランコ・コルデロをセットアッパーとして起
用する方針をとっており、木田はその前の回に登板することが多くなってい
るが、これについて「どんな仕事でも僕は気にしない。今は走り込みを多く
したり、ウェートトレも違ったやり方で試している。日本での経験を生かせ
るベストの方法を探しているところ」と語っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
大家がメジャー再昇格も再降格(8/25〜8/27)
●レッドソックス傘下の3A級ポータゲットに所属していた大家が、23日、
今季2回目となるメジャー昇格を果たした。代わって先発ローテの一角だっ
たブライアン・ローズ投手が3Aに降格となっている。大家にとっては7月
25日の3A降格以来、約1ヶ月ぶりのレッドソックス合流ということにな
る。大家は今季2Aからスタートし、7月にメジャー昇格を果たしたが、1
9日、23日と2回の先発では不運も重なったが連敗し、3Aでの再調整を
行っていた。前回の昇格の際には先発として起用されたが、今回についてウ
イリアムス監督は中継ぎ、もしくは抑えでの起用になると話している。レッ
ドソックスは現在先発ローテの駒不足に悩んでおり、セーバーヘーゲンが今
季3回目の故障者リストに入ったことも含めて、クローザーとして登板して
いたナックラーのウェイクフィールドを再び対レンジャース戦で先発させる
等、苦心の起用が続いているが、今回ローズを降格させた→大家をリリーフ
で、ということになると、現在のブルペンから空いた先発の穴を埋める形が
とられることが予想されている。降格後も3Aで1完封を含む3勝を挙げて
いる大家については、40人枠となる9月に昇格させるのでは、というのが
大方の見方だったが、台所事情が約1週間それを早めた形になっている。
●メジャーに再昇格を果たしたばかりのレッドソックスの大家が、早くも2
4日の対ツインズ戦の9回に登板し、1安打、無失点と無難な投球を見せた。
この日は8回までペドロ・マルティネスが登板し、大家は2番手として登場
したが、すでに7−1と勝利確実という状況だっただけに、これまでの先発
での2試合とは格段にプレッシャーの低い中で本来のピッチングを披露する
ことができたのでは、と思われる。
●メジャー再昇格を果たしたレッドソックスの大家だが、25日、マイナー
に降格となってしまった。これはレッドソックスがブルペンの補強の為、カ
ージナルスから左腕のケント・マーカーを獲得したことによるもので、これ
にはじき出される形で3A級ポータゲットに大家が戻ることになってしまっ
た。しかし、9月の40人枠拡大の際には、三度目の昇格は確実視されてい
る。マーカーは昨年カージナルスで11勝を挙げている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピート・ローズ、10年ぶりに公式の場に姿を現す?!(8/25)
●野球賭博に関与したことから、現在追放処分を受けているピート・ローズ
が、10年ぶりに公式の場に姿を現す可能性が出てきた。これは、現在投票
が行われている20世紀代表チームについてセリグ・コミッショナーが語っ
たもので、もしここにローズが選出されれば、投票結果が発表されるワール
ドシリーズ第1戦にローズを招待すると話したもの。7月13日のオールス
ター戦開始前に、このチームの候補100人が呼び上げられた際には、ロー
ズの名前はなかったが、さて、どうなりますか?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グリフィー、4年合計で200本塁打!!(8/25)
●ア・リーグの本塁打王獲得へひた走るマリナーズのグリフィーが、23日
の対インディアンス戦で2試合連続となる39号ホームランを放ったが、こ
の一発でグリフィーは96年からここまでの4年間で200本塁打を放った
ことになり、ベーブ・ルース、マーク・マグワイアに次いで史上3人目とな
る記録を達成した。またこれで通算本塁打が389となり、元レッズの名捕
手ジョニー・ベンチに並んで史上34位に順位を上げている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
吉井、好投も打線の援護無し(8/26)
●メッツの吉井が24日の対アストロズ戦に先発し、7回1/3を投げて5
安打、1失点、5三振と好投したが、勝利投手にはなれなかった。前回の登
板で1失点の完投勝利を挙げ、群雄割拠のメッツ先発陣に食い込んできた吉
井は、初回を三者凡退に押えて好調な滑り出し。2回にソロホームランで1
点を献上したが、緩急をつけたピッチングが冴え、中地区首位のアストロズ
打線を翻弄、8回に走者を二人出したところで降板となったが、今季16勝
を挙げているアストロズのエース、ハンプトンを向こうに回し、先発として
申し分のない仕事ぶりを見せ、ローテ復帰をまずは確実なものとしている。
試合は7回にピアザが同点のソロホームランを放ち、吉井降板後に延長に入っ
たが、アストロズが10回に4点を挙げてメッツをうっちゃっている。ヴァ
レンタイン監督は「リードが戻っても、吉井と交代でローテに入れるわけで
はない。とりあえず投手全員が健康になることが先決。決断はそれから」と
話し、「吉井の投球は本当に見事だった。最近好調なのは、フォークがよく
落ちるからだ」と付け加えている。吉井もこれを受けて「確かにフォークは
数段良くなっていると思う」と語った。仮にリードが復帰して先発ローテに
入ると、吉井ではなく新人で、ここのところ不調のドテルがブルペンに回る
のでは、という見方が現時点では有力になっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ペドロ・マルティネスが18勝目(8/26)
●レッドソックスのペドロ・マルティネスが24日の対ツインズ戦に先発し、
8回を投げて4安打、1失点、15奪三振という内容で今季メジャートップ
の18勝目を挙げた。マルティネスはオールスターでの快投以降、故障者リ
ストに入り、また復帰後も練習遅刻で先発剥奪等トラブルを抱えてしまい、
一時期待されていた年間30勝も絶望という状況になってはいるが、この日
は4回の1死から打者9人に対して8奪三振と豪腕復活、今季13回目の二
桁奪三振で、1988年にクレメンスが樹立した球団記録も更新している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グリフィー、4年連続40号!(8/26)
●マリナーズのグリフィーが、24日の対タイガース戦で40号、41号を
放ち、ア・リーグの本塁打王レースのトップを堅持すると共に、史上7人目
の4年連続40本塁打の偉業を達成した。過去の6名はベーブ・ルース、マ
ーク・マグワイア、ラルフ・カイナー、デューク・スナイダー、アーニー・
バンクス、ハーマン・キルブリュー。グリフィーの1試合複数弾は今季4回
目で、この日の2発は共にレフト方向へのまさに技ありのホームラン。ピネ
ラ監督も「あいつには球場の広さなんて関係ない!」と絶賛のコメントを出
している。昨年まで2年連続で56本塁打を放っているグリフィー、次に狙
うは3年連続の50本塁打、ということになるのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ソーサ52号!(8/27)
●カブスのソーサが25日の対ジャイアンツ戦で超特大の今季52号ホーム
ランを放ち、熾烈な本塁打王争いを演じているカージナルスのマグワイアに
1本差をつけた。この日はダブルヘッダーで行われ、ソーサは第二試合で4
試合ぶりとなる一発を放ったが、これがレフト場外のウェーブランド通りを
挟んで建っているビルにまで達する一撃で、スタンドに集まったファンの度
肝を抜いている。ちなみにこの日は風速8mという強風が吹き荒れていたが、
打球はこれにも乗って飛距離を稼いだとみられるものの公式発表で146m
とは驚きの一言。前日マグワイアに追いつかれたソーサだったが、わずか1
日で単独1位の座に復帰、125試合消化時点での52号は昨年より6試合
も早いペースで、70号を放ったマグワイアを4試合も上回っている恐るべ
きペース。試合の方は連敗を喫したが、ソーサは「ネガティブなことは考え
ないようにしている。残り試合でも意地を見せたいし、その気持ちがホーム
ランにもつながっていると思う」とカブスファンが聞いたら泣けるようなセ
リフを残している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
モンゴメリーが通算300セーブ達成(8/27)
●ロイヤルズのジェフ・モンゴメリー投手が、25日の対オリオールズ戦で
歴代9位となる通算300セーブ目を挙げた。88年、メジャー2年目から
ロイヤルズで12年間を過ごしたモンゴメリーは、300セーブ全てを同一
球団で獲得する史上初めての投手になっている。モンゴメリーは「オレは別
に歴史家ではないが、300セーブを達成したヤツはそんなにいないし、み
んないくつかの球団にまたがっている。オレにとっては、やっぱり特別な瞬
間だな」と語っている。ここ数年故障もあっただけに、こうしたマイルスト
ーン通過で得られる喜びもまた一塩といったところだろう。おめでとう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ランディ・ジョンソン、今季300奪三振突破!(8/28)
●26日の対マーリンズ戦に先発したダイヤモンドバックスのランディ・ジョ
ンソンが、早くも今季300奪三振に到達した。この試合では7回を投げて
8奪三振、今季通算301奪三振としている。29試合目の登板で大台に達
したジョンソンは、97年にエキスポスに所属していたペドロ・マルティネ
スの31試合での到達を上回る史上最速のペースで、自身通算3回目の30
0奪三振は、ノーラン・ライアンの通算6回、サンディ・コーファックスの
通算3回に次ぐメジャー3人目の快挙。1試合平均10.3個もの三振を奪っ
たことになるジョンソンは「この記録は特別な感慨があるね。勝った上にこ
んな記録がついてくるんだから、最高だ」と満足そうに語っている。299
個目の三振はこの試合の3回にミラーから奪ったが、ここからあと一つが難
しく、結局5回に再び打席が回ってきたミラーからこの試合7個目の奪三振
と相成った。ジョンソンは「三振は狙うと取れないもんだな」と一言。これ
で自身4連勝、今季14勝目を挙げている。一時味方打線の不振で5連敗も
喫したが、その間も集中力を切らさずに登板を続けた結果が、ノーラン・ラ
イアンでさえも達成出来なかった29試合での300奪三振につながったと
思われる。ショウォーター監督も「こんな記録はもうできない。居合わせた
ことができたオレたちは本当にラッキーだ」と語っている。ジョンソンが次
に狙うのは、もちろんノーラン・ライアンが持つ空前絶後のシーズン383
奪三振の記録。今季はあと7試合に先発することが予想されるジョンソンが
ここで82三振を奪えれば並ぶことができる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ソーサ53号!(8/28)
●カブスのソーサが、26日の対ジャイアンツ戦で今季53号のソロホーム
ランを放った。カージナルスのマグワイアはこの日試合がなかったが、これ
で二人の差は2本となり、ソーサが頭一つ抜けた形になっている。これで1
26試合を消化したソーサは、昨年のペースを9試合も上回っている上、こ
こ12試合で10本と本塁打生産ラインをフル稼働中といった様相だ。5回
にジャイアンツ先発のヘルナンデス弟の高めに浮いたストレートを叩いたソ
ーサの打球は、前日同様レフト場外に飛び出す特大弾。試合の方もサヨナラ
で勝利し、ソーサは「去年のあのフィーバーから比べれば、今の気持ちは楽
だよ」とコメントしている。ちなみに取材を受けるパパに向かって、長男の
サミーJr.くんが口元にテープレコーダーを持っていき、周囲を笑いの渦
に巻き込む一幕も。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
V・ゲレロが31試合連続ヒット!(8/28)
●エキスポスのヴィラディミール・ゲレロ外野手が、26日の対レッズ戦の
4回に右中間へ32号2ランを放ち、継続していた連続試合安打を31試合
に伸ばした。87年にパドレスのベニト・サンチアゴが34試合連続安打を
達成して以来12年ぶり、90年代に入ってからは初の31試合目突入となっ
ている。97年のN・ガルシアパーラ、S・アロマー、98年のE・デービ
ス、そして今季のL・ゴンザレスが30試合連続を達成しているが、皆ここ
で記録がストップした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
クレメンテの甥がピッツバーグで初安打(8/28)
●ロッキーズのエドガルド・クレメンテが、ピッツバーグのスリーリバース・
スタジアムで行われた26日の対パイレーツ戦で、4打数、2安打を記録し
た。エドガルドは、1972年に飛行機事故で他界したロベルト・クレメン
テの甥で、ロベルトが建てた家とも言われるスリーリバース・スタジアムで
初めて打席に入り、往年のファンが涙を流してその姿を見ている中、ロベル
トが通算3000本安打目を放った1972年9月30日以来となる、この
球場での”クレメンテ”と名がつく選手の安打を放っている。ロベルト・ク
レメンテはその強肩が今でも史上最高と言われるなど、現役時代のパフォー
マンスがすでに伝説化しているパイレーツの名選手。ニカラグア大地震の救
援に立ち上り、1972年12月31日にその物資を運ぶ飛行機に自らも乗
り込んで当地を目指したが、この飛行機がカリブ海に墜落し、38才の若さ
で死去している。パイレーツの永久欠番21はクレメンテのもので、カブス
のソーサもクレメンテに憧れ、同じ背番号を選んでいるなど、現在でも影響
を与え続けている偉大な選手だ。この日のスリーリバース・スタジアムには、
ロベルトの背番号21をつけたジャージを着て観戦する多数のファンの姿が
あり、試合後エドガルドは「ここは叔父の銅像があり、公園にも名前がつけ
られている。今でも彼はピッツバーグのヒーローなんだな」と感慨深げに話
している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ちょっとひとこと
●そのほとんどが噂とはいえ、今年は球団の身売り話が非常に多い。最近で
はディズニーがエンジェルス売却に動きを見せているという情報が流れたし、
NYでのメジャー球団獲得に躍起になっているケーブルヴィジョン社が、昨
年末にほぼ合意に達したヤンキース買収の交渉決裂を受けて、今度はメッツ
に接触、すでに細部の調整に入っている様子で、来季は新体制で迎えること
が確実視されている。
選手年俸の高騰が球団経営を困難なものにしていることが、有実無実を問わ
ず売却の噂の根源にあるわけだが、確かに今年の開幕時のメジャー25人の
年俸合計が8500万ドルに達しているヤンキースを筆頭に、選手に金をか
ければそれなり以上の成績を狙う資格を得るが、かけなければまったくチャ
ンスがないという現状は、球団経営の魅力そのものも喪失させる危険性をは
らんでいると言えるだろう。それゆえに、出来うる限りの借金をして選手を
かき集め、ワールドチャンピオンを獲得、球団の値段を引き上げておいて売
り逃げを図ろうとしたマーリンズ前オーナーのようなケースも出てきてしま
う。これは決して歓迎すべきことではないが、しかし、勝負に出てとにかく
結果を出せたマーリンズはまだよかったのかもしれない。メッツも果敢にF
A市場やトレードに参入し、一時は方向性を疑うような場面もあったが、常
勝軍団ブレーブスに食らいついているだけにここまでは成功していると言え
るだろう。が、ポストシーズンに進めないようなことにでもなれば、メッツ
の売却額にも影響が出るのは必至。マーリンズの二の舞になる可能性は高く、
ここからが正念場と言える。
一方、逆のケースもある。今年のドジャースの惨状は目を覆うばかりなのは
ご承知の通りだが、これはオマリー氏の色を消すことに躍起となり、強いチ
ーム作りに必要な要素に気がつかないままピアザら生え抜きを、マーリンズ
の優勝メンバーとトレードしてしまったあたりからすでに問題は生じており、
オフに大金をはたいてかき集めた選手にもチームの為に身を投げ出す者がお
らず、結果として勝利がどんどん遠のいている。資金力に球団経営のノウハ
ウが結びついて、ようやくチームは上昇の気運を掴むことができる、という
当たり前の論理が見えなくなっているというのは、ある意味悲劇的と言える
かもしれない。世紀の無駄遣いと揶揄されるのも致し方ないといったところ
で、マローンGMの首も風前の灯と噂されている。多額の補強資金を投入し
て今季を迎えたダイヤモンドバックスが、ドジャースと同じ地区で首位を走っ
ているのを、関係者がどう見ているかにも非常に興味が湧く。
選手25人の年俸総額が3300万ドル余りのレッズが、アストロズと熾烈
な首位争いをしているのを見るにつけ、球団経営とは何かということを改め
て考えさせられる。投資に見合った利益が得られないから売却、確かにその
選択は間違いではないが、球団を持つことの意味が損益と共に捨て去られて
しまうのは悲しすぎる。 (momo)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Topixのスキマから
【(幻の)第10回・ABは美人?】

ちょっと最初に謝っておかないといけないんですが、前回のTopixのスキマか
らで第11回と書いてしまったんですが、正確には第10回の間違いでした。
訂正してお詫び申し上げます。というわけで幻の第10回です。(^^; 幻だ
からってワケじゃないですが、ちょっとこのコラムに関しての話を。どうい
う風にして書いているかと言うと、某所から30球団分のトピックスを引っぱ
ってきて、そこからネタを選び出して自分なりに翻訳して書いているという
だけなんです。

「だけ」とはいうけども実際のところネタを見つけるにも文章はすべて英語。
まったく苦手ということはないんですが、最近のナマクラな頭には少々コタ
えるもんです。そこでいわゆる翻訳ソフトというヤツを使っているんですが、
これも役に立つやら立たないやら。愛用の「訳せ!ゴマ」のピュアマインド
はなかなかイカした訳をたたき出してくれるわけですよ。

たとえばインディアンスというチーム名はすべて「インド人」と訳されるも
んですから、"Indians's most hottest pitcher,Steve Karsay"は「インド人
の最も熱い投手、Steve Karsay」なんですよ。・・・いつからインド人にな
ったんでしょうか(笑)? 他にも選手名でもこういうことがたびたび起こり
ます。カブスのところで「マーク優美」なんてのがあって「ユミって誰?」
と思ったらグレースのことだったり、It's Gone!のオフでは"A.B."としてお
なじみのアルバート・ベルの場合、"Belle"に「美人」という意味があるらし
く、その訳文と彼とのギャップにはただただ笑うしかありません。(^^;

単語登録すればいいんでしょうが、こういう超訳が見られるってのもネタ探
しの最中の息抜きになってるもんですから、ひとまず今シーズンはこのまん
まで続けるつもりです。もっと英語を勉強しろ? おっしゃるとおりで(笑)。
(ともすけ/rickey24@mail.goo.ne.jp)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

編集後記
●ゲレロの連続試合安打は31試合で終わってしまいましたが、あんまり話
題にならなかったのがちょっと可哀相。何事も続けることは大変なんですよ
ねぇ。HPもメルマガも、って一緒にしちゃダメか(^^;(momo)
●いやぁ、マイケル・ジョンソンすごいっすねぇ。それにしてもこの名前っ
て、日本で言えば山田太郎になるんだろうなぁ(^-^;(Marcy)
●ご存知の方も多いかも知れませんが、元Cubs選手が3人以上所属している
チームはWorld Seriesに勝てないというデータがあるそうです。てな訳で、
Bravesさん!Mulholland返して〜。(Cubもり)
●Topixのスキマからのバックナンバーを作りました。興味のある方はご一覧
を。http://www.kiwi.ne.jp/~saiti/mlb/topix.html(ともすけ)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
次回の発送は9月4日を予定しています。
広告掲載をご希望の方は、メールにてご一報ください。企画書をお送り申し上
げます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★