GO TopPageRankingSurfingGuestBookChat
ThemeSearchSendformBBS
E-mail
GO Colosseum
Click
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
週刊メジャーリーグ
編集責任者/発送 momo(yankees@mail.goo.ne.jp)
編集/It’sGone! With 7IS
(Marcy/Cubもり/ともすけ)

毎日の最新情報をホームページでお伝えしています
It’s Gone!(../../Colosseum/5326/)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〓〓【松竹梅競馬予想 『ゴッチ新聞』】〓〓〓〓〓〓〓〓
   回収率&的中率のバランス抜群!!
 無料<松竹梅競馬予想>は【ゴッチ新聞】の中心サイト。
  <GOLF>はゴルフ好きの休憩所。
 <ステンドの魅惑>はステンドグラスの輝きをアナタに。
 http://www.lares.dti.ne.jp/~kentata/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      日本で唯一の横浜ベイスターズ応援メールマガジン!
        ★横浜ベイスターズ 優勝カウントダウン★
             おかげさまで創刊1周年
    ../../Colosseum/2410/baystars.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━━
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Divison Series Results
American League National League
NYY 8-0 Tex NYM 8-4 Ari
NYY 3-1 Tex Ari 7-1 NYM
NYM 9-2 Ari
Cle 3x-2 Bos
Cle 11-1 Bos Hou 6-1 Atl
Atl 5-1 Hou
Atl 5-3 Hou
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MLB Topix(〜10/9)

大家メジャー初勝利!(10/3)
●レッドソックスの大家が1日の対オリオールズ戦に2番手として登板し、
3回を投げて4安打、無失点と好投、メジャー初勝利を挙げた。日本人投手
としては9人目の快挙ということになる。先発のセーバーヘーゲンがプレイ
オフの調整登板だった為2回で降板、この後を受けて4−0の3回からマウ
ンドに立った大家は、登板直後にレフト前ヒットを浴びたが続くキングセル
を併殺打、4回2死1・3塁ではコナインをセンターフライに打ち取りピン
チを凌いでいる。9回、ストッパーのベックが最後の打者メイを1塁ゴロに
打ち取ると、大家はベンチでベックを待ち受けてウイニングボールを受け取っ
ている。大家は「先発で勝ったのとは違うけど、リードを保つことができた。
内容もよかったし、嬉しい」と話している。メジャーデビューとなった7月
19日の対マーリンズ戦では守備陣の乱れもあって1回0/3を投げて5失
点と散々の内容、続く23日の対タイガース戦も4回2/3を投げて7失点
とメジャーの洗礼を受けた。マイナーに降格後、8月23日に再昇格を果た
したが、マーカーを獲得したことで再びマイナー行きを命じられ、40人枠
の拡大に伴って9月4日メジャー再々昇格、しかし先発ではなく敗戦処理と
しての登板が続いていた。メジャーデビュー戦の時には「メジャーを意識し
すぎていた」と話していた大家も、この日は「慣れてきて普通にやれるよう
になった。初勝利だけど、これで終わりではない」と話す余裕を手にしてい
る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マック鈴木2勝目!(10/3)
●ロイヤルズのマック鈴木が、1日の対タイガース戦に2番手として登板、
3回0/3を投げて4安打、無失点に抑えて今季2勝目を挙げている。5−
5の6回からマウンドに上がった鈴木は、6回裏に味方打線が4点を挙げて
勝ち越して勝利投手の権利を得ている。9月2日以来の今季2勝目、メジャ
ー通算では3勝7敗となった鈴木は、今季マリナーズ時代も含めて38試合
に登板、先発では13試合に投げて防御率は6.79。メッツへのトレード
と直後のウェバーでのロイヤルズ行き決定で、落ち着いたシーズンとは言え
ないが、最終盤での好投で来季に向けて明るい材料を抱いたままオフを迎え
ることができるようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
木田、1回無失点(10/3)
●1日の対ロイヤルズ戦でタイガースの木田が8回から登板、1回を投げて
無失点に抑えている。この試合ではロイヤルズのマック鈴木が今季2勝目を
挙げているが、木田は「チームが負けたから悔しいけど、マックには明日御
祝いの言葉をかけてあげることにします」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
インディアンス、今季1000得点!(10/3)
●インディアンスが、1日の対ブルージェイズ戦で6点を挙げ、今季の総得
点が1004となった。シーズン1000得点突破は1950年のレッドソッ
クス以来49年ぶりの記録で、今世紀では7チーム目の快挙となっている。
この日で今季160試合目となったインディアンスは、1試合平均で6.3
得点を叩き出していることになる。チーム打率.289はレンジャースの
.293に続くリーグ2位、M・ラミレスがメジャートップの165打点を
記録したのを筆頭に、R・アロマー、J・トーメも100打点を越えており、
100得点以上を記録している選手も5人いる。ちなみに本塁打の方はリー
グ7位の207本で、トップはマリナーズの241本だがこちらの得点は8
48点に留まっている。チーム1000得点目は先制ホームランを放ったフ
ライマンで、44号ソロを放ったM・ラミレスは1934年のルー・ゲーリッ
グらに並ぶ歴代12位のシーズン打点数となっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マグワイア「監督になりたい」(10/3)
●1日にセントルイスで行われたカージナルス対カブス戦で、マグワイア、
ソーサ共に不発に終わったが、この日36才の誕生日を迎えたマグワイアが
試合前に監督業を熱望する発言をして注目された。マグワイアは「引退後も
野球を続けたいし、若い選手を教えたい。監督になればオレに本塁打の質問
をするマスコミもいなくなるしな。代りに”あの場面でなぜバントやヒット
エンドランのサインを出さないんだ?”と聞かれるだろうけど」と語ってい
る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
エンジェルスのババシGMが辞任(10/3)
●エンジェルスのビル・ババシGMが1日に辞任した。長谷川のメジャー入
りに尽力したババシ氏は、今季のエンジェルスの不振の責任をとる形で離脱
した模様。エンジェルスはすでにテリー・コリンズ監督も辞任しており、こ
の秋の人事によってチーム体制も大きく変わる可能性が高い。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マグワイア64号!キングに王手!(10/4)
●2日の対カブス戦でカージナルスのマグワイアが64号ソロを放ち、本塁
打王を激しく争っているソーサに2本差とした。ライバルの直接対決第2ラ
ウンドとなったこの日放った一発は、カブスのロレインの投げた外角低目の
ストレートをセンターにライナーで叩き込む飛距離129m。ライトを守っ
ていたソーサも感心する当りだったようだ。7月上旬にスパートをかけたソ
ーサに対し、マグワイアは一時6本差をつけられたが、終盤に量産体制を形
成、残り1試合というところで2本差をつける大挽回劇を披露した。カウン
ト0−3からの本塁打は、なんとアスレチックス時代の97年7月31日以
来のことで、カージナルスに移籍してきてからは初めてのケースとなってい
る。これについてマグワイアは「0−3からはあまり打たないけど、今日は
行ったれ!という気持ちで打った。明日のラストゲームもいつも通りやるだ
けだよ」と話している。これでマグワイアの通算本塁打は521本となり、
元レッドソックスのテッド・ウィリアムス、そして元ジャイアンツのウィリ
ー・マッコビーと並んでついに歴代ベスト10入りを果たしている。一方の
ソーサはこの日1つの敬遠を含む3四球で不発。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
長谷川、2回3失点で4勝目(10/4)
●エンジェルスの長谷川が2日の対レンジャース戦に2番手として登板、2
回を投げて4安打、2四球、3失点、3自責点と打ち込まれたが、ラッキー
にも今季4勝目を挙げている。エンジェルスが3−0とリードした5回に登
場した長谷川は、1死からクレイトンにソロ本塁打を浴び、さらに満塁と攻
め立てられてライトへの犠牲フライ、レフト前にタイムリーを打たれて同点
に追いつかれてしまった。続く6回もマウンドに立った長谷川は、ここを無
失点に切り抜けたところ、この裏にエンジェルス打線が勝ち越した為、長谷
川に勝利投手がついた。長谷川は「こんな勝ち方は好きじゃない。できるこ
となら、勝利投手を返上したい気分だよ」とご立腹。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ソーサ、3年連続170三振以上(10/4)
●2日の対カージナルス戦の5回に三振を喫したカブスのソーサが、これで
3年連続170三振以上というメジャー記録を樹立した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
メッツが劇的なサヨナラ勝利!(10/5)
●3日、レギュラーシーズンの最終戦となった対パイレーツ戦で、メッツが
劇的なサヨナラ勝利をおさめ、ワイルドカード獲得の1ゲームプレイオフへ
駒を進めた。地元シェイスタジアムに集まった5万111人のファンが総立ち
となり、選手たちが大声で喜びの咆哮をあげながら抱き合う感動的なシーン
は、1−1で迎えた9回裏1死満塁、打者ピアザの場面で訪れた。パイレー
ツのクロンツがピアザに対して投げた球が暴投となり、3塁走者が生還した。
ヴァレンタイン監督は「ワンダフル!」と叫び、真っ先にベンチを飛び出し
た吉井は「ごっつええ感じ。ずっと勝つと思ってた」と話した。みぞれの為
試合開始が遅れていたミルウォーキーでのブリュワーズ対レッズ戦の結果は
この時点ではまだわからなかったが、負ければそれで終わりという思いはメッ
ツナインが共有していた模様で、追いつめられた中から得た勝利だけに感情
も爆発したようだ。この日先発したのは41才のハーシュハイザーで、初回
に1点を許したものの5回1/3を投げて先発の責任を果たしている。メッ
ツは4回にエラーがらみで追いつき、以降は両軍に0が並ぶ緊迫した展開と
なっていた。吉井は「勝って嬉しいのはどこでも同じ。プレーオフに出られ
れば、あまり入れ込み過ぎずに投げたい」と気持ちを引き締める発言をして
いる。メッツの面々がレッズの勝利を知ったのは、1ゲームプレイオフ開催
を想定して乗り込んだシンシナティへ飛ぶ飛行機の中だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
レッズ完勝!決戦の舞台はシンシナティへ(10/5)
●みぞれまじりの雨が降り続いたミルウォーキーでの対ブリュワーズ戦は、
結局試合開始予定から5時間47分遅れて開始された。予備日がない為の強
行開催だったが、この待ち時間は開始前としては史上最長となっている。試
合開始は午後9時、気温7度とコンディションは最悪で、本来ならこの試合
はカウンティ・スタジアムでの最後の試合となっていたため前売券が5万5
992枚も売れていたが、ミラーパークがクレーンの倒壊事故のおかげで工
期が延び、カウンティスタジアムは来季も使用されることが決まっているこ
と、そしてこの天候の悪さも加わり、スタンドにはわずか500人のファン
しか集まらなかった。しかし、レッズにとってはすでにメッツが勝利を決め
ていた為に絶対に負けられないこの1戦にかける意気込みはすさまじく、先
発のハーニッシュが好投、主砲ボーンが45号3ランを放って投打の両輪が
見事に噛み合って、ブリュワーズを粉砕、7−1で圧勝している。マッキー
ン監督は「明日は価値ある163試合目。何かビッグなことが起こる」と予
言めいたコメントを残している。幸い、当初はデーゲームで行われるはずだっ
た1ゲーム・プレイオフが午後7時からのナイターに変更された為、レッズ
ナインも少し休息がとれることになる。いざ決戦はシンシナティへ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マグワイア65号!ソーサ63号!共に有終の美を飾る(10/5)
●今季最終戦となった対カブス戦で、カージナルスのマグワイアが初回に6
5号ソロを放ち、2年連続4回目の本塁打王を獲得した。2死走者なしの場
面で登場したマグワイアは、昨年新記録の62号の放った時もマウンドに立っ
ていたトラックシルの低めのストレートをセンターに運んだ。引っ張り専門
だった昨年から、今年はキャンプ時に広角打法を目指してきたマグワイア、
その集大成とも言える一発で、地元ブッシュスタジアムに集まった4万79
88人のファンは総立ちになり、スタンディングオベーションでマグワイア
を迎え入れる。カーテンコールにマグワイアが応え終わるまで、拍手と歓声
は鳴り止まなかった。一方ライバルのソーサも3回2死1・3塁の場面から
レフトスタンドに63号を放って、激しかった二人の戦いの幕は降りた。試
合は雨のため5回でコールドとなっている。マグワイアは「色々なことに打
ち勝った今季の自分を誇りに感じている。チームの成績が悪く、オレもソー
サも辛い1年だったが、それでも精神面の強さは証明できたと思う」と話し、
ソーサは「グレートな1年を送ることができ、ハッピーさ。家でリラックス
し、さらにハードに鍛えて、2000年に備えるよ」と話している。なお、
マグワイアは147打点を記録してのタイトルとなったが、安打数が145
とそれを下回っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
カージナルスが観客動員で球団新記録(10/5)
●1日からの対カブス3連戦で約15万人のファンを集めたカージナルスは、
今季の観客動員数を323万356人とし、球団記録を更新した。チームは
ナ・リーグ中地区の首位争いに絡むことはできなかったが、マグワイア人気
は今年も健在だったことを改めて証明する数字となっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グレースが90年代の最多安打打者に(10/5)
●カブスのマーク・グレースが、90年代の最多安打打者となった。90年
〜今季までで合計1754安打を放っている。2位はレンジャースのラファ
エル・パルメイロで、最後まで激しく争っていたが、結局7本差。80年代
は今年殿堂入りを果たした元ブリュワーズのロビン・ヨーントとなっている。
グレースは「自分自身に乾杯!」とコメント。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アストロズが苦しみぬいて地区優勝(10/5)
●満身創痍のチーム事情ながら、アストロズが3日の今季最終戦でナ・リー
グ中地区の優勝を決定した。この日の対ドジャース戦に9−4で勝利し、地
区3連覇を決めている。来季から本拠地が新しくなるアストロズにとっては、
34年間使用してきたアストロドームでの最終戦ということになり、優勝を
また一味違ったものにしたようだ。中3日でのスクランブル登板となったハ
ンプトンが7回を投げて1失点と好投、同僚のリマを抜いてリーグ最多の2
2勝目を挙げている。今季のアストロズは、アストロドームの呪いと真剣に
語られるほど故障者が続出したが、自身も試合中に倒れて手術を受け、現場
に復帰したダーカー監督は「今年は去年に比べて全てが厳しかったが、選手
たちはよくやってくれた。最高の年だった」と振り返っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
第1回ハンク・アーロン賞決定(10/5)
●メジャーは3日、今年から創設されたハンク・アーロン賞の受賞者を発表
した。これはシーズンの安打数、本塁打数、打点数の合計で決定されるもの
で、初代の受賞者はア・リーグが合計383ポイントを積み上げたインディ
アンスのM・ラミレス、ナ・リーグは同じく384ポイントを稼いだカブス
のソーサとなっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
メッツ、1ゲームプレイオフを制してワイルドカード獲得!(10/6)
●ナ・リーグのワイルドカード争いで162試合を消化して96勝66敗で
並んだメッツとレッズによる1ゲームプレイオフが、レッズの本拠地シナジ
ーフィールドで4日行われ、メッツ先発のアル・ライターが2安打完封の快
投を演じ、5−0で勝利したメッツが1988年以来11年ぶりのポストシ
ーズン進出を決定した。メッツは明けて5日から始まるディヴィジョンシリ
ーズで、西地区優勝のダイヤモンドバックスと対戦する。ビジターのメッツ、
前日は雨のため大幅な開始時間の遅れの末勝利したレッズと共に不安材料を
抱えながらの対戦となった試合は、メッツが初回に先頭のヘンダーソンがヒッ
トで出塁すると、2番のアルフォンゾがセンターに先制の2ランを放ってス
タート。3回にも1点を追加したメッツは、5回にヘンダーソンがソロホー
ムラン、6回にも1点を追加してジリジリとレッズを引き離す。レッズは先
発のパリスに続いて2番手にネーグルとエース級を継投し、3番手には守護
神グレーブスまで投入して必死の防戦を繰り広げたが、打線がライターに手
も足も出ないという状況で追いつめられていった。この試合に臨むにあたっ
てNYのマスコミ各社は一斉に吉井を先発させろ!と書き立てていたが、ラ
イターは”幸運の”吉井のバットを持って打席に入り、吉井の好調ぶりも入
手しての好投を披露した。ライターは「今日はどうしても最後まで投げきり
たかった」と135球の熱投を振り返っている。残り3試合で2ゲーム差を
つけられる絶望的な場面からプレイオフ進出を決めたチームに、祝いのシャン
パンで目を真っ赤にしたヴァレンタイン監督は「力のある選手たちが土壇場
でやってくれた。感謝の気持ちでいっぱいだよ!」と喜びを絞り出すように
コメントしている。ヴァレンタイン監督は今年がメジャーの監督生活12年
目となっているが、ポストシーズンで采配を振るうのはこれが初めてになる。
解雇も確実と見られていたが、首は無事に胴体につながったまま来季も続投
することになりそうだ。
●最後の打者がセカンドライナーに倒れた瞬間、レッズのケーシーはチーム
メイトに抱きついて泣き崩れてしまった。ライターのカーブに手が出ず、0
行進を続けるレッズ打線に地元シナジーフィールドに集まった5万4621
人のファンは怒りとイライラが頂点に達し、なんと乱入騒ぎで3回も試合が
中断された。先制のホームを踏み、ソロホームランも放ったレフトのヘンダ
ーソンには、外野席から物が投げつけられている。敗戦後、マッキーン監督
は「オレたちがここまでやるなんて、誰も思っていなかったんだから」と選
手に労いの言葉を投げかけている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アストロズ、行き先決まらずイライラ(10/6)
●4日にメッツ対レッズの1ゲームプレイオフが行われることで、3日に中
地区優勝を決めたアストロズは5日から始まるディヴィジョン・シリーズの
相手が決まらず、地元ヒューストンに留まってジリジリと時間を過ごした。
このプレイオフでレッズが勝った場合、最高勝率のブレーブスがレッズと対
戦することになり、勝率3位のアストロズはダイヤモンドバックスと対戦す
る為アリゾナに移動しなければならない。メッツ勝利の場合は、ワイルドカ
ード獲得チームは同地区優勝チームとは当たらないという規定の為、ブレー
ブスとの試合となりアトランタに飛ばなければならない。メッツの勝利が報
じられた午後9時過ぎに、アストロズナインは急いでアトラタへの移動を開
始している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
カブスがリグルマン監督を解雇(10/6)
●4日、カブスはジム・リグルマン監督の解雇を発表した。昨年は激しいワ
イルドカード獲得戦線に勝利したカブスも、今年は地区最下位に沈み、シー
ズン中から監督解雇の噂が頻繁に流れていた。会見に臨んだリグルマン監督
は「試合に勝つことができなかったということ。誰も責めるつもりはない」
と語り、不振の責任を全てかぶる考えを明らかにしている。カブスでは今年
が5年目のシーズンだったリグルマン監督はこの間374勝419敗と負け
越している。また併せてコーチ4名の解雇も発表されており、来年3月29
日に開催される日本での公式開幕戦には、カブスは新体制での来日という
ことになる。気になる次期監督については元カブスの選手で殿堂入りも果た
しているビリー・ウィリアムス氏の名前が挙がり、就任についての打診が行
なわれているとのこと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリナーズがグリフィー、A・ロドリゲスに驚愕の条件提示!?(10/7)
●5日付のシアトル・タイムス紙が、マリナーズがグリフィーとA・ロドリ
ゲスに対して、総額2億6000万ドルという驚くべき条件で、契約延長を
申し出たと報じた。両選手は2000年のシーズンオフにFA権を獲得、セ
ーフコ・フィールドの建設費が大きく予定を上回り、その費用負担を予想さ
れているマリナーズは、再契約に必要な資金を捻出できないと見られており、
トレードで放出するのではないかと実しやかに囁かれていたが、新CEOが
就任し、この問題にどう着手するか注目されていた。同紙は金額は不確定と
しながらも、グリフィーに8年間で1億3500万ドル、A・ロドリゲスに
も8年間で1億2500万ドルという内容で交渉をしているとしている。現
在のメジャーでは、今年FAでドジャースに移籍したケヴィン・ブラウンが
7年間、年俸総額1億500万ドルの契約が最高額となっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジマー・コーチに打球が直撃(10/7)
●アメリカン・リーグのディヴィジョン・シリーズの対レンジャース戦で、
初回にヤンキースのノブロックが放ったファールが1塁側ベンチに座ってい
たドン・ジマー・コーチの顔面を直撃し、ジマー・コーチは顎と耳に裂傷を
負って、ベンチが一時騒然となった。数分後、ジマー・コーチはアイスパッ
クで顔を押さえてベンチに復帰しているが、とんだ災難に見舞われてしまっ
た。ジマー・コーチは「球場には5万人を越える人がいて、耳は10万以上
あるというのに、よりによってオレの耳を選びやがって!」と爆笑もののコ
メントを残している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
NYのファンは眠れない(10/7)
●5日、両リーグのディヴィジョン・シリーズが開幕したが、NYのファン
にとってはメッツ結成後初めてヤンキースと共にポストシーズンに進んだと
いうことで盛り上がりを見せているが、テレビ観戦もまた大変なことになっ
てしまったようだ。この日は3地区で試合が行われたが、NYでは午後4時
からアトランタでのブレーブス対アストロズが放送開始、続いて8時頃から
NYのヤンキース対レンジャース、そして11時を過ぎたあたりからアリゾ
ナでのダイヤモンドバックス対メッツ戦の放送が開始となり、終わったのは
午前2時前という超ロングランとなってしまった。まぁ、この時期は仕事な
んてしてられない、明日の朝のことなんか考えたら、ファンなんてやってら
れないよ!てなカンジなんでしょうけど、お疲れ様です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
インディアンスに抗議(10/8)
●アメリカのネイティブ・アメリカンの6団体が、インディアンスに対して、
本拠地のジェイコブス・フィールド以外でのマスコット人形”ワフー”の販
売に対して抗議した。97年にも同様にチーム名とこの人形の使用に抗議を
しているが、インディアンスのオーナーが改名を拒否したいきさつがある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2000年の公式開幕戦の概要が発表される(10/8)
●7日、紀尾井町のホテルでメジャー機構と日本野球機構が揃って会見を行
い、来年3月に開催で合意を見ていた日本での公式開幕戦についての概要が
発表された。対戦カードはメッツ対カブスで、メジャーにとっては今年のメ
キシコでの開催に続いて北米以外の地域での開幕戦開催は二カ国めというこ
とになる。また、開幕戦に先立ってオープン戦が行われ、メッツ、カブスが
それぞれ巨人、西武と対戦することも発表されている。なお、現時点では試
合開始時間と入場料金は未定となっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
レイ・ミラー監督が解雇(10/9)
●すでに既成事実の感もあったが、7日、オリオールズはレイ・ミラー監督
の解雇を発表した。ミラー監督は、オリオールズを地区優勝に導いたものの
アンジェロス・オーナーとの確執で辞任に追い込まれた現ドジャース監督の
デーブ・ジョンソン氏のあとを継いで昨年オリオールズの監督に就任したが、
その年79勝83敗と低迷、年俸総額ではメジャー3位の7850万ドルも
投入した今季は78勝84敗と更に勝ち星を減らした。また今季はFAで加
入した主砲のアルバート・ベルとも衝突し、今回の措置も時間の問題と見ら
れていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
オリオールズのワレンGMが解雇(10/9)
●オリオールズは7日、フランク・ワレンGMの解雇を発表した。理由は9
月17日のアナハイムへの遠征の際、交通渋滞で遅れると連絡を入れていた
リプケンの到着を待たずにチーム一行を乗せたチャーター機を出発させたか
らとのこと。オリオールズはこれについて「チームや野球界に貢献している
選手に対して権威を振り回し、理不尽に扱った。オリオールズとしてこれは
許されることではない」としている。しかし、実際の理由は、やはりチーム
不振の責任をとらされたと見るのが妥当の様子。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
曹錦輝がロッキーズと契約か(10/9)
●8日付の台湾各紙が、曹錦輝投手がロッキーズと契約することを報じた。
契約金は220万ドルで、11日に正式に発表されるとのこと。曹は今年高
校を卒業したばかりの18才で、台湾の松坂とも呼ばれている。先ごろソウ
ルで行われたシドニー・オリンピックの野球のアジア地区予選では対日本戦
にリリーフで登板し、サヨナラ打を被弾している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジマー・コーチ、軍隊用ヘルメットでベンチ入り(10/9)
●5日のア・リーグ・ディヴィジョン・シリーズでノブロックの放ったファ
ールの打球が顔面を直撃し、顎と耳に裂傷を追ったヤンキースのドン・ジマ
ー・コーチが、7日の第2戦に軍隊用のヘルメットをかぶってベンチ入りし、
爆笑を誘った。ジマー・コーチは「あんなに恐いことはなかったから」と理
由を語ったが、しっかりとNYのロゴまで書込まれ、試合のなかった6日に
こんな細工をしていたのかと思うと、ジマー・コーチの人柄も忍ばれるとい
うものだが、選手たちから一様に冷やかされ、バットでボコボコ叩かれてい
たのがご愛敬。試合の方は緊迫した投手戦を制したヤンキースがシリーズに
連勝、レンジャースに王手をかけている。それにしても、強面のジマー・コ
ーチ、お茶目っすよねぇ(^^;
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ツインズの身売りが合意(10/9)
●7日、かねてから球団売却交渉を続けていたツインズは、NBAのミネソ
タ・ティンバーウルブスのテーラー・オーナーを中心としたグループと合意
に達したことを発表した。メトロドームに代る新球場建設が条件となってい
るが、売却額は1億2000万ドルと推定されている。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ちょっとひとこと
●今年もレギュラーシーズンが終了し、ポストシーズンがスタート、各地で
激戦が繰り広げられているが、一方でMVPをはじめとする各賞の受賞者の
予想にも話題が集まっている。今年から新設されたハンク・アーロン賞は、
今季の安打、本塁打、打点の総合計でトップの選手が選出される為、ア・リ
ーグでは165打点を挙げたインディアンスのM・ラミレス、ナ・リーグは
最後まで本塁打王をマグワイアと争ったカブスのソーサに決定したが、MV
Pやサイ・ヤング賞についてはまだまだ諸説紛々で、票が割れそうな塩梅だ。
そんな中、ブリュワーズで今季12勝8敗、防御率4.54の成績を挙げた
野茂がカムバック賞の候補に名前が挙がっているというニュースが入ってき
た。これはブリュワーズが野茂に95年の新人王以来の賞をとらせようと球
団をあげてバックアップをしているというもので、メジャー入りした95年
に13勝を挙げて以降、16勝、14勝と3年連続で二桁勝利を挙げた野茂
が、97年のオフに右肘の軟骨除去手術を受け、その影響もあってか昨年は
不調に陥り、シーズン中にメッツへ放出されたのちも復調を果たせず6勝1
2敗に終わり、今季キャンプ中にメッツから解雇、カブスとのマイナー契約
を経てブリュワーズに移籍し、ご存知のように復活を遂げた経緯がカムバッ
ク賞に足りうるとしている。先ごろGM職を辞任しているサル・バンド氏も
「私が彼を獲得したことが間違いではなかったことを証明できる」と後押し
する発言をしている。
ただ、このオフに契約が切れるブリュワーズと野茂の関係を考えると、3年
間、年俸総額900万ドルの条件提示に首を縦に振らなかった野茂側に対し、
ブリュワーズが今後の契約交渉を進める上で球団イメージのアップを図ろう
としているといううがった見方もあるにはあるが、逆にいかにブリュワーズ
が野茂を必要としているかも如実にわかる動きとも言える。カムバック賞自
体は、やはり故障克服で1シーズンは棒に振った選手が再びメジャーに登場
して獲得する、という感が強いので、野茂が当てはまるのか、という疑問も
あるにはあるが、こうして球団が自身の為にアクションを起こしてくれるこ
とは、選手として嬉しいことに変わりはないだろう。(momo)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Topixのスキマから
【第17回・MVPとMDP】
ついにレギュラーシーズンも終わり、今やプレイオフで盛り上がっている現
在だが、そんな中でFOX Sports.com(http://www.foxsports.com/)の各チーム
番記者がそれぞれMVPとMDPを挙げていた。MVPは皆さん耳なじみがあるだろう
が、MDPというのは聞き慣れないだろう。MDPとはMost Disappointing Player
の略で、いわばもっとも期待はずれの選手とか今シーズンのA級戦犯という
ことになるだろうか。(^^; まさかA級戦犯の名前を挙げているとは思わな
かったが、ここで何チームかのMVPとMDPを挙げてみよう。

まずはカブス。MVPは文句なしのサミー・ソーサ。MDPはというとチーム最多
敗戦のトラックシルではなく(^^; ケヴィン・タパニ。前年19勝から6勝
というのは期待はずれも甚だしいということか。ジャイアンツのMVPはラス・
オーティス、MDPはガードナーとネンが候補に挙がったが、シーズンを通して
不調だったガードナーが受賞(^^; オリオールズはキャリアハイの成績を残
したサーホフがMVP、左足親指の骨折で結果的にパルメイロの穴を埋められな
かったクラークがMDPとなった。MDPは他に主だったところではロッキーズの
カイルやエンジェルスのベルチャーなど「高い年俸を払ってるわりに活躍し
ない」という理由で選ばれている選手も多い。

さてそんな中で身も蓋もない解答を出しているところがある。ツインズがそ
うなのだが、これを原文そのまま引用してみよう。
>Most Valuable Player for 1999:None
>Most Disappointing Player for 1999:Many
・・・来年の奮起を期待しております。(^^;
(ともすけ/rickey24@mail.goo.ne.jp)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

編集後記
●ちょうどワールドシリーズの週にアメリカに行くので、周りから”お前、
仕事休んで野球か?”と揶揄される始末。LA、SFのチームが勝ち残って
てくれれば、その可能性もあったのになぁ。(momo)
●プレイオフ32年ぶりの1安打完投という快投を演じ、その2日後にはセ
ーブも記録!今年のミルウッドは、本当に凄い!サイヤング賞は無理でしょ
うから、ワールドシリーズMVPを獲らせてあげたい・・・(Marcy)
●シーズン最終戦の翌日、5年間Cubsを率いたJim Riggleman監督の解任が
発表されました。新監督捜索レースで他チームを一歩リードしたと言ってい
いのかなぁ?ライバルが多そうで少し不安…。(Cubもり)
●今回のネタ元のFOX Sportsで注文したリッキーのネーム入りレプリカジャ
ージが到着。これが$120くらいで作れるんですからいいですよねぇ。来年の
公式戦に向けてメッツバージョンも作ろうかなぁ。(ともすけ)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
次回の発送は10月17日を予定しています。
広告掲載をご希望の方は、メールにてご一報ください。企画書をお送り申し
上げます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★