GO TopPageRankingSurfingGuestBookChat
ThemeSearchSendformBBS
E-mail
GO Colosseum
Click
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
週刊メジャーリーグ
編集責任者/発送 momo(yankees@mail.goo.ne.jp)
編集/It’sGone! With 7IS
(Marcy/Cubもり/ともすけ)

毎日の最新情報をホームページでお伝えしています
It’s Gone!(../../Colosseum/5326/)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〓〓【松竹梅競馬予想 『ゴッチ新聞』】〓〓〓〓〓〓〓〓
   回収率&的中率のバランス抜群!!
 無料<松竹梅競馬予想>は【ゴッチ新聞】の中心サイト。
  <GOLF>はゴルフ好きの休憩所。
 <ステンドの魅惑>はステンドグラスの輝きをアナタに。
 http://www.lares.dti.ne.jp/~kentata/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      日本で唯一の横浜ベイスターズ応援メールマガジン!
        ★横浜ベイスターズ 優勝カウントダウン★
             おかげさまで創刊1周年
    ../../Colosseum/2410/baystars.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━━
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
−特別企画!”週刊メジャーリーグ選定99年のベストナイン”−
●いつも当メルマガをご愛顧いただき、ありがとうございます。
おかげをもちまして、11月に入り読者様の総数が1000名を突破、今更
ながらメジャーへの関心の高さに編集者一同驚いております。
さて、この度は皆様から99年のメジャー・ベストナインをご投票いただき、
話題の多かった今年を振り返る企画を立案させていただきました。
日頃からの感謝の意味も込めまして、投票いただいた皆様の中から抽選で2
名様にドジャースのロゴ入りマスコット・ボール(ドジャースタジアムのチ
ームショップにて入手した物です)をプレゼントさせていただきます。
なお投票は下記フォームをコピー&ペーストしていただき、記入をいただい
た上で、メールにてご送付ください。

送付はyankees@mail.goo.ne.jpにお願いいたします。

なお、全項目にご記入いただくことを理想としておりますが、空欄ありも可
とさせていただきます。また投票はメルマガ登録のメールアドレスから1票
のみを有効とさせていただきますので、ご了承願います。
投票結果ならびに、プレゼント当選者の方は12月最終週に発送を予定して
おります99年総集編にて発表させていただきます。
たくさんの皆様からの投票をお待ちしております!

−−−−−−−−−−−投票フォームここから−−−−−−−−−−−−−
注)1つのポジションで1選手の記入をお願いいたします。
お名前(ハンドルでも可):
監督:
先発右投手:
先発左投手:
救援投手:
捕手:
一塁手:
二塁手:
三塁手:
遊撃手:
外野手1:
外野手2:
外野手3:
指名打者:

当メルマガの感想等ございましたら、ご記入ください。



ご協力ありがとうございました!
−−−−−−−−−−−−−投票フォームここまで−−−−−−−−−−−

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MLB Topix(〜11/6)

ヤンキース優勝パレードに360万人が集合!(10/31)
●ワールドシリーズでブレーブスをスウィープ、2年連続25回目のワール
ドチャンプを獲得したヤンキースが、29日、恒例の優勝パレードを行なっ
た。正午から始まったパレードを見るために、沿道に集まったファンは36
0万人を数え、ここ4年間で3回目のワールドチャンプに輝いているヤンキ
ースの勇姿を一目見ようというファンの数は、96年、98年を凌ぐ数字と
なっている。NBCが全国放送したワールドシリーズの視聴率は過去ワース
ト2位と振るわなかったが、地元ファンの関心はそれに反比例するように高
かったことを示す数字となっている。ビル街から降り注ぐ名物の紙ふぶきの
中を十数台のオープンカーに分乗したヤンキースの一行は、NY市庁舎の前
でセレモニーに参加、その際にストロベリーが壇上に立ってコメントをしよ
うとしたが、感極まって言葉を失うハプニングも起きた。昨年結腸癌が発見
されて手術、再起をかけた今年もコカインの不法所持などで逮捕されて出場
停止処分を受けたストロベリーは「オレを支えてくれてありがとう。皆を愛
している」と話した後、「オレが言いたいのは...」と話した後泣き出し、
トーレ監督に支えられて「オレを許してくれてありがとう」と涙で言葉をつ
まらせながら感謝の言葉を口にした。またコーンは「トーレ監督は父親、ジ
マー・コーチは爆発オヤジ、スタインブレナー・オーナーは風変わりで幸せ
者のおじいさん」と語り、爆笑を誘っている。ヤンキースの大ファンとして
も知られるNYのジュリアーニ市長は、関係者全員にNYの鍵を進呈し、1
0月29日をヤンキースの日とすることを宣言した。併せてワールドチャン
プのトロフィーをコピーした特大センチュリー・トロフィーも飾られている。
ジュリアーノ市長は28日に「パレードを見るためなら学校の授業を休みに
してもいい」と話して教育関係者との間で物議を醸し出したが、教育関係者
が29日の高校の出席率を調査したところ、欠席者が通常より17%も多かっ
たことを明らかにしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
FA登録選手が49名に(10/31)
●28日から開始されたFA登録について、2日目となる29日にメッツの
ジョン・オルルド、ケニー・ロジャースをはじめとする27選手が権利の行
使を表明している。オルルドはNLCSでブレーブスのロッカーから決勝ヒッ
トを放つなど勝負強い打撃を披露し、今季は打率.298、19本塁打、9
6打点を記録している。ダイヤモンドバックスのアンディ・ベネスも権利行
使を表明しており、権利を有する選手140名中、この2日間で49名がF
A市場に名乗りをあげている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
野茂のFA権行使が決定(10/31)
●契約延長交渉が決裂した野茂に対し、ブリュワーズは手続きに従いウェバ
ー公示を行なった結果、野茂のFAが29日に決定した。ウェバー公示を受
けて28日に獲得を申し入れていたフィリーズには、代理人のダン野村氏が
正式に契約を断る旨を伝えている。フィリーズのエド・ウェードGMは、同
日野村氏と電話で交渉を行なっているが「うちに魅力を感じ、少なくとも1
年はフィリーズで投げてくれると思っていた」と落胆を隠せないコメントを
出すとともに、「野茂側はFA市場で自身の商品価値を見てみたいようだ」
と語っている。野茂のFAについて、メッツ、カブスが獲得交渉のテーブル
につくという噂もあるが、決定はかなり先になりそうな状況だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
中日のサムソンがメジャー移籍へ(10/31)
●中日のサムソン・リー投手の今季限りの退団が決定した。日本時間の30
日、球団事務所に正式に退団の申し入れをし、中日側もこれを了承している。
サムソンは「ずっと自分が抱いていた夢だし、来年が自分にとって最後のチャ
ンスだと思う」と話している。昨年の開幕前にもレッドソックス入りが報じ
られたサムソンだったが、この時は条件が折り合わず日本でのプレイを選択
して中日入りを果たした。今季は中継ぎ、セットアッパーとして中日のリー
グ制覇にも貢献している。今回の移籍についてサムソンは「マイナーでも、
どのチームでも構わない。金銭的なものにもこだわらない」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
カブスの新監督はドン・ベイラー氏(11/1)
●リグルマン監督の解任後、来季に向けての監督の人選にあたっていたカブ
スが30日、ドン・ベイラー氏を就任させることを決定した。契約内容は4
年間、年俸総額520万ドルの模様。ベイラー氏はロッキーズの創設から9
8年までの6年間を指揮し、95年にはワイルドカードでのポストシーズン
進出を果たし、ナ・リーグの最優秀監督にも選出されている。今季はブレー
ブスで打撃コーチを務めていた。メジャーでは19年間プレイし、エンジェ
ルス時代の79年にMVPを獲得している。創設123年目のカブスにとっ
ては初めての黒人監督ということにもなる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビシェットがレッズへ(11/1)
●30日、レッズはロッキーズからダンテ・ビシェット外野手を獲得し、ジ
ェフリー・ハモンズ外野手とスタン・ベリンダ投手を放出した。ビシェット
は95年のナ・リーグ本塁打王で、今季も34本塁打をマーク、打率.29
8、打点もナ・リーグ4位の133打点を記録している。レッズは今季パド
レスから獲得したグレッグ・ボーン外野手がFA登録をし、移籍が濃厚となっ
ていることを受けて、来季の4番候補を獲得したことになる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
エンジェルスのGMにストーンマン氏が就任(11/2)
●31日、エンジェルスはババシ前GMの辞任以降空席となっていたGMに、
エキスポスの副社長を務めていたビル・ストーンマン氏を就任させたことを
明らかにした。エンジェルスは親会社のディズニーの意向を受けて今季のチ
ーム総年俸5200万ドルの削減を行う方針を示しており、ストーンマン氏
の起用も、緊縮財政では名高いエキスポスで財政面を担当していた手腕を買
われてのものと見られている。今年4月に3年間、年俸総額400万ドルで
の契約を取り交わした長谷川についても、同氏のGM就任によって改革の手
が伸びることが予想され、早くもトレード要員になるのでは?という見方も
出ている。なお、ストーンマン氏は現役時代に8年間のメジャー経験があり、
カブス、エンジェルス、エキスポスに在籍し、通算では54勝85敗、防御
率4.08という成績を残している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ニルソンがオーストラリア代表として出場(11/2)
●ブリュワーズのデーブ・ニルソン捕手が、オーストラリアの代表として初
めて公式戦に出場した。オーストラリアで行われている野球の4カ国対抗戦、
インターナショナル・チャレンジ・カップで10月31日にキューバ代表と
対戦したニルソンは、第一打席で死球を受けたが、第二打席ではメジャーの
意地を見せて2ランホームランを放っている。試合の方は、2−4で惜敗し
ている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
FA宣言の佐々木が、メジャー行きを明言(11/2)
●日本時間の1日、横浜の佐々木がFA宣言をし、記者会見を開いてメジャ
ーへの移籍希望を初めて公にした。FA移籍については11日が解禁となっ
ており、13日に渡米してダイヤモンドバックス、ブレーブス、オリオール
ズ、マリナーズの4球団と入団交渉を行う予定になっているとのこと。佐々
木は「アメリカに行って力と力の勝負がしたい。のびのびとした環境で、自
分自身をレベルアップさせたい」と抱負を語っている。渡米後の予定はまず
LA入りして代理人のトニー・アタナシオ氏と契約、交渉スケジュールの最
終調整をを行うとしている。契約条件として佐々木は「こっちが出した条件
を一番受け入れてくれるところ」と具体的な数字等の明言は避けているが、
巷間では複数年のメジャー契約及びストッパーとしての地位の保証、現在横
浜と結んでいる年俸5億円と大差のない数字、最低でも地区優勝できるだけ
の戦力を有する、と囁かれている。受入先として有力視されているダイヤモ
ンドバックスは、ダブルストッパーのうちオルソンがFAでの離脱が濃厚と
なっているが、ダイヤモンドバックス側は一時日本のマスコミに佐々木に対
して大きな評価をしていない、とコメントをしている経緯があり、今後の動
向が注目される。メジャー全体では、今年のFA市場は昨年のランディ・ジョ
ンソンやケヴィン・ブラウンといった大物投手の姿がなく、総じて不作と言
われているが、FAでの移籍が有力視されているストッパーとしてはインディ
アンスのM・ジャクソン、前出のダイヤモンドバックスのG・オルソンといっ
た程度で、大きな動きはないのではと見られている。従って、ここに佐々木
が登場すると、俄然注目度もアップするのでは、とも言われているが果たし
てどうだろうか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
インディアンスの新監督はチャーリー・マニエル氏(11/3)
●マイク・ハーグローブ監督を解雇し、空席だったア・リーグ中地区チャン
プのインディアンス監督の座には、打撃コーチのチャーリー・マニエル氏が
就任することとなった。マニエル氏は初代赤鬼(二代目はホーナー)として
76年から81年までヤクルトと近鉄でプレイし、両チームのリーグ初制覇
に大きく貢献しているが、引退後は指導者としてもその才能を発揮、94年
にインディアンスの打撃コーチに就任してからは強力打線をより破壊力のあ
るものにしたばかりか、心臓発作でシーズン中に倒れた昨年も、見舞いに来
たトーメにバットを握らせ、病室で打撃フォームのチェックをするなど熱血
指導が話題にもなった。今季のインディアンスはメジャー49年ぶりの10
00得点を突破、マニエル氏の手腕は更に高く評価されることとなっている。
就任についてマニエル氏は「オレは野球男。全人生を野球にかけているし、
オレより野球が好きな奴は見たことがない」と話している。また「やるから
にはワールドシリーズ優勝を狙う。10月を目指してスタートするから、見
ていてくれよ」とロッテの八木沢投手から顎に骨折を負う死球を受けても、
フットボール型ヘルメットを着用して戦列復帰を果たしたファイトは、未だ
に健在であることをアピールした。日本では79年にMVP、本塁打王2回、
打点王1回を獲得している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
担当記者選出のオールスター発表(11/3)
●AP通信が1日、メジャーの担当記者などが投票で選出する今季のメジャ
ー・オールスターを発表した。合計12人のメンバーのうち7人が中南米出
身の選手で、アメリカ出身選手を上回り、昨今のメジャーの実状を如実に表
す結果ともなっている。全体で103票のうち101票を集めたのはレッド
ソックスのペドロ・マルテイネスで、文句なしの右投手部門選出。注目され
た左投手ではダイヤモンドバックスのランディ・ジョンソンが選出され、ナ
・リーグ最多勝のアストロズ、マイク・ハンプトンは落選し、勝利数よりも
奪三振数が評価される形になっている。またリリーフ部門ではワールドシリ
ーズMVPのヤンキース、マリアノ・リベラが選出された。大接戦だったの
は1塁手部門で、ナ・リーグ本塁打王のカージナルス、マーク・マグワイア
はシルバースラッガー賞に続いてここでもアストロズのジェフ・バグウェル
に敗れ、スターがひしめく遊撃手部門ではア・リーグ首位打者のレッドソッ
クス、ノマー・ガルシアパーラがヤンキースのデレク・ジーターを抑えて選
出されている。外野手部門のトップはカブスのサミー・ソーサだった。
詳しいメンバーは下記URLにて掲載しております。
../../Colosseum/5326/topix9940.htm
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ハーシュハイザーがFA登録(11/3)
●メッツのハーシュハイザーも1日、FA登録を行なった。ドジャース時代
の88年にサイ・ヤング賞を受賞、今季は32試合に登板して13勝12敗、
防御率4.58、7月22日には通算200勝を達成とまだまだ元気なとこ
ろを見せているハーシュハイザーは、昨年在籍していたジャイアンツと年俸
額で折り合いがつかずに離脱、一端古巣のインディアンスとマイナー契約を
行なったが、今季開幕直前に先発投手枠を確保するというメッツとメジャー
契約、野茂を弾き出す形でチームに合流している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グリフィーがマリナーズに放出を要求(11/4)
●2日、マリナーズに対してケン・グリフィーが移籍を申し入れ、球団側も
これを受け入れた為、今オフのトレードは確実となった。2000年オフで
現在の契約が切れるグリフィーについて、マリナーズはすでに8年間、年俸
総額1億3500万ドルでの契約延長を打診しているが、グリフィーは家族
の近くでプレイしたいとし、金銭以外にも理由を述べて今回の申し入れに至っ
ている模様。現在4年間、年俸総額3400万ドルでプレイしているグリフィ
ーについては、すでに昨年から次の契約の行方に注目が集まっていたが、今
年開設した新本拠地のセーフコ・フィールドにまつわる1億ドルの負債の行
方と、グリフィーと同時期に現在の契約が終了するA・ロドリゲスとの契約
交渉も絡み、今季のマリナーズはとかく金銭の話題で終始したことは確か。
新球場で初めてのフルシーズンとなるマリナーズにとって、スター選手が在
籍していることは必要不可欠な条件でもあり、今季はGMも替えて交渉にあ
たらせるなど精力的な動きも見せていたわけだが、今回のグリフィーの申し
入れでそれも水泡に帰すこととなってしまった。グリフィーは「87年に入
団してからマリナーズでしかプレイしていない自分にとって、難しい決断だっ
た。金額の問題ではないことは分かって欲しい。家族の近くでプレイしたい
ということを、ファンやチームメイトに理解してもらいたい」と話している。
マリナーズがグリフィーに対して提示していた8年間、年俸総額1億350
0万ドルという数字は、現在スポーツ界最高額となっている97年にNBA
のティンバーウルブスがケヴィン・ガーネットと結んだ6年間、年俸総額1
億2600万ドルを総額で上回るばかりか、1年平均でも現在メジャートッ
プのドジャース、ケヴィン・ブラウンの1500万ドルを越える金額。グリ
フィーの妻と二人の子どもは現在フロリダ州オーランドの自宅に居住してお
り、グリフィーの望む条件で、かつこれだけの高額年俸を賄える球団という
ことで、移籍先はブレーブスになるのではないかと見るのが有力の様子。一
方、粘り強く交渉を続けていたマリナーズのリンカーンGMは「我々にでき
ることは、彼の決断を尊重することだけ」と苦渋の表情で話すに留まってお
り、万策尽き果てた、という無念さがコメントの端々から垣間見える状況と
なっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
吉井に放出の噂浮上(11/4)
●メッツの吉井にロッキーズとのトレードの噂が浮上した。これは2日付の
スポーティング・ニュース紙に掲載されたもので、メッツとロッキーズとの
トレード話の中で、その交換要員として吉井の名前が入っているというもの。
ここでは吉井の他にボビー・ジョーンズがメッツ側の放出メンバーとされて
おり、対するロッキーズからはアストロズから移籍後不振のシーズンが続い
ているダリル・カイル、ペドロ・アスタシオの両先発投手の名前が挙がって
いるとのことで、特に吉井+ジョーンズとカイルの2対1のトレードで交渉
が進んでいると記されている。すでにカイルの代理人もメッツがトレードの
交渉を行っていることを認める発言をしており、6日から開始されるGMの
会合でも、この話は継続して進められるのではと見られている。ロッキーズ
はカイルの年俸800万ドルの支払に難色を示していると言われており、ま
たメッツもカイルだけではなくパドレスのアンディ・アシュビー獲得にも食
指を動かしていると見られている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホワン・ゴンザレスはタイガースへ!3対6の大型トレード成立(11/4)
●96年、98年のリーグMVPを獲得したレンジャースの主砲ホワン・ゴ
ンザレスを含む3対6のトレードが2日成立した。タイガースへはゴンザレ
スの他にダニー・パターソン投手、グレッグ・ゾーン捕手が移籍し、レンジャ
ースへはジャスティン・トンプソン投手、フランシスコ・コルデロ投手、ア
ラン・ウェブ投手、ゲーブ・カプラー外野手、ビル・ヘセルマン捕手、フラ
ンク・カタラノット内野手が移籍することになった。ゴンザレスは今季打率
.326、39本塁打、128打点を挙げ、打点王を獲得した昨年同様、打
棒は好調だったが、2年連続でALDSにスウィープされたレンジャースは
チーム改革に乗り出す必要に迫られてのトレードとなった模様。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
今季最優秀監督はレッズのマッキーン監督(11/4)
●AP通信によると、今季のメジャー最優秀監督は、レッズを率いたジャッ
ク・マッキーン監督に決定し、2日発表された。レッズは今季最終盤までア
ストロズとナ・リーグ中地区の首位攻防戦を展開、ナ・リーグのワイルドカ
ード獲得の為、メッツとの1ゲームプレイオフに臨む大躍進を見せたが、そ
の一方でチームの総年俸がメジャー30球団中22位という内容での好結果
が、今回マッキーン監督が選出された大きな理由となっている模様。この投
票は全米の記者や放送関係者によって行われたが、その中で43票が投じら
れている。ちなみに2位はレッドソックスを率いたジミー・ウィリアムス監
督で27票、一方2年連続ワールドチャンピオンにヤンキースを導いたジョ
ー・トーレ監督と、11年ぶりにメッツをポストシーズンに引き上げたボビ
ー・ヴァレンタイン監督がそれぞれ6票を集めて6位タイで並んでいる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ストロベリー残留(11/4)
●2日、ヤンキースはダリル・ストロベリー外野手の残留を決定した。今オ
フでFAの権利を有するストロベリーは、昨年10月に結腸癌が発見されて
手術を受け、リハビリ中の今季開幕時にコカインの不法所持他で逮捕と8月
まで試合出場停止処分になっており、ヤンキースの対応が注目されていた。
ヤンキースは、現在の契約に付帯するオプションを行使して契約延長を行い、
ストロベリーの来季年俸は75万ドルということになる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
選手ランキングトップにアルバート・ベル(11/4)
●2日、メジャーはここ2年間の成績をもとに作成したメジャー選手のラン
キングを発表した。ここで1位に選出されたのは、オリオールズのアルバー
ト・ベル外野手で、同じく投手ではレッドソックスのペドロ・マルティネス
が見事トップに輝いている。日本人選手では先発部門のヤンキース伊良部と、
リリーフ部門のエンジェルス長谷川が共に24位でAランク、吉井と野茂は
Bランク、そして木田とマック鈴木がCランクとされている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
インディアンスの売却合意(11/5)
●インディアンスが売却されることが3日明らかになった。リチャード・ジ
ェイコブス・オーナーが、弁護士のラリー・ドーラン氏と彼の親族による信
託へ、3億2000万ドルで売却することに合意している。ジェイコブス氏
は「この売却はチームやファンにとって大きな転機となるが、ドーラン氏と
彼の親族は、来世紀も球団経営を必ず成功させてくれることを誓ってくれた」
と売却の理由を語っている。今後は来年3月までに事務的な処理を済ませ、
6〜18ヶ月以内にオーナー会議で承認を受ければ、昨年FOXグループが
ドジャースを買収した際の3億1100万ドルを抜き、メジャー史上最高額
での売却成立ということになる。ジェイコブス氏は86年に4500万ドル
でインディアンスを買収しており、実質13年間で資産を7倍増とした計算
が成立つ(スゴイっすね/momo)。ドーラン氏は弁護士協会を経営し、
またヤンキースやメッツの買収に奔走したケーブルヴィジョン社の株も取得
している実業家でもある。インディアンスはハーグローブ監督の解任に続き、
このオフは大きな動きを続けている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
オリオールズ監督にハーグローブ氏(11/5)
●多額の資金投入をしながらも2年連続で低迷した責任をとらせる形でレイ・
ミラー監督を解雇していたオリオールズは、3日、来季からマイク・ハーグ
ローブ氏を監督に就任させることを発表した。ハーグローブ氏は今季までイ
ンディアンスを指揮し、現役では4位の通算勝率.550を誇り、95年、
97年にはワールドシリーズにチームを導いたが、就任中はついにワールド
チャンプを手中におさめることができず、ア・リーグ中地区を圧倒的な強さ
で制しながらも、ALDSで2連勝からレッドソックスに3連敗を喫した直
後に解雇されていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
デービー・ロープス氏がブリュワーズ監督に(11/5)
●シーズン中にフィル・ガーナー監督を解雇、以降ジム・ラフィーバー監督
代行で戦っていたブリュワーズの新監督に、今季はパドレスで1塁コーチを
務めていたデービー・ロープス氏が就任することが3日明らかになった。こ
れはミルウォーキーの地元紙が報じたもので、球団の要請をロープス氏が受
託したとしている。ロープス氏は1972年にドジャースでメジャーデビュ
ーを果たし、16年間の選手生活を送って87年に引退。以降レンジャース
やオリオールズでコーチを歴任しているが、監督はこれが初めて。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
コーンがFA登録(11/5)
●ヤンキースのデヴィッド・コーンが、3日FA登録を行なった。今季は3
1試合に登板、12勝9敗と完全試合を達成しながら数字的には今一つだっ
たコーンだが、ワールドシリーズでも頭脳的なピッチングを披露し、先発の
柱としてヤンキース優勝に大きく貢献している。コーンは昨年もFA登録を
しながらヤンキースに残留、しかし1年契約だった為、今年再度FA登録を
行なっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
吉井がグッドガイ賞に選出(11/6)
●NYのメジャー担当記者40名の投票で選出されるグッドガイ賞に、今年
はメッツの吉井が選ばれた。これは成績のよさだけでなく、地元マスコミと
の友好関係を保っている選手が条件となっており、英語のハンディがある日
本人選手が選出されるのは異例のことと言える。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
リグルマン氏がインディアンスのコーチに就任(11/6)
●マニエル新監督のもと、人事刷新が続いているインディアンスは、今季カ
ブス監督を解雇されたジム・リグルマン氏をコーチとして迎え入れることを
決めた模様。これは4日にラジオ出演したリグルマン氏本人が明らかにした
もので、役職はブルペンコーチか3塁コーチになる予定とのこと。インディ
アンスではハーグローブ前監督解雇の後、リグルマン氏にも監督就任の声を
かけていたようだが、結局コーチとしての入閣で落ち着いた様子。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アストロズが新ユニフォームを発表(11/6)
●4日、アストロズが来季から使用する新しいユニフォームを発表した。今
年までの無地から、ピンストライプが加わったのが特徴で、この日の発表会
ではラリー・ダーカー監督がモデルとして登場、会場から喝采を浴びている。
アストロズは94年に現行のユニフォームを採用しているので、これが5年
ぶりのモデルチェンジということになる。来季から新球場へ移転するアスト
ロズは、星のロゴにも変更を加えている。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ちょっとひとこと
●シーズン終了と共に、ストーブリーグが開幕、早くもタイガースとレンジャ
ースの間で大型トレードが成立するなどストーブどころかゴールデンフィン
ガー’99リーグとでも名付けたいような状況となっているが、監督人事も
大変な動きを見せている。すでにシーズン中に監督を解雇、終盤を監督代行
で凌いだエンジェルスやブリュワーズをはじめ、タイガース、カブス、イン
ディアンス、オリオールズがシーズン終了直後に次々と監督解雇を発表し、
この秋は粛正の嵐が吹きすさぶこととなってしまった。昨年はデービー・ジョ
ンソン、ジム・リーランドという名将二人の去就が注目されたが、今年はブ
レーブス打撃コーチのドン・ベイラーに監督就任要請が集中、さしずめベイ
ラー争奪戦の様相を呈し、結局ベイラーがカブスを選択したことで、ドミノ
倒し式に他球団も監督が決まっていったというのが特徴だった。
通常、メジャー球団は選手には金をかけるが監督やコーチに大枚ははたかな
いものだが、カブスはベイラーに4年間、年俸総額520万ドルを提示、そ
の手腕にかける期待の大きさをうかがわせたものの、すでにブレーブスにマ
ルホランドを放出するなど若手中心の布陣に切り替え終えたカブスだけに、
来季いきなり好成績を挙げろというのも、なかなか難しい注文かもしれない。
一方、残留した監督も非常に厳しい秋を迎えている。最終盤までメッツ、ア
ストロズとポストシーズン行きを争ったレッズのジャック・マッキーン監督
などは、あれだけの指導力を発揮しながら来季契約についてレッズが提示し
た金額がたった5万ドル増の50万ドル。契約交渉の途中でマッキーン監督
が希望した額との開きを嘆き、退団も辞さないとコメントした末に出た言葉
が「仕方ない。やれと言われれば、やるしかないじゃないか!」というから、
聞かされるこちらも切なくなってくる。こうした契約のもつれが、来季のモ
チベーションに影響しなければいいのだが...。デービー・ジョンソン監
督がドジャースに鳴り物入りで入団し、選手年俸にも大金をかけてのシーズ
ンに轟沈した結果、解雇はないものの批判にさらされるツライ秋を過ごして
いるのは理解できるにしても、8年連続で地区制覇を成し遂げ、96年以来
のワールドシリーズに駒を進めたブレーブスのボビー・コックス監督でさえ、
ヤンキースにスウィープされた今ではアトランタに身の置き所がないという
厳しい現実。結局我が世の春を謳歌しているのは、2年連続ワールドチャン
プ獲得のジョー・トーレ監督のみ。勝負の世界は勝ってなんぼとは言え、こ
のギャップの激しさに同情を禁じ得ない。監督たちの2000年に、幸多か
れと祈らずにはいられない。 (momo)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【Topixのスキマから/第20回・ツインズの屈辱】

ちょうどミネソタ・ティンバーウルヴスが来日しているときではあるが、同
じミネソタつながりでこんな話題を。ツインズとセントポールにとっては厳
しい結果が出てしまった。というのもセントポール市のダウンタウン近辺に
新球場を建設、その建設費に市の税収の一部を使うべきかどうかという住民
投票が行われたのだが、結果は否決。この結果はセントポール市のコールマ
ン市長にとっても、ツインズのフロントにとっても大きなショックだったよ
うだ。

「セントポールにチームを呼ぶことは我々の大きな夢だったんだが・・・ 
残念ながら夢に終わってしまうようだ」と市長はかなり落ちこんでいるよう
だが、それもそのはず。この新球場建設のために一大キャンペーンを組んで
いたのだ。そのキャンペーンというのはかつてのツインズのスタープレイヤ
ーであるカービー・パケット、ジャック・モリス、ティム・ラウドナー、ケ
ント・ハーベック、また現役のロン・クーマーとテリー・スタインバックと
いうそうそうたる面々を使って賛成票を集めようというものだった。

しかし投票結果は賛成42%に対して反対58%と、ツインズとセントポー
ル市にとって不運な結果となってしまった。このキャンペーンにはツインズ
も30万ドルという額をかけていただけに痛手は大きい。ツインズのオーナ
ー、カール・ポーラッドは「我々を拒否するなんて信じられない。ショック
だ。これ以上のコメントはない」とのこと。こういうコメントもないんじゃ
ないかとは思うが、今年の成績ではセントポールの市民が盛り上がらないの
も致し方ないところであろうか。番記者には「チームMVPはナシ、A級戦犯
いっぱい」と書かれてしまうわ、セントポール市には拒否されるわというツ
インズの受難はいつまで続くのだろうか?
(ともすけ/rickey24@mail.goo.ne.jp)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

編集後記
●帰国して1週間、未だに時差ぼけから解放されず、冴えない毎日を送って
おります。それでも今週、ついに当メルマガの読者様が1000名を突破!
これを契機にシーズンオフも弾けていきたいっす!(momo)
●アトランタにグリフィーJr.が来れば、一体何番打つんでしょう?(^-^;
(Marcy)
●'99シーズンのWrigley第1戦で始球式を務めた元Bears RB:W.Payton氏
が45歳の若さで亡くなりました。Bearsの永久欠番となっている#34を着用
するKerry Woodには何としても復活してもらわねば。(Cubもり)
●「まぐまぐメルマガイド」が5日に発売されました。ここに週刊MLBの
ことも紹介されています。なんか自分のコラムが紹介されてるのって嬉しい
ですねぇ。(ともすけ)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
次回の発送は11月20日を予定しています。
広告掲載をご希望の方は、メールにてご一報ください。企画書をお送り申し
上げます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★