GO TopPageRankingSurfingGuestBookChat
ThemeSearchSendformBBS
E-mail
GO Colosseum
Click
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
週刊メジャーリーグ(特別増刊号/10月最終週の補完ヴァージョン)
編集責任者/発送 momo(yankees@mail.goo.ne.jp)
編集/It’sGone! With 7IS
(Marcy/Cubもり/ともすけ)

毎日の最新情報をホームページでお伝えしています
It’s Gone!(../../Colosseum/5326/)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〓〓【松竹梅競馬予想 『ゴッチ新聞』】〓〓〓〓〓〓〓〓
   回収率&的中率のバランス抜群!!
 無料<松竹梅競馬予想>は【ゴッチ新聞】の中心サイト。
  <GOLF>はゴルフ好きの休憩所。
 <ステンドの魅惑>はステンドグラスの輝きをアナタに。
 http://www.lares.dti.ne.jp/~kentata/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      日本で唯一の横浜ベイスターズ応援メールマガジン!
        ★横浜ベイスターズ 優勝カウントダウン★
             おかげさまで創刊1周年
    ../../Colosseum/2410/baystars.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━━
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

MLB Topix(10/24〜10/30)

ソーホーの代替選手認められず(10/24)
●ワールドシリーズ第1戦を前に、ルイス・ソーホー内野手の父親が21日
に心臓動脈瘤の破裂により死去したため、ヤンキースは第1戦、第2戦に限っ
てソーホーの代替選手の登録を申請したが、却下された。ソーホーは試合観
戦の為母国のベネズエラから渡米していた父親の遺体をニュージャージーか
らベネズエラへ搬送しなければならなくなったことから、この期間のワール
ドシリーズ出場が無理となり、ヤンキースはこの代替選手の申請に至ったが、
セリグ・コミッショナーは「シリーズ中の登録メンバー変更は認められない」
とこの申し出を受け付けなかった。これを受けてスタインブレナー・オーナ
ーは「ルイスは父親の遺体に付き添わなければならないのに、何てひどい裁
定を下すんだ?」と暴言を吐き、申請却下に加えてこちらでも今後波紋を呼
びそうな展開となってきた。スタインブレナー・オーナーの発言の裏には、
今季26失策、ポストシーズンでも対レッドソックス戦で二つの疑惑のプレ
ーを犯したノブロックの守備の不安があり、ヤンキースはソーホーをワール
ドシリーズで先発2塁手として起用することを検討している最中だったこと
がある。トーレ監督は「ソーホーがいないことで、状況も変わってしまった」
と困惑を隠せないコメントを出している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
伊良部、ワールドシリーズのメンバーから外れる(10/24)
●ヤンキースは、ワールドシリーズの出場メンバー25人を22日に決定し
たが、伊良部が登録メンバーから外れ、ジェイソン・グリムスリー投手が代
わってメンバー入りを果たすことになった。伊良部はALCSの第3戦で打
ち込まれたクレメンスの後を受けて念願のポストシーズン初登板を果たした
が、4回2/3を投げて8失点とつかまり、ワールドシリーズのメンバーに
残留できるかが注目されていた。伊良部は「ここ数日間、自分の置かれた立
場を考えていたので、特にがっかりはしなかった。ただ、今季はやり残した
ことが多かった」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ワールドシリーズを前に、両監督がコメント(10/24)
●23日から始まるワールドシリーズについて、ヤンキースのトーレ監督、
ブレーブスのコックス監督がそれぞれシリーズに向けてのコメントを出して
いる。トーレ監督は「メッツとの対戦になっていたら、大騒ぎになって試合
に集中することが難しかったかもしれない。90年代を代表するチームのブ
レーブスと再び戦えることができて、楽しみだ」と語り、コックス監督は
「前回対戦した96年に比べると、うちは打線のパワーが少し落ちているか
もしれない。ただ先発陣、リリーフ陣ともにいい」とコメントしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アトランタ市長の要求は却下(10/24)
●ワールドシリーズでは恒例の地元チームの市長同士が勝敗をかける習わし
が、今回も行われることになった。しかしキャンベル・アトランタ市長とバ
ーンズ・ジョージア州知事が提案した賭けの対象をNY側がが断る異例の展
開となり、話題になっている。アトランタ側の要求は、ヤンキースが勝てば
ジョージア州庁舎のジミー・カーター元大統領の銅像にヤンキースの帽子と
ユニフォームを着せ、ブレーブスが勝てばNYのシャーマン将軍の銅像(シャ
ーマン将軍は南北戦争でアトランタを焼き払った人物)にブレーブスの帽子
とユニフォームを着せる、というものだったが、これを聞いたNY側は、熱
烈なヤンキースファンとしても知られるジュリアーニNY市長をはじめとし
て「元大統領を敬わないことには驚きを隠せない」とコメント、アトランタ
特産のピーナッツとNY名物のスペアリブなどを賭ける例年通りの物品獲得
合戦に落ち着いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
オールセンチュリーチーム決定(10/25)
●23日のワールドシリーズ第1戦を前に、メジャー機構は今世紀の最強メ
ンバーをファンの得票を中心にして選出したオールセンチュリーチームを発
表した。100人の候補選手から得票上位の投手6人、外野手9人、捕手、
各内野のそれぞれ2名、そして特別選考委員会が補充した5名の合計30名
が名前を連ねている。最高得票は2130試合連続出場を果たし、アイアン
ホースの異名で愛された元ヤンキースのルー・ゲーリッグの120万799
2票で、中間発表ではトップだったベーブ・ルースを最後の直線でかわした
形になっている。3位には通算755本塁打を記録し、今季から設けられた
賞にもその名前が冠さられたハンク・アーロンが続いた。また投手部門トッ
プはノーラン・ライアンが獲得している。現役では昨年シーズン70本塁打
の記録を達成したマーク・マグワイア、連続試合出場記録を持つカル・リプ
ケンら4名が選出された。また、89年に野球賭博に関わったとして野球界
から永久追放されたピート・ローズ氏が、外野手部門の9位にランクされ、
メンバー入りを果たしている。30名のうち存命のメンバーが、ワールドシ
リーズ第2戦開始前に行われるセレモニーに出席する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヤンキースが第1戦を逆転で先勝(10/25)
●ワールドシリーズ第1戦が、23日にブレーブスの本拠地であるアトラン
タのターナー・フィールドで行われ、ヤンキースが逆転で4−1と勝利、9
6年の第3戦から続いていたワールドシリーズの連勝を9に伸ばした。ヤン
キースの先発はヘルナンデス兄、ブレーブスは事前に発表されていたグラヴィ
ンが風邪で急遽登板を回避し、代わってマダックスがマウンドに立った。3
回までヘルナンデス兄に無安打に抑えられていたブレーブスは、4回にチッ
パー・ジョーンズのソロホームランで先制したが、ヤンキースは8回にマダッ
クスの攻略を開始し、ブロシャスがレフト前ヒットで出塁すると、代打スト
ロベリーが四球、ノブロックが決めた絶妙の送りバントがマダックスの横を
抜けてハンターの失策を誘い無死満塁のチャンスに。ここでジーターが同点
のタイムリーをレフト前に運ぶとブレーブスはマダックスに代えてロッカー
を投入したが、オニールが勝ち越しのライト前2点タイムリーヒットを放ち、
エラーも絡んでレイリッツが押し出しの四球とヤンキースはこの回一挙に4
点を挙げてブレーブスを突き放した。8回途中から登板したリベラは1安打
を浴びたものの無失点で切り抜けて今シリーズでまず1セーブを挙げている。
7回を投げて1安打、1失点のヘルナンデス兄はポストシーズン5連勝、肋
骨骨折を押しての出場で決勝打のオニールは「本当はこうして話しているの
もツライ」と話しながら、「それでも打てば最高なのさ」とコメントしてい
る。一方敗れたブレーブスのマダックスはグラヴィンから直接電話で代理登
板を要請されての投球となったが、8回に与えたストロベリーへの四球から
崩れてしまった。コックス監督は「マダックスがいい当たりを許したのはジ
ーターのタイムリーだけ。微妙な判定も勝敗を左右した」と悔しい気持ちを
抑えてのコメントを出している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ピート・ローズがオールセンチュリーチーム表彰の場に登場(10/26)
●24日のワールドシリーズ第2戦開始前に、前日発表されたオールセンチュ
リーチームのメンバーのうち、存命の18名が登場し、スタンドから大喝采
を受けた。この中で、最も関心を集めたのがピート・ローズの姿で、89年
に野球賭博に関与したことを受けて永久追放処分となり、歴代1位の425
6安打を放ちながらも未だに殿堂入りを果たせていないローズは「この場に
来ることを可能にしてくれたファンに感謝したい。いつか2度目のチャンス
をもらえると思っている。もう一度野球を教えたい」と話して、処分の解除
を訴えるコメントを出している。しかしセリグ・コミッショナーは依然とし
て永久追放の解除については可能性がないことを明言しており、ローズの望
みはかなうことはない模様。また、NBCのインタビュアーが野球賭博を行
なったのか否か、永久追放については?と執拗な質問攻めを行なってローズ
が激怒するハプニングがあり、NBCには抗議の電話が約600本も殺到す
る事件に発展した。ローズは「10年も前のことを聞かないでくれ。また掘
り起こすのか」と憤慨している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アーロンが始球式(10/26)
●ワールドシリーズ第2戦の始球式に、オールセンチュリーチームの得票で
3位にランクされたハンク・アーロンが登場、スタンドから大声援を受けた。
アーロンは66年から74年までブレーブスでプレイしており、アトランタ
のグラウンドで感慨深げに始球式を執り行っている。また、今年から新設さ
れたハンク・アーロン賞の表彰式が、ワールドシリーズ第4戦の試合開始前
に行われることがこの日発表されている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヤンキース連勝!(10/26)
●24日にブレーブスの本拠地ターナーフィールドで行われたワールドシリ
ーズの第2戦は、ヤンキースが初回からブレーブス先発のミルウッドを打ち
こんで5回までに7点を奪って快勝し、今ワールドシリーズの成績を2勝0
敗として本拠地ヤンキースタジアムに舞い戻ることになった。ヤンキースは
初回にノブロックからの3連打で先制すると、マルティネス、ブロシャスに
もタイムリーが飛び出して3点を先制、以降3回には4安打で2点、4回、
5回にも1安打で1点ずつとソツのない攻撃でブレーブスをじりじり引き離
し、投げては先発のコーンが頭脳的な投球でブレーブス打線を翻弄、7回を
投げて1安打の好投で勝利に貢献している。初回2死3塁でジョーダンの放っ
た打球がライトから本塁に吹き付ける強烈な風で押し戻される幸運にも助け
られた。最終回、メンドーサがつかまって3安打で2失点となったが、大勢
に影響はなかった。これでヤンキースはワールドシリーズで10連勝を決め、
トーレ監督はJ・マッカーシー監督が37年から41年にかけて作った連勝
記録に並び、ヤンキースにとって14回目のワールドシリーズ開幕2連勝を
飾っている。今回のヤンキースを含めて2連勝でシリーズをスタートしたケ
ースは過去45回あるが、そのうち34回が優勝をさらっている。逆に連勝
でスタートしながら優勝を手にできなかったケースとして、最も近年では9
6年のブレーブスが第3戦から4連敗を喫しており、この時の相手がヤンキ
ースだった。トーレ監督は「コーンの好投が試合の流れを決めた。初回にウィ
リアムスが併殺打に倒れたのち、2点目、3点目を挙げられたことが大きかっ
た。勝っても選手たちに油断はないと思う」と話し、コックス監督は「9回
まで、攻撃では何もできなかった。メッツとのNLCSでもそうだったが、
得点出来る方法を考えなければ」と語っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ドジャース元会長のオマリー氏が日本シリーズで激励(10/27)
●元ドジャース会長のピーター・オマリー氏が日本時間の26日、日本シリ
ーズが行われているナゴヤドームを訪れて、試合前にダイエーの王監督と対
面した。王監督は「お久しぶりです。お会いできることを楽しみにしていま
した」と挨拶し、オマリー元会長も「グッドラック」と声をかけている。ダ
イエーは福岡ドーム開設の年にドジャースを招いて親善試合を行なったこと
もあり、王監督も巨人での現役時代にはドジャースタウンのあるベロビーチ
でキャンプを経験しているなど、両者の関係は深い。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
NBCのジム・グレイが「私は謝罪しない」(10/27)
●ワールドシリーズ第2戦の開始前に行われたオールセンチュリーチームの
表彰式に姿を現したピート・ローズ氏に対して、野球賭博に関する質問を集
中させたNBCのレポーター、ジム・グレイに対する非難の声が高まってい
るが、25日、当のグレイが「私は謝らない」と徹底抗戦の構えを見せた。
グレイは「あなたは容疑を否定しているが、それならなぜ処分を受け入れた
のか」などと質問を浴びせてローズを激怒させたため、視聴者から抗議の電
話がNBCに殺到する騒ぎを起こしているが、グレイは「当たり前の質問を
しただけ」と話し、視聴者から寄せられた謝罪要求を突っぱねている。しか
し、AP通信にも「あのブルドッグ野郎を鎖でつないでおけ」という電子メ
ールが届くなど、波紋は広がる傾向を強めている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリナーズGMにパット・ギリック氏(10/27)
●25日、マリナーズはパット・ギリック氏のGM就任を発表した。ギリッ
ク氏は昨年までブルージェイズ、オリオールズのGMを歴任している。マリ
ナーズでは、来年オフに契約が切れるグリフィーとA・ロドリゲスとの契約
延長という問題を抱えているが、今年からオーナーに就任したアメリカ任天
堂のリンカーン会長とアームストロング球団社長が、この交渉の適任者とし
てギリック氏にラブコールを送り続けていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
野茂、ブリュワーズとの交渉決裂でFAか(10/28)
●ブリュワーズとの契約延長交渉に臨んでいた野茂だったが、結局26日に
決裂した。結果ブリュワーズは野茂をリリースすることとなりウェバー公示
を経て29日にFAとなることが濃厚となっている。サル・バンド氏に代わっ
てGMに就任したディーン・テイラー氏が精力的に野茂の代理人であるダン
野村氏と交渉を続けていたが、最終的にブリュワーズの提示した2年間、年
俸総額850万ドルにオプションの3年目と出来高分を加えて最高1450
万ドルに達するという条件を、野茂側は首を縦に振らなかったと見られてい
る。野茂側は3年間、年俸総額2700万ドルでの契約を主張し、両者の差
が埋まらないまま交渉期限の26日午後2時を迎えてしまった。テイラーG
Mは「現在の野茂の価値に見合った最大限の条件提示をしたつもりだった。
何としても引き止めたかったが...」と無念のコメントを残している。
野茂の移籍先については諸説紛々としているのが実状だが、先発投手陣が充
足しているのはヤンキース、ブレーブス、アストロズの3球団というのが実
状で、他球団はそのほとんどが今季12勝を挙げた野茂に対して興味を抱い
ていると見られている。中でもエンジェルスは今季ずっと野茂の調査を行なっ
ており、古巣のドジャースもマリナーズのA・ロドリゲスをトレードで獲得
する動きを見せており、その交換相手にイスマエル・ヴァルデス投手が入っ
ているとされているため、実際に動きはじめれば先発陣が不足、野茂獲得へ
と走るのではという噂も流れている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
クレメンテ賞にグウィンが選出(10/28)
●今年のロベルト・クレメンテ賞が26日に発表され、パドレスのトニー・
グウィン外野手が選出された。71年に起きたニカラグア大地震の救援物資
を搬送中に飛行機墜落事故に遭い、命を落とした元パイレーツのロベルト・
クレメンテにちなんで創設されたこの賞は、グラウンドでの活躍とチャリティ
ー活動への貢献度が最も顕著だった選手に贈られているが、今季通算300
0本安打を達成したグウィンは独自の義務基金を設立するなど熱心なボラン
ティア活動を続けており、この点が評価されている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
伏兵カーティスがサヨナラ!ヤンキース3連勝でシリーズ王手!(10/28)
●移動日を挟んで26日にヤンキースタジアムで行われたワールドシリーズ
第3戦は、劇的な幕切れでヤンキースが6−5で制し、3連勝で早くも王手
をかけた。ヤンキース先発のペティートは制球に苦しみ、高めに球が浮く中
での投球となったが、ブレーブス打線はこれを見逃さずに初回に先制すると、
3回に3点、4点にも1点を追加してペティートをKO。5−1として試合
を有利に進めていたが、風邪で心配されたグラヴィンのスタミナが徐々に切
れはじめた5回にカーティスがソロホームランで反撃開始、7回にマルティ
ネスがライトスタンドにソロホームランを叩き込むと、疲れが見えた8回に
はノブロックがライトフェンス最上段に打球が当たりながらもスタンドイン
する幸運な2ランを放ってグラヴィンをマウンドから引き摺りおろした。試
合は同点のまま延長へ。そして10回裏、カーティスがこの日2本目となる
ソロホームランをリリーフのレムリンガーから放って、ヤンキースがサヨナ
ラ勝利をおさめた。ノブロックの打球をグラブの小指に当てながら捕球でき
なかったライトのジョーダンが「あと数センチ高くジャンプできていた
ら...」と悔しがったが、このプレイが試合の流れを決定づけた形となっ
ている。コックス監督は打球が跳ねてスタンドに入るのを見て、唇を噛み締
めながら「こんな狭い球場があるのか?普通ならライトフライだろう?」と
無念さをぶつければ、グラヴィンも「ナ・リーグのどの球場でも本塁打には
ならない当たり」と語った。しかし、コックス監督にしてみればグラヴィン
の降板のタイミングを図りながらもグラヴィンから「大丈夫」という言葉を
受けての続投指令だっただけに、悔やみきれない結果となり、その気持ちが
吐かせた言葉だったようだ。一方、殊勲打を放ったカーティスは「寝ても覚
めても守備のことばかりを聞かれる。グラウンドで結果を出すしかなかった」
と話しており、「サヨナラ弾なんて生まれてはじめて。電気が足に流れるの
を感じた」と興奮した面持ちでその時を振り返っている。トーレ監督は「リ
ードされても、今のチームは9回まで試合を諦めない。予想しなかったカー
ティスの2発は素晴らしかった。明日も厳しいが、決められればいい」と語
り、2年連続のスウィープでのワールドチャンプ獲得を暗に狙うコメントを
出している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
NBCのジム・グレイにカーティスがコメント拒否(10/28)
●ワールドシリーズ第3戦でサヨナラ弾を放ったカーティスが、放送を担当
したNBCのヒーロー・インタビューを拒否した。第2戦でオールセンチュ
リーチームに選出されたピート・ローズ氏に野球賭博の一件や永久追放につ
いての質問を浴びせたジム・グレイがマイクを向けた為に起きた事件を受け
て、ヤンキースのナインはグレイの取材については断ることを事前に申し合
わせていたとのこと。カーティスはそれを忠実に実行したことになった、と
いう塩梅で、カーティスがベンチ前で「オレたちは何もしゃべらないことを
決めた」と話して立ち去るのを見て、グレイが「君は本塁打についても何も
話さないつもりか?」と絶叫する場面が全国放送で流れ、茶の間の失笑をかっ
ていた(私も大笑いしました/momo)。この日、グレイは「ヴィデオで
見ると、あのような舞台でファンが不快に思ったのはわかる」としながらも、
ローズ氏に対しては「謝罪をするつもりはない」と改めて話していたが、さ
すがにカーティスのコメント拒否はコタえたかもしれない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヤンキースが4連勝で25回目のワールドチャンプ獲得!(10/29)
●3連勝で勢いに乗るヤンキースが、27日のワールドシリーズ第4戦も4
−1で制してスウィープを完成、25回目のワールドチャンプを獲得した。
優勝投手は今季ブルージェイズから移籍したクレメンスで、レッドソックス
時代以来メジャー16年の生活で欲しくてたまらなかったチャンピオンリン
グを遂にその手中に収めている。7回2/3を投げたクレメンスは4安打、
1失点の好投でチームを勝利に導き「ヤンキースの一員であるということが、
やっとわかったような気がする」と話して目を赤くしている。今年の4月、
昨年のワールドチャンプに輝いたヤンキースの面々にチャンピオンリングが
手渡された際、ナインがクレメンスに「君のために今年も勝って、もらえる
ようにしてあげるよ」と話したことが現実になった瞬間でもあった。3回に
試合を決定づける1塁強襲の2点タイムリーを放ったオニールは、この日心
臓を患っていた父チャールズさんが死去、悲しみを乗り越えての試合出場だっ
たこともあり、ヒーロー・インタビューでは流れ出す涙がとまらなかった。
トーレ監督は「彼は悲しみを試合で少しでも紛らわせたいようだった」と話
し、オニールに「お父さん(お父上、という感じで訳すと雰囲気が出るでしょ
うか?/momo)もきっと見ているよ」とささやいた瞬間、オニールの目
から涙が吹き出して、オニールは顔を覆い、そのままベンチ裏に駆け込んで
しまった。オニールは「このチームにいることを誇りに思う。でも大切な人
を失ってしまった」と喜びと悲しみが同居するする切ない胸のうちを明かし
ている。今年のヤンキースはスーパースターだったジョー・ディマジオ氏が
他界したのを始め、ブロシャスの父親が9月に、ソーホーの父親もシリーズ
直前の21日に他界するなど悲しみに襲われるシーズンとなっているが、ト
ーレ監督は「自分の病気もあったし、肉親を失った選手が何人もいた。それ
だけに今回の優勝は特別な思いがするよ」としんみりと語っている。一方、
第3戦で4点差を逆転されて敗北し、シリーズの流れを完全に持っていかれ
てしまったブレーブス側は、シリーズ通算8連敗の汚名も同時に着せられる
こととなってしまったが、コックス監督は「ここまで来たら勝ちたかったが、
ヤンキースはグレートなチームだったよ」と脱帽のコメントを残している。
守備の乱れがこの日も出、記録はヒットとなったが、3回に出た1塁クレス
コのプレイが、結局7回を投げて11奪三振と力投した先発のスモルツの足
を引っ張ることになってしまった。チッパー・ジョーンズは「不公平だ。ヤ
ンキースがパーフェクトなシリーズを演じ過ぎたよ」とコメントするのが精
いっぱい、スモルツも「これまで築き上げてきたレベルでは、ヤンキースに
届かなかった」とサバサバとした表情で語っていたのが印象的だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ワールドシリーズMVPはリベラ(10/29)
●ヤンキースのスウィープで幕を閉じたワールドシリーズのMVPは、3試
合に登板して1勝2セーブを挙げたマリアノ・リベラ投手に決定した。27
日の第4戦でも8回途中からテーマソングの「エンター・サンドマン」に乗っ
て登板し、チッパー・ジョーンズをセカンドゴロに打ち取ると、続く9回も
3人で切って取り、ワールドシリーズでは通算12回1/3、ポストシーズ
ンでは25回2/3無失点の記録を継続した。リベラは「MVPはみんなの
もの。オレは試合の最後のアウトをとる気分が最高なんだ。挑戦しがいがあ
るし、血が沸き立つからね」と語っている。レギュラーシーズンの7月31
日からの連続無失点は43回に伸びて、向かうところ敵なしといった状況。
またポストシーズン通算の防御率は0.38で、こちらは投球回数30回以
上の投手の中ではダントツの成績となっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
シリーズ分配金、今年も1人30万ドル以上の見込み(10/29)
●ワールドシリーズに勝ったヤンキースの面々に手渡される分配金は、今年
も1人30万ドル以上に達する見込みとなった。分配金はワールドシリーズ
とリーグチャンピオンシップ第4戦まで、そしてディヴィジョン・シリーズ
第3戦までの売り上げから各60%が対戦したチームに分配されるシステム
で、ワールドシリーズ勝利チームに36%、敗戦チームには24%がそれぞ
れ割り当てられる。ちなみに昨年は優勝したヤンキースがベンチ入り選手1
人あたり31万2042ドル、敗れたパドレスのナインには1人当たり20
万4143ドルが分配されている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アーロン賞受賞式にアーロン氏自らが祝福(10/29)
●今季から制定されたハンク・アーロン賞の受賞者が27日正式に発表され、
ナ・リーグはカブスのサミー・ソーサ、ア・リーグはインディアンスのマニ
ー・ラミレスがそれぞれ初代受賞者に名前を連ねたが、同日のワールドシリ
ーズ第4戦開始前に授賞式が行われ、ハンク・アーロン氏自らが出席して両
選手を祝福した。ソーサは「小さい頃からずっとハンク・アーロンを見て育っ
た。彼に近づけることを目標に、いい選手になることができた」と語ってい
る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ウェバー公示の野茂にフィリーズが獲得意志(10/30)
●ブリュワーズとの再契約交渉が決裂し、ウェバー公示されていた野茂につ
いて、28日にフィリーズが獲得の申し入れを行なった。2年間、年俸総額
850万ドルに加えて3年目のオプションでは年俸総額1450万ドルとい
う条件を提示したブリュワーズに対して、野茂側は3年間で年俸総額270
0万ドルを要求、交渉期限の26日になっても両者の主張の差は埋まらず、
手続き上の問題からウェバー公示された野茂だったが、フィリーズの申し入
れも断ってFA登録を行なうものと思われる。フィリーズもエースのカート
・シリングが2000年のシーズンに契約最終年を迎え、年俸は565万ド
ルという事情を抱えており、野茂側がブリュワーズに対して要求している契
約内容を実現するのは難しいという見方が有力だ。フィリーズのエド・ウェ
ードGMは「先発ローテの質を厚くしたい。野茂が受け入れてくれれば、チ
ームにとって2000年の財産になる」と話しているが、ダン野村氏は「フィ
リーズを拒否してFAを選択することになると思う」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
NY市長が問題発言(10/30)
●ヤンキースの優勝に湧くNYから、いかにもという話題が舞い込んできた。
27日、NYのジュリアーニ市長が「ヤンキースの優勝パレードを見るため
なら、学校の授業を休んでもいい。むしろいい遠足になる」と発言し、物議
をかもしている。NY市の教育関係当局は「29日は授業を行なう」と明言、
生徒やその親にしっかり登校するように呼びかけを行なっている。ヤンキー
スの熱烈なファンとして有名なジュリアーニ市長らしいエピソードというこ
とになりそうだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ドジャースのCEOにデーリー氏就任(10/30)
●28日、ドジャースはワーナー・ブラザースの前会長兼最高経営責任者
(CEO)のロバート・デーリー氏を球団のCEOに就任させたと発表した。
デーリー氏は約20年に渡ってワーナーブラザース社の経営を取り仕切って
成功をおさめており、ドジャースとしてはチーム建て直しの切り札としてそ
の手腕を期待しているとのこと。デーリー氏は「私はドジャースを再びチャ
ンピオンにするために全力を尽くす」とコメントしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
シルバースラッガー賞発表(10/30)
●バットメーカーのルイビルが制定するシルバースラッガー賞が28日に発
表された。これはメジャー各球団の監督、コーチがその年に活躍した選手を
投票して選出するもので、いわばプロの目から見たオールスターといった趣
向のもの。レッズのラーキンが9回目の選出を受けたのをはじめ、マリナー
ズのグリフィー、メッツのピアザがそれぞれ7回目の選出を受けている。ナ
・リーグ本塁打王のカージナルスのマグワイアが落選している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
FA登録に20選手が追加(10/30)
●28日、レッズのG・ボーン、ブレーブスのO・ニクソン、インディアン
スのM・ジャクソンら20選手がFA登録を行なった。今年はFAの有資格
者が140名おり、登録の締め切りは11月11日となっている。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

−ご挨拶と告知−

●発行お休みをいただいた10月31日号に掲載を予定していたTopix
を、増刊号という形でお届けすることになりました。まだ2週間前だという
のに、もう随分と昔のニュースのように感じるのは、メジャーリーグの動き
が早すぎるからなのでしょうか?

●11月7日号で募集いたしました99年のベストナイン投票は、11月3
0日を締め切りとさせていただきます。皆様、どしどし投票ください!
なお、まだまだ投票を受け付けておりますので、下記フォームにてご送付願
います!

送付はyankees@mail.goo.ne.jpにお願いいたします。

全項目にご記入いただくことを理想としておりますが、空欄ありも可とさせ
ていただきます。また投票はメルマガ登録のメールアドレスから1票のみを
有効とさせていただきますので、ご了承願います。
投票結果ならびに、プレゼント当選者の方は12月最終週に発送を予定して
おります99年総集編にて発表させていただきます。
投票いただいた方の中から2名様に、ドジャースのロゴ入りマスコットボー
ルをブレゼントさせていただきます!

−−−−−−−−−−−投票フォームここから−−−−−−−−−−−−−
注)1つのポジションで1選手の記入をお願いいたします。
お名前(ハンドルでも可):
監督:
先発右投手:
先発左投手:
救援投手:
捕手:
一塁手:
二塁手:
三塁手:
遊撃手:
外野手1:
外野手2:
外野手3:
指名打者:

当メルマガの感想等ございましたら、ご記入ください。



ご協力ありがとうございました!
−−−−−−−−−−−−−投票フォームここまで−−−−−−−−−−−

●11月5日に株式会社メディアファクトリーより「まぐまぐメルマガイド」
が発売されました。当週刊メジャーリーグも紹介されております。本体価格
は900円です。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
次回の発送は11月20日を予定しています。
広告掲載をご希望の方は、メールにてご一報ください。企画書をお送り申し
上げます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★