週刊メジャーリーグ(2月27日号/その1)



=================================================================[PR]===
■■■今乗ってるクルマは、いくらの価値があるだろう?■■■■■■■■■
 
  クルマの乗り換えをお考えなら、
  まず、今お乗りのクルマの価値を調べてみましょう!
詳細はこちら http://dt.magclick.com/.dt/C/gMTk5LzUxMDAvNTEwMAwMTEvwMTQ
=================================================================[PR]===
インターネットで投資信託 野村アセット・マネジメント投信のプラザネット
プラザネットは好きな時に自分の判断で投資したい方のためのサービスです。
ファンドのリスクを理解して、あなたのペースで資産形成をはじめませんか?
          ↓↓↓資料請求はこちら↓↓↓
http://dt.magclick.com/.dt/C/gMjIwLzUxMDEvNTEwMQwMTEvwMTQ
========================================================================

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
週刊メジャーリーグ
編集責任者/発送 momo(yankees@mail.goo.ne.jp)
編集/It’sGone! With 7IS
(Marcy/Cubもり/ともすけ)

毎日の最新情報をホームページでお伝えしています。
It’s Gone!(http://www.geocities.co.jp/Colosseum/5326/)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〓〓【松竹梅競馬予想 『ゴッチ新聞』】〓〓〓〓〓〓〓〓
   回収率&的中率のバランス抜群!!
 無料<松竹梅競馬予想>は【ゴッチ新聞】の中心サイト。
  <GOLF>はゴルフ好きの休憩所。
 <ステンドの魅惑>はステンドグラスの輝きをアナタに。
 http://www.lares.dti.ne.jp/~kentata/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MLB Topix(〜2/22)

佐々木、キャンプ初日(2/20)
●18日に始まったマリナーズのキャンプで、佐々木がメジャーのキャンプ
のスケジュールのきつさに目を白黒させている。午前10時にキャッチボー
ルで始まったこの日、当初は余裕の表情だった佐々木も、20分ごとに区切
られたメニューが開始されると一転、約3時間のスケジュールを消化した頃
には疲労の色がありありと浮かんでいたとのこと。佐々木がまず驚いたのが、
移動の早さ。すべて駆け足で次の練習に向かわなければならず、その間水さ
えも飲めないあわただしさ。その上佐々木は次にどこに行けばいいかわから
ずグラウンドを右往左往、ブルペンでの投球も行ったが、実質10分間で4
0球を投げなければならず佐々木は不満たらたらで「フォームがバラバラ。
調子は最悪。ストレートとチャンジアップしか投げるなというので、カーブ
が投げられなかった。オレ、チェンジアップはないでしょ?だからストレー
トばかり」と思わずこぼしてしまうほど。前日にFor The Team
を口にした佐々木だったが「僕はちぎって投げるタイプではないので、急い
で投げてフォームを崩しても仕方がない。明日からは自分のペースで投げ、
時間がきたらその球数で終わります」と話すに至っている。一方佐々木を見
守ったプライス投手コーチは「日本と練習方法がちょっと違うと思うけど、
投手陣の中で一緒にやったことがよかった。順応しようとしている」と評価
するコメントを出し、ピネラ監督も「どのように適合していくかだね。今は
投げられる体を作ることで十分」と話している。また佐々木は首脳陣の配慮
でモイヤーの隣のロッカーを使用することになり、この日も身振り手振りで
会話を交わす姿が見られている。モイヤーは自主トレ中にも佐々木に話しか
け、キャンプやシーズンの過ごし方を伝授しており、佐々木にとってはあり
がたい配置となった様子。モイヤーは「佐々木はきっとチームの貴重な戦力
となる。練習にもすぐに慣れるさ」と話している。その証拠に投手−一塁で
の連携守備練習では、「I Got It !」「Take !」と指示を
出し、溶け込むまでそれほど時間がかからないことを予感させていた模様。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ソーサ、キャンプインに間に合わず(2/20)
●13日から投手陣がキャンプインしているカブスは、18日に野手組も集
合したが、サミー・ソーサはインフルエンザの為今年も間に合わなかった。
ソーサはTV局が企画したホームラン競争に出場する為にラスベガス入りし
たが、インフルエンザにかかって入院、現在も加療を続けている。昨年もハ
リケーンの被害に遭ったドミニカを救済する為に飛びまわり、結果キャンプ
合流に遅れているが、エド・リンチGMは「ソーサとは27日までにキャン
プに参加すればいいという契約をずっと結んでいる。心配ないよ」とかばう
コメントを出しているものの、ドン・ベイラー新監督は「走塁や守備も鍛え、
もっと完璧な選手になって欲しいのに」と不安な表情を見せている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ガララーガがキャンプに参加!(2/20)
●18日、ブレーブスもキャンプインとなり、昨年は癌が発見され治療とリ
ハビリでプレイすることができなかったアンドレス・ガララーガ内野手が元
気な姿を見せた。早速行ったフリー打撃では40球のうち柵越え8本と好調
ぶりをアピールしており、パドレスから加入したジョイナー、そして場合に
よってはボニーヤも絡んでくると見られる1塁のレギュラー争いも一歩リー
ドという声も聞かれている。ブレーブスはロッカーの人種差別発言とそれに
伴う出場停止処分で、雰囲気的にはよろしくない状況のようだが、ロッカー
のことを尋ねられたガララーガは「もう一度チャンスをあげたいね。いいヤ
ツなんだから」とかばうコメントを出している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ケアロスが契約(2/20)
●18日、ドジャースはエリック・ケアロス内野手と3年間、年俸総額24
00万ドルで延長契約に合意した。昨年は打率.304、34本塁打、11
2打点をマークし打率と打点では自己ベストを記録している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスレチックスがジェレミー・ジアンビを獲得(2/20)
●アスレチックスは18日、ブレット・ラクストン投手を放出し、ロイヤル
ズからジェレミー・ジアンビ外野手を獲得した。昨年メジャーにデビューし、
対アスレチックス戦では兄のジェイソンとの対決も経験しているジェレミー
は、90試合に出場して打率.285を残している。現在同一球団にいる兄
弟はエキスポスのゲレロ兄弟、インディアンスのアロマー兄弟、レッドソッ
クスのマルティネス兄弟がいる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
野茂始動(2/20)
●投手組がキャンプに入った18日、タイガースの野茂も少しもみ上げが長
いスタイルで始動した。この日はブルペンで40球を投げ込んだが、首脳陣
から7割程度の力で投げろ、という指示が出ていたため、野茂も軽めの調整
に終始している。この日会見に臨んだ野茂は「今後は試合に投げた後や、故
障、特別なニュース以外での会見はしない」と宣言、合わせて「居心地いい
のか、いつもと変わらない感じだった。タイガースでは実績がないので、認
められるようどんどん投げ込んでいきたい」とコメントしている。ガーナー
監督は「野茂が36試合に先発するとすれば、そのうち24試合はチームが
勝つと計算している」と全幅の信頼を置いていることを明らかにしている。
野茂は「ドジャース時代は優勝が目標だったけれど、今は自分の力を出すこ
とが先決」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
木田、新変化球で勝負(2/20)
●タイガースの木田が、野茂と共にキャンプのスタートを切った。自主トレ
中にヤクルトの伊藤に教えを乞い完成させたいとしているスライダーも披露、
メジャー2年目に意欲的な姿勢を見せている。木田は「カーブとスライダー
の間をとってカイダー。いい感じになってきました。まぁ、曲がればなんで
もいいんですけど」と話しているが、ダン・ワーセン投手コーチは「使える
ね。これで木田はパワーとスライドで勝負できるよ」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ランディ・ジョンソン、髪を切って登場(2/20)
●ダイヤモンドバックスのランディ・ジョンソンが、トレードマークだった
後ろ髪をバッサリと切り落としてキャンプに登場、話題となっている。肩ま
で伸ばしていた通称”ライオン・ヘア”をエリで切りそろえた上、生え際を
グレーに染めたジョンソンは「髪?マウンドで風の抵抗を受けないためにね」
とコメントしたが、どうやら不運に泣いた昨年の流れを断ち切る思いもあっ
たようで、「オレはチーム内の責任をわかっているし、今年は昨年を上回る
数字を残したい」と語っている。昨年の12月に4人目の子供も生まれたジョ
ンソンは「オフは子供を寝かしつけ、子供を学校に送っていく毎日だった」
とも語っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
伊良部に右肘故障が発覚(2/20)
●エキスポスに移籍、ナ・リーグでは初めてのキャンプを迎えている伊良部
が、キャンプ初日にいきなりリタイヤとなった。18日に行われたチームド
クターの検査で、右肘に違和感があることがわかった為で、この日の午前中
は地元のメディカルセンターでMRI検査などを受けている。キャンプ地の
フロリダ州ジュピターで急遽会見を行ったビーティGMは「本人からは痛み
はないと聞いているが、どうなるかは診断の出る午後にならなとわからない」
とコメントを出している。伊良部はメジャーで初めてのキャンプを迎えた9
8年に、やはり右肘周囲炎を発症したことがある。伊良部自身はこの日から
捕手を座らせて投げる予定で、一度はユニフォームに着替えていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐々木が遠投をメニューに加えるよう直訴(2/21)
●キャンプ二日目に入ったマリナーズの佐々木は、遠投での肩作りをプライ
ス投手コーチに直訴し、これが認められた。佐々木が求めたのはブルペンに
入る前に遠投を行って肩を作りたいことと、メジャーでの1勤1休の練習ス
ケジュールではなく、日本から続けている3勤1休のペースにしてもらいた
いことで、佐々木は「朝、コーチに要望しました。僕はしっかり遠投をして
からブルペンに入る方なので」と語っている。佐々木は直訴した19日、キャ
ッチボールを終えるとさっそく通訳のアラン・ターナーさんを相手に遠投を
行ってからブルペンに入っている。初日に時間の制限の中で40球を投げた
ためにフォームに狂いが生じていた反省から、ブルペンでは周囲を気にせず
じっくりと40球を投げている。また佐々木はこの朝から自炊も開始。前夜
に米をといでおき、朝に炊飯器のスウィッチを入れ、おかずには目玉焼きと
ウィンナーを焼いたとのこと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
伊良部の右肘に血の塊、最悪手術か(2/21)
●キャンプに合流して受けたメディカル・チェックの際、右肘に異常が発覚
して練習を取りやめたエキスポスの伊良部は19日に精密検査を受けたが、
その結果右肘内部に小さな血の塊が見つかっている。診察した医師からは早
期手術を勧められたが、伊良部はこれに納得せず、再検査を申し出ている。
伊良部は「痛みも何もない」と話しているが、医師はこの血の塊が遊離軟骨
(俗に言う”ネズミ”ですね)に起因するものとの診断を下し、大事に至る
前に手術を受けることを進言した。だが伊良部は遊離軟骨自体が映像で確認
されたわけではないことを理由に「現段階では完全に納得していない」と話
し、加えて「ヤンキースで昨年に検査を受けたときは、きれいな肘をしてい
ると言われた。MRIに映っていないし、手術しても何もなかったというこ
ともありえる」と医師の言葉に真っ向から反論している。メジャーではチー
ムドクターの権限は絶対と言ってよく、通常は監督や選手が何を言おうと、
従わなければならないが、手術に踏み切った場合、復帰は4月中旬というこ
とになる見込みで、自主トレを順調に行ってきた伊良部にとってはまさに寝
耳に水の診断だったということになる。伊良部は「血の塊だけだったら薬を
飲んで散らせる。でも遊離軟骨が動いて肘に炎症が起きれば、ベストを尽く
すことができず、チームに迷惑をかける。どうするか、1日、2日しっかり
考える」と話している。また伊良部は翌20日に日本人の医師により、キャ
ンプ地のフロリダ州ジュピターで再検査を行うことになった。伊良部は軽く
体を動かした後、患部の診察を受ける予定になっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
吉井がキャンプイン(2/21)
●このオフにメッツからロッキーズにトレードされた吉井が、19日にアリ
ゾナ州ツーソンでチームに合流した。背番号21のユニフォームに身を包ん
だ吉井はストレッチを行っている際にチームメイトに紹介されている。ロッ
キーズは今季を迎えるにあたってチームに大改造を行い、投手陣だけでも吉
井を含めて11人が新顔として迎え入れられている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
リベラは調停に敗れる(2/21)
●年俸調停を申請していたヤンキースのマリアノ・リベラ投手の聴聞会の裁
定が19日に下され、ヤンキース側が主張していた年俸725万ドルが採択
された。どちらが勝っても年俸調停史上最高額となっていたが、調停委員は
リベラ側が主張していた年俸925万ドルを却下している。リベラは昨年も
年俸調停を申請しており、この時はヤンキース側が主張した年俸300万ド
ルを退けており、昨年はリベラ側が主張した425万ドルでプレイしている
が、連勝はならなかった。リベラは「これで野球に集中できる」と語ってい
る。なお、今後の契約についても引き続きリベラとヤンキースは交渉を行っ
ていくことになるが、ヤンキース側が4年間、年俸総額3600万ドルを提
示しているのに対し、リベラ側は同じ4年間ながら年俸総額4000万ドル
以上を要求しているとのこと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
年俸調停は球団側が6勝4敗に(2/21)
●19日、年俸調停を申請していたオリオールズのチャールズ・ジョンソン
捕手、レンジャースのリー・スティーブンス一塁手の裁定の結果が下され、
球団側の主張が共に認められている。これで同じくこの日調停に敗れたヤン
キースのマリアノ・リベラ投手を加えて今オフの年俸調停の結果は球団側の
6勝4敗となり、球団側は4年連続の勝ち越しとなっている。74年から行
われている年俸調停の通算でも球団側が242勝185敗とし、年俸調停に
おいては若干球団側が有利という図式は今年も変わらなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジャイアンツがヘルナンデス弟、オーティスと4年契約(2/21)
●19日、昨年のシーズン中にマーリンズからトレードされたジャイアンツ
と、リーバン・ヘルナンデス投手は4年間、年俸総額1350万ドルで契約
を結んでいる。ヤンキースのオーランド・ヘルナンデス投手の実弟であるリ
ーバンは、キューバからの亡命後メジャー入りし、97年のワールドシリー
ズではMVPを獲得したが、緊縮財政を進めて急速に戦闘力を失ったマーリ
ンズと歩調を合わせるかのように低迷、昨年も両球団通算で8勝12敗、防
御率4.64という成績だった。またラス・オーティス投手もこの日ジャイ
アンツと4年間、年俸総額870万ドルで再契約を行っている。メジャー2
年目となった昨年は全て先発で33試合に登板し、18勝9敗防御率3.8
1という見事な成績を残している。メジャー通算では22勝13敗、防御率
4.17。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
メッツの開幕投手はハンプトン(2/21)
●19日、メッツのヴァレンタイン監督がキャンプを行っているフロリダ州
ポート・セント・ルーシーで、日本で開催される公式開幕戦の先発にマイク・
ハンプトンを起用することを明らかにした。また第2戦の先発も昨年メッツ
の先発投手陣では最も勝率の高かったリック・リードを登板させるとしてい
る。98年の日米野球でも来日したアル・ライターの登板も噂されていたが、
夫人が出産を控えているため、日本での遠征には同行しない方針となってお
り、ライターは4月3日に本拠地シェイスタジアムで行われる対パドレス戦
での登板を予定しているとのこと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ガース・ブルックスもキャンプイン(2/21)
●19日、メッツのキャンプに招待されているカントリーのビッグスター、
グラミー賞2回受賞のガース・ブルックスが合流した。昨年はパドレスのキャ
ンプに参加し、オープン戦にも出場したブルックスは22打数1安打という
成績を残している。今年メッツを選択した理由としては、キャンプ地がアリ
ゾナではなくフロリダであることもその一つとのこと。御年38才、今年も
またヒットが打てるでしょうか?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
長谷川も元気にキャンプ中(2/21)
●エンジェルスで4年目のシ−ズンを迎える長谷川も、アリゾナ州テンピで
キャンプ中。二日目となった19日はランニングやノックなどで汗を流して
いるとのこと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
伊良部、右肘に問題なし(2/22)
●右肘に血の塊があると診断され、20日にスポーツ専門医による再検査を
受けた伊良部は、一転して問題なしと診断を受け、明けて21日からキャン
プの練習に参加することになった。通常通りの投球練習を行う予定で、心配
されていた出遅れの調整不足も解消されることとなる。19日にチームドク
ターによるメディカルチェックを受けた伊良部は、その際に遊離軟骨の疑い
があると診断され、手術を受けることを薦められたが、別の医師の診断も聞
きたいと即答を避け、スポーツ選手の治療に経験を持っているポール・ジェ
イコブス医師による診断を受けている。その結果、やはり遊離軟骨は確認さ
れず、小さな血の塊についても、特に問題視する必要はないとされた。伊良
部は「豆粒みたいな小さな話が、思わぬ診断で象のように大きくなってしまっ
たね」と話し、「決断を迫られたわけだから、本当にほっとしたね。これで
1年間十分に投げられるはず」と笑みを浮かべている。ビーティーGMは
「特に症状がないのでもう心配はない。新加入の選手だから慎重に対応した。
20年前後も投げていれば、どこかに問題は出る。(投げられることになっ
て)伊良部もチームもハッピーだ」と話し、またアルー監督も「全く心配し
ていなかったけど、グッドニュースだね。伊良部は先発2番手を想定してい
る。これで安心してこれまで通りのいい投球をしてくれるだろう」とコメン
トしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐々木のオープン戦登板日決まる(2/22)
●20日、アリゾナ州ピオリアでキャンプ中のマリナーズの佐々木の初登板
が、3月4日の対パドレス戦に内定した。これはプライス投手コーチが明か
したもので「肩、肘に問題がなく、健康であることが条件だが、4日あたり
になると思う」と話している。地元のファンへのお礼も兼ねるという意味合
いもあるようで、場合によってはグウィンとの対決も演出されるとのこと。
またプライス投手コーチは佐々木のオープン戦での登板について「クローザ
ーでもセットアップでも起用する。合計で10〜15イニングぐらいに投げ
てもらうことになるだろう」とも話している。この日、佐々木はブルペンで
カーブを3球試すなど順調にメニューをこなしているようで「フォームもだ
いぶよくなっている。カーブのコントロールがいいのは、フォームがしっか
りしてきているからです」とコメントしている。また地元のラジオ局のイン
タビューに答えたホセ・メサが「佐々木との争いは歓迎」と話したことを受
けて、佐々木は、「味方で争うわけではない。自分は与えられた仕事をこな
すだけ」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
大家、マック鈴木がキャンプイン(2/22)
●レッドソックスの大家が20日、フロリダ州のフォートマイヤーズでキャ
ンプインとなった。19日に現地に集合するまでLAで自主トレを行ってい
たが、大家は「昨年と同じ程度の状態です」と話している。今年はすでにメ
ジャー40人のロースターに名前を連ねており、昨年とは違って堂々のメジャ
ーキャンプだけに、残る狙いは開幕のベンチ入りということになる。また、
ロイヤルズのマック鈴木もフロリダでのキャンプに合流している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
吉井が初ブルペン(2/22)
●20日、ロッキーズの吉井が、キャンプイン後初めてブルペンに入った。
バディ・ベル監督が「彼はピッチャーが何をすべきかをよくわかっている。
大舞台での経験も豊富だしね」と語り、チーム内での注目度も高い様子。ロッ
キーズは今季を迎えるにあたってチームの陣容を大幅に変えており、少なく
とも先発に名前を連ねる投手は7人を数えるが、ラッチマン投手コーチは昨
年チームの最多勝を挙げたアスタシオを開幕投手候補にすると共に、吉井を
ローテーションに入れることを即決しているとのこと。ラッチマン投手コー
チは「吉井は間違いなく先発5人の中に入る投手だよ」と語っている。また
ストレッチ中に「吉井!今日の日本語は?」とコーチに声をかけられ、「毎
度!」と手振りを入れて応えるなど、雰囲気も悪くないようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐々木のHPが仮オープン(2/22)
●マリナーズの佐々木が渡米前にその計画を口にしていた個人のHPが、日
本時間の22日に仮オープンする。佐々木の誕生日に合わせてのスタートと
なっている。内容は佐々木の日々の出来事をつづったものになるとのことで、
国際電話を通じて生の声をファイルに落とす「今日の留守電」コーナーが設
けられているそうだ。URLは下記の通りです。
http://www.sasaki22.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ロッキーズのトライアウトに日本経験者がズラリ(2/22)
●ロッキーズのトライアウトに元中日のパウエル、ジャービス、元巨人のマ
ント、元阪神のハイアットら日本野球の経験者が集合しているとのこと。吉
井の取材に訪れた日本人の報道陣に声をかけているそうな。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グリフィーがキャンプ地入り(2/22)
●今オフにレッズに移籍したケン・グリフィーが、キャンプ地のフロリダ州
サラソタ入りした。翌21日にチームメイトや球団関係者との挨拶をする予
定だったが、家族を伴って1日早い現地入りとなっている。クラブハウスの
ロッカーには、今季から袖を通す背番号30のユニフォームがセットされて
おり、早速グリフィーはキャンプ用の帽子をかぶったが「やっぱり少し違う
かな。今までは持ち物全てが紺だったのが、今は赤だもんな」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
年俸調停を総括(2/22)
●今年の年俸調停は、例年に増して球団側に有利に働いたようだ。調停前の
平均年俸が90万6091ドルだったものが、調停後の平均は203万19
17ドルとなっており、上昇率は124%。しかしこの数字は昨年の169
%を大きく下回るもので、96年以降では最低の数字となっている。今年最
高の上昇率だたのはフィリーズのボビー・アブリュー外野手で、40万ドル
から年平均475万ドルとなり、1088%とという数字となっている。ア
ブリューは96年にアストロズでメジャーデビューを果たした後、エキスパ
ンジョンドラフトでデビルレイズから指名を受けたが、翌日にフィリーズに
ケヴィン・ストッカーとのトレードでフィリーズ入りしている。昨年は15
2試合に出場し、打率.355、20本塁打、93打点と大ブレイク。打率
.330、90打点、110得点はなんとフィリーズにとって1932年以
来67年ぶりという記録で、この驚異的な年俸上昇も納得といったところだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビリー・コーチが3年契約(2/22)
●ブルージェイズは、ビリー・コーチ投手と3年間、年俸総額350万ドル
で契約を行った。昨年メジャーデビューしたコーチは、パーソンに代わって
ストッパーとして起用され、0勝5敗ながらア・リーグの新人記録である3
1セーブをマークしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ペドロ・マルティネス、キャンプ初日を欠席(2/22)
●レッドソックスのペドロ・マルティネスがキャンプ初日の20日を欠席し
ている。理由は不明だが、兄のラモンはドミニカで行っている仕事の為に間
に合わなかったと話している。ペドロは昨年もキャンプ初日に姿を見せなかっ
た。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
トーレ監督がロッカーのサポートを選手会に要望(2/22)
●ヤンキースのジョー・トーレ監督が20日、5月1日まで出場停止処分を
受け、選手会が申し立てを行って処分の軽減を求めた聴聞会の結果を待って
いるブレーブスのジョン・ロッカー投手について、選手会にロッカーをサポ
ートするよう要望を出した。トーレ監督は「彼の発言まで弁護するつもりは
ないが、選手会は何らかの方法でロッカーを擁護すべきだ。このまま孤立さ
せておくべきではないだろう」と話し、選手会の幹部をつとめるデヴィッド・
コーン投手とこの件で話し合っている模様。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
長谷川、ツーシームを習得中(2/22)
●アリゾナ州テンピでキャンプを行っているエンジェルスの長谷川が、今季
に向けてツーシーム・ファストボールの習得に励んでいるとのこと。好調と
は言えなかった昨年を捨て去る意味でも、新しい球を取り入れて投球の幅を
持たせようという意図のようだ。長谷川は「昨年は優勝候補といわれながら
期待はずれで白けてしまった。調子は非常にいい。昨年の汚名を返上できる
よう、優勝を目指してがんばりたい」と話している。昨年は64試合に登板
した長谷川は、ペトカイゼックと並んでチーム最多登板数となっており、メ
ジャー3年間の通算で15勝16敗7セーブという成績を残している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マリッキーが野茂を語る(2/22)
●タイガースで今季はエースとしての重責を担うことになるデーブ・マリッ
キー投手が、新加入の野茂について「彼の加入は我々ピッチングスタッフに
とって非常に大きい」と話した。マリッキーは野茂がメッツ入りした際にグ
レッグ・マクマイケル投手と共にドジャースに移籍、1年半を経てデトロイ
トで同じユニフォームを着ることになった因縁浅からぬ関係だが、「メッツ
時代はドジャースの野茂といつも投げ合ってきた気がする。それが彼とのト
レード要員となり、今は同僚だからなぁ」と感慨深げな表情でコメントして
いる。ローテに組み込まれて昨年は31試合に先発、8月から9月にかけて
8連勝も記録して、14勝13敗と低迷したチームの中で勝ち越しを決めて
いる。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ちょっとひとこと
●このオフは久しぶりに各球団の監督人事に大きな動きあり、新しいユニフォ
ームに身を包んでキャンプに臨んでいる監督が7人もいる。ソーシア、マニ
エル、ループの3人は初めて監督としてのシーズンを迎えるが、ベイラー、
ベル、ガーナー、ハーグローブは過去に監督を経験しているとあって、交代
した人数の割には新鮮味に欠けているきらいは否めない。
この中の二人、タイガースのフィル・ガーナー監督が、インディアンスのチャ
ーリー・マニエル監督に対して早くも宣戦布告をし、話題を呼んでいる。ガ
ーナー監督は「今年のインディアンスは弱い。うちは野茂やゴンザレスの加
入でいいチームに仕上がったが、インディアンスの投手は弱体化した。そこ
へ打線の不調が加われば、うちにも大いに勝つチャンスはある」と話したが、
これを聞いていた取材陣が、思わず「本気ですか?」と尋ねてしまったほど
の強気の発言なのだが、これを聞いたマニエル監督は「なぜそんなことを言
い出したのか、理由はわかっている。去年のレッドッソクスとのプレーオフ
のことだろう」と答えている。昨年のALDSでインディアンスは、連勝で
一気に王手をかけながら、第3戦から投手陣が崩壊、3試合で44点という
信じられない失点でレッドソックスに逆転を許し、またしてもワールドシリ
ーズ制覇の夢が破れた。このままではいつまでたっても勝てない、と弱小だっ
たインディアンスを地区5連覇を達成するまでに成長させたハーグローブ監
督が解雇され、打撃コーチだったマニエルが監督に昇格して今季を迎えてい
る。マニエル監督は「あれは短期間での出来事。あの敗戦で我々は本当に頭
にきた。それが今シーズンを必死で戦う原動力となることを信じている」と
まずは大人の対応を見せ、その上で「確かに野茂はいいピッチャーだし、ゴ
ンザレスの獲得は攻撃力のアップにつながるだろう。だが、うちがタイガー
スよりも弱いということにはならない。むしろ、あの(ガーナー監督の)発
言をナインに伝えて、発奮材料にするよ」と軽くいなしたが、今年の両者の
対決に新たな興味が加わったことは確かだ。
ガーナー監督は闘将として知られており、92年にトム・トラベルホーンの
後を受けてブリュワーズの監督に就任、昨年8月11日に解雇されるまで7
年半を過ごしたが、この在任期間は球団記録。再就職にあたっても、引く手
あまたの中から4年間、年俸総額400万ドルの条件を提示したタイガース
を選択した。一方のマニエル監督は2年間の契約で、7人の新監督の中で最
も契約期間が短いものとなっている。他の6人が皆前年負け越したチームを
引き継ぐのに対し、マニエル監督だけが地区優勝を果たしたチームを指揮す
るということで、受けるプレッシャーの質は他の6人とは全く違うといえる
だろう。就任直後から、優勝できなければ即解雇と皆が認識している中の船
出だ。百戦錬磨のガーナー監督としては、強気の発言でチームをその気にさ
せると同時に、まずは軽くジャブを飛ばしておいて、強豪インディアンスを
監督から揺さぶろうという一石二鳥の作戦を遂行したと言えよう。デービー・
ジョンソンの遺産を全く使いこなせずにオリオールズの監督を解雇されたレ
イ・ミラーという例もあり、ガーナー監督の強かさもなかなかのもの。四面
楚歌のマニエル監督、今季の戦いぶりやいかに?(momo)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

その2をお楽しみ下さい。

次回の発送は3月5日を予定しています。
広告掲載をご希望の方は、メールにてご一報ください。企画書をお送り申し
上げます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      日本で唯一の横浜ベイスターズ応援メールマガジン!
        ★横浜ベイスターズ 優勝カウントダウン★
             おかげさまで創刊1周年
    http://www.geocities.co.jp/Colosseum/2410/baystars.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━━
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

=================================================================[PR]===
        クリック一発、保険を比較! bang!
   バン!は自動車保険の比較が自分でできる保険選択サイトです。
       保険の中身がよくわかる。保険料も比較できる。
         早い、簡単、便利。もちろん無料!
詳細はこちら http://dt.magclick.com/.dt/C/gMjI0LzUxMDIvNTEwMgwMTEvwMTQ
========================================================================