週刊メジャーリーグ(3月12日号/その1)



=================================================================[PR]===
│┏━━━━┓│■ パソコン一台、24時間、自分のペースで、投資信託 ■
│┃簡単!!┃│   投資信託の運用会社ならではの情報が満載!
│┃NeTrade ┃│   大和投資信託のネット取引《ねッ!トレード》
│┗━━━━┛│   ▼▼▼▼情報料・利用料は一切無料!▼▼▼▼
http://dt.magclick.com/.dt/C/gMzA0LzUzMDcvNTMwNwwMTEvwMTQ
=================================================================[PR]===
■■■クレディア(東証一部上場企業)のインターネットキャッシング■■■
インターネットでお金を借りる→→→申し込んだら、その日のうちに銀行振込
お金も借りるしトクもする→→→抽選でJCB商品券(5万円分)プレゼント
■■■クレディア(東証一部上場企業)のインターネットキャッシング■■■
http://dt.magclick.com/.dt/C/gMzA1LzUzMDgvNTMwOAwMTEvwMTQ
========================================================================

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週刊メジャーリーグ
編集責任者/発送 momo(yankees@mail.goo.ne.jp)
編集/It’sGone! With 7IS
(Marcy/Cubもり/ともすけ)
通巻/第0044号

毎日の最新情報をホームページでお伝えしています。
It’s Gone!(http://www.geocities.co.jp/Athlete/5326/)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〓〓【松竹梅競馬予想 『ゴッチ新聞』】〓〓〓〓〓〓〓〓
   回収率&的中率のバランス抜群!!
 無料<松竹梅競馬予想>は【ゴッチ新聞】の中心サイト。
  <GOLF>はゴルフ好きの休憩所。
 <ステンドの魅惑>はステンドグラスの輝きをアナタに。
 http://www.lares.dti.ne.jp/~kentata/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MLB Topix(〜3/8)

佐々木、エンジェルス打線の研究に励む(3/5)
●マリナーズの佐々木が、オープン戦初登板を翌日に控えた3日に行われた
対エンジェルス戦でじっくりと打線の研究を行った。この日は同地区チーム
との対戦ということもあり、佐々木はベンチ裏のモニターを随時チェック、
初回にモ・ボーンがホームランを放つと「打つねぇ」と驚いたが「でもウィ
ーク・ポイントはある。シーズンに入れば違ってくるかもしれないけど」と
研究に余念がなかった。佐々木は「いろんな打者を見ることができてよかっ
た。あとは自分で対戦してみなくちゃ」と話したが、気持ちはかなり高ぶっ
ているようで、プライス投手コーチから「明日はじっくりと調整するつもり
で投げればいいから」と声をかけられる一幕も。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
長谷川がオープン戦初登板(3/5)
●エンジェルスの長谷川が3日のマリナーズとのオープン戦に登板し、1回
を投げて三者凡退のナイスピッチングを披露している。6−3とリードした
5回裏に3番手として登場した長谷川は、先頭のハンターをストレートでセ
カンドフライに打ち取ると、続くマクレモアを見送り三振、ギーエンをサー
ドゴロに仕留めた。長谷川は「キャンプ前半にしてはいい感じ。今日みたい
にストレートのコントロールがいいのが一番」と試合を振り返っている。長
谷川はチームが低迷した昨年について「弱い時に抑えとかをやっていても楽
しくなかった」と話し、今年については「チームが勝つためなら、役割はな
んでもいい」と語っている。降板後、5回まで試合を見ていた佐々木とほん
の少し顔を合わせた長谷川は、困ったことがあったら何でも聞いてください、
と佐々木に話し、ゴルフの約束も交わしている。なお、高校時代に対戦した
ことを佐々木が覚えているということがわかって「覚えていてくれたんです
か。佐々木さん、ちょっと好きになったわ」と笑っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ソーサ、1安打、1盗塁(3/5)
●3日、カブスもオープン戦がスタートし、ホワイトソックスと対戦した。
サミー・ソーサ外野手も3番ライトで出場し、3打数、1安打、1盗塁を記
録、キャンプ合流時にベイラー監督から受けた「走塁も積極的に行って欲し
い」という注文にもきっちり応えている。試合は14−12と大乱戦になり、
開幕戦で先発が予定されているイスマエル・ヴァルデス投手が1回1/3を
投げて5失点の乱調ぶりだった一方、4番に入ったマーク・グレース一塁手
が3打数、3安打、5打点、そして新人のフリオ・ズリータ一塁手も2打席
連続で140m級の大ホームランを放っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グリフィーがオープン戦に登場(3/5)
●レッズのグリフィーが3日のツインズとのオープン戦に出場し、3打数、
1安打で新天地でのデビューを飾った。初回の第一打席はヨハン・サンタナ
のスライダーを空振りして三振、3回にライナーでライト前ヒットを放ち、
5回には再び空振りの三振でベンチに退いている。グリフィーは「いい感じ
だった。まだ始まったばかりだし、とやかく言う段階ではない」と話してい
る。しかし観客は3439人と収容人数の半分にも満たず、戦前に流れてい
たグリフィー人気の高さを証明することになはならなかったが、それでもス
タンドからグリフィー・コールが沸き起こるなど人気のほどはさすがだった
模様。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ガララーガ2安打、2打点(3/5)
●前日に約1年ぶりの実戦復帰を果たしたブレーブスのアンドレス・ガララ
ーガ一塁手が3日のオープン戦、対ロイヤルズ戦に出場し、初回にいきなり
タイムリーを放つなど2安打、2打点の活躍で、着実に復活の準備ができあ
がっている様子。ガララーガは「自分でも信じられない。でも、今日で全て
は整った」と語っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
モイゼス・アルーが復活弾(3/5)
●昨年のキャンプ前、自宅で自主トレ中に左膝を傷めてシーズンを棒に振っ
たアストロズのモイゼス・アルー外野手が、3日のドジャースとのオープン
戦に出場し、第一打席でホームランを放った。約17ヶ月ぶりの現場復帰を
自らの一発で祝ったことになる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グリーブが4年契約(3/5)
●98年の新人王で、昨年も打率.265、28本塁打、85打点という成
績を残したアスレチックスのベン・グリーブ外野手が、4年間、年俸総額1
300万ドルで契約を行った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
オープン戦の話題をまとめて(3/5)
●かつてのドジャースの名プレイヤーであるロン・セイ氏の息子であるツイ
ンズのダン・セイ内野手が、3日の対レッズ戦で2本の2塁打を放った。
●メッツの開幕投手ハンプトンは、3日の対カージナルスに先発したが、2
回を投げて4失点。「去年の悪い時の典型的なパターンだった」と反省しき
り。
●エキスポスの伊良部投手のオープン戦初登板が、6日の対メッツ戦に変更
された。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マグワイアがタイムリー(3/5)
●3日のメッツとのオープン戦に出場したカージナルスのマーク・マグワイ
ア一塁手は第一打席を見逃し三振とした後、2回に回ってきた第ニ打席でラ
イト前にタイムリーヒットを放っている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐々木、オープン戦初登板(3/6)
●4日にパドレスと行われたオープン戦でマリナーズの佐々木が登板、1回
を投げて1安打、無失点という内容だった。16−8と大量8点をリードし
た9回に6番手として登場した佐々木は、先頭のアレンをキャッチャーへの
ファールフライに打ち取ったが、続くロスコスにあわやホームランというレ
フトフェンス直撃の2塁打を浴びた。しかし、続くミリアードのピッチャー
返しを捕球し、ダブルプレーに切って試合終了としている。この日集まった
約7600人のファンは、佐々木の登場を告げる場内アナウンスに沸き、ス
タンドから拍手が起きている。これには佐々木も「柄にも無く緊張しちゃっ
た」と振り返ったが、マウンドではフォークを2球、カーブも1球織り交ぜ
た投球を見せ、今後の調整に向けて手がかりを掴もうという意図を示してい
た。ピネラ監督は「今日はとにかくストライクを投げて、本人がマウンドで
楽しんでくれたらそれでいい」と話している。佐々木は「やっぱり真っ直ぐ
は打つ。でも、腕や肘の状態は大丈夫だし、久しぶりの実戦だったからあん
な感じで十分。ただ、見逃してくれないからストライクゾーンがわからなかっ
た。これからです」と語っている。さて、佐々木と対戦したパドレスの三選
手のコメントだが、先頭のアレンは「3球しか見ていないけど、フォークは
来なかった。いい素質を持っているから必ず成功すると思うよ」とお世辞も
入っている?という話。2番手のロスコスは「フォークもカーブもあると聞
いたけど、ストレートが高めに来た」、そして3番手のミリアードは「球種
を聞いていたから、2−2の後のフォークにもバットが止まった。とてもい
い高さから落ちてくるね」とそれぞれ好意的なコメントを出している。また、
プライス投手コーチは「あのピッチャーライナーを捕球できていなかったら、
今ごろひどい腹痛に悩まされていただろうね。ピッチングに関しては何も注
文はない。後は彼の肘の調子が明日も変わらないでいることを願うだけだよ」
と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
吉井が敗戦投手に(3/6)
●4日、ロッキーズの吉井がアリゾナ州ツーソンでブリュワーズとのオープ
ン戦に先発、2回を投げて4安打を浴び、2失点で敗戦投手となっている。
ロッキーズ移籍後初のゲームでの投球となったが、ほろ苦い内容となってい
る。試合はロッキーズが2−6で敗れている。吉井についてはバディ・ベル
監督からスライダーに磨きをかけることを要請されている。ベル監督は「あ
の球場(クアーズフィールド)で吉井が投げるためには、昨年まで右打者に
対してあまり投げなかったスライダーを使う必要がある」と話しており、吉
井もその言葉を受けてこの日の登板でスライダーを投げたが、ホセ・へルナ
ンデスにセンターへのタイムリー2塁打を浴びる結果となっている。吉井が
スライダーを投げなくなったのは、メッツに移籍した初年に、このスライダ
ーを痛打された為で、打者有利のクアーズフィールドで投げる為に、一度封
印したスライダーを再び出せというのも、いかがなものかという気もするの
だが...。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マック鈴木がオープン戦初登板(3/6)
●ロイヤルズのマック鈴木が4日に行われたフィリーズとのオープン戦に登
板したが、先頭打者のプリチェットにいきなりライトポール際への本塁打を
浴びるなど、1回を投げて2安打、1失点という投球内容だった。この日の
鈴木は対戦した打者5人のうち4人までが初球ボールと制球に苦しんでおり、
本塁打も1−3から投げたど真ん中のストレートを持っていかれている。鈴
木は「制球が定まっていない。あまり高目が伸びていなかったので、低目に
投げようと意識しすぎていたかも。ボールは先行したけれど、四球はなかっ
たし、投球自体は悪くない」と話している。またストロム投手コーチは「今
年は競争が激しい。鈴木は大勢いる中の一人だ」と厳しいコメントを出して
いる。なお、鈴木から本塁打を放ったプリチェットはこの日4安打、2本塁
打の大当たりで、鈴木としては少々相手が悪かったかもしれない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
メッツ打線、5本塁打の大爆発(3/6)
●4日のドジャースとのオープン戦で、今期テコ入れがなされたメッツ打線
が大爆発した。昨年は同僚だったハーシュハイザーから、この日1番に入っ
たオルドネスがまず挨拶がわりの一発を放つと、アルフォンゾも続いた。結
局ヴェンチュラ、元広島のトカ、アボットがドジャース投手陣から本塁打を
放ち、試合も7−3で快勝している。右足の爪先を故障しているという情報
が入っていた先発のリードが勝利投手になっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グッデンが登板(3/6)
●アストロズとマイナー契約を結んで今季を迎えるドワイト・グッデン投手
が、4日の対タイガース戦に2番手で登板した。三振はなかったが、2回を
共に三者凡退に切り抜ける好投を見せている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ケンドールが復帰(3/6)
●昨年の7月4日、1塁に走り込んだ際に右足首を骨折して戦列を離れたパ
イレーツのジェイソン・ケンドール捕手が、4日のヤンキースとのオープン
戦に先発で出場した。2打数、1安打、1打点という内容で、リハビリと調
整も順調に進んでいることを印象づけている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヒッチコックが始動(3/6)
●パドレスのスターリング・ヒッチコック投手が、ようやく動きはじめた。
左肘の張りを訴えてここまで調整が遅れていたが、ようやくゲームで投球で
きるまでに回復した模様。スミス投手コーチも「火曜日には投げさせたい」
とコメントしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ディアスがレッドソックスと契約(3/6)
●ドジャースと契約を結んでいたものの、キューバからドミニカへの亡命を
ドジャースが幇助したとしてセリグ・コミッショナーが無効と判断、以後F
Aとなっていたホワン・ディアス内野手が、4日、レッドソックスと年俸4
0万ドルで契約を行った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
レッドソックスの先発5番手争いが熾烈に(3/6)
●4日に行われたツインズとのオープン戦で、今季の先発ローテ入りを狙う
レッドソックスのブライアン・ローズ、ホアン・ペーニャの両投手が好投し
た。共に2回を投げて無失点と首脳陣に強烈なアピールをしており、ウィリ
アムス監督もこれには「5番手?これから考える。内容次第だよ」と語った
が、その表情は嬉しそうだったとのこと。大家もこの最後の席を狙っている
が、その争いは熾烈さの度合いを高めていると言える。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グリフィー、オープン戦1号(3/7)
●レッズのグリフィーが、5日のレンジャースとのオープン戦で移籍後初の
本塁打を放った。レッズはこの日、チームを二分してゲームを行い、グリフ
ィーはキャンプ地サラソタでの試合に出場している。0−1とリードを許し
た4回、グリフィーはレンジャースのジェフ・ジマーマンから左中間に同点
のソロを叩き込み、初戦となった3日の対ツインズ戦での1安打に続いて気
持ちが乗ってきている様子。ライバルとなるマグワイア、ソーサにはまだオ
ープン戦での本塁打が出ておらず、まずは挨拶がわりの先制弾という格好だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マニエル監督が退院(3/7)
●ヘルニアで結腸が破れ、2月28日に緊急手術を行ったインディアンスの
チャーリー・マニエル監督が、5日に無事退院した。今後はキャンプ地のウィ
ンターヘブンにある自宅で療養を続ける予定。チームドクターは「キャンプ
に復帰したとしても、ゴルフカートに乗っての指導に限られるだろう」と話
している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ガース・ブルックスが怪我(3/7)
●カントリーの大御所で、今年はメッツのキャンプに参加しているガース・
ブルックスが5日のドジャースとのオープン戦に欠場した。4日に行った打
撃練習中に自打球を左足に受けたもので、この日は出場して三振を喫してい
る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
木田、1回1失点(3/7)
●タイガースの木田が5日のロイヤルズとのオープン戦に5番手として登板、
1回を投げて1安打、1失点、自責点0という内容だった。木田は2−1と
リードした9回に登場、この日はストッパーとしての適性も見る意味合いが
強かったようだが、木田は先頭打者を打ち取った後、ライトのエラーと当た
りそこないのサードゴロで2死2塁となり、ここでタイムリーヒットをセン
ター前に弾き返されている。木田は「一塁が空いていたので、初球をタイム
リーにされたのは反省材料。でも昨年のこの時期に比べればずっとよく、順
調」と話している。次回は中二日で8日の試合の登板が予定されている。
●木田の髪型がナインの話題となった。髪をバッサリと切り落とした木田を
見て、ブルペン捕手のネッドセットは「野茂の髪型に13ドルを床屋に払う
価値があるなら、木田のは6ドルだねぇ」と笑い、ブロカイルも「そんな髪
にした奴を、ここに連れてきてやりたいよ」とツッコミを入れ、それを聞い
たチームメイトからは爆笑が起きていたとのこと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホワン・ゴンザレス、無難に3打数1安打(3/7)
●今季からタイガースでプレイするホワン・ゴンザレス外野手が、5日の対
ロイヤルズ戦に出場し、3打数、1安打とまずまずの内容だった。ゴンザレ
スは「昨年までと違うユニフォームで出場した以外は、何もかもが普通だ」
と語っている。契約の件に関しては未だに動きは出ていない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
野茂、今年はカーブで勝負(3/7)
●7日の対ブレーブス戦で登板が予定されているタイガースの野茂は、5日、
ブルペンで投球練習を行った。ワーセン投手コーチは「今季の野茂が自分に
課しているのは、カーブに磨きをかけること、ストレートを高低に投げ分け
る、の二点だ」と話した。今年はどうやらカーブを多投する方向になるのか
もしれない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
大家、6安打、6失点(3/7)
●レッドソックスの大家が5日のツインズとのオープン戦に3番手として登
板、1/3回を投げて6安打、6失点と火だるまとなって降板した。大家は
2−3と1点をリードされた5回に登場し、先頭打者を三振に打ち取ったが、
ここから6連続安打を浴びてしまった。大家は「これで悪いところは全部出
たと思うので、次は頑張ります」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
クレメンス、メロメロ(3/7)
●ヤンキースのロジャー・クレメンス投手が5日のアストロズとのオープン
戦に登板したが、2回1/3を投げて1本塁打、3二塁打を含む6安打を浴
び、5失点でKOされてしまった。クレメンスは「これがオレのオープン戦
での調整法」と意に介さない発言をしている。確かに去年もオープン戦初戦
では打たれているが...。試合もヤンキースは2−6で敗れ、これでオー
プン戦は4戦全敗中。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
スモルツがナックルを投げる(3/7)
●ブレーブスのジョン・スモルツ投手が、5日のデビルレイズとのオープン
戦でナックルボールを披露した。かなりの変化を見せたとのことだが、この
日の結果は1回2/3を投げて5安打、3失点で降板している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
デューシーが2安打(3/7)
●95年から2シーズン、日本ハムに在籍、今年はフィリーズでプレイする
ロブ・デューシー外野手が、5日の対パイレーツ戦で2打数、2安打と好調
ぶりをアピール。現状では外野の控えに入るかどうかという状況だが、開幕
ベンチ入りをぐいっと近づけている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヤンキース、ネッツとの統合で資産増(3/7)
●5日、ヤンキースのスタインブレナー・オーナーが、ヤンキースとネッツ
が統合会社「ヤンキーネッツ」社の設立によって、約1億3500万ドルも
の資産を手にしたことが明らかになった。ニューズウィーク誌が報じたもの
で、ヤンキースの60%の所有権を持つスタインブレナー・オーナーは、昨
年の9月に資産約2億2500万ドルのネッツ買収の際、やはり取り決めに
よりその60%の資産を所有することになっている。ヤンキースは資産約7
億ドルといわれており、負債はその1/7という超優良企業だ(いやぁ、決
算時期なので、余計この数字に目が眩んだりします/momo)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
エリクソンの復帰、遅れる見込み(3/7)
●3日に右肘の手術を受け、復帰は6〜8週間後となると見られていたオリ
オールズのスコット・エリクソン投手の復帰が、5月以降にずれ込む見通し
となった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐々木が遠征先での投球を免除(3/7)
●マリナーズの佐々木が、遠征先での登板を免除されることになった。10
日の対ロッキーズ戦での登板が予定されていたが、バスによる長時間の遠征
となる為、登板日を変更することになっている。メジャーでは、主力選手が
このような待遇を受けるのが常だが、新人の佐々木がいきなり同様の扱いを
受けることは異例と言える。佐々木は5日の対パドレス戦での登板後、プラ
イス投手コーチと今後の日程の調整に入ったが、その席で遠征には同行せず、
キャンプ地のピオリアで投げ込みを行いたいという要望も伝えている。この
結果、すでに決定していた10日の対ロッキーズ戦の登板を回避することに
なった。これは試合を行うツーソンがピオリアからバスで3時間もかかる上、
試合開始時刻が夜7時で、宿泊も必要となるため。プライス投手コーチから
この件を聞いたピネラ監督もこれを容認している。佐々木は今後7日の試合
に登板した後、1日80球程度の投球練習を8日から10日まで行う。3回
目の登板は、従って12日の対エンジェルス戦か、13日の対ブリュワーズ
戦ということになる。5日の投球を見たマリナーズのアームストロング社長
は「昨日の試合でライナーがカズを襲った時、心臓が凍りそうだった。評判
通りの投手とわかった矢先だったからね」と語っている。また、プライス投
手コーチは「気になっていた右肘も全く問題はなかった。彼は過去の実績も
あるから、日本の時と同じ調整を許すことにしたんだ」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
デビルレイズ、ダイヤモンドバックスにリーグ入れ替え案(3/8)
●メジャー機構が、来季から大規模なリーグの改編に踏み切る可能性が浮上
してきた。98年に創設されたダイヤモンドバックスをア・リーグへ、デビ
ルレイズをナ・リーグへそれぞれ移動させるというもので、4月18日に開
催されるオーナー会議で審議される見通しとなっている。改編では、各地区
を近隣のチームで組織することを目的とし、移動距離や本拠地間の時差問題
を解消することが狙いとなる。7日付のUSAトゥディ紙が報じたところに
よると、ナ・リーグでは4チームずつの4地区制が浮上、ア・リーグでは現
在の3地区制を維持、東西両地区を4チーム、中地区を6チームで構成し、
ワイルドカード制も残す案がそれぞれ検討されている。特に問題となってい
るのはア・リーグの西地区で、シアトル、オークランド、アナハイムの3地
区とテキサスの時差が2時間もあり、テレビ中継等で支障をきたしている点
で、レンジャースをナ・リーグの西地区へ、ダイヤモンドバックスをア・リ
ーグの西地区に移動させて、これを解消しようというのが今回の動きの発端
となっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
伊良部、3回を2失点(3/8)
●エキスポスの伊良部が6日のメッツとのオープン戦に初先発し、3回を投
げて1安打、2三振、無四球という内容でマウンドを降りている。自らの失
投と暴投で2点を献上したが、自責点は0だった。試合はエキスポスが11
−6で勝利している。この日の伊良部は2回までを三者凡退に抑える好投だっ
たが、3回1死からエラー、ヒット、暴投で2点を失ったが、ピアザ、ヴェ
ンチュラを押え込む力投を見せた。また初めてのナ・リーグということで、
今年は打席に入ることも多くなると予想される伊良部が、この日は幸先良く
ヒットを放った。しかも無死満塁からセンター前に弾き返すタイムリーで、
打点も1を記録している。アルー監督は「最初の2回は本当のスーパースタ
ーを見ている気分だった」とご機嫌だった様子。開幕投手についても「変更
?ありうる」と今後に含みを持たせるコメントを出している。伊良部は「セッ
トアップの時にリリースポイントがずれるので、修正したい。どういう戦い
方をするのかは同僚といつも議論している。20代の選手が多いけれど、み
んなメジャーだし、いい話し合いができている」と話している。またこの日
は対戦相手がメッツだったということで、NYからも取材陣が集まり伊良部
にコメントを求めるシーンもあったが、伊良部からは放出に対する批判めい
た発言は一切なく、確執のあったスタインブレナー・オーナーについても
「野球チームのオーナーだったということ。すごい大きな車に乗っていたの
を覚えている」と話している。打席に入った感想については「ボールなんか
見えない。でもバットは持っているからね。今年の目標は打率1割!」と話
して周囲を笑わせている。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ちょっとひとこと
●オープン戦もたけなわとなり、連日試合の結果をチェックするのに一苦労、
という状況となっているが、そんな中で懐かしい名前を見つけ、思わず微笑
んでしまうことがある。
5日の対タイガース戦でロイヤルズの3番手として登板したエドウィン・ハ
タドは、元オリックスのウィンで、ちょうど対戦相手のベンチにはオリック
ス時代にチームメイトだった木田がおり、期せずして同窓会INフロリダと
いうことになった。ハタドは招待選手としてキャンプに参加、この日までカッ
トされずに登板の機会を得たわけだが、「木田とも話した。それにうちには
鈴木がいるから、日本語を教えてもらえるね」と話し、自分の置かれている
厳しい現実のことはしばし忘れ、日本のことを懐かしく思い出した様子。木
田も「体型はオリックス時代の半分になっていたから、相当気合が入ってい
るんでしょう」とエールを送っている。
一方、アリゾナでも元日本組ががんばっている。96年に巨人に入り、たっ
た10試合で解雇されたジェフ・マントだ。昨年はインディアンスと契約し、
キャンプに参加したが3Aに降格、シーズン中にヤンキースへ放出されてメ
ジャーで1試合だけ出場したが、すぐにインディアンスに戻された。さて、
これからどうしようというまさにその時、チームの体質改善と年俸削減で主
軸打者を次々と放出し、自慢の強力打線が跡形も無く消え去ったロッキーズ
が、マイナーで6年間を過ごすと獲得するFAの権利を持つマントに白羽の
矢をたてた。ロッキーズは埋もれた逸材を発掘し、打線建て直しの手がかり
を得ようと、なんとこのキャンプに70人もの選手を召集、ベル監督、オダ
ウドGMが必死に目を凝らしながら各選手の技量の見極めに躍起になってい
るが、さすがに全員を納得のいくまでチェックすることはできない。そこで、
過去のデータを紐解いてみれば、メジャーでも出場し、マイナーではそこそ
こ本塁打も出ているマントがいるではないか、ということになったようだ。
オープン戦でも連日起用されている上、地元のデンバーポスト紙もいち早く
マントを取り上げ、高校生の時に兄を、90年には妹をそれぞれ事故で失い、
帽子に妹のイニシャルを書いてプレイした、と紹介している。ユーティリティ
プレイヤーで、常に8種類のグローブを持ち歩いているというマントは、よ
うやくメジャー定着の足がかりを掴んだ。10日の対マリナーズ戦でも2打
数、1安打、2打点を記録している。(momo)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

その2をお楽しみ下さい。

次回の発送は3月19日を予定しています。
広告掲載をご希望の方は、メールにてご一報ください。企画書をお送り申し
上げます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      日本で唯一の横浜ベイスターズ応援メールマガジン!
        ★横浜ベイスターズ 優勝カウントダウン★
             おかげさまで創刊1周年
    http://www.geocities.co.jp/Colosseum/2410/baystars.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━━
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

=================================================================[PR]===
□■□■□■□■□■□■□■・インターネットで安心して新車見積がとれる
■ 自動車購入支援サイト □・諸費用等を含む総額見積を迅速にメール返信
□オートバイテル・ジャパン■・正規ディーラーによる安心の保証・サービス
■□■□■□■□■□■□■□・中古車・パーツ・ローン・保険など情報満載
Click!⇒ http://dt.magclick.com/.dt/C/gMzEzLzUzMDkvNTMwOQwMTEvwMTQ
========================================================================