週刊メジャーリーグ(4月16日号/その3)



=================================================================[PR]===
そんなに難しいシステムを構築してナレッジ・マネジメントですか?そのシス
テムで果たして本当にエンド・ユーザは自分の持っている知識を提供してくれ
るのでしょうか?エンド・ユーザにも管理者にも優しいグループウエアを使っ
て、効果的にナレッジを蓄積した方が遥かに効果的ではないでしょうか。
http://dt.magclick.com/.C/HLT0E7SZ5JeApW6mRns/JX%2B12dyyidnF
=================================================================[PR]===
…⇒ 「理想の結婚、ツヴァイで見つけた!」
……⇒ 毎日3組ずつしあわせな成婚カップルが誕生しています。
………⇒ あなたの価値観や考え方・結婚観に合う方しかご紹介しません。
…………⇒ つまりそれが「理想の結婚」への最短コースなのです。
独身者限定⇒ http://dt.magclick.com/.C/HLT0E7SZ5JeAhm6mRns/JX%2B12dyyidmm
========================================================================

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週刊メジャーリーグ
編集責任者/発送 momo(yankees@mail.goo.ne.jp)
編集/It’sGone! With 7IS
(Marcy/Cubもり/ともすけ)
通巻/第0050号

毎日の最新情報をホームページでお伝えしています。
It’s Gone!(http://www.geocities.co.jp/Athlete/5326/)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〓〓【松竹梅競馬予想 『ゴッチ新聞』】〓〓〓〓〓〓〓〓
   回収率&的中率のバランス抜群!!
 無料<松竹梅競馬予想>は【ゴッチ新聞】の中心サイト。
  <GOLF>はゴルフ好きの休憩所。
 <ステンドの魅惑>はステンドグラスの輝きをアナタに。
 http://www.lares.dti.ne.jp/~kentata/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MLB Topix(〜4/15)

吉井、好投も勝利投手になれず(4/14)
●ロッキーズの吉井が12日の対レッズ戦に先発し、6回を投げて6安打、
3奪三振、2四球、3失点と好投を見せたが、またしても勝利投手にはなれ
なかった。この日は3試合連続本塁打のグリフィーとの対決に注目が集まっ
たが、吉井は初回にライト前へタイムリーヒットを打たれたものの、2打席
目には三振を奪い、3打席目もショートライナーに打ち取って、グリフィー
の4試合連続弾を阻止している。特に三振を奪った3回1死走者無しの場面
では、吉井は渾身の投球を見せ、フルカウントになってから投げたフォーク
でグリフィーのバットに空を切らせている。吉井は「楽しめた、というより
もいい経験ができた」とこの対決を振り返っている。初回に3点を許して以降
は散発の2安打にレッズ打線を抑えた吉井は、5回、6回を三者凡退と尻上
がりに好調な投球となっていったが、残念ながら4−3とロッキーズがリー
ドして降板した7回に、リリーフのヒメネスが同点を許してしまい、今季1
勝目はおあずけとなってしまった。また吉井はこの日は打席でも活躍、4回
の2死満塁の場面でレッズ先発のハーニッシュから初球をライト前に弾き返
し、2打点を挙げている。吉井は「チャンスは1球しかないと思い、初球に
賭けていた」と殊勲の一打について語っている。本拠地クアーズ・フィール
ドでの初登板となったこの試合だが、吉井移籍時にも囁かれていた打球が飛
びやすく、変化球が曲がらないということ以上に、標高1600mのコロラ
ドの環境を、吉井は「ここに来てから頭痛がするし、激しい運動をすると吐
き気がしたりする」と話すほど過酷な模様。それでも登板すれば結果を出し
てくる吉井についてベル監督も「吉井は投打に完璧だった」とコメントして
いる。一方、初回のリードを守り切れずに敗戦したレッズのマッキーン監督
は「向うは投手が2死からタイムリーを打つのに、うちの打者は残塁ばかり
で...」とオカンムリの様子。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マック鈴木、5安打、4失点も敗戦投手を免れる(4/14)
●ロイヤルズのマック鈴木が12日の対オリオールズ戦で今季2度目の先発
登板を果たしたが、5回1/3を投げて5安打、4奪三振、4四球、5失点
と乱れた。しかし、味方打線が逆転に成功、前回登板に続いて敗戦投手を免
れている。自責点は2だったので、一概に鈴木ばかりが不調だったとは言え
ない内容だったが、味方のエラーから失点を食い止めるメンタル面の強さも
求められており、次回登板が一つの試金石になりそうな雰囲気だ。鈴木は
「みんな乗っているし、勢いがある。6、7回までいけば点をとってくれる
可能性が高いから...」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ロイヤルズが3試合連続のサヨナラ勝利(4/14)
●ロイヤルズは12日の対オリオールズ戦でもサンチェスが9回裏にサヨナ
ラ本塁打を放ち、なんと3試合続けて本塁打によるサヨナラ連勝ということ
になっている。マック鈴木が先発したこの試合は、前半に守備が乱れ、9回
表の時点で4−6と2点のリードを許す苦しい展開となっていたが、無死2・
3塁と攻め立てたところで打席に入ったサンチェスがレフトに殊勲の一発を
放っている。10日の対ツインズ戦で飛び出したデーモンのサヨナラソロに
始まり、11日の対オリオールズ戦では延長12回裏にジョンソンが2ラン
とロイヤルズ打線は神懸かり的な様相を呈していたが、この日のサンチェス
はメジャー10年で11本塁打しか記録していないが、その貴重な一打がこ
こで出た、ということでミラクルという言葉も飛び交いはじめている。サン
チェスは「興奮するなといってもそりゃ無理な注文だろ?」とコメントして
いる。ミューサー監督も「こんなことは記憶にないね。勢いが違う」と興奮
を隠せない表情で語った。ロイヤルズは今季ここまで7勝3敗で来ているが、
この7勝が全て逆転勝利。駒が揃わない先発陣の影響が、こんな劇的な幕切
れを演出しているという言い方もできるのかも しれない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
リプケン、いよいよ残り4本(4/14)
●オリオールズのカル・リプケン内野手が、12日の対ロイヤルズ戦でも1
安打を放って、通算安打を2996本とした。7回表にライト前に弾き返し
たもので、連日のサヨナラ劇に沸くロイヤルズの影に隠れながら、リプケン
は着々と大台到達にその歩を進めている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヤンキースが本拠地初戦を快勝(4/14)
●12日、レンジャースを迎えた今季ヤンキーススタジアムの初戦で、ヤン
キースは13安打の猛攻を見せて8−6で快勝した。始球式にはヨギ・ベラ
氏が登場、集まった4万8487人のファンもこの試合には盛り上がった模
様。また白血病を告白したメル・ストットルマイヤー投手コーチがこの日ベ
ンチ入りし、試合前に行われる選手、スタッフの紹介では元気にグラウンド
に走り出して喝采を浴びている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジャレット・ライト、約2年ぶりの完封(4/14)
●インディアンスのジャレット・ライト投手が12日の対アスレチックス戦
に先発、5安打で1998年6月1日以来の完封で今季2勝目を挙げている。
昨年は不調で8勝10敗、防御率6.06に沈んだが、このオフに積極的に
身体を動かし、3キロのウェイトダウンを果たして開幕を迎えている。対戦
したアスレチックスのジェイソン・ジアンビは「あいつのストレートと強気
が完全に戻ってきた」と話している。ライトは「集中力を最後までなくさな
かった」と好投を振り返っている。インディアンスはこれで6連勝となって
いる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マグワイア、再び欠場(4/14)
●カージナルスのマーク・マグワイア一塁手が、腰痛の為に12日の対アス
トロズ戦を欠場した。開幕2連戦も同様に欠場したマグワイアは、復帰後6
試合で3本塁打と好調ぶりをアピールしたが、試合前に違和感があったから、
という理由で欠場を決断している。試合の方は5−7でカージナルスが敗れ
ている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
偽造グッズで25人が逮捕(4/14)
●マグワイアとソーサの本塁打王争いが激化するようになって以降、ある意
味天井知らずの状況になっていたメジャーのお宝グッズ市場の隆盛に比例し
て、偽物グッズも横行しているが、FBIは12日、ベーブ・ルースやソー
サの偽造サインの入ったグッズを製造販売していた業者の逮捕者数が25人
に上ったことを明らかにした。この捜査にはマグワイアやグウィンもグッズ
の鑑定に協力し、これまでに偽造のサインボールなど約1万個、末端価格
(っていうのかなぁ?)1000万ドル相当分のグッズの押収を終了してい
るとのこと。当局は今後も詐欺や脱税容疑も含めた偽造関係の逮捕者が増え
ると見ている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
デビルレイズが早くも投手コーチを解任(4/14)
●12日、まだ開幕から9試合を経過したばかりだというのに、早くもデビ
ルレイズはリック・ウィリアムス投手コーチの解任を発表した。後任には3
A級リッチモンドで投手コーチに就いていたビル・フィッシャーを昇格させ
ることになる。デビルレイズはこのオフに投打それぞれの大補強を行い、今
季に賭ける意気込みの高さを印象づけていたが、8試合消化時点で72失点
を記録した不調の投手陣のテコ入れを行うために、英断を下した模様。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
木田、サヨナラ負けを喫する(4/14)
●タイガース傘下の3A級トレドに所属する木田が、12日の対シャーロッ
ト戦に5番手として5−5となった9回裏途中から登板したが、10回に元
阪神のウィルソンにヒットを許した後、元ダイエーのライディらに連続四球
を与えて1死満塁とし、カルーソにサヨナラとなる犠牲フライを打たれてい
る。木田は敗戦投手となっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
雨でサスペンデッド(4/14)
●パシフィック・ベル・パークのお披露目シリーズとなっている12日のジャ
イアンツ対ドジャース戦は、雨のため試合が6回表を終了した時点となった
ところでサスペンデッドが宣告され、翌13日に6回裏から再開、本来予定
されていた試合をその後に行う変則的な日程となった。本来ならばコールド
ゲームになるところだが、ちょうどこの6回にドジャースが2−2の同点か
ら勝ち越し点を挙げているためにこの処置がとられている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ブルックリンに新球場建設へ(4/14)
●12日、NY市議会はブルックリン地区に9100万ドルの資金を投入し
て新しい球場を建設することを決定した。ブルックリンには1957年まで
ドジャースが本拠地としていたエヴェッツ・フィールドがかつて存在したが、
この新しい球場はメッツの1Aチームが本拠地とする予定になっている。完
成は2001年6月の見込み。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ディマジオ氏の記念運動場がSFに(4/14)
●元ヤンキースのスーパースターで、昨年3月に他界したジョー・ディマジ
オ氏の名前を冠した運動場が、SFに誕生することが決定した。この運動場
はディマジオ氏の自宅近くにあり、子供の頃に後にレッドソックス入りした
弟のドム・ディマジオ氏らと野球を楽しんだ場所で、現在でも市民の憩いの
場として親しまれている。すでにSF市では1980年にこの運動場の名前
を変更することを決定していたが、実際に看板の付け替え等の作業を行わな
いうちにディマジオ氏が亡くなってしまっている。変更に伴う予算として3
50万ドルが計上されており、これには改修工事費用も含まれているとのこ
と。SF旅行の際には、是非足を運んでみたいものです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
4月12日のハイライト(4/14)
●コメリカ・パーク第2戦となったタイガース対マリナーズ戦は、前日の超
満員から一気に観客半減の約2万人。タイガース打線もこれに意気消沈した
か、散発3安打でマリナーズ先発のシーリーに完封勝利を許している。佐々
木は3連投で2セーブ目を挙げて以降5日間登板なし。
●ホワイトソックスのボールドウィンが対デビルレイズ戦に先発し、5回1
死にグレッグ・ボーンの打球を頭に受けて降板したが、1失点で今季2勝目
を挙げている。ボールドウィンはドーム球場での成績が通算13勝1敗。マ
グリオ・オルドネスにようやく今季第1号が出ている。デビルレイズはこれ
で93年のロイヤルズ以来となる本拠地での開幕5連敗。
●ブルージェイズは対エンジェルス戦の8回にバティスタが決勝の2ランを
放つなど一挙4得点。連敗を3で止めている。ボーボンが今季発勝利。
●カブスは対ブレーブス戦でアンドリュースがナ・リーグトップとなる4号、
5号の2本塁打を放ち、4打点を挙げるなどチーム合計13安打、11得点
で今季初の連勝。昨年途中までカブスに在籍していたマルホランドは古巣に
手痛い歓迎を受けて今季2敗目。
●パイレーツは1点ビハインドで迎えた対エキスポス戦の6回に、代打で登
場したヴァンダーウォールが逆転3ランを放って3連敗から脱出。ヴァンダ
ーウォールは今季放った本塁打2本が共に代打出場で飛び出している。
●メッツのハンプトンが対フィリーズ戦に先発したが、3回を投げて6失点
でKO、ナ・リーグ最多の3敗目を喫している。しかも、右膝に打球を受け
ての降板とまさに踏んだり蹴ったり。メッツは3連敗で未だ地区最下位から
脱出できず。借金は3。
●ブリュワーズは対マーリンズ戦にホワイトソックスから移籍のナヴァーロ
を先発に送ったが、4回2/3を投げて6四球、5失点の大乱調。リリーフ
陣も崩れて3−11で大敗。マーリンズのウィルソンがこの日も1安打を放っ
て、開幕から9試合連続安打を継続中。
●アストロズのヒダルゴが対カージナルス戦で2回に本塁打、同点の7回に
決勝2点タイムリーとおいしいところ総取りの活躍。カージナルスは絶好調
のエドモンズが4号を放つも今一歩及ばず。
●パドレスのスプレイグが前日のサヨナラ弾に続いて対ダイヤモンドバック
ス戦でも代打で登場した7回に決勝2点タイムリー。先発のメドウズが2連
勝、ホフマンがようやく今季1セーブ目をマークした。一方ダイヤモンドバッ
クス先発のレイノソは2連敗。
●レッドソックスは対ツインズ戦で2回の無死満塁のピンチにエヴェレット
がスーパープレイを見せて1失点で食いとめ、結局7−3で勝利。ガルシア
パーラが4打数、3安打で打率を.323に上げている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
野茂、6回無失点も2勝目ならず(4/15)
●タイガースの野茂が13日の対マリナーズ戦に先発し、6回0/3を投げ
て4安打、4奪三振、4四球、無失点と好投を見せながら、またしても今季
2勝目を手にすることはできなかった。試合は野茂が降板した後の8回にタ
イガースが均衡を破る決勝点を挙げて2−0で勝利、ブロカイルに今季初勝
利がついている。ガーナー監督は我慢の試合に勝利し、歓喜に沸くベンチで
「走者を出しても抑えるのが野茂の真骨頂。オレは昨年からあんなシーンを
何度も見ているんだよ」とコメントしている。新本拠地コメリカ・パークで
の最初のシリーズとなった対マリナーズ3連戦を2勝1敗とし、散々だった
開幕からのロードでの戦績を払拭する手応えも得ている模様。7回に先頭の
ビューナーを歩かせたところで降板となったが、野茂は6回にこの日最大の
ピンチを迎えていた。1番のマクレモアに四球を与えて始まり、ベルにセン
ター前、A・ロドリゲスに四球で無死満塁としたところでオルルドの当たり
は浅めのレフトフライとなったが、マクレモアが本塁にスタート、これをヒ
ギンソンが好返球で刺して結果ダブルプレーとなり、E・マルティネスのセ
ンター前へ抜けるかという当たりをセカンドに入っていたジェフリーズが止
めて難を逃れている。野茂は「今日はストレートもフォークもイマイチだっ
た。抑えられたのは守備のおかげ。チームが勝ってよかったけど、僕自身は
納得していない」と話している。これで開幕戦の6回から3試合にかけて1
5イニング連続無失点を継続している野茂は、次の課題として盗塁対策が言
われているが、この試合では初回に2度盗塁が仕掛けられたところをオース
マスが共に刺すなど、一応の形は見えてきている。ガーナー監督は「クイッ
クスローをキャンプで猛練習した成果が出ている」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホワン・ゴンザレスが戦列復帰(4/15)
●タイガースのホワン・ゴンザレス外野手が13日の対マリナーズ戦から戦
列に復帰した。8回無死1塁からマリナーズ3番手のメサの投球をとらえて
右中間に決勝のタイムリーヒットを放っている。右太もも裏を傷めて今季は
これが3試合目の出場だが、ようやくこのタイムリーで今季初打点を挙げて
いる。ゴンザレスは「チームが勝って興奮したよ」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ロイヤルズ、4試合連続サヨナラ勝利(4/15)
●前日まで3試合連続でサヨナラ本塁打が飛び出しているロイヤルズが、1
3日の対オリオールズ戦でもベルトランがサヨナラ安打を放ち、5年ぶりの
貯金5、地区首位のインディアンスにゲーム差なしの2位と大健闘を見せて
いる。この日は得意の逆転パターンではなく、5点あったリードを8、9回
に追いつかれて迎えた9回裏1死1・2塁の場面でベルトランがレフト前に
打球を飛ばしている。これまでのように本塁打での勝利ではなかったことで、
地味なサヨナラ勝ちなどという声も出ているが、この勢いは無風といわれて
いたこの地区が、今季は決してインディアンス以外にチャンスがないとは言
えない展開を暗示しているのは確かなようだ。殊勲のベルトランは「前に打
球を飛ばすことだけを考えていた」とコメントしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グッデンが金銭トレードでデビルレイズへ(4/15)
●13日、デビルレイズはアストロズから金銭と交換でドワイト・グッデン
投手を獲得したことを明らかにした。デビルレイズはホワン・グズマンが故
障者リスト入りし、先発ローテが手薄になったことを受けて獲得を決めた模
様。グッデンは15日の対タイガース戦に先発が予定されている。アストロ
ズでは8日の対フィリーズ戦に登板しているが、この時は4回を投げて6安
打、4失点と打ち込まれている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
マグワイア再検査(4/15)
●腰痛が再発しているカージナルスのマーク・マグワイア一塁手が、13日
の対ロッキーズ戦も欠場した。マグワイアは遠征先のデンバーからセントル
イスに戻り、再検査を受けている。また14日にはチームドクターの診察を
受ける予定。トレーナーの話では「状態はよくなっているが、まだ痛みが残っ
ている」とのこと。マグワイアは開幕から欠場し復帰後の6試合で3本塁打
を放っているが、12日から再び欠場を強いられている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
4月13日のハイライト(4/15)
●オリオールズは対ロイヤルズ戦で終盤の猛攻で5点差を追いついたが、3
試合連続のサヨナ負けを喫した。リプケンはヒットなく通算3000本安打
を目前に足踏み。デシールズが通算400盗塁に到達した。オリオールズ先
発のムシーナは8回を投げて5失点で今季未だに勝ち星なし。
●レッドソックスのヴェラスが3−3の同点で迎えた対ツインズ戦の8回に
決勝の押しだし四球を選んでいる。ナックラーのウェイクフィールドが今季
初勝利。
●ヤンキースのヘルナンデス兄が対レンジャース戦に先発し、8回を投げて
3安打、1失点と好投、今季2勝目を挙げている。6回にポサダが満塁の走
者を一掃する3点タイムリーを放ち、これが決勝点となった。
●デビルレイズのグレッグ・ボーンが5−5で延長に入った対ホワイトソッ
クス戦の12回にサヨナラ安打を放ち、デビルレイズは5連敗から脱出して
いる。メシアが不調の投手陣にあって今季2勝目を挙げた。
●カブスは対ブレーブス戦の9回裏に、代打のニエベスがサヨナラタムリー
を放って3連勝をキメた。ガスリーが今季2勝目。ブレーブスは勝てる試合
を落してしまい、なんとナ・リーグ東地区はマーリンズとエキスポスが勝率
5割でトップに立っている。ブレーブスの先発マダックスは7回を投げて2
失点ながら勝利投手にはなれず。
●ダイヤモンドバックスのフィンリーが4号、5号と対パドレス戦で2ラン
ホームランを2初放っている。ネヴィンも同じく4号、5号と2発をお返し
したが、あと1点が届かなかった。先発したダイヤモンドバックスのアンダ
ーソンは7回を投げて3失点で今季初勝利。パドレス先発のヒッチコックは
この敗戦で対ダイヤモンドバックス戦の通算成績を白星なしの6連敗として
いる。
●ブリュワーズのベレーが対マーリンズ戦に先発し、7回を投げて3安打、
9奪三振の好投を見せ今季2勝目。ブリュワーズはこの後2投手を継投で昨
年7月30日以来の完封勝利。
●メッツのリードが対フィリーズ戦に先発し、7回を投げて1失点の力投を
見せた。試合は1−1の9回にピアザがタイムリー2塁打を放ち、メッツは
3連敗から脱出。中継ぎのクックが今季2勝目。
●パイレーツは対エキスポス戦の9回表に2−3の場面からエキスポスの守
護神ウービナに4安打を集中、2点を奪って逆転サヨナラ勝利。今季好調の
エキスポスのV・ゲレロは昨年9月29日から19試合、69打席に渡って
三振を喫していない。シルバが今季2勝目。
●前日の試合がサスペンデッドとなった為、変則ダブルヘッダーとなったジャ
イアンツ対ドジャース戦、その第一試合は7回から開始となり、ドジャース
がベルトレのタイムリーなどで逆転勝利をおさめた。第二試合も初回にジャ
イアンツ先発のガードナーを攻めて5安打、6得点の猛攻でドジャースが4
連勝をキメた。ショウは両方の試合でセーブを挙げている。第二試合でグリ
ーンが今季第1号を放った。
●カージナルスのカイルが古巣のロッキーズ戦に先発したが、2年間打たれ
続けたクアーズ・フィールドでの登板が祟ったのか1回2/3を投げて8安
打、3四球、暴投も2つ記録する大乱調で11失点の大敗。今季の連勝は2
でストップしている。好調のエドモンズが5号を放ったが、焼け石に水でロッ
キーズが12−6で勝利。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

編集後記
●佐々木が今日の試合で2発被弾しました。中6日の登板だった上にセーブ
のつかない4点差の状況だった為、幾分注意力も散漫になっていたようにも
思えます。油断は禁物っすよ(momo)
●現地18日火曜日、問題児ロッカーが復帰します。既に、ニューヨークで
はかなりの”盛り上がり”を見せているようですが・・・(Marcy)
●昨シーズン終了後Cubsを解雇され、Red Soxで驚きの開幕ロスター入りを
果たしたGaettiが、引退を表明しました。'98年のワンゲーム・
プレイオフでのHRは忘れません。お疲れ様でした。(Cubもり)
●花粉症で鼻がムズムズするのかと思ったら風邪でした。これならまだ花粉
症の方がマシっす。(^^;(ともすけ)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回の発送は4月23日を予定しています。
広告掲載をご希望の方は、メールにてご一報ください。企画書をお送り申し
上げます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本で唯一の横浜ベイスターズ応援メールマガジン!
★横浜ベイスターズ優勝カウントダウン★
おかげさまで創刊1周年
http://www.geocities.co.jp/Colosseum/2410/baystars.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━━
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

=================================================================[PR]===
≪≪≪≪≪≪ クルマも、ジュエリーも、どんどん安くなります ≫≫≫≫≫≫
     
株式会社プライス・ダウン・ドット・コムの新感覚オークション、
遂に始まります。
http://dt.magclick.com/.C/HLT0E7SZ5JeAuW6mRns/JX%2B12dyyidns
========================================================================