週刊メジャーリーグ(5月14日号/その3)



=================================================================[PR]===
■■ ◎ペア宿泊券ほか 総額1000万円が当たる!5/31迄 ■■
◆◆『白樺リゾート 池の平ホテル』 超BIGプレゼント実施中!◆◆
■■     ◎インターネットで簡単!お得予約開始!     ■■
★★ ◎5月6月まる得プラン 8800円〜  1泊2食付税別 ★★
http://dt.magclick.com/.S/HLT0EyJNmC2HSW6mRns/JX%2B12dyyidnU
=================================================================[PR]===
■すぐできる「じぶん改造計画」!!    気持ちのいい汗をかこう!!■
なんとなくイラつく 世の中に腹が立つ だるい 集中力がない 運動不足だ
 そんな自分を変えよう。心と身体をリラックスさせよう。自分の部屋で、
 好きな時に手軽にできるインターネット・フィットネスクラブ・オープン
http://dt.magclick.com/.C/HLT0EyJNmC2Hf26mRns/JX%2B12dyyidmL
========================================================================

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週刊メジャーリーグ
編集責任者/発送 momo(yankees@mail.goo.ne.jp)
編集/It’sGone! With 7IS
(Marcy/Cubもり/ともすけ)
通巻/第0054号

毎日の最新情報をホームページでお伝えしています。
It’s Gone!(http://www.geocities.co.jp/Athlete/5326/)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〓〓【松竹梅競馬予想 『ゴッチ新聞』】〓〓〓〓〓〓〓〓
   回収率&的中率のバランス抜群!!
 無料<松竹梅競馬予想>は【ゴッチ新聞】の中心サイト。
  <GOLF>はゴルフ好きの休憩所。
 <ステンドの魅惑>はステンドグラスの輝きをアナタに。
 http://www.lares.dti.ne.jp/~kentata/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
MLB Topix(〜5/13)

ボンズ場外弾2発で本塁打王争いトップに(5/12)
●ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手が、10日の対カージナルス戦でサ
ンフランシスコ湾に飛び込む13号、14号を放ち本塁打王争いでメジャー
トップタイに立った。12号で並んでいたカージナルスのマグワイアの目前
で放った強烈な本塁打だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ソーサ13号(5/12)
●カブスのサミー・ソーサ外野手が、10日に本拠地リグレーフィールドで
行われた対ブリュワーズ戦の4回に、バレーから13号ソロホームランを放っ
た。これでソーサは通算本塁打を349本としている。試合は9回に5点差
を追いついたカブスが、延長11回に1点を挙げてサヨナラ勝利をおさめて
いる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ランディ・ジョンソン、8連勝はおあずけ(5/12)
●ダイヤモンドバックスのランディ・ジョンソン投手が10日の対ドジャー
ス戦に先発し、8回を投げて8安打、1失点、13奪三振と好投したが、ド
ジャース先発のブラウンも好調で両者互角の戦いとなり、ジョンソンは勝利
投手にはなれず、開幕8連勝の行方は次回登板に持ち越しとなった。ジョン
ソンは2回にハンドリーにソロホームランを浴びたが、味方打線が7回に同
点に追いついた。しかし決勝点が奪えないままジョンソンは降板、試合は9
回にリーのサヨナラタイムリーが飛び出してダイヤモンドバックスが勝利し、
9回に登板した金炳賢が今季初勝利を挙げている。ジョンソンは「ブラウン
が降板すればこういう展開になると思った」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
野茂2敗目も、木田との登板は実現(5/12)
●タイガースの野茂が10日の対ロイヤルズ戦に先発し、6回2/3を投げ
て8安打、6失点で今季2敗目を喫した。野茂は6回までを2失点と粘りの
投球を見せていたが、7回に2点を追加され、なお2死満塁となったところ
で降板を告げられた。その後マウンドに上がったアンダーソンが2者連続の
押し出しで野茂に2失点が追加されている。野茂は「勝ちたかったけど..
.。野球をやっていれば勝つことも負けることもある。明日から勝ち続ける
かもしれないし、毎試合を一生懸命投げるだけ」と話している。また、開幕
を3A級トレドで迎えた木田が、この日メジャー再昇格後初めての登板を果
たした。7回2死満塁とアンダーソンが2点を献上した後を受けた木田は、
このピンチを断ち切り、結局9回1死までの2回を投げて1安打、無失点と
好投を見せている。木田は「夢にまで描いていた新球場で投げることができ
た」と話し、「(野茂と同じ試合で投げたことは)たまたま。今は僕もチー
ムもそういうことを考えている余裕はない」と話している。タイガースはこ
の試合を6−0で敗れて4連敗、メジャー最低勝率.281とどん底の状態
が続いている。32試合を消化した時点で9勝23敗という成績は、創立1
00年を迎えたタイガースでも過去に4回しかない低いもので、実に47年
ぶりの悪夢に見舞われている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヘンダーソンが1万打席に到達(5/12)
●メッツのリッキー・ヘンダーソン外野手が、10日の対パイレーツ戦で通
算1万打席に到達した。これはメジャー史上21人目の快挙。ヘンダーソン
はリリース・ウェバーにかけられ、落着かない日々が続いているが、節目を
越えて再度闘志に火がつくか!?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
佐々木、メジャー初黒星(5/12)
●マリナーズの佐々木が、10日の対レンジャース戦の8回2死から登板し、
9回裏に逆転サヨナラ2ランを浴びて今季初黒星を喫している。佐々木は5
−5の同点で迎えた8回裏2死2・3塁の場面で登場、カーティスを歩かせ
て満塁としたが、アリセアを三振に打ち取ってこの回を無失点に切り抜けて
いる。9回表に味方打線が相手のエラーで決勝点を挙げ、佐々木に勝利投手
の権利が回ってきたその裏、先頭のマクドナルドを三振とした後、パルメイ
ロにライト前へ運ばれ、セギーに2ボールからの3球目をライトスタンドに
叩きこまれている。佐々木は「8回のピンチを抑えても、打たれては仕方が
ない。みんなに悪い」と話している。殊勲の一発を放った現在ア・リーグ首
位打者のセギーは「佐々木のようなフォークのある投手は、ストレートを見
逃してはダメなんだよ」と話している。佐々木も「外の球をあそこまで持っ
ていかれるのは厳しい」と敗戦以上に打球をライトに運ばれたショックを口
にしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
吉井3連敗(5/12)
●ロッキーズの吉井が10日の対アストロズ戦に先発したが、5回2/3を
投げて7安打、5失点と打ち込まれ、3連敗で今季の成績を1勝4敗とした。
吉井はセデーニョ、ビジオの連続3塁打で初回に1点を先制され、2回裏に
は無死1塁からメルスキーにレフトへ2ランを浴び、3回にもバグウェルに
10号ソロを打たれた。吉井は本拠地クアーズ・フィールドでも打球が飛び
やすい環境で苦戦が強いられているが、この日試合が行われたアストロズの
本拠地エンロン・フィールドも左右両翼が96mしかない本塁打量産球場で、
今季ここまでで早くも54本塁打が飛び交う打者天国になっている。2回に
喫したメルスキーのホームランも、詰まった打球がスタンドまで届いてしま
い、吉井としてはやりきれない思いもあったようだ。吉井は「日本の球場に
比べれば広いけど、メジャーは打者の体格が全然違うから...」と話して
いる。昨年の吉井はアストロズ打線を13回1/3を投げて1失点に抑える
お客さんとしていたが、今年はホーム、アウェイのどちらで対戦しても常に
一発の恐怖にさらされながらの投球になることは間違いがない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
アンカイルの父親が逮捕(5/12)
●カージナルスのリック・アンカイル投手の父親が10日、コカインとマリ
ファナの不法所持で逮捕された。この父親は、先日もハンドガンの所持で逮
捕されている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
5月10日のハイライト(5/12)
●レンジャースのセギーが対マリナーズ戦で佐々木からの逆転サヨナラ2ラ
ンを含む5打数、3安打で連続試合安打を13に伸ばしている。打率.38
7でア・リーグの首位打者を堅持。
●レッドソックス対ホワイトソックス戦は降雨の為6回まで進んだところで
2時間の中断となり、そのままコールドが宣告され、5−3でレッドソック
スが勝利している。レッドソックス先発のマルティネス兄が5回を投げて無
失点で今季3勝目を挙げた。
●ピープル紙が選出した全米美男美女50人に入ったオリオールズのエリク
ソンが対ブルージェイズ戦に先発したが、3回途中まで投げて7失点で降板、
今季1敗目を喫した。オリオールズはこれで対ブルージェイズ戦に13連敗。
ブルージェイズのペインターはこの試合が今季初先発となったが、5回を投
げて2安打、1失点、自己最多の8奪三振で今季初勝利を挙げている。
●ツインズは対インディアンス戦の9回裏にカミングスが逆転サヨナラ3ラ
ンを放ち、球団史上初となる7点差逆転勝利を飾った。インディアンスは中
継ぎ陣がつかまり、セットアッパーのシューイが好投して勝ちパターンに入っ
たものの、頼みの守護神カーセイの乱調で勝てる試合を落してしまった。
●アスレチックスはグリーブを初めて4番に起用して対エンジェルス戦に臨
み、グリーブは期待に応えて6号本塁打を含む3安打を放ち、チームを勝利
に導く。アスレチックスは9回に一挙4点を挙げて逆転に成功、抑えのイズ
リングハウゼンが2勝目を挙げた。
●17試合連続で満員札止めとなった本拠地パシフィック・ベル・パークで、
ジャイアンツはボンズの海に打ちこむ2本の本塁打などで4−3として接戦
を制した。これでパシフィック・ベル・パークでは6連敗の後9勝2敗とな
り、通算でも9勝8敗と勝ち越し。8回に2番手として登板したF・ロドリ
ゲスはここ7試合で3勝を荒稼ぎ。
●不振に陥っているレッズのビシェットは、8回無死1・2塁のチャンスで
バントを命じられたがこれに失敗、仕切りなおしとなったところで3ランを
放った。レッズは5−1で勝ち、先発のヴィローンが今季4勝目を挙げてい
る。パドレスのヒッチコックはまたしても勝てず、これで開幕5連敗。
●マーリンズは対ブレーブス戦で、開幕5連勝と好調だった先発グラヴィン
から5点を奪い、今季初黒星をつけた。グラヴィンに滅法強いレドモンドは
この日も2安打を放って、通算の対戦成績を15打数、11安打としている。
サンチェスが今季4勝目を挙げた。
●フィリーズのパーソンが対エキスポス戦に先発し、自身初完投、初完封で
今季3勝目。エキスポスのストッパーのウービナが肘痛を訴え、近く故障者
リスト入りとなる模様。
●パイレーツ打線は対メッツ戦でチーム8年ぶりの20安打を放ち、一時は
5点差をつけられながら、結局13−9で逆転勝利。コーデロが自身初の5
打数、5安打を放っている。シルバが今季3勝目。ピアザが8号を放ってい
る。
●アストロズのレイノルズが対ロッキーズ戦に先発し、7回を投げて4安打、
1失点で開幕5連勝。防御率も2.96と好転している。15試合連続安打
中だったロッキーズのシリーロはこの日ヒットなし。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
史上最長タイ記録の4時間22分(5/13)
●11日にリグレー・フィールドで行われたカブス対ブリュワーズ戦は、9
イニングで終了した試合ではメジャータイ記録となる4時間22分で終了し
た。試合はブリュワーズが14−8で勝利している。出場した選手はカブス
が17人、ブリュワーズが12人の合計29人で、投手もカブスが6人、ブ
リュワーズが4人をつぎ込んでおり、特に6点をリードした9回裏2死から
ブリュワーズが投手を交代させたことで、試合時間が伸び、結果1997年
9月5日のヤンキース対オリオールズ戦と並ぶ記録が誕生した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ストロングが37才でメジャーデビュー(5/13)
●マーリンズのジョー・ストロング投手が、11日の対ブレーブス戦でメジャ
ーデビューを果たした。ストロングは37才で、1960年9月5日にパイ
レーツのディオメデス・オリボが41才でメジャー初登板して以来の遅咲き
記録となっている。ストロングは1984年のドラフトでアスレチックスか
ら15巡目に指名を受けてプロ入り、しかし移籍したカブス、パドレス、デ
ビルレイズではメジャー登板はなく、その間に韓国、メキシコ、カナダでも
プレイをするなど、苦労を重ねてここまでやってきている。マイナー生活1
1年の通算では343試合に登板して49勝57敗、防御率4.22。この
日はマーリンズが1点をリードした7回途中からマウンドに上がり、1回1
/3を投げて無安打、1四球、無失点という内容だった。ストロングは「つ
いに最高のレベルの舞台で投げられた。昨日は眠れなかったし、今日も眠れ
ないと思う」とコメントしている。ストロングがここまで遠回りをしなけれ
ばならなかった理由の一つに右肩手術が挙げられるが、この日のストレート
は最高速が153キロまで出ており、故障を克服した闘志がようやく報われ
ている。ストロングは「どうしてメジャーへの夢を追いつづけられたかって?
野球を愛しているからだよ」と話している。今回のメジャー昇格について、
前日に3Aの監督から電話を受けて知ったストロングだったが、そこで「ちょ
っと問題があって」と切り出された為、解雇の通知と覚悟を決めたとのこと。
しかし、監督の言った問題とは、プロプレイヤー・スタジアムのあるマイア
ミ行きの飛行機のチケットが確保できるかわからない、ということだったそ
うで、ストロングには一瞬の地獄の後、天国へのフライトが待っていたとい
うことになる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
長谷川が今季初勝利(5/13)
●エンジェルスの長谷川が11日の対レンジャース戦で今季初勝利を挙げた。
長谷川は1点をリードされた6回から4番手として登板し、3回を1安打、
無失点に抑える好投を見せた。その間、7回にグラウスが同点ソロ、8回に
はアンダーソンが勝ち越しタイムイリーを放って逆転に成功、長谷川に勝利
投手の権利をプレゼントしている。9回は守護神パーシバルが完全に抑えて
今季10セーブ目を挙げた。この日のエンジェルスは故障者続出で、ヒルと
ディクソンが共に故障者リスト入りしている中、先発に起用されたマーカー
が1回1/3を投げたところで倦怠感と頭痛を訴えて降板、3番手で登場し
たウィーバーもつま先を傷めて1死をとったところで降板と投手陣崩壊の様
相を呈していたが、スクランブルのかかった長谷川のナイスピッチングで救
われている。長谷川は「投手が二人もいなくなった後だから、何とかしたかっ
た。最高にハッピー」と話し、ソーシア監督も「今日のシゲの貢献は、言葉
にできない」と話している。長谷川は4月18日の対ブルージェイズ戦で6
点を失うなど7試合連続失点、12試合で19失点と結果を出せずにいたが、
5月4日の対オリオールズ戦で今季初セーブを挙げて以降、復調の兆しを見
せている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Ja・ジアンビ15号(5/13)
●アスレチックスのジェイソン・ジアンビ一塁手が、11日の対マリナーズ
戦でメジャー単独トップの15号3ランをセンターに放った。この日は3安
打、5打点と爆発したジアンビは、弟のジェレミーが5日にメジャー復帰を
果たして以降絶好調で、42打点と合わせて現在ニ冠王に君臨している。ジェ
イソンは「弟がチームに戻ってきたことが嬉しいんだ」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グリフィー、通算本塁打で歴代28位に(5/13)
●レッズのケン・グリフィー外野手が、11日の対パドレス戦の5回に左中
間へ10号ソロを放ち、通算本塁打を408本として、オリオールズのカル・
リプケンに並ぶ歴代28位タイに浮上した。また、この試合ではパドレスの
ブレット・ブーンがランニング・ホームランを含む2本塁打、レッズのアー
ロン・ブーンも9−9の同点で迎えた9回裏にサヨナラ3ランを放った為、
兄弟が同一試合で敵味方に分かれて出場し、それぞれが本塁打を記録するメ
ジャー史上8回目の珍しいシーンも見られた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジーター、ガルシアパーラが途中退場(5/13)
●ヤンキースのデレク・ジーター、レッドソックスのノマー・ガルシアパー
ラ両遊撃手が、それぞれ11日の試合を途中退場した。ジーターは対デビル
レイズ戦で腹筋痛を訴えて2回で、またガルシアパーラは対オリオールズ戦
で膝の痛みを再発させて1回を終了したところでそれぞれベンチに退いてい
る。復帰時期については共に未定。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
大家が2勝目(5/13)
●レッドソックス傘下の3A級ポータゲットに所属する大家が、11日の対
トレド戦に先発し、6回途中までを投げて3本塁打を含む10安打、7失点、
2自責点という内容ながら、味方打線が13点を奪う爆発を見せて今季2勝
目を挙げている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グレース、ブローニャが故障者リストへ(5/13)
●カブスのマーク・グレース一塁手が左膝を傷め、またフィリーズのリコ・
ブローニャ一塁手は左手首を骨折した為、それぞれ故障者リストに入った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
5月11日のハイライト(5/13)
●デビルレイズのトラックシルが対ヤンキース戦に先発し、7回を投げて無
失点の好投で今季3勝目。トラックシルは前回完封勝利を挙げた対レッドソッ
クス戦同様1−0での勝利に貢献、自身の連続イニング無失点を17として
いる。ヤンキースのヘルナンデス兄は力投も報われず連敗で今季成績を4勝
2敗としている。
●レッドソックスのガルシアパーラが対オリオールズ戦の序盤でベンチに退
いた後にショートに入ったシーツが6回に勝ち越し打を放つと、レッドソッ
クス打線に火がついて、あれよあれよという間にこの回一挙6点を挙げる猛
攻に。終わってみれば11−4の大勝となり、コーミエが今季初勝利を挙げ
た。エヴェレットが4打数、3安打、4打点。
●インディアンスはラミレスの満塁弾を含む2発、6打点をはじめとする2
2安打、16点の猛攻でロイヤルズ投手陣を粉砕、投げては先発のライトが
好投し、0封勝利では45年ぶりの大量得点差をつけて圧勝した。
●エンジェルスのアースタドが対レンジャース戦で3試合連発となる6号を
含む4打数、2安打で打率を.388とし、再びレンジャースのセギーから
首位打者の座を奪っている。
●レッズのリースが対パドレス戦で4打数、2安打、2盗塁。打率を.33
1とし、盗塁12でナ・リーグトップ。ストッパーのグレイブスが4勝目を
手に入れている。
●エキスポスのバレットが対フィリーズ戦で今季9個目の失策を犯し、これ
が勝ち越し点を許すこととなってしまった。試合はフィリーズが6−4で勝
ち、先発したウルフが今季2勝目を挙げ、ジャクソンの代役ストッパー、ゴ
メスが6セーブ目。開幕から3連勝だったエキスポス先発のパヴァーノに今
季初黒星。
●メッツのライターが対パイレーツ戦に先発し、8安打、2失点、8奪三振
の好投で今季チーム初となる完投勝利を挙げる。ライターは開幕4連勝。
●マーリンズは3Aから昇格したばかりのグリーリ、ストロングが対ブレー
ブス戦で好投し、1点差勝利を演出。先発のグリーリに嬉しい今季初勝利が
ついた。またブレーブスが14年ぶりにトリプルプレイを完成させている。
ブレーブス先発のミルウッドは4回を投げて5失点で今季2敗目を喫し、防
御率を4.04と悪化させている。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週誕生日を迎えるメジャーリーガー(開幕時のロースター40人枠選手)
●5月14日
Anthony Shumaker(1973/5/14),Jim Crowell(1974/5/14),
Mark Dalesandro(1968/5/14),Roy Halladay(1977/5/14),
Larry Sutton(1970/5/14),Brad Rigby(1973/5/14)
●5月15日
John Smoltz(1967/5/15),Steve Woodard(1975/5/15),
A.J.Hinch(1975/5/15)
●5月16日
Ivanon Coffie(1977/5/16),Jim Mecir(1970/5/16),
Doug Brocail(1967/5/16)
●5月17日
Jose Guillen(1976/5/17)
●5月18日
Nelson Figueroa(1974/5/18),Eric Young(1967/5/18),
Darren Dreifort(1972/5/18),Mike Jerzembeck(1972/5/18)
●5月19日
Turk Wendell(1967/5/19),Chris Fussell(1976/5/19),
Scott McClain(1972/5/19),Josh Paul(1975/5/19)
●5月20日
Amaury Garcia(1975/5/20),Brian McNichol(1974/5/20),
Todd Stottlemyre(1965/5/20),David Wells(1963/5/20),
Luis Garcia(1975/5/20),Ramon J.Hernandez(1976/5/20)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

編集後記
●マーリンズのジョー・ストロングが37才にして初めてメジャー昇格とい
うニュースに感激しました。同世代の選手がベテランと呼ばれるようになっ
て久しいだけに、こういう話は勇気づけられます、ハイ。(momo)
●マーリンズのルーキー投手を打ち崩せなかったブレーブス打線が、なんと
あのカートVリングをノックアウトしてしまいました。これだからメジャー
は奥が深い!?(Marcy)
●今週はお休み(Cubもり)
●佐々木サヨナラ被弾で残念に思ってる方には大変申し訳ないですが、あの
映像を見て大喜びさせて頂きました。HELL YEAH!!(ともすけ)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次回の発送は5月21日を予定しています。
広告掲載をご希望の方は、メールにてご一報ください。企画書をお送り申し
上げます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本で唯一の横浜ベイスターズ応援メールマガジン!
★横浜ベイスターズ優勝カウントダウン★
おかげさまで創刊1周年
http://www.geocities.co.jp/Colosseum/2410/baystars.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【PR】━━━
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

=================================================================[PR]===
     ■■勝ち組みビジネスマン 虎の巻編■■
激動の21世紀を生き抜くビジネスマンのキーワードとは??
ヒント【財布は】【お得感】【効率運用】 答えは ↓↓
現在キャンペーン中で、最大35日迄金利0%のイー・ネットカード!!
http://dt.magclick.com/.C/HLT0EyJNmC2HRG6mRns/JX%2B12dyyidkU
========================================================================