5・4までの試合報告を見る


5・5 甲子園

 中  日 

1

0

0

0

0

0

0

2

0

3

 阪  神 

0

0

3

0

0

0

0

1

×

4

【勝】リベラ    

【敗】川 上

和田負傷のため交代した風岡が2安打。また、今季初スタメンの本西が決勝打。

藪先発して好投するも、8回にリベラと交代。しかし、リベラ初めて打たれる。

しかし、9回は締めて勝った。ともかくベンチの空気が良いほうに変化した試合であった。


5・6 甲子園

 中  日 

0

0

0

0

0

1

0

0

0

1

 阪  神 

0

6

0

0

0

1

0

0

×

7

【勝】川 尻    

【敗】今 中

パウエルは本物。今日は4の4。広島戦のHR以来調子がでてきましたよ。

また、川尻は今季初勝利。郭李・竹内とつないで完勝。

矢野捕手もかなりいいリードをいているぞ。


5・7 甲子園

 中  日 

3

0

1

0

3

0

0

0

0

7

 阪  神 

0

2

0

0

0

0

0

0

3

5

【勝】門 倉    

【S】 宣

【敗】山 村

 プロ初先発の山村投手。ヒット・四球等の後、ゴメスに2塁打・関川に犠牲フライ。

1回途中で早くも降板。井上と交代する。早すぎる気がする。もう少し(せめて5回まで)投げさせたかった。

きわどいコースを突きすぎて四球を出す山村投手。悪い内容ではない。

井上は3回併殺崩れの間に1点を失うが、4回までなかなかのピッチング。

そして、5回。左打者が続く所で遠山を送る。しかし連打されて降板。(最近の遠山は打撃投手のようである)

(ちなみに2軍落ちした。)

その後、竹内も抑えきれず、門倉に押し出すなど、3点を失う。(ではなぜ5回頭から竹内にしないのか?)

さらに、6・7回は弓長を登板させる。(こういう試合は捨てゲームにしてもよいではないか。吉田監督。)

 阪神の欠点: 敗戦処理投手というものが存在しない。というよりもどんな試合でも負けたくないようだ。

9回の裏に2点差に詰め寄り、お客さんを涌かせたが、これで喜んでいてはいけない。


5・9 甲子園

 ヤクルト 

0

0

2

0

2

0

0

0

0

4

 阪  神 

0

0

0

0

1

0

0

1

0

2

【勝】川 崎    

【S】伊 藤

【敗】中 込

中込はデーゲームに弱いらしい。夜型か?

郭李は相変わらず軟投型の投手になってしまった。

唯一の望みは今岡が結構打っていることである。


5・10 甲子園

 ヤクルト 

1

1

3

1

2

0

0

3

0

9

 阪  神 

0

0

0

0

0

1

0

0

0

1

【勝】石 井一    

【敗】山 岡

ルーキー山岡投手はコントロールがいいはずなのだが、今日は3四球であった。

ところで、前回好投したときは矢野捕手であったが、どうして今回は吉本捕手だったのか?

他にもメンバーの使い方がばらばらで有るぞ!

こういう所が阪神という球団の現在の地位をそのまま表している。

それから、井上・竹内、両投手を使いすぎである。いい投手なのでいい場面で使ってやって欲しい。


 5・13  金 沢

 阪  神 

0

0

1

0

1

0

0

0

1

3

 中  日 

0

0

0

0

0

0

1

1

0

2

 【勝】川 尻

 【S】リベラ

 【敗】山 本昌

川尻はよく投げた。この球場は狭いので、李、山崎に場外砲を浴びたが、御愛嬌。

和田が、先制打・HRで活躍。ハンセンは山本昌に歯が立たない。檜山は腰が悪いようだ。新庄は論外。

しかし、八木の決勝打。凄い代打成功率ですな。もはや川藤を超えた。

最後はリベラで決まり。久々に投げたので速い。速い。


5・14  福 井

 阪  神 

1

0

0

0

0

1

0

0

0

2

 中  日 

0

0

0

1

1

0

0

1

×

3

 【勝】門 倉

 【S】 宣

 【敗】葛 西

今日は中込が中4日で先発し、好投したが、やはり中継陣の踏ん張りができなかった。

葛西はやはり精密なコントロールがない。郭李はワイルドピッチで決勝点を奪われる。

八木は今日も代打で成功。


5・16からの試合報告へ行く