新しい試合から順番になります。


7・8 大阪ドーム

 横  浜 

0

0

0

1

0

0

0

0

0

1

 阪  神 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

【勝】斎 藤隆   

【S】佐々木

【敗】メ イ

メイ投手は好投すれど、悲し。誰も打ってくれません。

9回裏、またも佐々木がでてきましたが、そうはうまくいきませんよ。

佐々木の調子はいま一つだったが、阪神打線相手だとちょろいでんなあ。

結論:七夕は年に1回しか来ない。


7・7 大阪ドーム

 横  浜 

0

0

0

1

0

0

0

0

0

1

 阪  神 

0

0

0

0

0

0

0

0

2

【勝】吉 田豊    

【敗】佐々木

七夕だ!やはり年に1回しかないような事が!!!!!!

先発川尻は好投したが報われず、9回裏は佐々木の登場だ。

勝つわけがない。案の定、八木様はフォークに三振。

2アウト1・2塁で矢野輝弘の登場。サヨナラヒット。

佐々木の東北福祉大の一年後輩、矢野やりました。

七夕だからもうないだろうな。来年まで。


7・5  広 島

 阪  神 

0

0

0

0

0

2

0

0

0

2

 広  島 

3

1

0

0

2

2

0

0

×

6

【勝】佐々岡

【敗】竹 内

吉田監督!ローテンション投手は大切にしましょうよ!

竹内投手は前回のヤクルト戦の先発で最高の出来でした。

しかし、そのあと中継ぎをやりました。それも負ける試合で。

そして、今日の先発。最初からいけてません。いけてません。

パオーン!どうするつもりですか?竹内&舩木を。

結論:野球選手も人間なのである。

P.S. ロッテは16連敗ですが、阪神と対戦するとどうなるのでしょう?....結果は恐ろしくて言えません。


7・4  広 島

 阪  神 

1

0

0

0

0

1

1

0

0

3

 広  島 

1

0

0

0

0

2

0

2

×

5

【勝】紀 藤  

【S】小 林幹

【敗】吉 田豊

1回、坪井、先頭打者ランニングHR!わっはっは。しかし、それまで。

6回裏、勝負所で野村にHRを打たれる。弓長は敬遠するつもりが、野村の空振りで色気が出ましたな。

7回表、代打パウエルの同点タイムリー。これからは代打に定着か?狭い球場ならば先発でもいけそうだよ。

7回裏、吉田豊彦が再逆転される。

広島は弱っていたが、阪神戦で元気を取り戻したようだ。よっ!精力回復剤!タイガース!


7・3  倉 敷

 阪  神 

1

0

0

0

1

0

0

0

2

4

 広  島 

0

0

0

0

0

0

0

0

1

1

【勝】 藪

【敗】高 橋建 

やっぱり4点取ったら勝てるね。

ハンセン先制打。追加点も。やっぱり先発させてよかったでしょう。

パウエルの代打も成功。これからは、八木・パウエルの代打2枚看板だそうで。

ともかく藪好投。これにつきますよ。


7・2 甲子園

 中  日 

0

0

0

0

2

0

0

0

0

2

 阪  神 

0

1

0

0

0

0

0

0

0

1

【勝】正 津 

【S】 宣

【敗】メ イ

5回表です。大雨が降りました。先発メイは好投してました。

2アウトまで来ました。星野監督は中断を要求しました。時間稼ぎをしました。

メイはいらいらしました。連続5四球を与えました。プッツンでした。逆転されました。

結局今日も打てませんでした。おわり。

結論:相手を0点に抑えない限り勝てない。


7・1 甲子園

 中  日 

0

0

0

0

0

2

0

0

0

0 0 2

4

 阪  神 

2

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

2

【勝】前 田 

【S】 宣

【敗】山 崎

初回、中日先発の山本昌の立ち上がりを攻める。1番パウエルが先頭打者HR!いいね。

今岡ヒット。平塚もタイムリー。ここまではファーストストライクを打つ積極的な攻撃。

なおも1死1・3塁から点が入らない。もとの阪神に戻ったか?

先発中込は6回に山本昌に四球を与え崩れる。

その後、舩木(よく投げた)・弓長・葛西・吉田豊・伊藤とつなぎ、0点に抑えるが、味方は点が入らない。

そして延長12回は故障上がりの山崎の登板。2点を失う。

やっぱり打てません。

結論:相手を0点に抑えない限り勝てない。


6・30 甲子園

 中  日 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 阪  神 

0

0

0

0

0

0

2

0

×

2

【勝】川 尻 

【S】リベラ 

【敗】門 倉

パウエル代打HR!川尻好投。リベラが締める。

結論:やっぱり相手を0点に抑えると勝つことができる。


6・28 甲子園

 ヤクルト 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 阪  神 

0

0

0

1

0

0

0

2

×

3

【勝】竹 内 

【S】リベラ 

【敗】北 川

今日の竹内投手最高!コントロールよし。球威よし。

完封できたけど、リベラが締めてくれました。

今日の星野、ファインプレーの続出。昨日エラーしただけに気合が入ったか?

新庄もタイムリーを打ったし。

結論:相手を0点に抑えると勝つことができる。


6・27 甲子園

 ヤクルト 

1

0

0

0

5

0

0

0

0

6

 阪  神 

0

0

0

3

0

0

0

0

0

3

【勝】山 本    

【敗】 藪

昨日は投手が好投したが点を取れない。

今日は点取ったが投手が崩れる。

昨日にこの点数を回しておけば.....とか考えたりするのは弱いチームの証拠。

最下位に相応しい野球をやってますな。

藪投手はエラーでプッツン。彼は瞬間湯沸かし器なのです。

こら山田ちゃんと捕りなさい。


6・26 甲子園

 ヤクルト 

0

0

0

0

0

0

1

0

0

1

 阪  神 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

【勝】伊 藤    

【敗】舩 木

昨日と同じことの繰り返し。

今季初先発の舩木投手は7回まで好投。しかし打線が見殺し。

これまで、湯舟・藪など好投しても報われず負け数だけが増えていった投手、数しれず。

(そう言えば去年の舩木も勝てなかった)

打ってやってください。ミスをしないでください。


6・25  名古屋ドーム

 阪  神 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 中  日 

0

0

0

0

0

0

1

0

×

1

【勝】山 本昌

【敗】メ イ

メイはこの前、札幌で完封したとき以来の好投であったが、

やっぱり打てなけりゃ仕方ない。

こういう時にホームラン打者の必要性を強く強く感じる。

7回の1点は際どいタイミング(でも一塁からホームインさせたレフト、パウエルの守備が問題なのだが)

矢野輝弘捕手、激高して主審につかみかかり、退場を宣告される。(それくらいの迫力が必要なのだ)


6・24  名古屋ドーム

 阪  神 

0

1

1

0

0

0

0

0

0

2

 中  日 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

【勝】中 込 

【S】リベラ 

【敗】門 倉 

今日の中込投手はコントロールもよく、会心の出来。

得点は相手からくれたようなものだったが、抑えれば勝つのだ。

今日もリベラが締めて3連勝。(ひさしぶりだなあ。)

さらに今岡、規定打席に到達。.320で堂々の打率3位。


6・23  名古屋ドーム

 阪  神 

0

0

2

0

0

0

2

0

3

7

 中  日 

0

2

0

0

3

0

0

0

0

5

【勝】吉 田豊 

【S】リベラ 

【敗】正 津 

今日は川尻先発したが、5失点と冴えない。李じょんぼむに死球を与える。(骨折)

9回でマウンドに宣とくれば普通ならば負けなのだが、今日は違った。

そう、宣投手が違ったのだ。(違和感)

そこで投手交代。日笠-正津-佐藤康-遠藤と継ぐのだが、2死から八木様がタイムリー!

一塁から新庄が一挙ホームイン!逆転!天晴れ!

きょうは滅多にない良い後味の試合であった。(吉田豊彦セ・リーグ初勝利でもあった。)


6・20 甲子園

 巨  人 

0

0

0

0

0

0

0

0

1

1

 阪  神 

0

2

0

0

0

0

0

0

×

2

【勝】 藪 

【S】リベラ 

【敗】 趙 

藪投手が背筋痛も癒えて一軍登録。即先発勝利。甲子園12連敗でストップだ。

2回の2点はラッキーなエラーによるもの。しかし、やっぱり藪ですよ。今日は。