5・9 横浜

 阪  神 

0

1

3

0

0

2

0

0

0

6

 横  浜 

0

0

0

0

0

2

0

2

1

5

【勝】メ イ

【S】リベラ

【敗】戸 叶

毎日、ひやひや物の勝利です。今日も楽勝ムードだったのだが....。

でも、マシンガン打線に負けなかったので、喜んでおこう。

ジョンソン10号HR。本塁打王争いに首を突っ込んできましたね。新庄もホームラン。

ところで、忠告:中継ぎを酷使しないように整備するべし。特に福原を潰さない起用を。

さもなければ、守り負けますよ。


5・8 横浜

 阪  神 

3

4

1

3

0

0

1

0

2

14

 横  浜 

1

0

3

0

0

4

2

2

0

12

【勝】福 原

【S】リベラ

【敗】阿波野

昨日はラグビーで、今日の試合は卓球でっか?

楽勝ムードだったけど、先発川尻はん。

頑張っておくれやす。

八木の決勝ホームランどすえ。


5・7 横浜

 阪  神 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 横  浜 

3

7

2

0

0

3

0

1

×

16

【勝】斎 藤

【敗】吉 田

これは何ですか。ラグビーの試合ですか?

ともかく、吉田豊彦・葛西両投手がマシンガン打線に火をつけてしまった。

さらに、井川・中込・部坂と全員打ち込まれました。合掌。


5・5 甲子園

 巨  人 

0

0

0

2

0

1

0

0

0

3

 阪  神 

0

0

2

0

1

1

0

0

×

4

【勝】 藪

【S】リベラ 

【敗】入 来

今日も出ましたね。ジョンソン君。4試合連続ホームランだ。

そして、遠山投手。8回裏1死1塁から登板。(ファンの歓声は少なかった。)

清水を投ゴロでダブルプレー。

9回表は松井・高橋を討ち取り、左打者3人を抑える。

プロ入りした年は先発で8勝して大活躍。

その後、高橋慶彦と交換トレードでロッテへ。打者転向するが、一昨年自由契約になる。

阪神の(伊藤敦規の獲得で味をしめた)入団テストに打者として参加。

打者としては失格だったが、投手として入団した。

そして、今年は弓長に代わる活躍。今日は久しぶりに脚光を浴びた。


5・3 甲子園

 巨  人 

0

0

1

0

0

1

0

0

0

2

 阪  神 

2

0

0

0

0

1

0

0

×

3

【勝】メ イ

【S】リベラ 

【敗】ガルベス

1回裏に2点を取ったが、徐々に追いつかれる。

「これは負けパターンだ」と思ったが、ジョンソン君。

3試合連続ホームランで快勝だ。


5・2 甲子園

 広  島 

0

2

0

1

3

0

1

0

0

0

7

 阪  神 

0

0

0

1

4

2

0

0

0

8

【勝】伊 藤

【敗】小 林

中込の久々の一軍登録&先発だったが、ピリッとしない。

5回表、プロ初登板の井川をマウンドに送るも、3失点。

しかし、新庄の活躍などで追いつく。

最後は延長10回裏、田中秀太のサヨナラヒット!

おめでとう。


5・1 甲子園

 広  島 

0

1

0

2

0

1

0

1

0

5

 阪  神 

0

0

0

3

0

1

0

0

0

4

【勝】山 内

【S】小 林

【敗】福 原

先発川尻は今日はコントロールが良くなかった。

4回で3失点だったが、その裏、ジョンソンのバックスクリーンへのホームラン。

逆風をつく見事なホームランであった。

。。。とここまで来れば完全に阪神ペースなのだが、

結局は追いつくことはできても、逆転ができなかった。

これは、広島先発山内が良かったのと、そのため、終盤まで引っ張れたので、

崩れている中継ぎ陣を使わずに、そのまま小林幹英までつなげたためと見られる。


4・30  甲子園

 広  島 

0

3

0

0

0

0

0

0

0

3

 阪  神 

0

0

0

0

1

2

0

4

×

7

【勝】福 原

【敗】菊地原

先発湯舟が不調。3回で3失点。

敗色濃厚と思われたが、広島の中継ぎ陣は揃って不調。

新庄のタイムリーと8回は大豊の走者一掃の3点ツーベースで突き放す。

大豊の代打成功率はすばらしい。


4・29  名古屋ドーム

 阪  神 

0

0

0

0

0

1

0

1

1

3

 中  日 

0

0

0

2

0

0

0

0

0

2

【勝】伊 藤 

【S】リベラ 

【敗】落 合

桧山1軍復帰。即3番打者。六回即適時安打。

大豊八回同点本塁打。新外人九回決勝本塁打。(ブロワーズ)

旧外人投手救援成功(リベラ)

野村監督談話「本日阪神勝利中央連盟的(セ・リーグ)、阪神球団的効果絶大。」


4・28  名古屋ドーム

 阪  神 

0

0

1

0

0

0

0

0

0

1

 中  日 

0

0

2

0

2

0

0

0

0

4

【勝】川 上

【敗】吉 田豊

やっぱりドラゴンズは強いのか。

タイガースは打てません。チャンスにも会心の当たりが正面をついてしまう。

また、ドラゴンズにはエラーにつけこまれてしまう。

チーム力の差が出た試合でした。


4・27  岐阜長良川

 阪  神 

0

2

0

0

0

0

0

2

1

5

 中  日 

0

0

1

0

7

1

0

4

×

13

【勝】山 本昌 

【敗】メ イ 

やはり、予想通りに5割到達の次の試合に負けました。

ここあたりが今までの阪神と全く変わっていません。

開幕試合、5割到達の後、オールスター明けの試合、ことごとく勝ちません。

今年は、野村監督になって空気が変わったかと思ったが、勝てません。

こんなに打たれて、すっきりしました。(笑)


4・25 甲子園

 ヤクルト 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 阪  神 

0

0

0

1

0

1

3

0

×

5

【勝】川 尻

【敗】高 木

川尻完封で阪神6連勝で5割復帰。

川尻は藪を意識したのか、好調。

「次に登板するまでチームの連勝を続けていて欲しい」そうだが、無理でしょう。(笑)


4・24 甲子園

 ヤクルト 

1

1

0

0

0

0

0

0

0

2

 阪  神 

0

1

2

1

0

0

2

0

×

6

【勝】伊 藤

【敗】伊 藤

勝ち投手の伊藤は伊藤敦規。負け投手の伊藤は伊藤智仁。

最近の勝ち試合は坪井・和田がヒットで出て、平塚・今岡・矢野らがタイムリーというパターンである。

矢野はよく打ちますなあ。(関川好調に触発されたか?)

伊藤敦規、4回途中から3イニングスを見事に抑える。(お立ち台)。

ブロワーズ来日初ホームラン。

なんと、7連敗のあと5連勝。

結論:やっぱり打てば勝つのだ。打たなければ負けるのだ。


4・23 甲子園

 ヤクルト 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

 阪  神 

0

2

0

0

2

0

0

1

×

5

【勝】 藪

【敗】石 井一

博多の敵を甲子園で討つ。

前回、4/16の福岡ドームと同じ藪vs石井一の顔合わせ。

今回は藪が完封でお返し。今季初勝利。阪神も甲子園で初勝利。

実に見事なピッチング。リードした矢野もお見事。

この試合からブロワーズ復帰。3塁線のライナーを横っ飛びで好捕する。

ブロワーズが帰ってきたので、ジョンソンがホームランを打つ。

(さみしがりやなんだね。マーク・ジョンソン君。)


4・2からの試合報告へ行く