シンガリ牧場展示室でございます。

歴代年度代表馬達の輝かしい成績が展示してあります。ごゆるりとご観覧下さい。


2002年以降

 
書き込みログ

2002年1月〜2003年8月の書き込みログ
 


2001年後期
前期に続いて、ボクジョーカップは最終戦での劇的な逆転劇が見られた。 逆転優勝を果たしたのは、なんと2歳新馬、外牧産馬のホホヒロヒデであった。
今期から登場したマル外2頭。デビューして間もなく勝利を積み重ね、常に今期レースを引っ張ってきた。 シンガリ牧場関係者たちも、彼らの強さには手も足も出ないという状況であった。

そこで現れたのは、内牧産馬のエース、ひろりんだった!!
前期、ハナ差で逃がした代表馬の座を、なんとしても取り返そうという気迫の走りで、 最終戦有馬記念を前にトップの座を維持。ついに念願の代表馬に手が届いたかに見えた。

そこで見せ付けられたホホヒロヒデの勝負強さであった。なにしろ、前期代表馬ё子さんを父にもち、 今回逆転されたひろりんを祖父に持つ超良血馬である。さすがに強かった。 これで、同一年度の代表馬のタイトルを、親子で分け合うという血のドラマが見られた一年でもあった。

もっともっと見たかったマル外VS内牧産馬たちの叩き合い。しかし、シンガリ投票所は2001年度を持って その歴史に幕を閉じてしまった。

また、ビンゴCSはYu-ki1200が、サイアーズSではmiffy-chanがそれぞれ混戦を制し、初のタイトルを手にした。 miffy-chanはビンゴでもハナ差の2着に大健闘。あわや2冠か!?という大活躍だった。

年度代表馬

内牧産馬たちの夢を打ち砕いた、本当に強かった超良血馬!

ホホヒロヒデ (2歳)
 
成績 単勝オッズ 脚質
(9,1,2,4) 4.0倍 ё子さん 親と同じ馬には乗らない
インタビュー
「kieouoipujflsannxz!」
(いやー、最後の最後で逆転とは。)

「flkeklewfsa.mf./vzxo」
(自分でも出来すぎと思うひでよ。)

「rwqopueopiuwyiufxmvjslfj」
(とにかく楽しかったっす。(*TーT*) みなさんありがとうひで。)

獲得レース
走ってもらった馬
七夕賞 (G3) ゲイリートマホーク
函館記念 (G3) ロードプラチナム
クイーンS(G3) ヤマカツスズラン
札幌記念(G2) エアエミネム
セントウルS (G3) テネシーガール
セントライト記念 (G2) シンコウカリド
菊花賞 (G1) マンハッタンカフェ
天皇賞・秋 (G1) アグネスデジタル
有馬記念 (G1) マンハッタンカフェ

 
3大競争結果
レース名 優勝 2着 3着
ボクジョーカップクラシック
最終ランキング
ホホヒロヒデ ひろりん ガッツケーラーメン
ビンゴチャンピオンシップ
最終ランキング
Yu-ki1200 miffy-chan ワン太
スーパーサイアーズステークス
最終ランキング
miffy-chan たけひで ワン太

 
書き込みログ

7月〜9月の書き込みログ

10月〜12月の書き込みログ
 


2001年前期
ボクジョーカップは最終戦まで目が離せない大接戦だった。

思い起こせば、前半を盛り上げたのは(」゚ロ゚)」 ナント!miffy-chanだった。 あれよあれよと勝ち鞍を稼ぎ、牧場関係者をうならせた。しかし代表馬を意識し始めたのか?3月になると ぱったりと脚色が衰えていった。

そして3月18日スプリングS!このレースでトップの座を奪われたmiffyは、その後は酒に溺れたのか、再浮上してくる事はできなかった。

代わってトップに立ったのは、当時「3強」と呼ばれたё子さんYu-ki1200たけひでだった。 新馬たけひでがデビュー戦を勝利で飾ったのが2月4日の共同通信杯だったが、偶然にもこのレースでё子さんも今期初勝利を記録している。 ё子さんの勢いが加速したのはG1フェブラリーSをノボトゥルー(というよりペリエ)で制してからであろう。その後は順調に勝ち続け、NHKマイルCの時点で、すでに10勝目を達成していた。

第2集団で虎視眈々と上位の隙をうかがっていたひろりん。今期のベストパフォーマンスはプロキオンSだったであろうか。 ブロードアピールで10勝目を挙げ、宝塚記念を残してついにё子さんを捕らえ、たけひでと共にトップの座に踊り出た。 最終的にはYu-ki1200と入れ替わり、ひろりんが「3強」の一角を占めた。

そして最終戦は春のグランプリ。このレースの説明はもう不要であろう。 ё子さんの、まさかまさかの逆転劇であった。

ё子さんはビンゴチャンピオンシップでも優勝を果たし、シンガリ牧場では初の2冠馬となった。来期の狙いは、当然「夢の3冠」であろう。

「年度代表馬の座につくと、その後にスランプがくる」というジンクスが出来つつあるが、 はたしてこの馬にも当てはまるのだろうか。2001年後期は、また楽しみが増えてしまった。

年度代表馬

怒涛の末脚でオトコ馬を蹴散らした!女王と呼びたくない初代2冠馬。

ё子さん (3歳)
 
成績 単勝オッズ 脚質
(11,1,5,9) 3.4倍 アヅマシンジ 1番人気
インタビュー
(´ё`) 当然じゃないの。
来期も脚質(1番人気)を変えるつもりはないわよないわよ。
サイアーズステークスだけ勝てなかったわねー。
だって牝馬ですもの。
それでも来期は3冠だわね。

(ё ´Д`)y─┛~~トウゼンヤネ。ホーホーホー

獲得レース
走ってもらった馬
共同通信杯 (G3) ジャングルポケット
きさらぎ賞 (G3) アグネスゴールド
フェブラリーS (G1) ノボトゥルー
弥生賞 (G2) アグネスタキオン
スプリングS (G2) アグネスゴールド
高松宮記念 (G1) トロットスター
桜花賞 (G1) テイエムオーシャン
皐月賞 (G1) アグネスタキオン
天皇賞(春)(G1) テイエムオペラオー
NHKマイルC(G1) クロフネ
宝塚記念(G1) メイショウドトウ

 
3大競争結果
レース名 優勝 2着 3着
ボクジョーカップクラシック
最終ランキング
ё子さん ひろりん たけひで
(同着)
ビンゴチャンピオンシップ
最終ランキング
ё子さん ハマスタ ワン太
スーパーサイアーズステークス
最終ランキング
ワン太 miffy-chan 真理スミゼル

 
書き込みログ

1月〜3月の書き込みログ

4月〜6月の書き込みログ
 


2000年後期
とにかくハマスタの強さが際立っていた。

4戦目でトップに躍り出ると、フロック視していた周囲の目をあざ笑うかのような快進撃を見せた。特に、夏場に見せた驚異の5連勝は圧巻であった。

レース日程の半分を消化したばかりの10月8日、京都大賞典で早くも今期9勝目。あっさりと真里スミゼルの持つ最多勝記録を更新した。
最終的には手綱をゆるめたのか、ややペースダウンの11勝で今期を終了。
最後は2位ひろりんに迫られたが、着差以上の完勝と言っていいだろう。

今期は、記念すべき第1回ビンゴチャンピオンシップも行われたが、期待された初ビンゴは来期以降に持ち越しとなった。

その来期、最も期待を集めそうなのは、初代ビンゴホースの座に輝いたひろりんであろう。
マイルCSなど重賞を2勝したアグネスデジタルを見出した眼力は、強力な武器である。
2位のYu-ki1200も僅差でひろりんに迫っていた。いかに立て直してくるのか楽しみである。

2001年からは、さらにスーパーサイアーズステークスも新設される。
3冠馬を達成するようなスターホースの誕生を期待しながら、新世紀を迎える事にしよう。

年度代表馬

おねーちゃんの刺激で突然の本格化!20世紀最後の超大物

ハマスタ (4歳)
 
成績 単勝オッズ 脚質
(11,3,2,8) 2.7倍 シガー つけまい
インタビュー
「ふっふっふっ!優勝したハマスタです。
僅差でしたが11勝という記録を打ち立 てられた事を光栄に思います。
来年も自分の記録に挑戦しつつ、夢の三冠馬にむかってがんばりたいと思います 。
来年は新世紀!横浜ベイスターズも俺も優勝してやるぜっ♪」

獲得レース
走ってもらった馬
北九州記念(G3)トゥナンテ
函館3歳S(G3)マイネルジャパン
関屋記念(G3)ダイワテキサス
新潟記念(G3)ダイワテキサス
新潟3歳S(G3)ダイワルージュ
セントウルS(G3)ビハインドザマスク
セントライト記念(G2)アドマイヤボス
神戸新聞杯(G2)フサイチソニック
京都大賞典(G2)テイエムオペラオー
天皇賞・秋(G1)テイエムオペラオー
ジャパンカップ(G1)テイエムオペラオー

 
3大競争結果
レース名 優勝 2着 3着
ボクジョーカップクラシック
最終ランキング 最終単勝オッズ
ハマスタ ひろりん ё子さん
ビンゴチャンピオンシップ
最終ランキング
ひろりん Yu-ki1200 ワン太
スーパーサイアーズステークス
最終ランキング
模擬レースが開催されました

 
書き込みログ

7月〜9月の書き込みログ

10月〜12月の書き込みログ
 

ファンレター

ハマスタの走りには、とにかく驚いた。競馬観が変わった (東京都26歳)

ひろりんもよく食い下がったと思うわ。いつか必ず年度代表馬になると信じています (大阪府22歳)

ё子さんには将来性があると思う。もう少し思い切った走りが出来ればもっと良くなると思う (青森県12歳)

かつての代表馬、ワン太と真里スには早くスランプを脱出して欲しいな (大分県46歳)


2000年前期

驚異の圧勝劇。誰にも止められなかった全8勝の3歳馬

年度代表馬
真里スミゼル(3歳)

(父)青雲スカイ     (脚質)逃げ
成績(8, 3, 3, 12)
最終単勝オッズ 2.6倍

まさか、私が優勝できるとは思いませんでした。
しかもぶっちぎりで・・・
そして、全て違う馬で勝てたというのは凄いのではないかな?
ともかく、この8勝という記録が最多勝のレコードになれはいいな〜と思ってます・・・

なーーーんてイイコチャンな事書いちゃってるけど、
がっはっは!!
おねーちゃん達は良い味だったぜ!!
後期も勢いに乗って、ペロリと、いただきまーーーす!!


 
獲得レース
走ってもらった馬
AJCC(G2)
マチカネキンノホシ
きさらぎ賞(G3) 
シルヴァコクピット 
大阪杯(G2)
メイショウオウドウ
皐月賞(G1) 
エアシャカール
京王杯SC(G2) 
スティンガー 
オークス(G1) 
シルクプリマドンナ
日本ダービー(G1) 
アグネスフライト
プロキオンS(G3)
ゴールドティアラ

Memorial(2000年前期を振り返る)


1999年後期

父の好敵手スペシャルウィークで2勝を挙げた、親不孝者の初代代表馬

年度代表馬
ワン太(3歳)

(父)グラスワン太     (脚質)中山
成績(4, 1, 2, 4)
最終単勝オッズ  なし

どもども、ワン太です。
夢の年度代表馬に輝き、大変光栄でございます。
これもひとえにスペシャルウィークのお陰です。
どうもありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
来年はどの馬の成績を横取りしようかと今から楽しみです。
うほほ。
では同期のみなさん、2000年もヾ(@^▽^@)ノ よろしく〜。
来年も代表馬はいただきます!

 
獲得レース
走ってもらった馬
天皇賞(秋)
スペシャルウィーク
エリザベス女王杯
メジロドーベル
ジャパンカップ
スペシャルウィーク
スプリンターズS
ブラックホーク

Memorial(1999年を振り返る)


HOME