アジ



 ・コマセの出し方も変える

 アジは大きさによってコマセへの反応がまったく異なります.20センチほどの小型ではコマセを大きく振ればワッと突進して来るのでアタリもすぐに出ますが,大型になるほどコマセへの反応は鈍くなります.40センチ級になると,仕掛けを下ろしてから数分経過してやっとアタリが出ることも少なくありません.

 大アジ狙いの場合は竿は大きく振らず,潮の流れでコマセがポロポロこぼれる程度にするのが理想です.下手に大きく竿を振ってコマセを撒いてしまうと,肝心の赤タンに食いついてくれません.


 ・大ドモが有利とは限らない

 アンカーを入れてのカカリ釣りの場合,船は潮の流れに沿って固定されるので,潮下になる大ドモが有利でミヨシに向かうほど不利になるとされています.胴の間付近に関しては確かにそうですが,休日の混雑しているときに限っては,一番前のミヨシも捨てたものではありません.

 50〜100mの水深を攻めるため,混雑してくるとどうしてもオマツリが発生します.胴の間付近ではアタリも少ないうえ,せっかく掛けた魚を他人とのオマツリで落とすという悲劇もつき物です.これに対してミヨシは自分の片側は空いているので,トモ寄りに仕掛けが流れないように注意すればオマツリの危険もずっと少なくなります.胴の間の人がオマツリで時間を浪費している間にコツコツと数を伸ばせば,結果として大ドモと変わらない好成績を収めることも可能なのです.


トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ