青物ジギングに挑戦しよう


 ・シーバス用よりやや丈夫なタックルを

 東京湾奥の青物ジギングは、その年の状況にもよりますが、だいたい9月半ばからスタートして11月一杯くらいまで楽しめます。2000年は9月初旬からイナダの大群が押しかけましたが、このような年は例外中の例外で、シーバスやタチウオ狙いの合間に潮周りを見てちょっと狙えるという程度であることが普通です。

 シーバスとタチウオは基本的に同一のタックルで狙うことができますが、青物となるとちょっと条件が違います。まず、タックルはスピニングタックルが絶対に有利です。2000年のイナダの例でも、同じ船に乗って同じようなジグを使っていたにもかかわらず、スピニングタックルとベイトタックルで釣果に5倍以上の差がついたということも報告されています。また、タックル自体もある程度の頑丈さが必要です。南洋で数十Kg級の大物を相手にするようなゴツイタックルは不要ですが、シーバス専用ロッドより最低でもワンランクは上のロッドを使わないと、40〜60gのジグのキャスト→超高速巻きのアクションについていけません。もちろん、イナダ自身の引きにも耐えられないし、幸運にもワラサやカンパチがヒットしたときに悲惨です。

 スピニングリールもPE2号を200mは巻けるものが必要です。超高速巻きに対応するため、あえて大型のリールを購入し、スプールに下巻きしてからメインラインを巻くという手もあります。また、ショックリーダーはフロロカーボンの8〜10号を使う人が多いですが、フロロカーボンは巻き癖がつきにくいかわりにスプールへの納まりが悪いので、リールの保管中にラインシステムの部分がはじけてバラバラにならないよう注意が必要です。

 ロッドとリールのトータルバランスも大切です。両者を組み合わせたときのバランスが悪いと、思い通りのキャストができなかったり、ジャークを入れる動作がスムーズにできなかったりと、大きなマイナスになります。また、ロッドとリールのバランスは使う人の体格やクセによるところも大きいため、他人が勧める組み合わせが自分にも合うとは限りません。あくまでも、自分にとっての使いやすさを優先して選択しましょう。

 ・超高速巻きだけとは限らない

 一般に青物ジギングでは「できる限りリールを高速で巻く」のがコツとされますが、状況によっては必ずしも高速有利とは限りません。湾奥では海ほたる周辺のように水深15〜20mのポイントを狙う場合、相手は水面のベイトフィッシュを追いかけていることが多いため、超高速まきが有利になります。しかし、中の瀬や猿島、海保周辺などのストラクチャーがないポイントの場合、魚の反応が底周辺にしか出ないことがあり、そのような状況ではスピードよりもアクションを優先させた方がよい結果が出ることもあります。


トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ