アオリイカ釣り


 ●釣期

  アオリイカは基本的に一年中釣れますが,東京湾ではスミイカと同じころから専門の乗合船がスタートし,翌年の晩春ころまで続くのが一般的です.シーズンが終盤になるにつれて大型が多数混じるようになるのは他の釣り物と同じです.


 ●釣り場

 アオリイカはスミイカ釣りの外道としてよく釣れますが,両者はまったく同じ海域で生息しているわけではありません.アオリイカはより水通しのよい海域を好むので,小柴や中の瀬などの湾奥よりも大貫−金谷,観音崎−久里浜周辺がメインの釣り場になります.


 ●タックル

 1−1.5mほどの専用手バネ竿もありますが,小物用のベイトロッドで十分間に合います.シーバスで使用するベイトタックルがそのまま利用できますが,このタイプのベイトリールはラインを100mほどしか巻けないため,予備のリールを1つ持参したほうがよいでしょう.ラインはPE2−3号で,これに10号ほどの中オモリを介し,フロロカーボン4−5号のハリスを3−5m結びます.餌木はピンクを中心にオレンジ,グリーンなどを用意すればよいでしょう.

 これらの竿以外にも,コマセダイ用竿などでも十分釣りになります.中オモリの着底をハッキリ知りたいならば,スミイカ竿やカワハギ竿を使うのもよいでしょう.また,最近出回り始めている手持ちのヒラメ竿(2.1−2.3m)は先調子でシャクリをいれやすいうえ,イカを乗せた後に十分な弾力を発揮できるのでバレの防止になります.乗合船では2.4mくらいの万能竿で好釣果を上げている人もいるので,あまり竿選びには神経質にならなくても大丈夫です.

 餌木は一般に3.5号から4号を使用しますが,この号数はオモリの重さではなく餌木の大きさ(寸)を表すものです.先端についているオモリの重さとは基本的に関係ありません.


 ●釣り方

 まず,乗船する前にその船でのタナ取り方法を聞いておきます.これは船宿によって釣り場で指示するタナの概念が違うためで,船によっては海面からの海底までの純粋な深さだったり,魚探に映る反応が上から何メートルなのかだったり,ハリスの長さを統一させる船宿では海面から中オモリ(餌木ではない)を何メートル降ろすかだったりするためです.アオリイカは真タナから何メートルも外れたところではまず釣れないので,これを間違えると釣りになりません.

 餌木には浮力があるため,仕掛けを投入すると中オモリが先に海底へつきます.アオリイカは岩礁帯の上を釣ることが多いので,すぐに底ダチをとってハリス分リールを巻きます.この状態で餌木は海底スレスレにあるはずなので,さらに1mないしは2mリールを巻きます.ここで竿先を水面から50cmほど大きくシャクって戻します.水中の餌木はそれに合わせて上昇し,頭を下にしてユラユラと沈みます.この沈むときの動きがイカを誘うことになるので,餌木が十分に沈むのを待ってから(通常は10秒くらい)再びシャクります.

 アタリはほかのイカと同じで,シャクリの最中にゴムを引っ掛けたような「ズシンッ!」という感触が伝わってきます.即アワセは禁物なので,一呼吸おいてイカが十分に餌木に抱きつく時間を与えてからアワセます.

 取り込みは,まず中オモリまでリールを巻いた後にハリスを手繰ります.このとき,竿を置く位置は必ず潮先(通常は船首側)にして,自分の体は潮下におきます.そうでないと,後述するようにイカが潮下に浮いたときに竿が取り込みの邪魔になります.

 イカが水を噴射して逃げようとするのに加え,上潮が速いときはかなり後方にイカが浮いてしまうときがあります.この場合,無理に引き寄せようするとバラシの原因になるので,糸をたぐりながら自分がイカに近づくか,近くの人に掬ってもらうのがよいでしょう.無理に抜き上げるのは厳禁です.


 ●テクニック

 ・餌木は上部に縞模様が入っていないもののほうがノリがよいことがある.他人と同じカラーの餌木なのに自分だけ乗らないときはチェックしてみよう.

 ・岩礁帯を攻めるため,外道のスミイカはかなり大型が釣れる.スミイカはアオリイカよりも下のタナにいるので,周囲でがスミイカが上がったらややタナを下げて狙ってみるとよい.

 ・餌木は鋭くしゃくるのがよいとは限らない.ゆったりとした誘いのほうがよく乗る場合もあるので,よく釣れている人のシャクリ方を観察して見極めよう.


トップページへ戻る>


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ